KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中央
  • 再建
  • 阿弥陀如来
  • 五代十国
  • 令和
  • 光孝寺
  • 六榕寺
  • 前身
  • 南嶺山脈
  • 命名

「釈迦如来」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
52
( 1 52 件を表示)
  • 1
52
( 1 52 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    知恩院三門楼上の仏像

    知恩院三門楼上の仏像を撮影する。中央に釈迦如来座像、その左右に善財童子、須達長者の尊像、さらにその脇には十六羅漢像が並ぶ。極彩色の装飾が施された天井には雲竜などが描かれている。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号52‐17‐2]

    商品コード: 2017081002531

  • -
    知恩院三門楼上の仏像

    知恩院三門楼上の仏像を撮影する。中央に釈迦如来座像、その左右に善財童子、須達長者の尊像、さらにその脇には十六羅漢像が並ぶ。極彩色の装飾が施された天井には雲竜などが描かれている。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号80‐7‐0]

    商品コード: 2017081401231

  • -
    東京 上野の大仏

    東京、上野の大仏=明治初期、東京、撮影者:不明、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。★特別価格対象商品★

    商品コード: 2019010401902

  • -
    知恩院三門楼上の仏像

    知恩院三門楼上の仏像を撮影する。中央に釈迦如来座像、その左右に善財童子、須達長者の尊像、さらにその脇には十六羅漢像が並ぶ。極彩色の装飾が施された天井には雲竜などが描かれている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号51‐89‐0]

    商品コード: 2017081002320

  • -
    知恩院三門楼上の仏像

    知恩院三門楼上の仏像を撮影する。中央に釈迦如来座像、その左右に善財童子、須達長者の尊像、さらにその脇には十六羅漢像が並ぶ。極彩色の装飾が施された天井には雲竜などが描かれている。玉村康三郎撮影。=撮影年月日不明、京都、撮影者:玉村康三郎、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号48‐112‐0]

    商品コード: 2017080903226

  • -
    知恩院三門楼上の仏像

    知恩院三門楼上の仏像を撮影する。中央に釈迦如来座像、その左右に善財童子、須達長者の尊像、さらにその脇には十六羅漢像が並ぶ。極彩色の装飾が施された天井には雲竜などが描かれている。知恩院三門は5間3戸、重層、入母屋造、本瓦葺で、元和5年(1619)に徳川家忠によって建立された日本最大の楼門である。=撮影年月日不明、京都、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号72‐42‐0]

    商品コード: 2017082301197

  • -
    知恩院三門の内部

    知恩院三門の楼上。鏡天井に極彩色で、天人や迦陵頻伽が描かれている。天井と柱の間に三手先斗拱が見える。鏡天井・三手先斗拱は、室町以降広く行われた禪宗様で愛用された普遍的な様式である。中央に釈迦如来像、その後ろに十六羅漢像が安置されている。=撮影年月日不明、京都、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号2‐17‐0]

    商品コード: 2017080200803

  • -
    鎌倉の大仏

    大仏像は高徳院の本尊で、もとは「大仏殿」とよばれた、建物の中にあったと言う。最初は木像であったが、後の建長4年(1252)深沢の里に金銅八尺の釈迦如来(阿弥陀像の誤り)を鋳始めると『吾妻鏡』にある。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐17‐0]

    商品コード: 2017080201159

  • 1904年12月31日
    鎌倉の大仏

    鎌倉大仏は国宝銅造阿弥陀如来坐像(明治30年〔1897〕指定)という、高徳院清浄泉寺(こうとくいんしょうじょうせんじ)の本尊である。鎌倉時代の建長4年(1252)金銅八丈の釈迦如来像を鋳始めたと史料にあるが、いつごろ阿弥陀如来になったかは不明である。撮影年代等未詳。=1904(明治37)年、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号98‐4‐0]

    商品コード: 2017081501495

  • 1932年06月28日
    日本電報通信社資料

    彫刻家の高村光雲氏(左)が彫った護国祈願の釈迦如来像。その右へ大円寺の服部太元住職、小笠原長生子爵=1932(昭和7)年6月28日、東京・本郷の東片町(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932062800004

  • 1993年12月14日
    金堂内部と釈迦如来 金堂や夢殿でライトアップ

    ライトアップされ、くっきり浮かび上がった法隆寺金堂内部。正面は釈迦如来=14日午後、奈良県・斑鳩町(文化財)

    商品コード: 1993121400047

  • 1996年09月18日
    釈迦如来像 如来像の胎内に髪の毛か

    胎内に髪の毛らしいものが見つかった東寺の釈迦如来像

    商品コード: 1996091800059

  • 1996年09月18日
    展示された国宝の仏像 パリで奈良・興福寺展

    17日、パリの美術館に展示された釈迦如来像(中央)や四天王立像(共同)

    商品コード: 1996091800007

  • 1996年09月18日
    エックス線写真 如来像の胎内に髪の毛か

    胎内下部に髪の毛らしいものが見える釈迦如来像のエックス線写真

    商品コード: 1996091800060

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年05月24日
    押収された釈迦如来坐像 文化財の仏像窃盗で逮捕

