KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • テーマ
  • 上部
  • 主軸
  • 令和
  • 体系
  • 元始
  • 国家
  • 年代
  • 影響
  • 役所

「郡治」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている新石器時代馬家窯(ばかよう)文化の彩陶罐(さいとうかん)。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803394

  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている王莽の新王朝時代の貨幣「王莽十布」。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803382

  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている漢代の貨幣の鋳型。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803277

  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている「虎符石匱」。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803322

  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている「虎符石匱」(部分)。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803288

  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている「虎符石匱」。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803369

  • 2020年07月09日
    草原に残る漢代の文化、西海郡博物館を訪ねて青海省

    9日、西海郡博物館に展示されている漢代の束頸条文灰陶罐(そくけいじょうもんかいとうかん)。中国青海省海北チベット族自治州海晏(かいあん)県にある西海郡博物館は、漢代の西海郡故城をテーマに、前漢王朝が同郡に及ぼした影響、青海チベット高原に暮らす各民族の発展の歴史や生活の様子を体系的に展示している。西海郡故城は前漢末期の元始4(西暦4)年、当時朝廷で権勢を振るい、後に前漢を滅ぼし自ら皇帝となった王莽(おう・もう)が新たに設置した西海郡の郡治(郡の役所の所在地)として築かれた。主軸を真北にとった正方形をしている。故城遺跡からは漢代の貨幣「五銖銭(ごしゅせん)」や王莽が建てた新王朝時代の貨幣「小泉直一(しょうせんちょくいち)の鋳型、「西海安定元興元年作当」の銘文がある後漢時代の瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)が出土した。同じく同遺跡出土の上部に虎の石刻が施された石櫃「虎符石匱(こふせきひつ)」は、国家1級文化財に指定されており、製作者と年代を示す「西海郡虎符石匱、始建国元年十月癸卯、工河南郭戎造」の銘文が記されている。(西寧=新華社記者/張宏祥)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803276

  • 1