KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 野生動物
  • 保護動物
  • 中国雲南省
  • 国家重点
  • レッドリスト
  • オグロヅル
  • 生態環境
  • 自然保護
  • 中国広東省
  • 保護野生

「重点保護」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
702
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
702
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年06月21日
    (6)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    17日、シーサンパンナ・ダイ族自治州にあるアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、救助したゾウをかわいがる「ゾウのお父さん」と呼ばれる飼育員。アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(昆明=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107616

  • 2021年06月21日
    (3)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    15日、普洱市思茅区六順鎮の外側に設置されたアジアゾウ監視塔。(小型無人機から)アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107620

  • 2021年06月21日
    (1)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    15日、普洱市思茅区六順鎮の外側に設置されたアジアゾウ監視所。(小型無人機から)アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107623

  • 2021年06月21日
    (2)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    15日、普洱市思茅区六順鎮の外側に設置されたアジアゾウ監視塔とその周辺にある給餌場。(小型無人機から)アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前の主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107624

  • 2021年06月21日
    (5)アジアゾウの生息地を訪ねて雲南省

    17日、シーサンパンナ・ダイ族自治州にあるアジアゾウ種源繁殖・救助センターで、救助したゾウを外に連れ出す「ゾウのお父さん」と呼ばれる飼育員。アジアゾウは中国の国家1級重点保護動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市やシーサンパンナ・ダイ族自治州などに生息している。普洱市思茅(しぼう)区六順鎮は、以前からアジアゾウの群れが活動している地域で、シーサンパンナから普洱市へゾウが北上する際の重要な通り道となっている。同自治州にあるシーサンパンナ国家級自然保護区は、アジアゾウの個体群が拡散する以前はその主要な生息地だった。保護区以外でも、高い森林率を維持し、自然林が大半を占め、ゾウにとって理想的な生息地となっている。(普洱=新華社記者/王冠森)= 配信日: 2021(令和3)年6月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021062107634

  • 00:46.89
    2021年06月16日
    「新華社」工事現場で発見されたかわいい「トカゲ」の正体雲南省

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州屏辺ミャオ族自治県の工事現場でこのほど、作業員が「トカゲ」のような深緑色の野生動物1匹を発見した。作業員はこの「トカゲ」を保護。連絡を受けた同林業・草原局は直ちに作業スタッフを現場に派遣した。同局野生動植物保護科スタッフの朱美波(しゅ・びは)氏が鑑定した結果、この「トカゲ」のような生物は国家2級重点保護野生動物のチャイニーズウォータードラゴン(Physignathuscocincinus)であることが確認された。(記者/曽維) =配信日: 2021(令和3)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061602623

  • 00:35.96
    2021年06月14日
    「新華社」チベット自治区北部の湖で泳ぐユキヒョウを撮影

    中国チベット自治区ナクチュ(那曲)市草原ステーションの職員が9日、同自治区にあるチャンタン(羌塘)国家級自然保護区の湖、色林錯で泳ぐユキヒョウの撮影に成功した。職員はユキヒョウが湖で泳ぐことはめったにないとした上で、同自治区北部の高原では現在、春が到来し、大量の鳥類が繁殖期を迎えており、色林錯にやって来たユキヒョウが餌を探すために湖に入ったのかもしれないと説明した。同自治区北部に位置するチャンタン草原は平均標高4700メートルで、ほとんどの地域は原生状態にある。チベットカモシカ、ヤク、チベットノロバの他、ユキヒョウ、オグロヅル、オオカミ、ハゲタカ、ヒグマなど、多種類の野生動物が生息し、国家1級重点保護野生動物が10種、2級が21種含まれている。(記者/普布扎西) =配信日: 2021(令和3)年6月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061405330

  • 2021年06月10日
    (6)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007849

  • 2021年06月10日
    (1)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月31日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007802

  • 2021年06月10日
    (9)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007920

  • 2021年06月10日
    (12)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007921

  • 2021年06月10日
    (4)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007839

  • 2021年06月10日
    (8)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼル。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007851

  • 2021年06月10日
    (11)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007911

  • 2021年06月10日
    (13)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007925