    熊本県警に証拠品として押収された釈迦如来坐像

    商品コード: 2005052400224

  • 2005年10月14日
    蟹満寺の釈迦如来座像 創建から1300年動かず

    創建当時から1300年同じ場所に安置されていたことが分かった蟹満寺の本尊で国宝の釈迦如来座像=14日、京都府山城町

    商品コード: 2005101400154

  • 2007年12月26日
    公開された釈迦如来坐像 京都五山の禅文化を紹介

    報道陣に公開された相国寺本尊の釈迦如来坐像=26日午前、福岡県太宰府市の九州国立博物館

    商品コード: 2007122600131

  • 2008年03月19日
    本尊の据え付け穴 京都・蟹満寺の国宝坐像

    今回の調査で明らかになった蟹満寺の釈迦如来坐像の据え付け穴(中央)=19日午後、京都府木津川市

    商品コード: 2008031900359

  • 2009年03月06日
    釈迦如来坐像 お礼の仏像を公開、善光寺

    一般公開されることになった、ダライ・ラマ十四世が善光寺に贈った仏像「釈迦如来坐像」=6日午後、長野市の善光寺

    商品コード: 2009030600166

  • 2012年03月03日
    聖福寺の4体の仏像 新たに3仏像に金属製内臓

    昨年、内部から金属製五臓が見つかった本尊の「釈迦如来坐像」(中央)。今回新たに両脇に立つ仏像に加え、白衣観音像(右奥)からも金属製五臓が見つかった=3日午前、長崎市の黄檗宗寺院、聖福寺

    商品コード: 2012030300104

  • 2012年03月03日
    本尊右側の仏像 新たに3仏像に金属製内臓

    本尊の釈迦如来坐像に向かって右側に立つ、新たに金属製五臓が見つかった仏像=3日午前、長崎市の黄檗宗寺院、聖福寺

    商品コード: 2012030300110

  • 2012年03月03日
    本尊左側の仏像 新たに3仏像に金属製内臓

    本尊の釈迦如来坐像に向かって左側に立つ、新たに金属製五臓が見つかった仏像=3日午前、長崎市の黄檗宗寺院、聖福寺

    商品コード: 2012030300111

  • 2013年01月08日
    説明する研究員ら 金属製内臓、新たに発見

    金属製の内臓が見つかった「釈迦如来坐像」(右端)の前で、説明する九州国立博物館の楠井隆志主任研究員(左端)ら=8日午後、長崎市の興福寺

    商品コード: 2013010800485

  • 2013年02月18日
    数珠作り 縁結びはお寺でどうぞ

    「釈迦如来」などの紙のボードが立てられたテーブルで、数珠作りをする「お寺de縁結び」の参加者。男女で助け合いながらの作業が楽しそうだ=和歌山市の安楽寺

    商品コード: 2013021800304

  • 2014年09月09日
    比叡山延暦寺釈迦堂

    キーワード:延暦寺、屋外、夏、観光地、観光名所、建物、午後、講堂、寺、釈迦堂、釈迦如来、世界遺産、日本、比叡山、比叡山延暦寺、風景、無人、転法輪堂、風景メイン写真=2014(平成26)年9月9日、滋賀県大津市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090201062

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月25日
    制作される釈迦如来坐像 サラリーマンから仏師に

    東日本大震災で被災した寺へ奉納するため、三浦耀山さんが制作している「釈迦如来坐像」=京都市

    商品コード: 2015092500005

  • 2016年03月21日
    公開された釈迦如来など 目指せ「クローン仏像」

    鋳造を終え、披露された釈迦如来(左)と脇侍と呼ばれる立像(中央)。右は3Dプリンターでつくった型=21日午後、富山県高岡市

    商品コード: 2016032100442

  • 2016年03月21日
    披露された釈迦如来と市長 目指せ「クローン仏像」

    鋳造を終え、披露された釈迦如来(中央)などについて語る高岡市の高橋正樹市長=21日午後、富山県高岡市

    商品コード: 2016032100464

  • 2016年03月21日
    披露された釈迦如来と脇侍 目指せ「クローン仏像」

    鋳造を終え、披露された釈迦如来(中央)と両脇の脇侍と呼ばれる立像=21日夜、富山県高岡市

    商品コード: 2016032100514

  • 2016年04月12日
    吉祥山 永平寺仏殿

    キーワード:永平寺、屋内、館内、建物、午後、寺、釈迦如来、春、石畳、柱、道場、内部、日本、仏殿、無人、木造、吉祥山、吉田郡、須弥壇、風景メイン写真=2016(平成28)年4月12日、福井県永平寺町、クレジット:SHOHO IMAI/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060911382

