KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • ようこ
  • 渡り鳥
  • 越冬
  • 生き物
  • 位置
  • 淡水湖
  • 風景
  • 平成

「鄱陽湖」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
435
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
435
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2004年06月16日
    「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖

    草むらを歩くシフゾウ。(資料写真)シフゾウは湿地の生態系における象徴的な種で、中国国家1級保護動物に指定されている。かつては中国東部の川や湖などの湿地環境に広く分布していた。江西省の鄱陽湖の湿地にも野生のシフゾウが生息していたが、さまざまな影響で一度はその姿を消していた。だが昨年4月3日、鄱陽湖湿地エリアにシフゾウ47頭が放たれた。それから1年近くが過ぎ、同所のシフゾウは体つきがたくましく、毛並みにつやがあるだけでなく、赤ちゃんのシフゾウも加わり、現在鄱陽湖にはおよそ55頭のシフゾウが生息している。(南昌=新華社配信/鐘震宇)=2004(平成16)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700491

  • 2005年07月19日
    「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖

    川を渡るシフゾウ。角に引っ掛かった木の棒が剣を背負っているように見える。(資料写真)シフゾウは湿地の生態系における象徴的な種で、中国国家1級保護動物に指定されている。かつては中国東部の川や湖などの湿地環境に広く分布していた。江西省の鄱陽湖の湿地にも野生のシフゾウが生息していたが、さまざまな影響で一度はその姿を消していた。だが昨年4月3日、鄱陽湖湿地エリアにシフゾウ47頭が放たれた。それから1年近くが過ぎ、同所のシフゾウは体つきがたくましく、毛並みにつやがあるだけでなく、赤ちゃんのシフゾウも加わり、現在鄱陽湖にはおよそ55頭のシフゾウが生息している。(南昌=新華社配信/鐘震宇)=2005(平成17)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700490

  • 2013年05月10日
    「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖

    シフゾウの群れ。(資料写真)シフゾウは湿地の生態系における象徴的な種で、中国国家1級保護動物に指定されている。かつては中国東部の川や湖などの湿地環境に広く分布していた。江西省の鄱陽湖の湿地にも野生のシフゾウが生息していたが、さまざまな影響で一度はその姿を消していた。だが昨年4月3日、鄱陽湖湿地エリアにシフゾウ47頭が放たれた。それから1年近くが過ぎ、同所のシフゾウは体つきがたくましく、毛並みにつやがあるだけでなく、赤ちゃんのシフゾウも加わり、現在鄱陽湖にはおよそ55頭のシフゾウが生息している。(南昌=新華社配信/鐘震宇)=2013(平成25)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700504

  • 2013年05月19日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省にある三清山の景色。(2013年5月19日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/周密)=2013(平成25)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003890

  • 2014年06月27日
    「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖

    鄱陽湖のほとりで休むシフゾウ。(資料写真)シフゾウは湿地の生態系における象徴的な種で、中国国家1級保護動物に指定されている。かつては中国東部の川や湖などの湿地環境に広く分布していた。江西省の鄱陽湖の湿地にも野生のシフゾウが生息していたが、さまざまな影響で一度はその姿を消していた。だが昨年4月3日、鄱陽湖湿地エリアにシフゾウ47頭が放たれた。それから1年近くが過ぎ、同所のシフゾウは体つきがたくましく、毛並みにつやがあるだけでなく、赤ちゃんのシフゾウも加わり、現在鄱陽湖にはおよそ55頭のシフゾウが生息している。(南昌=新華社配信/鐘震宇)=2014(平成26)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700472

  • 2015年06月30日
    「帰省」から1年シフゾウは今江西省鄱陽湖

    鄱陽湖湿地に生息するシフゾウ。(資料写真)シフゾウは湿地の生態系における象徴的な種で、中国国家1級保護動物に指定されている。かつては中国東部の川や湖などの湿地環境に広く分布していた。江西省の鄱陽湖の湿地にも野生のシフゾウが生息していたが、さまざまな影響で一度はその姿を消していた。だが昨年4月3日、鄱陽湖湿地エリアにシフゾウ47頭が放たれた。それから1年近くが過ぎ、同所のシフゾウは体つきがたくましく、毛並みにつやがあるだけでなく、赤ちゃんのシフゾウも加わり、現在鄱陽湖にはおよそ55頭のシフゾウが生息している。(南昌=新華社配信/鐘震宇)=2015(平成27)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032700474

