KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 左右対称
  • 河北省邯鄲
  • ゆかりの地
  • 中軸対称
  • 六朝時代
  • 区画構成
  • 対称形式
  • 建築プラン
  • 朝鮮半島
  • 東アジア

「都城建設」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶魁(とうかい、陶製お玉杓子)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている漢・魏時代の陶製の豚小屋。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている鄴城の復元模型。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている銅雀台青石螭首(ちしゅ、螭は中国神話の霊獣)。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館で展示されている東魏・北斉時代のウサギをかたどった敷物の重石。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月22日
    三国文化を今に伝える鄴城博物館河北省臨漳県

    22日、邯鄲市臨漳県の鄴城博物館を見学する来場者。中国河北省邯鄲(かんたん)市臨漳県は、古くは鄴(ぎょう)と呼ばれ、春秋時代に斉の桓公(かんこう)が都市を築いて以来、2700年余りの歴史を持つ。後漢末の群雄割拠の時代には袁紹(えん・しょう)の本拠地となり、官渡の戦いで曹操(そう・そう)が袁紹を破ると、同地を拠点に北方を統一した。曹操は鄴に16年にわたり居住し、その間都市を整備するとともに、城の北西部に城壁を基礎とした三つの宮殿「銅雀台」「金鳳台」「氷井台」を造営した。曹操が築いた鄴城は、斉桓公の鄴城の北側にあるため鄴北城と呼ばれ、中軸線から左右対称に建物を配置する中国の都城建築様式の先駆けとなった。同様式はその後、隋唐時代へと踏襲されたことから、中国古代都城建築史上の節目の一つとされている。中国国内だけでなく、日本や韓国の都城建設にも大きな影響を与えた。(邯鄲=新華社記者/趙鴻宇)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月07日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1