KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • 余り
  • 収穫
  • 増加
  • 平成
  • 接ぎ木
  • 歴史
  • 特色
  • 甘蔗
  • 生産

「鄭墩鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年12月09日
    豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県

    9日、「百年サトウキビ」の製糖工場で糖液を煮詰めて赤糖を製作する松渓県鄭墩鎮万前村の村民。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109900

  • 2018年12月09日
    豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県

    9日、「百年サトウキビ」の製糖工場で赤糖の包装作業を行う松渓県鄭墩鎮万前村の村民。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109943

  • 2018年12月09日
    豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県

    9日、「百年サトウキビ」を収穫する松渓県鄭墩鎮万前村の村民。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121110040

  • 2018年12月09日
    豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県

    9日、「百年サトウキビ」の積み下ろしを行う松渓県鄭墩鎮万前村の村民。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109863

  • 2018年12月09日
    豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県

    9日、「百年サトウキビ」の製糖工場で赤糖の加工作業を行う松渓県鄭墩鎮万前村の村民。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109930

  • 2018年12月10日
    豊作を迎える「百年サトウキビ」福建省松渓県

    9日、松渓県鄭墩鎮万前村の「百年サトウキビ園」を見学する観光客。中国福建省松渓(しょうけい)県鄭墩(ていとん)鎮万前(まんぜん)村ではこのほど「百年サトウキビ」が豊作となり、農民が収穫と製糖作業に追われている。同村における「百年サトウキビ」の栽培は、清の雍正帝時代(1722~1735年)に始まり、300年近い歴史がある。近年、同村は「百年サトウキビ」の特色を活かして甘蔗糖の生産に全力で取り組み、農家の貧困脱却と増収を推進している。地元の農家は2012年から、接ぎ木による繁殖方法を取り入れ、昔ながらのサトウキビ品種の栽培拡大に努め、当時わずか0・7ムー(約0・05ヘクタール)だった栽培面積を300ムー(20ヘクタール)余りへ増加させた。(松渓=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121109873

  • 1