  • 2016年05月17日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省九江市の煙水亭。(2016年5月17日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(九江=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004046

  • 2016年05月18日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    長江九江区間の沿岸の景色。(2016年5月18日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/周密)=2016(平成28)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003936

  • 2016年06月30日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    空から見た江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁岭(こうれい)風景区の菜の花。(2016年3月30日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/周密)=2016(平成28)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004020

  • 2017年03月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省南昌市南昌県にある鳳凰溝風景区の桜に囲まれたハート型のスペースで休憩する観光客。(2017年3月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/万象)=2017(平成29)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003962

  • 2017年07月23日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省贛州(かんしゅう)市石城県で花を観賞する観光客。(2017年7月23日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(贛州=新華社記者/彭昭之)=2017(平成29)年7月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003935

  • 2017年09月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省井岡山(せいこうざん)黄洋界風景区。(2017年9月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003897

  • 2017年09月26日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省井岡山(せいこうざん)革命烈士陵園。(2017年9月26日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(井岡山=新華社記者/万象)=2017(平成29)年9月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003914

  • 2018年01月11日
    希少鳥類が頻繁に訪れる鄱陽湖

    鄱陽湖のほとりの五星農場で遊ぶソデグロヅル。(1月11日撮影)中国江西省にある鄱陽湖は中国最大の淡水湖として知られ、まるで長江に飾られたヒスイのようだ。この湖はさまざまな鳥がやって来る「鳥の楽園」であり、世界最大の鳥類保護区の一つでもある。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700452

  • 2018年01月11日
    希少鳥類が頻繁に訪れる鄱陽湖

    鄱陽湖のほとりにある五星農場を飛ぶ渡り鳥。(1月11日撮影)中国江西省にある鄱陽湖は中国最大の淡水湖として知られ、まるで長江に飾られたヒスイのようだ。この湖はさまざまな鳥がやって来る「鳥の楽園」であり、世界最大の鳥類保護区の一つでもある。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700455

  • 2018年01月11日
    希少鳥類が頻繁に訪れる鄱陽湖

    鄱陽湖のほとりにある五星農場に生息するソデグロヅル。(1月11日撮影)中国江西省にある鄱陽湖は中国最大の淡水湖として知られ、まるで長江に飾られたヒスイのようだ。この湖はさまざまな鳥がやって来る「鳥の楽園」であり、世界最大の鳥類保護区の一つでもある。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700510

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600858

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。(ドローンで撮影)47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600871

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。(ドローンで撮影)47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600895

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、囲いの中で野生に返されることを待つシフゾウ。47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600890

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、開いた囲いから外へ走り出すシフゾウ。47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600862

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、囲いの中で野生に返されることを待つシフゾウ。47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600872

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。(ドローンで撮影)47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600891

  • 2018年04月03日
    江西省鄱陽湖でシフゾウが野生に返る

    3日、鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。(ドローンで撮影)47頭のシフゾウが3日、江西省鄱陽湖の湿地で野生に返された。中国最大の淡水湖である鄱陽湖にシフゾウが返されたのは初めてで、この地で姿を消したシフゾウが再び戻ってきたことを意味する。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018040600870

  • 2018年04月03日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    鄱陽湖の湿地を走るシフゾウ。(2018年4月3日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(南昌=新華社記者/周密)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003961

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔にある象山森林公園に生息する2羽のシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300600

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔を舞うシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300569

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔にある象山森林公園で巣を補強する2羽のシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300567

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔にある象山森林公園で巣の卵を守る2羽のシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300608

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔にある象山森林公園で巣の卵を守る2羽のシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300580

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔を舞うシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300595

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔にある象山森林公園で巣を補強する2羽のシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300593

  • 2018年04月19日
    希少鳥類が頻繁に訪れる鄱陽湖

    鄱陽湖のほとりにある南昌市象山森林公園で、卵を見守るコサギ。(4月19日撮影)中国江西省にある鄱陽湖は中国最大の淡水湖として知られ、まるで長江に飾られたヒスイのようだ。この湖はさまざまな鳥がやって来る「鳥の楽園」であり、世界最大の鳥類保護区の一つでもある。(贛州=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700478

  • 2018年04月19日
    江西省鄱陽湖畔のシラサギがふ化・繁殖期に

    19日、鄱陽湖畔にある象山森林公園に生息する2羽のシラサギ。中国江西省南昌市新建区の象山森林公園ではこのほど、営巣した数十万羽のシラサギがふ化・繁殖期に入った。「サギの王国」と呼ばれる同公園は良好な生態環境が保たれ、毎年シラサギやアオサギ、ゴイサギなどさまざまなサギが飛来・生息し、繁殖を行う。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018042300610

