KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 酒造業者
  • 記者
  • 職人
  • 令和
  • 千年
  • 国家
  • 寒さ
  • 工程
  • 採用
  • 歴史

「酒造業」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  新酒のしぼり
    1953年01月31日
    新酒のしぼり

    岡山市内の酒造会社で、前年暮れに仕込んだ一番新酒のしぼりが始まった。法被にねじり鉢巻きの職人たちが元気よく作業。あたりには独特の芳じゅんな香りがたちこめている。酒造業界の競争激化の影響で、酒の品質もグンとアップしたという。大おけで沈殿させ、やがて待望の新酒がお目見えする=1953(昭和28)年1月ごろ、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018061501361

  • 参加した酒造業者ら 焼酎増税反対で決起集会
    1996年12月02日
    参加した酒造業者ら 焼酎増税反対で決起集会

    本格焼酎の税率引き上げに反対して開かれた鹿児島県民総決起大会=2日午後、鹿児島市内のホテル

    商品コード: 1996120200090

  • イタリア料理店でも日本酒 販路拡大目指す酒造業界
    2002年06月21日
    イタリア料理店でも日本酒 販路拡大目指す酒造業界

    店で出す宮城県産日本酒を試飲するイタリア料理店のオーナーシェフ山岸豊さん=仙台市泉区

    商品コード: 2002062100137

  • 米について説明する業者 山形県産品をアピール
    2013年12月06日
    米について説明する業者 山形県産品をアピール

    北京のホテルで行われた展示会で、原料の米について説明する酒造業者(左)=6日(共同)

    商品コード: 2013120600670

  • 日本酒の利き酒会 まろやかに仕上がり上々
    2015年11月06日
    日本酒の利き酒会 まろやかに仕上がり上々

    利き酒会で日本酒を飲み比べる酒造業者ら=6日午後、名古屋市

    商品コード: 2015110600388

  •  政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」
    2019年01月17日
    政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」

    1月17日、米首都ワシントンで、政府の一部機関が閉鎖される前にTTBの承認を受けたビール缶の商標を見せるクラフトビール工房の責任者、コックス氏。新商品のビール缶の商標はすでに認可を受けたが、樽詰めビールの商標は政府機関の閉鎖によって未解決のままである。酒造業に従事するコックス氏が勤めるクラフトビール工房は、ワシントンD.C.の東北部に位置しており、そこで作られているビールの質が素晴らしく、独特な風味を持つため、売上も右肩上がりだ。造酒メーカーは米国連邦規則集(CFR)に基づき、新商品を発表する前に米財務省配下のアルコール・たばこ税貿易管理局(TTB)に商標審査を提出する必要があり、商標登録が承認されてから米国全土での販売が可能となる。しかし、米連邦政府の一部機関の運営経費問題がいまだに解決しておらず、TTBの閉鎖からすでにまる1カ月が経過した。コックス氏は政府閉鎖が終結するまで、正式に承認された新製品の商標を受け取ることができないのだ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821604

  •  政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」
    2019年01月17日
    政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」

    1月17日、米首都ワシントンでインタービューに応じるクラフトビール工房の責任者、コックス氏。酒造業に従事するコックス氏が勤めるクラフトビール工房は、ワシントンD.C.の東北部に位置しており、そこで作られているビールの質が素晴らしく、独特な風味を持つため、売上も右肩上がりだ。造酒メーカーは米国連邦規則集(CFR)に基づき、新商品を発表する前に米財務省配下のアルコール・たばこ税貿易管理局(TTB)に商標審査を提出する必要があり、商標登録が承認されてから米国全土での販売が可能となる。しかし、米連邦政府の一部機関の運営経費問題がいまだに解決しておらず、TTBの閉鎖からすでにまる1カ月が経過した。コックス氏は政府閉鎖が終結するまで、正式に承認された新製品の商標を受け取ることができないのだ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821521

  •  政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」
    2019年01月17日
    政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」

    1月17日、米首都ワシントンでインタービューに応じるクラフトビール工房の責任者、コックス氏。酒造業に従事するコックス氏が勤めるクラフトビール工房は、ワシントンD.C.の東北部に位置しており、そこで作られているビールの質が素晴らしく、独特な風味を持つため、売上も右肩上がりだ。造酒メーカーは米国連邦規則集(CFR)に基づき、新商品を発表する前に米財務省配下のアルコール・たばこ税貿易管理局(TTB)に商標審査を提出する必要があり、商標登録が承認されてから米国全土での販売が可能となる。しかし、米連邦政府の一部機関の運営経費問題がいまだに解決しておらず、TTBの閉鎖からすでにまる1カ月が経過した。コックス氏は政府閉鎖が終結するまで、正式に承認された新製品の商標を受け取ることができないのだ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821599

  •  政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」
    2019年01月17日
    政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」

