KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ゴマ油
  • パン
  • 一種
  • 乾隆
  • 代わり
  • 令和
  • 伝統文化
  • 制作技法
  • 受賞
  • 嘉慶

「邦均鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅と子火焼を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800801

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区古街にある一品焼餅専門店で、一品焼餅と子火焼の新しいパッケージを見せる6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん(左)。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800846

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、皮をむいたゴマを乾燥させる従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800907

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場の作業台の上に並ぶ一品焼餅の餡(あん)の材料。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800939

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅のレトロなギフト箱を見せる職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801036

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を包装する従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801016

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、「子火焼」を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙(こうき)、乾隆(けんりゅう)、嘉慶(かけい)などの清代の皇帝や慈禧太后(じきたいこう、西太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801035

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、皮をむいたゴマの乾燥具合をチェックする6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800999

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅の品質をチェックする職人の張起良(ちょう・きりょう)さん。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801001

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、皮をむいたゴマを乾かす従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801007

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、子火焼を焼く従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072801039

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮の食品工場で、一品焼餅に餡を詰める従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800806

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区古街で、一品焼餅の専門店を訪れる6代目伝承者の蔚俊芝(い・しゅんし)さん(手前右)。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800915

  •  6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」
    2020年07月15日
    6代目が守る伝統の味天津の「一品焼餅」「子火焼」

    15日、天津市薊州区邦均鎮にある食品工場で、一品焼餅を作る従業員。中国のパンの一種、「一品焼餅(シャオビン)」と「子火焼(ズーホーシャオ)」は、清代初期に生まれた天津市薊州(けいしゅう)区邦均鎮の有名な食べ物。地元の地誌「薊県誌」によると、康熙、乾隆、嘉慶などの清代の皇帝や西太后(慈禧太后)が、毎年墓参りに行く途中、薊州を通るたびに好んで食べていたという。一品焼餅の表面にびっしり付いているゴマは、皮をむいたものが使われ、子火焼には水の代わりにゴマ油が使われる。一品焼餅と子火焼は1988年、第1回中国食品博覧会で銅賞を受賞。2009年にはその制作技法が天津市の第2次無形文化遺産リストに登録された。今では6代目が昔ながらの味を守っており、餡にも改良が加えられ、消費者の好みに合わせた口当たりとなっている。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年7月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072800949

  • 1