KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 白磁
  • 記者
  • いにしえ
  • 交易
  • 令和
  • 南部
  • 海外
  • 象徴
  • 青磁
  • 歴史

「邢州」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
8
( 1 8 件を表示)
  • 1
8
( 1 8 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年05月09日
    いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    9日、邢台市臨城県の邢窯文化博覧園に展示されている異国人の風貌をした陶俑。磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703411

  • 2019年05月09日
    いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    9日、邢台市臨城県の邢窯文化博覧園に展示されている「青釉胡人頭四孔塤」。「胡人」は古代中国での北方や西域諸民族に対する呼称で「塤(シュン)」は中国古代の素焼きの笛を指す。磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703353

  • 2019年05月09日
    いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    9日、邢台市臨城県の邢窯文化博覧園に展示されている邢州白磁のつぼ。磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703333

  • 2019年05月09日
    いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    9日、邢台市臨城県の邢窯文化博覧園に展示されている白陶のラクダ。磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703407

  • 2019年05月09日
    いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    9日、邢台市臨城県の邢窯文化博覧園に展示されている異国人の風貌をした陶俑。磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703351

  • 2019年05月09日
    いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    9日、異国人の風貌をした陶俑を見せる国家級無形文化遺産「邢窯磁器の焼成技術」の代表的継承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さん。磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2019(令和元)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051703318

  • 01:53.34
    2019年05月17日
    「新華社」いにしえの邢州窯陶俑が今に伝える古代シルクロード

    磁器は中華文明の象徴といわれる。唐代には「南青北白」といわれ、南部では越州窯(よう)の青磁、北部では邢州(けいしゅう)窯の白磁がそれぞれ代表格とされた。邢州窯の磁器はシルクロードの重要な交易品として遠く海外へと売られた。邢州窯は邢窯とも呼ばれ、隋唐時代の「7大名窯」の一つとされる。中国北部で最も早い時期に白磁を作り始めたことで知られる。北朝時代(386~581年)に起こり、隋唐時代(581~907年)に最盛期を迎え、元代(1271~1368年)に衰退するまで、約900年にわたり焼成が続けられた。邢州窯では主に白磁が焼かれたが、黄釉や黒釉、三彩も生産された。邢窯遺跡は唐代(618~907年)の河北邢州、現在の河北省邢台市内丘(ないきゅう)県と臨城県祁(き)村付近にある。臨城県の邢台臨城邢窯博物館では、展示ホールに置かれた白磁のラクダがとりわけ目を引く。まっすぐに首を伸ばし、背中に磁器やシルク、茶葉と思われる品物を載せ、どっしりと構えている。ラクダの後ろには、生き生きとした表情をした異国人の陶俑(とうよう)がいくつか置かれている。国家級無形文化遺産「邢窯磁器の焼成技術」の代表的継承者、張志忠(ちょう・しちゅう)さんによると、展示されているのは邢州窯の白陶(はくとう)で、主に副葬品に使われ、焼いた素地の上に絵付がされたものだという。白陶のラクダは唐代の邢州窯で焼かれたものの一つで、後ろに置かれた陶俑は、西域の商人や使節、または中国への留学生だと説明する。張さんは「唐代の中国は経済が発達し、文化が栄え、国力も盛んだった。当時の中国では磁器とシルク、茶葉が最も代表的な輸出品とされており、博物館にある白陶のラクダや陶俑からも唐代の邢台と西域の人々の往来の様子が見て取れる。これらは中国の古代シルクロードなどで行われた交易を物語る大切な証拠でもある」と語った。同市はここ数年、「邢磁(けいじ)」と呼ばれる邢州窯の磁器の保護と開発に力を入れている。研究者は何度も研究を重ね、古来の焼成方法を受け継ぐことで、ついに古代邢窯の白磁の製造技術を復活させ、「雪のように白い」と呼ばれる邢州白磁の復元に成功した。こうして、数百年の静寂を守ってきた邢州白磁がふたたび蘇った。(記者/高博、牟宇)<映像内容>磁器の展示風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051702518

  • 2019年06月27日
    貴重な文化財で日本の僧侶が見た大唐の繁栄再現浙江省温州市

    27日、温州博物館に展示された邢州窯の白磁の蓋罐(ふた付きのつぼ)と茶碗。「江南の霧雨の中の長安-円珍(えんちん)が見た大唐世界」展が28日、中国浙江省温州市の温州博物館で始まった。唐代の文化財167点(セット)が展示されており、この時代に求法(ぐほう、仏法を求めること)のため温州を経由して長安に向かった日本の僧侶円珍の視点から、求法の経路に沿って、彼が見た唐代の世界や温州と日本との経済的・文化的交流や往来を紹介している。(杭州=新華社記者/王俊禄)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070100633

  • 1