  • 00:37.40
    2021年06月10日
    「新華社」絶滅危惧種カワアジサシのヒナ2羽が誕生雲南省盈江県

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州盈江(えいこう)県の大盈江流域でこのほど、カワアジサシのつがいが今年2回目の飼育下繁殖に成功し、ヒナ2羽が無事孵化(ふか)した。前回と合わせ、このつがいから今年誕生したヒナは5羽になった。カワアジサシは中国の国家1級重点保護野生動物で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも絶滅危惧種に分類されており、ミャンマー国境に近い同県大盈江流域が主な生息地と子育ての場になっている。同省銅壁関省級自然保護区管理保護局盈江支局は、カワアジサシを順調に繁殖させるため、巣の周りに網囲いを設置し、監視活動を行うなどの措置を講じてきたという。(記者/姚兵)=配信日:2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061300111

  • 2021年06月10日
    (7)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007850

  • 2021年06月10日
    (3)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007835

  • 2021年06月10日
    (5)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007840

  • 2021年06月10日
    (2)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007813

  • 2021年06月10日
    (10)チベットガゼルが草原に次々と出現甘粛省粛南県

    5月29日、粛南ユグル族自治県で撮影したチベットガゼルの群れ。中国の青海省と甘粛省にまたがる祁連(きれん)山脈はすでに夏を迎えているが、標高4500メートル余りに位置する広大な草原は依然として雪と氷に覆われている。甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の沙竜灘草原では、野生のチベットガゼルの群れが、春雪が解けてむき出しになった枯れ草をはむ姿があちこちで見られ、高原に活気をもたらしている。チベットガゼルは「小羚羊」(しょうれいよう)とも呼ばれ、高山寒漠地帯を生息地とする典型的な動物であり、国家2級重点保護野生動物に指定されている。年間を通して高地草原と高山の牧草地に生息しており、体重が15キロほどしかない。尾の付け根にハート型の大きな白斑があるのが最大の特徴となっている。同県はここ数年、野生動物保護の取り組みを継続的に強化し、放牧を止め草原に戻す措置「退牧還草」や湿地の回復、砂漠化防止事業を全力で進めている。これにより、県内の生態環境は改善されつつあり、チベットガゼルやオグロヅル、クチジロジカなどの野生動物の生息数も次第に増え始めている。(張掖=新華社配信/華爾丹)= 配信日: 2021(令和3)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061007914

  • 2021年06月09日
    (14)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区で海に向かって進むウミガメ。(資料写真)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907411

  • 2021年06月09日
    (15)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区で産み落とされたウミガメの卵。ふ化率は最高で8~9割。(資料写真)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907417

  • 2021年06月09日
    (6)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ救護センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907352

  • 2021年06月09日
    (3)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907304

  • 2021年06月09日
    (10)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907405

  • 2021年06月09日
    (12)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907408

  • 2021年06月09日
    (13)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区で卵を産むウミガメ。一巣に数十個から数百個のピンポン玉ほどの大きさの卵を産む。(資料写真)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907409

  • 2021年06月09日
    (5)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907350

  • 2021年06月09日
    (9)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907400

  • 2021年06月09日
    (11)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ飼育センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907407

  • 2021年06月09日
    (8)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、放流直前のウミガメの甲羅に2次元バーコードを装着する夏中栄(か・ちゅうえい)シニアエンジニア。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907401

  • 2021年06月09日
    (7)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区ウミガメ救護センターのウミガメ。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907404

  • 2021年06月09日
    (1)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵州市恵東県の海亀湾。(小型無人機から)中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907295

  • 2021年06月09日
    (2)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907296

  • 2021年06月09日
    (4)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    2日、ウミガメに2次元バーコードを装着する職員。バーコードにはウミガメの個体識別情報が入っており、漁師が誤って捕獲した場合、スキャンして報告すれば速やかに保護される。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/李嘉楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907311