  • 2017年02月16日
    完成間近の仏像 「クローン仏像」完成間近

    完成間近となった奈良・法隆寺の国宝「釈迦三尊像」のひとつ「釈迦如来座像」の再現仏像=16日午後、東京・上野の東京芸術大

    商品コード: 2017021600629

  • 2017年02月16日
    公開された仕上げ作業 「クローン仏像」完成間近

    完成間近となった奈良・法隆寺の国宝「釈迦三尊像」のひとつ「釈迦如来座像」再現仏像の仕上げ作業=16日午後、東京・上野の東京芸術大

    商品コード: 2017021600633

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    夕刻にライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204244

  • 2017年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼の屋根。全て銅瓦を用いている。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2017(平成29)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204247

  • 2017年09月15日
    狩野探幽の「釈迦三尊像」 探幽作の釈迦像と裏付け

    聖護院門跡で初公開される狩野探幽の「釈迦三尊像」。(左から)普賢菩薩、釈迦如来、文殊菩薩=15日、京都市

    商品コード: 2017091500790

  • 2018年10月07日
    中金堂の内部 興福寺中金堂で落慶法要

    約300年ぶりに再建された「中金堂」の堂内。中央は本尊釈迦如来坐像。手前左は「法相柱」=奈良市の興福寺

    商品コード: 2018100700081

  • 2018年10月07日
    法相柱と如来像 興福寺中金堂で落慶法要

    興福寺中金堂の本尊釈迦如来坐像(左)と「法相柱」=奈良市

    商品コード: 2018100700082

  • 2018年10月07日
    釈迦如来坐像 興福寺中金堂で落慶法要

    興福寺中金堂の本尊釈迦如来坐像=奈良市

    商品コード: 2018100700191

  • 2018年10月07日
    本尊釈迦如来坐像 興福寺中金堂で落慶法要

    興福寺中金堂の本尊釈迦如来坐像=奈良市

    商品コード: 2018100700193

  • 2018年10月20日
    中金堂の参拝客ら 興福寺中金堂で一般拝観

    一般拝観が始まった興福寺中金堂の本尊釈迦如来坐像を見る参拝客ら=20日午前、奈良市

    商品コード: 2018102000071

  • 2019年05月19日
    観音正寺の釈迦如来座像

    キーワード:屋外、近江八幡市、建物、座像、寺、釈迦如来、春、絶景、昼、日本、風景、無人、第三十二番札所、第二十二番札所、近江西国三十三箇所、花の寺、観音正寺、石寺、テーマメイン写真、繖山、千手千眼観世音菩薩=2019(令和元)年5月19日、滋賀県安土町、クレジット:SHUKO YASUMI/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030216220

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の観音殿に安置されている千手千眼観世音菩薩像。クスノキの一木彫像。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204263

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿。康熙2(1663)年に建立された木造建築。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204395

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204500

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の毘盧(びる)殿に安置されている玉製の「華厳三聖」。中央の毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)は大日如来とも呼ばれる。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204363

  • 2020年03月28日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。(3月28日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204448

  • 2020年05月31日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    ライトアップされた大仏寺の弘法大楼。(5月31日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204233

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている三世仏像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204299

  • 2020年07月10日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の大雄宝殿に安置されている銅製の釈迦如来像。(7月10日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204495

  • 2020年07月17日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺の弘法大楼。左のガジュマルは樹齢300年近く。(7月17日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204507

  • 2020年08月01日
    広州の繁華街に立つ名刹、大仏寺を訪ねて広東省

    大仏寺内にある羅漢像の彩色磁器壁画。(8月1日撮影)中国広東省広州市にある大仏寺は、五代十国の南漢時代(917~971年)に建立された二十八寺の中の北七寺の一つ、新蔵寺が前身。元代に新蔵寺跡に福田庵と呼ばれる殿宇が再建され、明代に拡張されて竜蔵寺となった。明朝末期に地元の仏教信仰が下火になると寺院は廃れ、役所として使われるようになり、明末清初の戦乱で焼失した。その後、清朝康熙年間に再建され、大雄宝殿に嶺南(中国南部の南嶺山脈以南)随一とされる黄銅製の高さ6メートル、重さ10トンの三世仏像(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来)が安置されたことから大仏寺と命名された。広州の賑やかな歩行者天国の中に立つ大仏寺は、光孝寺、華林寺、海幢寺、六榕寺とともに広州五大名刹として名高い。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年8月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204242

  • 2022年02月04日
    (19)山西博物院でシルクロード文化財の特別展

    山西博物院「地中海から中国-シルクロード文物展」で展示された銅釈迦如来立像(ガンダーラ、5~6世紀)。(1月28日撮影)中国山西省太原市の山西博物院で「地中海から中国-シルクロード文物展」が開かれている。イランやアフガニスタン、パキスタン、インドなどの文化財や芸術品190点余りを展示する。山西省は古代シルクロードの東端に位置し、歴史的に重要な関係を持つ。北朝時代から隋唐時代には晋陽(現在の太原市)、平城(大同市)が経済、文化ともに発達した国際都市として栄えた。明清時代に当時「晋商」と呼ばれた山西商人がシルクロードに沿って世界と通商するようになると、山西はシルクロード文明の重要な拠点となった。(太原=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2022(令和4)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020409961

  • 1