  • 2018年05月04日
    助けられたソデグロヅル、遠い「肉親を探す旅」に出る

    4日、江西省野生動植物救護繁殖センターで、ソデグロヅルに追跡装置を取り付けるスタッフ。中国江西省鄱陽湖のほとりにある南昌市高新区五星墾殖場で4月24日、農家の人が両足で立つことのできない野生のソデグロヅルを池で見つけた。同省野生動植物救護繁殖センターで真心のこもった治療を受けたおかげで、このソデグロヅルは健康を取り戻した。このソデグロヅルの所属する個体群がすでに鄱陽湖を離れ、吉林省北部へ向けて移動したことから、救護センターはソデグロヅルが国家一級保護鳥類であることを考慮し、専門家を派遣してこのソデグロヅルを飛行機で2千キロ余り離れた吉林省莫莫格国家級自然保護区まで運び、野生に返すことに決めた。現在、このソデグロヅルは長春に到着したという。(長春=新華社記者/万象)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050900423

  • 2018年05月07日
    助けられたソデグロヅル、遠い「肉親を探す旅」に出る

    7日、ソデグロヅルを特製の木箱に入れ、「肉親を探す旅」へ向かう準備をする江西省野生動植物救護繁殖センターのスタッフ。中国江西省鄱陽湖のほとりにある南昌市高新区五星墾殖場で4月24日、農家の人が両足で立つことのできない野生のソデグロヅルを池で見つけた。同省野生動植物救護繁殖センターで真心のこもった治療を受けたおかげで、このソデグロヅルは健康を取り戻した。このソデグロヅルの所属する個体群がすでに鄱陽湖を離れ、吉林省北部へ向けて移動したことから、救護センターはソデグロヅルが国家一級保護鳥類であることを考慮し、専門家を派遣してこのソデグロヅルを飛行機で2千キロ余り離れた吉林省莫莫格国家級自然保護区まで運び、野生に返すことに決めた。現在、このソデグロヅルは長春に到着したという。(長春=新華社記者/万象)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050900413

  • 2018年05月07日
    助けられたソデグロヅル、遠い「肉親を探す旅」に出る

    7日、南昌昌北国際空港に到着したソデグロヅルを運ぶスタッフ。中国江西省鄱陽湖のほとりにある南昌市高新区五星墾殖場で4月24日、農家の人が両足で立つことのできない野生のソデグロヅルを池で見つけた。同省野生動植物救護繁殖センターで真心のこもった治療を受けたおかげで、このソデグロヅルは健康を取り戻した。このソデグロヅルの所属する個体群がすでに鄱陽湖を離れ、吉林省北部へ向けて移動したことから、救護センターはソデグロヅルが国家一級保護鳥類であることを考慮し、専門家を派遣してこのソデグロヅルを飛行機で2千キロ余り離れた吉林省莫莫格国家級自然保護区まで運び、野生に返すことに決めた。現在、このソデグロヅルは長春に到着したという。(長春=新華社記者/万象)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050900404

  • 2018年05月07日
    助けられたソデグロヅル、遠い「肉親を探す旅」に出る

    7日、長春龍嘉国際空港に到着したソデグロヅルを運ぶスタッフ。中国江西省鄱陽湖のほとりにある南昌市高新区五星墾殖場で4月24日、農家の人が両足で立つことのできない野生のソデグロヅルを池で見つけた。同省野生動植物救護繁殖センターで真心のこもった治療を受けたおかげで、このソデグロヅルは健康を取り戻した。このソデグロヅルの所属する個体群がすでに鄱陽湖を離れ、吉林省北部へ向けて移動したことから、救護センターはソデグロヅルが国家一級保護鳥類であることを考慮し、専門家を派遣してこのソデグロヅルを飛行機で2千キロ余り離れた吉林省莫莫格国家級自然保護区まで運び、野生に返すことに決めた。現在、このソデグロヅルは長春に到着したという。(長春=新華社記者/万象)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050900418