    1月17日、米首都ワシントンでインタービューに応じるクラフトビール工房の責任者、コックス氏。酒造業に従事するコックス氏が勤めるクラフトビール工房は、ワシントンD.C.の東北部に位置しており、そこで作られているビールの質が素晴らしく、独特な風味を持つため、売上も右肩上がりだ。造酒メーカーは米国連邦規則集(CFR)に基づき、新商品を発表する前に米財務省配下のアルコール・たばこ税貿易管理局(TTB)に商標審査を提出する必要があり、商標登録が承認されてから米国全土での販売が可能となる。しかし、米連邦政府の一部機関の運営経費問題がいまだに解決しておらず、TTBの閉鎖からすでにまる1カ月が経過した。コックス氏は政府閉鎖が終結するまで、正式に承認された新製品の商標を受け取ることができないのだ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821597

  •  政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」
    2019年01月17日
    政府閉鎖、米クラフトビール業界に「面倒を引き起こす」

    1月17日、米首都ワシントンで、コックス氏が勤めるクラフトビール工房で設備を点検する従業員。酒造業に従事するコックス氏が勤めるクラフトビール工房は、ワシントンD.C.の東北部に位置しており、そこで作られているビールの質が素晴らしく、独特な風味を持つため、売上も右肩上がりだ。造酒メーカーは米国連邦規則集(CFR)に基づき、新商品を発表する前に米財務省配下のアルコール・たばこ税貿易管理局(TTB)に商標審査を提出する必要があり、商標登録が承認されてから米国全土での販売が可能となる。しかし、米連邦政府の一部機関の運営経費問題がいまだに解決しておらず、TTBの閉鎖からすでにまる1カ月が経過した。コックス氏は政府閉鎖が終結するまで、正式に承認された新製品の商標を受け取ることができないのだ。(ワシントン=新華社記者/劉傑)=2019(平成31)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821530

  • 伊能忠敬旧宅 隠居後に達成した全国測量
    2021年09月15日
    伊能忠敬旧宅 隠居後に達成した全国測量

    伊能忠敬が17歳から50歳まで住んだ「伊能忠敬旧宅」(中央)。酒造業を営み、原料や商品の船積みのため小野川に面している=千葉県香取市

    商品コード: 2021091510156

  •  (13)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (13)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の地缸(ちこう、地中に埋めたかめ)発酵場を掃除する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707871

  •  (11)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (11)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の地缸(ちこう、地中に埋めたかめ)発酵場で従業員に技術指導をする無形文化遺産伝承人の盧振営(ろ・しんえい)さん(左から2人目)。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/魯鵬)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707856

  •  (16)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (16)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、酒海(酒を貯蔵する大きな容器)の貯蔵状況を確認する宝豊酒業の技術者。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707867

  •  (15)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (15)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業のかめ酒貯蔵庫で原酒の貯蔵状況を確認する、無形文化遺産伝承人の盧振営(ろ・しんえい)さん。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707868

  •  (6)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (6)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の醸造工場で、等級別で酒を取るために、酒花(酒の表面に浮かぶ泡)を観察する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707840

  •  (1)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (1)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の醸造工場で作業する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707842

  •  (17)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (17)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の地缸(ちこう、地中に埋めたかめ)発酵場を掃除する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707872

  •  (2)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (2)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の地缸(ちこう、地中に埋めたかめ)発酵場でもろみの発酵状況を確認する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707854

  •  (12)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (12)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、原酒の質を検査する宝豊酒業の技術者。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/魯鵬)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707866

  •  (9)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (9)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の製麹(せいきく)場で、圧縮したこうじのブロックを運ぶ従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/魯鵬)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707841

  •  (4)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (4)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の醸造工場で、発酵したもろみを甑(こしき)に入れて蒸留する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707850

  •  (3)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (3)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の醸造工場で、発酵したもろみを甑(こしき)に入れて蒸留する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707839

  •  (5)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (5)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の地缸(ちこう、地中に埋めたかめ)発酵場で、異なる発酵段階のもろみを採取して観察する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707853

  •  (10)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (10)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の醸造工場で生産状況を把握する無形文化遺産伝承人の盧振営(ろ・しんえい)さん。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/魯鵬)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707855

  •  (8)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (8)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の培養室でこうじの培養状況を確認する従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707845

  •  (7)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (7)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の地缸(ちこう、地中に埋めたかめ)発酵場で作業をする従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李安)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707848

  •  (14)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県
    2023年12月27日
    (14)千年伝わる酒造りが最盛期迎える河南省宝豊県

    21日、宝豊酒業の醸造工場で忙しく働く従業員。中国河南省平頂山市宝豊県にある酒造メーカー、宝豊酒業の醸造工場は、厳しい寒さにもかかわらず熱気と活気に満ちている。酒造業で長い歴史を持つ同県は伝統的な蒸留酒の発祥地の一つで、酒造に適した気温になる秋から冬が繁忙期となる。名産の「宝豊酒」は、千年近く受け継がれてきた蒸留酒の醸造技術「六芸醸酒法」を採用して造られる。材料選びからこうじ造り、材料となる穀類の蒸し上げ、放冷、仕込み、蒸留まで100以上の工程を経る必要があり、伝統的な職人技が繰り広げられる。同県の醸造技術は2008年、「蒸留酒伝統醸造技術(宝豊酒伝統醸造技芸)」として第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(平頂山=新華社記者/李嘉南)= 配信日: 2023(令和5)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122707869

  • 1