KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シノペック
  • 中国石油化工集団
  • 可採埋蔵量
  • 噴出
  • 深さ
  • 生産
  • 発見
  • 確認
  • 面積
  • 資料

「酸性ガス」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年09月29日
    黄砂でかすむ長崎市内 黄砂が酸性ガス運ぶ

    黄砂現象でぼんやりかすむ長崎市内=1月2日(K01ー28)

    商品コード: 2001092900001

  • 2020年04月08日
    四川盆地川西ガス田、可採埋蔵量1140億立方メートルに

    川西ガス田彭州4-2D井の発掘現場。(資料写真、小型無人機から)中国石油化工集団(シノペック・グループ)西南石油局川西ガス田でこのほど、新たに830億立方メートルの可採埋蔵量が確認され、累計1140億立方メートルに達した。同集団への取材で分かった。川西ガス田は四川盆地西端にある面積約138平方キロの大型酸性ガス田で、主力埋蔵層の深さが約6千メートルとなっている。当初設置した探査井「彭州1井」などから2018年に商業量の噴出があり、川西ガス田が発見された。昨年から開発井11本を整備し、これまでに7本から良好な生産量を得ている。(成都=新華社配信/潘積尚)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602547

  • 00:46.34
    2020年11月14日
    「新華社」四川盆地川西ガス田、可採埋蔵量1140億立方メートルに

    中国石油化工集団(シノペック・グループ)西南石油局川西ガス田でこのほど、新たに830億立方メートルの可採埋蔵量が確認され、累計1140億立方メートルに達した。同集団への取材で分かった。川西ガス田は四川盆地西端にある面積約138平方キロの大型酸性ガス田で、主力埋蔵層の深さが約6千メートルとなっている。当初設置した探査井「彭州1井」などから2018年に商業量の噴出があり、川西ガス田が発見された。昨年から開発井11本を整備し、これまでに7本から良好な生産量を得ている。(記者/楊進)<映像内容>川西ガス田の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111600268

  • 2020年11月14日
    四川盆地川西ガス田、可採埋蔵量1140億立方メートルに

    川西ガス田の発掘現場。(資料写真)中国石油化工集団(シノペック・グループ)西南石油局川西ガス田でこのほど、新たに830億立方メートルの可採埋蔵量が確認され、累計1140億立方メートルに達した。同集団への取材で分かった。川西ガス田は四川盆地西端にある面積約138平方キロの大型酸性ガス田で、主力埋蔵層の深さが約6千メートルとなっている。当初設置した探査井「彭州1井」などから2018年に商業量の噴出があり、川西ガス田が発見された。昨年から開発井11本を整備し、これまでに7本から良好な生産量を得ている。(成都=新華社配信/潘積尚)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602566

  • 2020年11月14日
    四川盆地川西ガス田、可採埋蔵量1140億立方メートルに

    川西ガス田の発掘現場。(資料写真)中国石油化工集団(シノペック・グループ)西南石油局川西ガス田でこのほど、新たに830億立方メートルの可採埋蔵量が確認され、累計1140億立方メートルに達した。同集団への取材で分かった。川西ガス田は四川盆地西端にある面積約138平方キロの大型酸性ガス田で、主力埋蔵層の深さが約6千メートルとなっている。当初設置した探査井「彭州1井」などから2018年に商業量の噴出があり、川西ガス田が発見された。昨年から開発井11本を整備し、これまでに7本から良好な生産量を得ている。(成都=新華社配信/袁鵬)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111602551

  • 1