  • 2018年05月28日
    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り

    28日、巣の中のひなを守るコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101276

  • 2018年05月28日
    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り

    28日、巣の中でひなの世話をするコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101262

  • 2018年05月28日
    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り

    28日、枯れ草をくわえて、巣を補修するコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101254

  • 2018年05月28日
    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り

    28日、巣の上を飛ぶコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101281

  • 2018年05月28日
    ひなを守るコウノトリ河北省の湿地で巣作り

    28日、ひなに餌をやるコウノトリ。中国河北省唐山市南部の沿海湿地ではこのほど、20羽余りのコウノトリが飛来し、巣作りやひな鳥を守る姿が見られている。同市林業局の鳥類専門家によると、すでに10羽余りのひながふ化されたという。コウノトリは絶滅危惧種に指定されており、その生存数は世界中で3千羽余りとなっている。コウノトリは鄱陽湖などの長江中下流域で越冬し、夏になると中国の東北地方やロシアのシベリアなど、高緯度の地域で生息する。(唐山=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060101257

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月05日
    元漁民、今ではスナメリの「ボディーガード」に

    5日、九江市湖口県のスナメリ協力パトロール隊を乗せた船が、鄱陽湖(はようこ)と長江の合流点を巡回している。中国江西省九江市湖口県のスナメリ(小型のイルカ。中国・長江に生息する唯一の水生哺乳類)協力パトロール隊には11人のメンバーがおり、その多くが先祖代々漁業に携わってきた人々だ。メンバーは今では漁はせず、毎日湖を40キロほどパトロールし、漁政局などの部門や水上警察に協力して多数の針を使ったわなやえびかご、「迷魂陣」と呼ばれる大型漁網などの違法な漁具を押収し、鄱陽湖でスナメリの生息状態を観察している。元漁師たちは今では「微笑みの天使」と呼ばれるスナメリの「ボディーガード」になったのだ。(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800366

  • 2018年08月05日
    長江と鄱陽湖の合流点に2色の鮮明なコントラスト

    5日、中国江西省九江市湖口県の石鐘山付近で長江と鄱陽湖の合流点に現れた2色の鮮明なコントラスト。(小型無人機から)(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700499

  • 2018年08月05日
    長江と鄱陽湖の合流点に2色の鮮明なコントラスト

    5日、中国江西省九江市湖口県の石鐘山付近で長江と鄱陽湖の合流点に現れた2色の鮮明なコントラスト。(小型無人機から)(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700457

  • 2018年08月05日
    長江と鄱陽湖の合流点に2色の鮮明なコントラスト

    5日、中国江西省九江市湖口県の石鐘山付近で長江と鄱陽湖の合流点に現れた2色の鮮明なコントラスト。(小型無人機から)(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700507

  • 2018年08月05日
    長江と鄱陽湖の合流点に2色の鮮明なコントラスト

    5日、中国江西省九江市湖口県の石鐘山付近で長江と鄱陽湖の合流点に現れた2色の鮮明なコントラスト。(小型無人機から)(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080700495

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月06日
    元漁民、今ではスナメリの「ボディーガード」に

    6日、船で鄱陽湖(はようこ)周辺の水域を見回る九江市湖口県のスナメリ協力パトロール隊のメンバー。中国江西省九江市湖口県のスナメリ(小型のイルカ。中国・長江に生息する唯一の水生哺乳類)協力パトロール隊には11人のメンバーがおり、その多くが先祖代々漁業に携わってきた人々だ。メンバーは今では漁はせず、毎日湖を40キロほどパトロールし、漁政局などの部門や水上警察に協力して多数の針を使ったわなやえびかご、「迷魂陣」と呼ばれる大型漁網などの違法な漁具を押収し、鄱陽湖でスナメリの生息状態を観察している。元漁師たちは今では「微笑みの天使」と呼ばれるスナメリの「ボディーガード」になったのだ。(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800392

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月06日
    元漁民、今ではスナメリの「ボディーガード」に

    6日、鄱陽湖(はようこ)と長江の合流点で、共同でパトロールする巡視船と漁政船。中国江西省九江市湖口県のスナメリ(小型のイルカ。中国・長江に生息する唯一の水生哺乳類)協力パトロール隊には11人のメンバーがおり、その多くが先祖代々漁業に携わってきた人々だ。メンバーは今では漁はせず、毎日湖を40キロほどパトロールし、漁政局などの部門や水上警察に協力して多数の針を使ったわなやえびかご、「迷魂陣」と呼ばれる大型漁網などの違法な漁具を押収し、鄱陽湖でスナメリの生息状態を観察している。元漁師たちは今では「微笑みの天使」と呼ばれるスナメリの「ボディーガード」になったのだ。(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800387