  • 2021年06月09日
    (16)中国大陸「最後のウミガメ産卵地」繁殖に希望広東省

    3日、広東省恵東ウミガメ国家級自然保護区内の人工砂浜で、青いかごに覆われたウミガメの卵。中国広東省恵州市恵東県の恵東ウミガメ国家級自然保護区は、美しい砂浜を持ち、中国大陸の「最後のウミガメ産卵地」として知られる。古くからウミガメの繁殖・生息域であり、地元の人々から「海亀湾」と呼ばれている。同保護区は1985年設立、1992年に国家級に昇格した。この数十年のうちに保護した野生のウミガメは累計8万個以上の卵を産み、約7万匹がふ化、6万匹以上が放流された。今年4月1日から現在までに、完全人工繁殖のウミガメ8匹が千個を超える卵を産んでいる。中国は今年、調整後の「国家重点保護野生動物リスト」を発表し、ウミガメを国家1級保護野生動物に引き上げた。(恵州=新華社記者/丁楽)= 配信日: 2021(令和3)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060907437

  • 2021年06月07日
    (7)粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、餌を求めて移動するチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060710841

  • 00:57.28
    2021年06月07日
    「新華社」粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。同自治県はここ数年、草原での放牧を禁止し、家畜頭数を制限する政策や、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」の実施、違法狩猟に対する罰則の強化などにより、生態環境の継続的な保護・改善を進めており、ユキヒョウ、クチジロジカ、チベットノロバ、オグロヅルなどの国家1級重点保護動物個体群の個体数が増え続けているという。(武雪峰、安維斌) =配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060707931

  • 2021年06月07日
    (5)粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、のんびりと歩くチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/安維斌)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060710850

  • 2021年06月07日
    (6)粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、大地を駆け抜けるチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060710837

  • 2021年06月07日
    (2)重慶で「生きた化石」穂花杉の群生を発見

    陰条嶺国家級自然保護区で見つかった穂花杉。(資料写真)中国重慶市の陰条嶺国家級自然保護区管理局はこのほど、同市自然博物館と共同で実施した希少・絶滅危惧種と重点保護植物に対する調査で、市内最大規模の穂花杉の群生を発見したと発表した。同保護区の蘭英大峡谷で見つかり、分布面積は500ムー(約33ヘクタール)余り、群生数は3千株余りとみられる。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704898

  • 2021年06月07日
    (1)重慶で「生きた化石」穂花杉の群生を発見

    陰条嶺国家級自然保護区で見つかった穂花杉の葉と種子。(資料写真)中国重慶市の陰条嶺国家級自然保護区管理局はこのほど、同市自然博物館と共同で実施した希少・絶滅危惧種と重点保護植物に対する調査で、市内最大規模の穂花杉の群生を発見したと発表した。同保護区の蘭英大峡谷で見つかり、分布面積は500ムー(約33ヘクタール)余り、群生数は3千株余りとみられる。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704897

  • 2021年06月04日
    (6)粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の草はらから飛び立つオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060411179

  • 01:09.24
    2021年06月04日
    「新華社」粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。オグロヅルは大型の渉禽類で、全身は淡灰色の羽毛で被われており、全長は約120センチ。高原の生態系の変化を示す指標的な役割を果たしており、主に標高2500メートルから5千メートルの高原、沼地、アシの茂みなどに生息している。1989年に中国国家一級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストとワシントン条約(CITES)の絶滅危惧種に登録されているほか、1996年に「中国絶滅危惧動物レッドデータブック」にも掲載されている。(武雪峰、安維斌、華爾丹) =配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410730

  • 2021年06月04日
    (7)粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の草はらから飛び立つオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060411257

  • 2021年06月04日
    (2)粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の上空を飛ぶオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410852

  • 2021年06月04日
    (1)粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の上空を飛ぶオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060410855

  • 2021年06月04日
    (4)粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の上空を飛ぶオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060411161

  • 2021年06月04日
    (5)粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の草はらで羽を休めるオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060411238

