KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 重点保護
  • 野生動物
  • レッドリスト
  • 中国福建省
  • 公園管理
  • 生物多様性
  • 国家重点
  • 保護動物
  • 国家公園
  • 湿地公園

「重点保護野生動物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
297
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
297
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:53.97
    2021年02月23日
    「新華社」国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(記者/柳王敏) =配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽ばたくコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (1)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽を休めるコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖の水面から飛び立つ渡り鳥。(2020年9月19日撮影)中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/劉寧波)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖国家湿地公園管理センターで監視カメラが捉えた映像を映し出すモニター。水遊びをするコウライアイサの姿が映っている。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    14日、湖南省双牌県瀟水のほとりでコウライアイサの状況を観察するボランティアの劉寧波(りゅう・ねいは)さん。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で餌を探すコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    22日、湖南省双牌県日月湖で羽ばたくコウライアイサ。中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占めその間を川が流れる田畑が中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/蘇淵)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)国家1級保護動物のコウライアイサ、湖南省双牌県で「年越し」

    湖南省双牌県に飛来した渡り鳥。(2020年9月19日撮影)中国湖南省永州市双牌(そうはい)県は9割を山が占める林業県だが、渡り鳥が越冬する主要なルートと生息地の一つでもある。毎年9月から翌年3月にかけて、数万羽の渡り鳥が同県へ飛来し、その中には国家1級重点保護野生動物のコウライアイサも含まれる。春節(旧正月)の連休期間中、同県日月湖国家湿地公園管理センターでは毎日2人の職員が、コウライアイサの生息地が荒らされたり破壊されたりすることのないようにパトロールを行っている。コウライアイサは現在、世界で最古の種の一つであり、生息地の水域環境に対する条件が非常に厳しいことから「鳥類のジャイアントパンダ」と呼ばれている。(永州=新華社配信/唐軍)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)中国、新しい国家重点保護野生動物リストを発表

    ツァイダム盆地の南部地域で撮影したドールの群れ。(2019年5月9日撮影)中国政府は5日、新しい国家重点保護野生動物リストを発表し、野生動物517種を追加した。また、ドール(アカオオカミ)やスナメリなど65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (5)中国、新しい国家重点保護野生動物リストを発表

    祁連山国家公園青海省区域に設置された赤外線カメラが捉えたハイイロネコ。(2020年7月3日撮影)中国政府は5日、新しい国家重点保護野生動物リストを発表し、野生動物517種を追加した。また、ドール(アカオオカミ)やスナメリなど65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)中国、新しい国家重点保護野生動物リストを発表

    鄱陽湖の都昌水域で、スナメリの健康診断を行う中国科学院水生生物研究所の職員。(2017年3月16日撮影)中国政府は5日、新しい国家重点保護野生動物リストを発表し、野生動物517種を追加した。また、ドール(アカオオカミ)やスナメリなど65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げた。(北京=新華社配信/傅建斌)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (4)中国、新しい国家重点保護野生動物リストを発表

    河南省宝天曼国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたコビトジャコウジカ。(資料写真)中国政府は5日、新しい国家重点保護野生動物リストを発表し、野生動物517種を追加した。また、ドール(アカオオカミ)やスナメリなど65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (6)中国、新しい国家重点保護野生動物リストを発表

    甘粛省白水江国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたアジアゴールデンキャット。(2018年5月22日撮影)中国政府は5日、新しい国家重点保護野生動物リストを発表し、野生動物517種を追加した。また、ドール(アカオオカミ)やスナメリなど65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)中国、新しい国家重点保護野生動物リストを発表

    長江源流の一つ、瑪可(めか)河流域に設置された赤外線カメラが捉えたヤマジャコウジカ。(2019年1月22日撮影)中国政府は5日、新しい国家重点保護野生動物リストを発表し、野生動物517種を追加した。また、ドール(アカオオカミ)やスナメリなど65種を国家2級保護野生動物から1級に引き上げた。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.78
    2021年02月01日
    「新華社」広東省の自然保護区でチュウゴクカモシカを撮影

    中国広東省韶関(しょうかん)市始興県の南山省級自然保護区に設置された赤外線カメラがこのほど、国家2級重点保護野生動物に指定されるチュウゴクカモシカの姿を鮮明な映像で捉えた。研究者による録画映像の確認作業で明らかになった。複数のカメラの録画映像を確認したところ、体重約100キロ程度の雌の成体であることが分かった。チュウゴクカモシカはウシ科に属し、主に標高1000~4400メートルの針広混交林、針葉樹林、岩の多い雑灌林に生息するという。(始興県融媒体センター提供、記者/霍思穎、馬汝軒) =配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.60
    2021年01月27日
    「新華社」絶滅危惧種の中華秋沙鴨を確認貴州省遵義市