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月06日
    元漁民、今ではスナメリの「ボディーガード」に

    6日、九江市湖口県のスナメリ協力パトロール隊が巡回の間隙を縫って、鄱陽湖(はようこ)と長江の合流点で船の日よけテントに水をかけ、中の温度を下げている。中国江西省九江市湖口県のスナメリ(小型のイルカ。中国・長江に生息する唯一の水生哺乳類)協力パトロール隊には11人のメンバーがおり、その多くが先祖代々漁業に携わってきた人々だ。メンバーは今では漁はせず、毎日湖を40キロほどパトロールし、漁政局などの部門や水上警察に協力して多数の針を使ったわなやえびかご、「迷魂陣」と呼ばれる大型漁網などの違法な漁具を押収し、鄱陽湖でスナメリの生息状態を観察している。元漁師たちは今では「微笑みの天使」と呼ばれるスナメリの「ボディーガード」になったのだ。(九江=新華社記者/金立旺)=2018(平成30)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018080800390

  • 2018年09月18日
    第9回環鄱陽湖国際サイクリング、高新区ステージ開催江西省南昌市

    18日、環鄱陽湖国際サイクリング大会の南昌市高新区ステージを疾走する選手。中国江西省南昌市で18日、2018第9回環鄱陽湖(はようこ)国際サイクリング大会の同市高新区ステージが行われた。(南昌=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924929

  • 2018年09月18日
    第9回環鄱陽湖国際サイクリング、高新区ステージ開催江西省南昌市

    18日、環鄱陽湖国際サイクリング大会の南昌市高新区ステージでゴールした選手。中国江西省南昌市で18日、2018第9回環鄱陽湖(はようこ)国際サイクリング大会の同市高新区ステージが行われた。(南昌=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924957

  • 2018年09月18日
    第9回環鄱陽湖国際サイクリング、高新区ステージ開催江西省南昌市

    18日、環鄱陽湖国際サイクリング大会の南昌市高新区ステージを疾走する選手。中国江西省南昌市で18日、2018第9回環鄱陽湖(はようこ)国際サイクリング大会の同市高新区ステージが行われた。(南昌=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924870

  • 2018年09月18日
    第9回環鄱陽湖国際サイクリング、高新区ステージ開催江西省南昌市

    18日、環鄱陽湖国際サイクリング大会の南昌市高新区ステージを疾走する選手。中国江西省南昌市で18日、2018第9回環鄱陽湖(はようこ)国際サイクリング大会の同市高新区ステージが行われた。(南昌=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924867

  • 2018年09月18日
    第9回環鄱陽湖国際サイクリング、高新区ステージ開催江西省南昌市

    18日、環鄱陽湖国際サイクリング大会の南昌市高新区ステージを疾走する選手。中国江西省南昌市で18日、2018第9回環鄱陽湖(はようこ)国際サイクリング大会の同市高新区ステージが行われた。(南昌=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924915

  • 2018年09月18日
    第9回環鄱陽湖国際サイクリング、高新区ステージ開催江西省南昌市

    18日、環鄱陽湖国際サイクリング大会の南昌市高新区ステージを疾走する選手。中国江西省南昌市で18日、2018第9回環鄱陽湖(はようこ)国際サイクリング大会の同市高新区ステージが行われた。(南昌=新華社記者/潘思危)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091924963

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月22日
    湖底の落星墩古跡が姿を現す江西省

    22日、江西省の鄱陽湖にある落星墩古跡。(小型無人機から)中国江西省にある鄱陽湖ではこのところ、渇水期の水位低下に伴い、廬山水域の湖底にある落星墩(らくせいとん)古跡(小さな島に歴史的建造物が建てられている)が姿を現している。(九江=新華社配信/韓俊烜)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517372

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月22日
    湖底の落星墩古跡が姿を現す江西省

    22日、江西省の鄱陽湖にある落星墩古跡。(小型無人機から)中国江西省にある鄱陽湖ではこのところ、渇水期の水位低下に伴い、廬山水域の湖底にある落星墩(らくせいとん)古跡(小さな島に歴史的建造物が建てられている)が姿を現している。(九江=新華社配信/韓俊烜)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517708

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年09月22日
    湖底の落星墩古跡が姿を現す江西省