  • 00:50.66
    2021年06月03日
    「新華社」秦嶺山脈太白山で国家1級重点保護植物キングドニアを発見

    中国陝西省にある秦嶺山脈最高峰の太白山でこのほど、同省宝鶏市眉県林業ステーションの職員が野外調査を行ったところ、標高2700メートル以下の地点で初めて国家1級重点保護野生植物でキンポウゲ目のキングドニア(Kingdoniauniflora)が発見された。キングドニアは多年生で無毛の小草木で、1999年に国家1級重点保護野生植物に指定された。主に中国の雲南、四川、甘粛、陝西各省に分布し、繁殖地は通常、標高2750〜3900メートルのモミ林やツツジの低木林の中にある。自然再生能力が弱いため、個体数が徐々に減少し、自然分布域も次第に狭くなっており、ここ数年はめったに見られなくなっている。今回、太白山で見つかったキングドニアは、主に紅河谷の大頼溝の標高2350メートル地点と、紅樺坪の標高2420メートル地点にそれぞれ少量ずつ分布していた。(記者/都紅剛) =配信日: 2021(令和3)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060400540

  • 2021年05月30日
    粛南ユグル族自治県で絶滅危惧種のオグロヅルを発見甘粛省

    5月30日、祁豊自然保護ステーション管理保護区の上空を飛ぶオグロヅル。中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県の祁豊チベット族郷を流れる討頼河の流域でこのほど、記者が国家1級重点保護野生動物のオグロヅル2羽の撮影に成功した。祁豊自然保護ステーション管理保護区にオグロヅルが姿を現したことは、保護区の生態環境が著しく改善され、人と動物が調和的に共存していることを示している。(張掖=新華社配信/武雪峰)=2021(令和3)年5月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704782

  • 2021年05月29日
    粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、餌を探すチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/武雪峰)=2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904961

  • 2021年05月29日
    粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、餌を求めて移動するチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/武雪峰)=2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904988

  • 2021年05月29日
    粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、餌を探すチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/武雪峰)=2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904996

  • 2021年05月29日
    粛南県祁豊チベット族郷でチベットノロバの群れを撮影甘粛省

    祁豊チベット族郷で、餌を探すチベットノロバの群れ。(5月29日撮影)中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県祁豊チベット族郷の大小烏蘭、紅水壩一帯でこのほど、記者がチベットノロバの群れの撮影に成功した。群れの頭数は80頭余りとみられる。国家1級重点保護動物のチベットノロバは、ワシントン条約(CITES)付属書1に掲載されている青海チベット高原の大型草食動物で、寒冷な砂漠地帯に生息している。(張掖=新華社配信/武雪峰)=2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060904981

  • 01:24.60
    2021年05月29日
    「新華社」野生のゾウの群れなぜ北上?方向見失ったか雲南省

    中国雲南省シーサンパンナに生息していた野生のアジアゾウの群れがこのほど北へ移動し、29日夜に同省玉渓市紅塔区に入った。「故郷」を離れ、省都の昆明市に接近しつつある。モニタリングによると、ゾウの群れは大人の雌6頭と雄3頭、若いゾウ3頭、子ゾウ3頭から成り、シーサンパンナから北へ約500キロ、省のほぼ中心部まで移動してきた。雲南大学生態・環境学院の陳明勇(ちん・めいゆう)教授は、野生のゾウは習慣的に移動をする動物だが、今回のように北上を続けることは珍しいと指摘。北上を続ける理由については、群れがシーサンパンナへ帰る途中、道路の状態など何らかの原因で方向を見失ったものの、群れ自身は目的地へ向かっていると思い込んで移動している可能性があると推測した。中国の国家1級重点保護野生動物のアジアゾウは、アジア大陸に現存する最大の陸上野生動物で、国内では主に雲南省の普洱(ふじ)市、シーサンパンナ・ダイ族自治州、臨滄(りんそう)市の3州・市に分布している。30年余りの救助・保護活動により、省内の個体数は1980年代初めの193頭から現在は約300頭にまで増加した。(記者/孫敏、趙珮然、胡超)=配信日:2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060107567

  • 00:38.16
    2021年05月26日
    「新華社」ハンカチノキの花が観光客を魅了湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市の天門山国家森林公園では、ハンカチノキが花を咲かせ、多くの観光客の目を楽しませている。ハンカチノキはハトノキ(鳩の木)の名でも知られ、中国の国家1級重点保護野生植物に指定されている。1千万年前の新生代第三紀からの生き残りで、その希少さから「植物界のジャイアントパンダ」と呼ばれている。同市は重要な遺存種の生育地帯で、天門山の標高1500~2000メートルに位置する落葉・常緑広葉樹混交林の水分を多く含む土壌には、ハンカチノキ約200株が群生している。(記者/姚羽) =配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052611667

