KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 都督府
  • 歴史
  • 記者
  • 街並み
  • 風景
  • 令和
  • 建設
  • 景観
  • しゅんせつ
  • ちょう

「都督」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
16
( 1 16 件を表示)
  • 1
16
( 1 16 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市
    2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。(2016年5月17日撮影、小型無人機から)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202514

  •  三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市
    2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。後方に写るのは長江。(2016年5月17日撮影)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202403

  •  三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市
    2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。(2016年5月17日撮影)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202487

  •  三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市
    2016年05月17日
    三国志の名将周瑜が水軍を鍛えた「点将台」を訪ねて江西省九江市

    江西省九江市の甘棠湖にある煙水亭。後方に写るのは長江。(2016年5月17日撮影)中国江西省九江市を流れる長江南岸の甘棠(かんとう)湖にある煙水亭(えんすいてい)は、三国時代の呉の名将、周瑜(しゅう・ゆ)が水軍の訓練をした際に陣頭指揮を取った「点将台」があった場所といわれており、同市の観光スポットの一つとなっている。「赤壁の戦い」の前、孫権は周瑜を「大都督」に任じ、甘棠湖で水軍を訓練し曹操の軍勢を迎え撃つよう命じた。周瑜は「点将台」に立ち日夜を問わず猛訓練を行い、劉備とも手を組み、赤壁で曹操軍を大敗させた。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071202502

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区の銀川市内を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104715

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区の銀川市内を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104723

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区青銅峡市を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内で最もかんがい区域が長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104725

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区の銀川市内を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104765

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、寧夏回族自治区青銅峡市を流れる唐徠渠。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104612

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、唐徠渠上流の青銅峡市に作られた観光客向けの風景区。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104730

  •  2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    2019年11月02日
    2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    2日、黄河から唐徠渠に水を引く青銅峡ダム。中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(銀川=新華社記者/馬麗娟)=2019(令和元)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104721

  •  「新華社」2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に
    00:22.76
    2019年11月08日
    「新華社」2千年の歴史を持つかんがい用水路、現在は秋の行楽地に

    中国寧夏回族自治区の銀川平原中部にあるかんがい用水路の唐徠渠(とうらいきょ)は、漢代に建設されたがその後使われなくなった。唐代元和15年(西暦820年)に霊州大都督府長史の李聴(り・ちょう)が中心となって浚渫(しゅんせつ)工事を実施し水路を修復。現在の名称となった。2千年以上の歴史がある唐徠渠は全長300キロ余り、同自治区内の複数の市・県・区を流れる水路で、黄河の水を引いた水路としては自治区内でかんがい区域が最も長い。唐徠渠は現在、農業用水路として重要な機能を果たしているだけでなく、都市の美しい景観の一部にもなっている。(記者/馬麗娟)<映像内容>かんがい用水路の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104547

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月04日
    辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市

    4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を見学する観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900481

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月04日
    辛亥革命武昌起義紀念館で日本ゆかりの史料を探す湖北省武漢市

    4日、辛亥革命武昌起義紀念館の敷地内にある「鄂軍都督府(がくぐんととくふ)」旧址を背景に写真を撮る観光客。中国湖北省武漢市の辛亥革命武昌起義紀念館は1981年に辛亥革命の記念館として一般公開された。中華民国の軍政府が置かれていた建物は1961年、国務院により第1次全国重点文物保護単位に指定された。同紀念館は現在、辛亥革命の重要な史跡や文化財の保護収集拠点であり、上から二番目のランクである国家4A級観光地および国家一級博物館となっている。館内に展示された数千点の辛亥革命に関連する文化財や文献は、開館から40年近くの間に個人からの寄贈などにより幅広く収集され、一部の文化財や史料は日本と関係がある。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120900578

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月26日
    中華民国時代の軍閥私邸、閻錫山故居を探訪山西省

    12月26日、閻錫山故居内の都督府。ロマネスク様式の風格を持つ。中国山西省忻州(きんしゅう)市定襄(ていじょう)県河辺村には、中華民国時代の軍閥、閻錫山(えん・しゃくざん)の旧私邸があり、ここ数年、観光客の人気を集めている。私邸は1913年頃に建設され、3万8千平方メートル余りの敷地に現在も18区画の中庭建築が残されている。山西省出身の閻錫山は40年間近く同省を支配し、国民政府の行政院長も務めた。清政府の官費留学生として日本に留学したこともあり、陸軍士官学校を卒業している。日本での留学生活は閻錫山に深い印象を残したとされる。(忻州=新華社配信/柴婷)=2019(令和元)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020010901902

  •  (1)敦煌石窟芸術展に見る莫高窟の今昔甘粛省蘭州市
    2021年12月29日
    (1)敦煌石窟芸術展に見る莫高窟の今昔甘粛省蘭州市

    27日、「都督夫人礼仏図」の複製品(段文傑による模写)。中国甘粛省蘭州市の敦煌芸術館で27日午後、「敦煌石窟芸術展」が開幕した。千年以上の歴史を持つ敦煌芸術と、過去70年にわたる文化財保護事業の発展を紹介している。(蘭州=新華社記者/張玉潔)= 配信日: 2021(令和3)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021122908893

  • 1