    22日、江西省の鄱陽湖にある落星墩古跡。(小型無人機から)中国江西省にある鄱陽湖ではこのところ、渇水期の水位低下に伴い、廬山水域の湖底にある落星墩(らくせいとん)古跡(小さな島に歴史的建造物が建てられている)が姿を現している。(九江=新華社配信/韓俊烜)=2018(平成30)年9月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092517402

  • 2018年10月04日
    秋空を舞うコサギ江西省九江市

    4日、鄱陽湖の都昌馬影湖(まえいこ)水域を飛ぶコサギ。中国江西省九江(きゅうこう)市は10月を迎え、同市の鄱陽(はよう)湖に生息するコサギの群れが、秋の美しい風景を生み出した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918914

  • 2018年10月04日
    秋空を舞うコサギ江西省九江市

    4日、鄱陽湖の都昌馬影湖(まえいこ)水域を飛ぶコサギ。中国江西省九江(きゅうこう)市は10月を迎え、同市の鄱陽(はよう)湖に生息するコサギの群れが、秋の美しい風景を生み出した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918917

  • 2018年10月04日
    秋空を舞うコサギ江西省九江市

    4日、鄱陽湖の都昌馬影湖(まえいこ)水域を飛ぶコサギ。(小型無人機から)中国江西省九江(きゅうこう)市は10月を迎え、同市の鄱陽(はよう)湖に生息するコサギの群れが、秋の美しい風景を生み出した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100918975

  • 01:14.90
    2018年10月06日
    「新華社」鄱陽湖に冬の渡り鳥第一陣飛来中国江西省

    中国江西省鄱陽(はよう)湖国家級自然保護区管理局の都昌(としょう)保護監視所スタッフがこのほど、32羽のガンを確認した。今秋、同湖区域内で初めて観測された越冬ガンになる。その後、ガン、クロヅル、シラサギ、カモを中心とする冬の渡り鳥が次々に鄱陽湖に飛来している。まさに今、冬の渡り鳥が大移動する季節。最近では120羽以上のヒシクイが多宝(たほう)郷の馬影(ばえい)湖に飛来しており、飛来エリアは徐々に拡大している。中国最大の淡水湖である鄱陽湖は、毎年平均50万羽以上の水鳥が越冬するアジア最大の渡り鳥の越冬地になっている。(記者/潘暁菁)<映像内容>鄱陽湖に冬の渡り鳥が飛来、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018100920257

  • 2018年10月18日
    鄱陽湖にクロヅル飛来江西省九江

    18日、江西省鄱陽湖都昌(としょう)渡り鳥保護区に飛来したクロヅル。江西省北部に位置する中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖はここ数日、冷え込みが強まると共にクロヅルの群れが越冬のため飛来した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216632

  • 2018年10月18日
    鄱陽湖にクロヅル飛来江西省九江

    18日、江西省鄱陽湖都昌(としょう)渡り鳥保護区に飛来したクロヅル。江西省北部に位置する中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖はここ数日、冷え込みが強まると共にクロヅルの群れが越冬のため飛来した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216726

  • 2018年10月18日
    鄱陽湖にクロヅル飛来江西省九江

    18日、江西省鄱陽湖都昌(としょう)渡り鳥保護区に飛来したクロヅル。江西省北部に位置する中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖はここ数日、冷え込みが強まると共にクロヅルの群れが越冬のため飛来した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216423

  • 2018年10月18日
    鄱陽湖にクロヅル飛来江西省九江

    18日、江西省鄱陽湖都昌(としょう)渡り鳥保護区に飛来したクロヅル。江西省北部に位置する中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖はここ数日、冷え込みが強まると共にクロヅルの群れが越冬のため飛来した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216603

  • 2018年10月18日
    鄱陽湖にクロヅル飛来江西省九江

    18日、江西省鄱陽湖都昌(としょう)渡り鳥保護区に飛来したクロヅル。江西省北部に位置する中国最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖はここ数日、冷え込みが強まると共にクロヅルの群れが越冬のため飛来した。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216435

  • 2018年10月20日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省九江市の廬山景勝区にある如琴湖を訪れた観光客。(2018年10月20日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(九江=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003922

  • 2018年10月28日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    竜虎山で舟に乗り風景を楽しむ観光客。(2018年10月28日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(鷹潭=新華社記者/万象)=2018(平成30)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003862