  • 2021年05月26日
    (4)雲南省固有のカラタチ「富民枳」、野生絶滅から7千株近くまで回復

    富民枳の果実。(資料写真)中国雲南省に、富民枳(ふみんき)という名のミカン科カラタチ属の固有種がある。野橘子(やきっし、野生の柑橘果実の意)とも呼ばれ、同省昆明市富民県にのみ分布する。国家2級重点保護野生植物に指定されており、県・市名にちなんで名付けられた同市唯一の野生植物でもある。文献によると、1984年に中国科学院昆明植物研究所の研究スタッフ、丁素琴(てい・そきん)さんらが、富民県の冬瓜林一帯でカラタチ属の新種を発見し、富民枳と命名した。1992年には県内に10本存在していたが、2008年の調査では原生地分布が消滅しており、野生種としての絶滅が確認された。発見から絶滅まで24年という短い期間だった。昆明市絶滅危惧動植物収容救出センターは2011年、富民枳の救出保護活動を開始した。関係部門の不断の努力により、原生地に再導入された富民枳は現在、6893本まで増えている。その他にも研究者らにより、ポット苗の富民枳が2万本以上栽培されている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052610511

  • 2021年05月26日
    (5)雲南省固有のカラタチ「富民枳」、野生絶滅から7千株近くまで回復

    富民枳の果実断面。(資料写真)中国雲南省に、富民枳(ふみんき)という名のミカン科カラタチ属の固有種がある。野橘子(やきっし、野生の柑橘果実の意)とも呼ばれ、同省昆明市富民県にのみ分布する。国家2級重点保護野生植物に指定されており、県・市名にちなんで名付けられた同市唯一の野生植物でもある。文献によると、1984年に中国科学院昆明植物研究所の研究スタッフ、丁素琴(てい・そきん)さんらが、富民県の冬瓜林一帯でカラタチ属の新種を発見し、富民枳と命名した。1992年には県内に10本存在していたが、2008年の調査では原生地分布が消滅しており、野生種としての絶滅が確認された。発見から絶滅まで24年という短い期間だった。昆明市絶滅危惧動植物収容救出センターは2011年、富民枳の救出保護活動を開始した。関係部門の不断の努力により、原生地に再導入された富民枳は現在、6893本まで増えている。その他にも研究者らにより、ポット苗の富民枳が2万本以上栽培されている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052610512

  • 2021年05月26日
    (3)雲南省固有のカラタチ「富民枳」、野生絶滅から7千株近くまで回復

    富民枳の幼果。(資料写真)中国雲南省に、富民枳(ふみんき)という名のミカン科カラタチ属の固有種がある。野橘子(やきっし、野生の柑橘果実の意)とも呼ばれ、同省昆明市富民県にのみ分布する。国家2級重点保護野生植物に指定されており、県・市名にちなんで名付けられた同市唯一の野生植物でもある。文献によると、1984年に中国科学院昆明植物研究所の研究スタッフ、丁素琴(てい・そきん)さんらが、富民県の冬瓜林一帯でカラタチ属の新種を発見し、富民枳と命名した。1992年には県内に10本存在していたが、2008年の調査では原生地分布が消滅しており、野生種としての絶滅が確認された。発見から絶滅まで24年という短い期間だった。昆明市絶滅危惧動植物収容救出センターは2011年、富民枳の救出保護活動を開始した。関係部門の不断の努力により、原生地に再導入された富民枳は現在、6893本まで増えている。その他にも研究者らにより、ポット苗の富民枳が2万本以上栽培されている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052610513