    中国貴州省遵義市の新蒲湿地公園でこのほど、絶滅危惧種の鳥類「中華秋沙鴨(コウライアイサ)」2羽が確認された。同市林業局が明らかにした。中華秋沙鴨は東アジアに分布する希少な鳥類で、中国では1980年代に国家一級重点保護野生動物に登録されている。2020年には世界的絶滅危惧種にも指定され、現在の成熟個体数は2400~4500とされる。同局の担当者は、中華秋沙鴨の他にも今冬はユリカモメやセイタカシギ、カルガモ、ヨシガモなど30種余りが観測されていると説明した。(記者/劉智強) =配信日: 2021(平成33)年01月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (8)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (6)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (1)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (5)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (4)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (10)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (9)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (11)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (3)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、赤ちゃんを連れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (2)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (7)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月26日
    (12)絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    18日、森の中から現れたファイヤールトン。中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。(昆明=新華社配信/朱辺勇)= 配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.76
    2021年01月26日
    「新華社」絶滅危惧種ファイヤールトンの赤ちゃん撮影雲南省

    中国雲南省徳宏ダイ族チンポー族自治州の芒市軒崗郷ではこのところ、生態写真家によって生まれたばかりの赤ちゃんファイヤールトンの姿が多く撮影されている。この地域でファイヤールトンの個体数が着実に増えてきていることがうかがえる。生態写真家がこのほど軒崗郷を訪れ撮影を行う際、森の中から約70匹のファイヤールトンが現れ、うち11匹は赤ちゃんだったという。ファイヤールトンはオナガザル科コロブス亜科ラングール属に分類されるサルの一種で、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに絶滅危惧種として掲載され、中国の国家1級重点保護野生動物にも指定されている。同自治州に生息するファイヤールトンは雲南西部亜種(T.phayreishanicus)に属する。中国科学院昆明動物学研究所の研究者らは2018年、野外調査や研究により、軒崗郷などに生息するファイヤールトンの個体数は少なくとも5群、320匹に上ることを明らかにした。(記者/姚兵) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)四川蜂桶寨国家級自然保護区でヒョウの姿を初撮影

    四川蜂桶寨国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(2020年4月29日撮影)中国四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区で18日、赤外線カメラの撮影データの中から、国家1級重点保護野生動物に指定されているヒョウの貴重な映像が見つかった。映像は昨年4月29日に同保護区の鄧池溝エリアで撮影された。がっしりした体つきのヒョウが現れ、力強い足取りで竹林の中を歩き去る様子を捉えている。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)四川蜂桶寨国家級自然保護区でヒョウの姿を初撮影

    四川蜂桶寨国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(2020年4月29日撮影)中国四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区で18日、赤外線カメラの撮影データの中から、国家1級重点保護野生動物に指定されているヒョウの貴重な映像が見つかった。映像は昨年4月29日に同保護区の鄧池溝エリアで撮影された。がっしりした体つきのヒョウが現れ、力強い足取りで竹林の中を歩き去る様子を捉えている。(雅安=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、湖北省宜昌市で開かれたカラチョウザメの繁殖・放流イベント。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、長江に放流されたカラチョウザメ。しばらく沿岸を泳いだ後、水の中に潜った。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、放流されたカラチョウザメ。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、放流のために運ばれた体長2メートル以上のカラチョウザメ。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.50
    2020年11月17日
    「新華社」「鳥類のパンダ」ナベコウ、5年連続で姿現す陝西省城固県

    中国陝西省漢中市城固県を流れる湑水(しょすい)河流域でこのほど、林業スタッフが野生動物の観測中に国家1級重点保護野生動物のナベコウを確認した。同地域での確認は5年連続となる。今回姿を現したナベコウは4羽で、川でのんびりと餌を探したり、低空で旋回したり、地元の風景に美しい彩りを添えていた。ナベコウは絶滅の恐れのある鳥の一種として国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストに登録されており、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(記者/張晨俊)<映像内容>野生のナベコウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省

    銭江源国家公園内に生息する国家2級保護鳥類のハッカン。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省

    銭江源国家公園内の赤外線カメラが捉えた国家2級保護動物のアジアクロクマ。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省

    銭江源国家公園内の赤外線カメラが捉えた国家1級保護動物のマエガミホエジカ。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    生物多様性を世界に示す銭江源国家公園浙江省

    空から撮影した銭塘江の水源にある斉渓ダム。(資料写真)中国東部の浙江省衢州(くしゅう)市開化県にある銭江源国家公園体制試行地区は銭塘江の水源地で、広大な原生林があり、中国固有の希少な絶滅危惧種で国家1級重点保護野生動物のカラヤマドリとマエガミホエジカの主要生息地となっている。(衢州=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で羽を休めるナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月28日、青華海国家湿地公園で餌を探すナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    湿地公園で希少な鳥ナベコウを確認雲南省

    10月26日、青華海国家湿地公園の上空を飛ぶナベコウ。中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園管理センターによると、同センターに勤務する職員が10月26日から複数日にわたり、希少な鳥ナベコウ4羽を確認した。ナベコウは中国の国家1級重点保護野生動物で、その希少性から「鳥類のパンダ」とも呼ばれている。(昆明=新華社配信/銭文)=2020(令和2)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月03日
    希少な野生動物の密猟事件に判決江蘇省