  • 02:42.90
    2018年11月02日
    「新華社」渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    中国江西省の鄱陽湖(はようこ)は近ごろ、渡り鳥の飛来シーズンを迎えた。鄱陽湖国家級自然保護区管理局によると、9月下旬に最初の渡り鳥が越冬のために同湖の都昌湖区に飛来してから多数の渡り鳥が続き、既に「江西都昌候鳥(渡り鳥)省級自然保護区」だけでも2万羽余りを観測した。同自然保護区の関係者は、都昌観測所の管轄区ではこれまでにサカツラガン、ヒシクイ、マガン、クロヅル、マナヅル、ヘラサギ、ナベコウなど20種余りの渡り鳥の姿が確認され、大沔池(だいべんいけ)、黄金咀(おうごんしょ)などではクロヅル4千羽余りを観測したと語った。通常よく見られる渡り鳥の他に、観測員はさらに中国国家1級重点保護野生動物であるナベコウ5羽の飛来を確認、今シーズン初の鄱陽湖でのナベコウの観測となった。鄱陽湖南磯湿地国家級自然保護区管理局の南山管理ステーションの観測員が東湖で観測活動を行い、129羽のコハクチョウとクロヅル、アオサギ、ヒシクイ、サカツラガン、ハイイロガン、マガン、カルガモなど20種余りの合計2千羽余りの飛来を確認した。鄱陽湖は中国最大の淡水湖で世界的に有名な湿地。渡り鳥が安全に越冬できるよう、江西省は鄱陽湖一帯で渡り鳥と湿地の保護に向けた9カ月間に及ぶ活動を展開中で、渡り鳥の越冬の障害となる隠れた危険を取り除くことに力を尽くしている。(記者/潘暁菁)<映像内容>鄱陽湖に渡り鳥が飛来、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110515953

  • 2018年11月09日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    9日、江西省・鄱陽湖都昌湿地の上空を舞う渡り鳥の群れ。(小型無人機から)中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2018111917150

  • 2018年11月09日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    9日、江西省・鄱陽湖都昌湿地の上空を舞う渡り鳥の群れ。(小型無人機から)中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2018111917169

  • 2018年11月09日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    空から見た江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県篁岭(こうれい)村。(2018年11月9日撮影、小型無人機から)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062003927

  • 2018年11月09日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    9日、江西省・鄱陽湖都昌湿地で撮影したアカツクシガモの群れ。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111917166

  • 2018年11月09日
    北京園芸博で「江西の日」イベント開催山紫水明の江西省を訪ねて

    江西省上饒(じょうじょう)市婺源(ぶげん)県石城村の景色。(2018年11月9日撮影)中国北京市延慶区で開催されている2019中国北京国際園芸博覧会(北京園芸博)の中華園芸展示エリアで16~18日、「江西の日」イベントが行われている。会場では、江西省の花園、田園、庭園の美しい風景の中に入り込んだような体験ができる。中国南東部、長江中下流の南岸に位置する江西省は、豊富な資源と優れた生態環境に恵まれた土地だ。同省東部には道教の名山、三清山、竜虎山がそびえ、南西部に羅霄(らしょう)山脈が延び、南部に「新中国のゆりかご」と称される贛南(かんなん)老区(新中国成立以前の革命根拠地)があり、北部では中国最大の淡水湖、鄱陽湖(はようこ)が省内の複数の川を集め、壮麗な廬山に見守られながら長江に注いでいる。(上饒=新華社記者/胡晨歓)=2018(平成30)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062004024

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに餌やりをする中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429480

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429527

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに医療ケア訓練を行う中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429418

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429457

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリを観察するボランティアスタッフ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429581

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに医療ケア訓練を行う中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429246

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429301

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、長江スナメリに医療ケア訓練を行う中国科学院武漢ヨウスコウカワイルカ館の飼育員。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111428948

  • 2018年11月10日
    「水中の妖精」長江スナメリ

    10日、水中を泳ぎ回る長江スナメリ。長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6か月で、平均9~10歳となっている。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2018(平成30)年11月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111429490

  • 01:38.56
    2018年11月13日
    「新華社」「水中の妖精」長江スナメリ

    長江スナメリは太古の昔から存在する水生哺乳類で、2500万年前から生息しており、長江の「生きた化石」と呼ばれている。長江スナメリは長江主流の中下流域と長江に連なる2つの大きな湖、鄱陽湖(はようこ)、洞庭湖(どうていこ)にのみ生息する。科学調査研究によると、長江スナメリの現在の個体数はわずか千頭余りで、中国の国宝と呼ばれるパンダより少ないという。スナメリの保護は現在、主に移転保護と人工飼育により行われている。人工飼育保護の拠点となっている中国科学院水生生物研究所の武漢ヨウスコウカワイルカ館では現在、長江スナメリ6頭を飼育しており、最も若いスナメリは生後6カ月で、平均9~10歳となっている。(記者/肖芸九、饒饒)<映像内容>スナメリが泳いでいる様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111418632