  • 00:27.24
    2021年05月26日
    「新華社」雲南省絶滅危惧種マクジャクのひなを撮影

    中国の環境NGO「阿拉善SEE生態協会」の雲南省元江中上流マクジャク生息地共同管理保護区プロジェクトのチームがこのほど、マクジャクのひなを撮影したと明らかにした。生息地の3カ所に設置した赤外線カメラが、ひなを連れ歩く雌のマクジャクの姿を捉えていた。マクジャクは中国の国家1級重点保護動物で、国際自然保護連合(IUCN)の分類も2009年から絶滅危惧(EN)に引き上げられており、絶滅リスクはジャイアントパンダより大きい。現在の生息数は555~600羽と推定されている。(記者/趙珮然、周磊)=配信日:2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052806786

  • 2021年05月26日
    (2)雲南省固有のカラタチ「富民枳」、野生絶滅から7千株近くまで回復

    現生地に再導入された富民枳の生育状況を確認する技術スタッフ。(資料写真)中国雲南省に、富民枳(ふみんき)という名のミカン科カラタチ属の固有種がある。野橘子(やきっし、野生の柑橘果実の意)とも呼ばれ、同省昆明市富民県にのみ分布する。国家2級重点保護野生植物に指定されており、県・市名にちなんで名付けられた同市唯一の野生植物でもある。文献によると、1984年に中国科学院昆明植物研究所の研究スタッフ、丁素琴(てい・そきん)さんらが、富民県の冬瓜林一帯でカラタチ属の新種を発見し、富民枳と命名した。1992年には県内に10本存在していたが、2008年の調査では原生地分布が消滅しており、野生種としての絶滅が確認された。発見から絶滅まで24年という短い期間だった。昆明市絶滅危惧動植物収容救出センターは2011年、富民枳の救出保護活動を開始した。関係部門の不断の努力により、原生地に再導入された富民枳は現在、6893本まで増えている。その他にも研究者らにより、ポット苗の富民枳が2万本以上栽培されている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052610514

  • 2021年05月26日
    (1)雲南省固有のカラタチ「富民枳」、野生絶滅から7千株近くまで回復

    現生地に再導入された富民枳の生育状況を確認する昆明市絶滅危惧動植物収容救出センターの張玉萍(ちょう・ぎょくへい)主任(右)と高雪松(こう・せつしょう)高級技師。(資料写真)中国雲南省に、富民枳(ふみんき)という名のミカン科カラタチ属の固有種がある。野橘子(やきっし、野生の柑橘果実の意)とも呼ばれ、同省昆明市富民県にのみ分布する。国家2級重点保護野生植物に指定されており、県・市名にちなんで名付けられた同市唯一の野生植物でもある。文献によると、1984年に中国科学院昆明植物研究所の研究スタッフ、丁素琴(てい・そきん)さんらが、富民県の冬瓜林一帯でカラタチ属の新種を発見し、富民枳と命名した。1992年には県内に10本存在していたが、2008年の調査では原生地分布が消滅しており、野生種としての絶滅が確認された。発見から絶滅まで24年という短い期間だった。昆明市絶滅危惧動植物収容救出センターは2011年、富民枳の救出保護活動を開始した。関係部門の不断の努力により、原生地に再導入された富民枳は現在、6893本まで増えている。その他にも研究者らにより、ポット苗の富民枳が2万本以上栽培されている。(昆明=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052610510

  • 2021年05月18日
    (7)「生物の宝庫」竜泉市で調査を実施浙江省

    野外に設置された赤外線カメラが捉えた重点保護野生動物マエガミホエジカの姿。(資料写真)中国浙江省南西部の山間地帯に位置する竜泉市は、生態環境が良好なことから、華東地域における生物多様性の宝庫として知られている。生態環境部南京環境科学研究所は現在、生物種の電子標本リストと基本データベース構築を目指し、専門家による竜泉市内の生物多様性の調査を続けている。(麗水=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051806825

