KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 仏教
  • 位置
  • 体形
  • 前者
  • 創建
  • 南東
  • 寺院
  • 後期

「鄭荘村」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
25
( 1 25 件を表示)
  • 1
25
( 1 25 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801352

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801686

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人。秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801502

  • 2018年10月14日
    秋の種まきに忙しい家庭農場山東省

    14日、山東省聊城市茌平(しへい)県賈寨鎮の鄭荘村にある「祥豊家庭農場」で、播種機(はしゅき)で小麦の種まきをする農家の人たち。(小型無人機から)秋の収穫後の耕作・種まきの時期を迎え、中国山東省臨沂(りんぎ)市、聊城(りょうじょう)市などの「家庭農場」(家庭の構成メンバーを主要な労働力として農業の規模を拡大し、その生産・経営をビジネス化するもの)では農繁期に入った。農家の人たちが畑で忙しく小麦の種まきをする光景は、同地の秋の風物詩となっている。(聊城=新華社配信/趙玉国)=2018(平成30)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018101801667

  • 2019年01月14日
    中国各地の温室に一足早い春

    14日、棗荘市山亭区鄭荘村の温室でカラミザクラの花に人工授粉をする農家。冬のさなか、中国山東省棗荘(そうそう)市山亭区鄭荘村の果樹温室内ではカラミザクラが相次いで開花し、早くも春の雰囲気を漂わせている。(棗庄=新華社配信/劉明祥)=2019(平成31)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012500673

  • 2020年10月14日
    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市

    14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、作業する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900925

  • 2020年10月14日
    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市

    14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900584

  • 2020年10月14日
    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市

    14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを積み上げる従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101900787

  • 2020年10月14日
    飼料用トウモロコシ栽培が増収を後押し河北省唐山市

    14日、唐山市豊潤区大鄭荘村の飼料用トウモロコシ買い付け所で、梱包された飼料用トウモロコシを点検する従業員。(小型無人機から)中国河北省唐山市豊潤区ではここ数年、農業の構造調整を進めながら、企業と農家を結び付けた経営管理モデルを取り入れ、地元農家の飼料用トウモロコシ栽培を後押しするとともに、市場ニーズに合わせた注文栽培モデルを普及させ、農家に収入増をもたらす新たな道を切り開いている。区内の飼料用トウモロコシの栽培面積は現在、4万ムー(約2700ヘクタール)以上で、農家3千世帯以上が収入増を実現している。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020101901010

  • 2021年07月30日
    (7)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004759

  • 2021年07月30日
    (14)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004760

  • 2021年07月30日
    (13)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004746

  • 2021年07月30日
    (10)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004748

  • 2021年07月30日
    (6)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004688

  • 2021年07月30日
    (12)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004716

  • 2021年07月30日
    (9)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004771

  • 2021年07月30日
    (5)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004738

  • 2021年07月30日
    (8)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の外観。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073106320

  • 2021年07月30日
    (15)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の外観。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004725

  • 2021年07月30日
    (11)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004728

  • 2021年07月30日
    (3)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004715

  • 2021年07月30日
    (4)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004761

  • 2021年07月30日
    (1)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004739

  • 2021年07月30日
    (2)ふくよかな美しさを表現、清代の貴重な壁画山西省懐仁市

    16日、山西省懐仁市鄭荘村にある関帝廟の壁画の一部。中国山西省懐仁市の中心部から南東13キロに位置する鄭荘村には、清代中・後期の創建とみられる関帝廟がある。廟内の奶奶殿にある壁画は赤、黄、青、白を基調としており、繊細な線で描かれた複数の人物は互いに関連性を持つ。楽隊が整列して演奏する姿も生き生きと表現されている。山西省の仏教や道教の寺院にある壁画は約2万4千平方メートルに上る。元代まではふくよかな体形、明・清代以降は細身を理想とする美意識で描かれた。鄭荘村の壁画は前者で、同省では極めて珍しいとされる。(懐仁=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2021(令和3)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021073004745

  • 2022年04月15日
    (5)中国に春の耕作シーズン到来農作業にいそしむ人々

    13日、河南省焦作市温県番田鎮鄭荘村で、種まきを終えた懐地黄(生薬の一つ)の畑にマルチシートを張る農家の人。(小型無人機から)中国では各地で気温が上がり、春の耕作シーズを迎えた。北から南に至る広大な大地に、農作業にいそしむ人々の姿がみられる。(焦作=新華社配信/徐宏星)= 配信日: 2022(令和4)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022041510713

  • 1