  • 2018年11月14日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    14日、江西省・鄱陽湖都昌湿地で、エサを探し求めるカモメ。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111916877

  • 2018年11月14日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    14日、江西省・鄱陽湖都昌湿地で撮影したクロヅルの群れ。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111916892

  • 2018年11月14日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    14日、江西省・鄱陽湖都昌湿地へ飛来してきた渡り鳥の群れ。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111916912

  • 2018年11月14日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    14日、江西省・鄱陽湖都昌湿地で撮影したクロヅル。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111916929

  • 2018年11月14日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    14日、江西省・鄱陽湖都昌湿地へ飛来してきたクロヅルの群れ。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111917137

  • 2018年11月14日
    渡り鳥の飛来シーズン到来江西省鄱陽湖

    14日、江西省・鄱陽湖都昌湿地へ飛来してきたシラサギとユリカモメ(左)。中国江西省北部に位置する鄱陽湖(はようこ)は中国最大の淡水湖で、豊かな湿地資源と優れた自然環境を有することから、越冬する渡り鳥の「最もお気に入りの場所」となっている。毎年冬になると、シベリアから鄱陽湖に渡ってきた数十万羽の渡り鳥が、数カ月にわたる越冬生活を開始する。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018111916847

  • 2018年11月28日
    エツの天日干し盛ん江西省都昌県

    28日、江西省都昌県印山(いんさん)島付近の鄱陽湖畔でエツを干す漁師。冬に入り、中国江西省九江市都昌(としょう)県鄱陽湖(はようこ)沿いの漁師たちは、捕獲したエツ(カタクチイワシ科の魚)を乾燥させ、干物に加工して市場に出す作業に精を出している。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022652

  • 2018年11月28日
    エツの天日干し盛ん江西省都昌県

    28日、鄱陽湖畔でエツの干物を買い求める観光客。冬に入り、中国江西省九江市都昌(としょう)県鄱陽湖(はようこ)沿いの漁師たちは、捕獲したエツ(カタクチイワシ科の魚)を乾燥させ、干物に加工して市場に出す作業に精を出している。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022733

  • 2018年11月28日
    エツの天日干し盛ん江西省都昌県

    28日、江西省都昌県印山(いんさん)島付近の鄱陽湖畔でエツを干す漁師。冬に入り、中国江西省九江市都昌(としょう)県鄱陽湖(はようこ)沿いの漁師たちは、捕獲したエツ(カタクチイワシ科の魚)を乾燥させ、干物に加工して市場に出す作業に精を出している。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022516

  • 2018年11月28日
    エツの天日干し盛ん江西省都昌県

    28日、江西省都昌県印山(いんさん)島付近の鄱陽湖畔でエツを干す漁師。冬に入り、中国江西省九江市都昌(としょう)県鄱陽湖(はようこ)沿いの漁師たちは、捕獲したエツ(カタクチイワシ科の魚)を乾燥させ、干物に加工して市場に出す作業に精を出している。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022797

  • 2018年11月28日
    エツの天日干し盛ん江西省都昌県

    28日、江西省都昌県印山(いんさん)島付近の鄱陽湖畔でエツを干す漁師。冬に入り、中国江西省九江市都昌(としょう)県鄱陽湖(はようこ)沿いの漁師たちは、捕獲したエツ(カタクチイワシ科の魚)を乾燥させ、干物に加工して市場に出す作業に精を出している。(九江=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018113022752

  • 2018年12月13日
    湿地が渡り鳥の楽園に江西省鄱陽湖

    13日、鄱陽湖都昌湿地の上空を飛ぶアカツクシガモ。中国江西省にある鄱陽湖(はようこ)湿地はここ数日、多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、渡り鳥の楽園になっている。(都昌=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721684

  • 2018年12月13日
    湿地が渡り鳥の楽園に江西省鄱陽湖

    13日、鄱陽湖都昌湿地の上空を飛ぶアカツクシガモ。中国江西省にある鄱陽湖(はようこ)湿地はここ数日、多くの渡り鳥が越冬のために飛来し、渡り鳥の楽園になっている。(都昌=新華社配信/傅建斌)=2018(平成30)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121721841

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5