  • 2021年05月17日
    (2)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708151

  • 2021年05月17日
    (5)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708160

  • 2021年05月17日
    (3)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708152

  • 00:50.80
    2021年05月17日
    「新華社」重点保護野生動物のミズオオトカゲを確認雲南省普洱市

    中国雲南省普洱(ふじ)市思茅(しぼう)区の糯扎渡(ださつと)省級自然保護区でこのほど、中国の1級保護野生動物に指定されるミズオオトカゲが活動する珍しい光景が撮影された。体長は約120センチで、がっしりとした体形だが、舌を伸ばしながら渓流で餌を探し回る姿が、無邪気でかわいらしくも見えた。同保護区ではこの10年余り、ミズオオトカゲの痕跡が観測されていなかった。同保護区管護局の盧文(ろ・ぶん)局長によると、オオトカゲは普段水中で生活し、魚のほか、動物の死骸も食べる。陸地で日光浴をすることも多いが、ほとんどの時間を渓流で過ごすため、目撃されることは多くないという。同局では今後、必要な研究設備を整え、研究モニタリングを強化することでオオトカゲの行動パターンを把握し、効果的に保護していきたいとしている。(記者/孫敏) =配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051706816

  • 2021年05月17日
    (4)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708150

  • 2021年05月17日
    (1)国家1級保護野生動物キタブタオザルを撮影雲南省竜陵県

    13日、雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷に現れたキタブタオザル。中国雲南省保山市竜陵県木城イ族リス族郷で13日、写真愛好家と地元の林業ステーション職員がキタブタオザルの撮影に成功した。キタブタオザルは「平頂猴」とも呼ばれ、ブタのような尾と「角刈り」のような形の頭を持つ。食物源が豊富で生態環境の質が高く、うっそうと茂った常緑・半常緑広葉樹林を主な生息地としており、中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているほか、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも危急種(VU)に分類されている。同県はここ数年、野生動物の生息地や、性質の異なる環境がゆるやかに連なる移行帯(エコトーン)などを中心に、耕地を森林や草原に戻す「退耕還林・還草」、開墾・放牧・伐採を禁止して森林を育てる「封山育林」、植樹造林などさまざまな措置を実施。1978年に26・9%だった森林率は73・62%まで上昇し、草原総合植生率は2017年の78・75%から81・39%まで増加した。自然環境の改善に伴い、野生動物の生息空間も拡大している。(保山=新華社配信/蔡双発)= 配信日: 2021(令和3)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051708149

  • 00:59.25
    2021年05月16日
    「新華社」祁連山国家公園を舞うオグロヅル甘粛省張掖市

    中国祁連(きれん)山国家公園の甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県区域でこのほど、「高原の妖精」といわれるオグロヅル2羽が、白と黒の羽を広げ、草がうっすら生えた沼地から飛び立った。オグロヅルは中国の国家1級重点保護動物で、標高2500〜5千メートルの高地に生息。世界で唯一、高原で成長、繁殖するツル科鳥類であり、その発見も最も遅かった。取材中、100頭近い野生のバーラルの群れにも遭遇した。祁連山の生態環境保護の取り組みはここ数年、確実な成果を上げており、野生動物の生息地が効果的に保護されている。個体数も増え続け、長い間姿が見られなかった絶滅危惧種も時々現われている。(記者/武雪峰、張鵬、張海濤) =配信日: 2021(令和3)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051903504

  • 00:56.60
    2021年05月12日
    「新華社」長江に現れたスナメリの群れ湖北省宜昌市

    中国湖北省宜昌市を流れる長江の葛洲ダム下流付近でこのほど、群れを成して泳ぐ長江スナメリの姿が確認された。同区間に生息するスナメリは2015年以前にはわずか2、3頭に過ぎなかったが、地元漁政部門の推計によると、現在は約17頭が2、3の群れを形成しているという。中国政府は今年2月に新たな国家重点保護野生動物リストを発表し、長江スナメリを含む65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げている。(記者/肖芸九) =配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406322

  • 2021年04月26日
    (4)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育している「五針白皮松」。(2011年1月1日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/李文虎)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705127

  • 2021年04月26日
    (5)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育している「五針白皮松」の幼苗。(2019年7月7日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/高順勇)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705138

  • 2021年04月26日
    (6)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育し、結実した「五針白皮松」。(2020年6月1日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/高順勇)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705161

  • 2021年04月26日
    (2)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県で生育している「五針白皮松」。(2008年8月20日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/李文虎)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705205

  • 2021年04月26日
    (1)絶滅危惧種の「五針白皮松」、移植した3千株余りが活着雲南省

    雲南省昭通市巧家県白鶴灘鎮楊家湾村に移植された「五針白皮松」。(2018年4月13日撮影)中国雲南省の薬山国家級自然保護区管理保護局はこのほど、地元が近年進めてきた国家1級重点保護野生植物、「五針白皮松」(PinussquamataX.W.Li)の科学的手法による保護の成果が見え始めていることを明らかにした。育種や移植により、これまでに累計で3千株余りが生育しているという。(昭通=新華社配信/高順勇)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042705140

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (9)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したノスリ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502665

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (3)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    23日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を歩くモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502656

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (2)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るトライノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502657

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (5)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を歩くモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502659

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (6)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502662

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (4)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502654

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (1)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502655

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (11)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502667

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (12)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したコウジョウセンガゼル。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502666

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (10)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502670

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月25日
    (7)新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で撮影したトライノウサギ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042502663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区を走るモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610508

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月22日
    新疆カラマイリ山一帯に広がる野生動物自然保護区をゆく

    22日、カラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区で、草をはむモウコノウマの群れ。中国新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地東部にあるカラマイリ山有蹄類野生動物自然保護区は、モウコノウマ、アジアノロバ、コウジョウセンガゼルなど、絶滅の危機に瀕する希少な野生有蹄動物とその生息地の保護を目的として設立された。保護区内にはモウコノウマなどの国家1級重点保護動物が9種、コウジョウセンガゼルなどの国家2級重点保護動物が29種生息しており、中国の標高の低い荒漠(こうばく)地域では数少ない大型有蹄類野生動物自然保護区として知られる。(ウルムチ=新華社記者/侯昭康)=配信日:2021(令和3)年4月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042610514

  • 2021年04月21日
    (6)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    17日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111331

  • 2021年04月21日
    (8)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県安靖郷大通橋村で、雨の中満開となったハンカチノキの花を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111330

  • 2021年04月21日
    (3)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で、満開のハンカチノキのそばを走るサイクリング愛好家。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111309

  • 2021年04月21日
    (7)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111332

  • 2021年04月21日
    (2)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111308

  • 2021年04月21日
    (1)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県安靖郷大通橋村で撮影した雨に濡れるハンカチノキの花。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111307

  • 2021年04月21日
    (4)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111310

  • 2021年04月21日
    (5)希少植物のハンカチノキの花が満開に四川省滎経県

    18日、雅安市滎経県の竜蒼溝国家森林公園で満開となったハンカチノキの花。(小型無人機から)中国四川省雅安市滎経(えいけい)県の大相嶺山脈東麓北斜面にある竜蒼溝国家森林公園でこのところ、ハンカチノキの花が満開となり、まるでハトの群れが羽を広げて飛び立とうとしているような風景が広がっている。ハンカチノキは希少植物として「植物界のジャイアントパンダ」「生きた化石」とも呼ばれ、国家1級重点保護野生植物に指定されている。また観賞用植物としてもよく知られる。2008年、華中農業大学と湖北民族学院、滎経県の林業部門が共同で、同公園のハンカチノキに対する個体群生態学の調査を実施。現在、園内では10万ムー(約6670ヘクタール)近くにわたって生育が見られ、約8万ムー(約5330ヘクタール)におよぶ群生地も相次いで確認されている。同県のハンカチノキの分布面積の広さと個体数の多さ、生育密度の高さは非常に珍しい。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042111329

  • 2021年04月18日
    (5)ゴマフアザラシ、海に戻る遼寧省大連市

    16日、放流を待つゴマフアザラシ。中国遼寧省大連市で16日、ゴマフアザラシの放流活動が行われた。今回放流された8頭のうち3頭はかつて救助された野生ゴマフアザラシ、5頭は人工繁殖と野生化訓練を経て、放流条件を満たした個体だという。国家林業・草原局と農業農村部は今年2月、新たに調整された「国家重点保護野生動物リスト」を共同で発表。ゴマフアザラシ(斑海豹)の名称を「西太平洋ゴマフアザラシ(西太平洋斑海豹)」に変更し、保護レベルを国家2級から1級に引き上げた。(大連=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021041804619

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...