    3日、被告が密猟に使用していた各種用具。中国江蘇省淮安市盱眙(くい)県人民法院(裁判所)洪沢湖流域環境資源法廷で3日、2市にまたがる希少・絶滅危惧野生動物の密猟事件の公判が行われ、判決が下された。被告の許と王に、国家1級重点保護野生動物に指定されているシカ科の動物、キバノロ密猟の罪で、それぞれ懲役11年6カ月、罰金10万元(1元=約15円)と、懲役7年、罰金5万元が言い渡された。(淮安=新華社配信)=2020(令和2)年9月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月01日
    希少な野生動物の密猟事件に判決江蘇省

    1日、盱眙県の警察が発見し押収したキバノロ。中国江蘇省淮安市盱眙(くい)県人民法院(裁判所)洪沢湖流域環境資源法廷で3日、2市にまたがる希少・絶滅危惧野生動物の密猟事件の公判が行われ、判決が下された。被告の許と王に、国家1級重点保護野生動物に指定されているシカ科の動物、キバノロ密猟の罪で、それぞれ懲役11年6カ月、罰金10万元(1元=約15円)と、懲役7年、罰金5万元が言い渡された。(淮安=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.87
    2020年08月31日
    「新華社」3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。同県公安局森林警察大隊の警察官によると、キングコブラは全長約3・4メートル、重さ3・5キログラムで、保山市野生動物救護センターに引き渡されたという。(記者/林碧鋒)<映像内容>民家に現れたキングコブラ捕獲の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.11
    2020年08月29日
    「新華社」青海省でユキヒョウ4頭の撮影に成功

    中国青海省玉樹チベット族自治州曲麻莱(チュマルレプ)県を流れる通天河のほとりでこのほど、絶滅危惧種のユキヒョウの姿がカメラに捉えられた。三江源国家公園の長江源園区曲麻莱管理処に勤める生態管理保護員、扎桑(タサン)さんが8月29日、同県巴幹郷内を巡回中にユキヒョウの成獣4頭を見つけ、持っていたカメラで撮影。ユキヒョウは林の中を歩き回ったり、岩の上で腹ばいになって休んだりしていた。映像は野生のユキヒョウの生態を研究する上で貴重な資料となった。ユキヒョウは国家1級重点保護野生動物に指定されており、高標高地域の生態系の状態を示すバロメーターとされる。青海省がここ数年進めてきた環境保護の取り組みにより、同国家公園一帯は大型哺乳類が中国で最も多く生息する地域の一つとなった。(記者/李占軼)、撮影日:2020(令和2)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/朱慶)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/段茸茸)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/朱慶)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/段茸茸)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月04日
    3メートル超のキングコブラが民家を「訪問」、警察が緊急出動

    キングコブラを捕獲する施甸県公安局森林警察大隊の警察官。(8月4日撮影)中国雲南省保山市施甸(しでん)県の袁家村でこのほど、国家2級重点保護野生動物、キングコブラが農家の住宅に入り込んだ。通報を受けた森林警察がヘビ捕獲棒を持って急行し、現場を封鎖。住民の案内でキングコブラが隠れている場所を見つけた。警察官の1人が捕獲棒でヘビを押さえつけ、もう1人が手で頭部をつかんで無事捕獲した。(保山=新華社配信/朱慶)=2020(令和2)年8月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    重点保護動物のヨーロッパチュウヒを初めて観測雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したヨーロッパチュウヒ。(資料写真)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園はこのほど、同公園で撮影されたヨーロッパチュウヒとカラムクドリの写真を公開した。これらの鳥が同地区で観測されたのは初めて。中でもヨーロッパチュウヒは、国家2級重点保護野生動物に指定されている。(昆明=新華社配信/李玉娟)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:18.33
    2020年07月29日
    「新華社」希少野生動物とその製品の違法販売を摘発福建省三明市

    中国福建省三明市沙県公安局はこのほど、貴重で絶滅の危機にひんした野生動物とその製品に関する大規模違法販売事件を摘発した。同公安局森林警察大隊の警察官は今年初め、鄒(すう)容疑者がインターネットを通じて中国の貴重な絶滅危惧種であるカメ類の野生動物を大量に展示し、販売できると明言しているのを発見した。数カ月にわたる捜査の末、警官は鄒容疑者ら6人の身柄を確保し、ヨツユビリクガメやガラパゴスゾウガメなど国家重点保護野生動物の1、2級に指定されている野生動物とその製品計528点、約1千万元(1元=約15円)相当を押収した。(記者/林凱)<映像内容>大規模違法販売事件の摘発、押収した物品、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.97
    2020年07月17日
    「新華社」雲南省の警官、2級重点保護野生動物のオオコノハズクを保護

    中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州金平ミャオ族ヤオ族ダイ族自治県でこのほど、中国の2級保護野生動物に指定されているオオコノハズクが保護された。警官が公安局の市街区派出所に届いた紙箱を開けたところ、灰色の羽毛と大きな目を持つかわいらしい鳥1羽を発見、直ちに同県公安局森林警察大隊に引き渡した。鑑定を経て、鳥はオオコノハズクであることが確認された。検査の結果、外傷はなく、健康状態を示す指標も正常だった。専門家によると、まだ幼いため、山林に放す時期ではないという。警察大隊の警官は、引き続き飼育・観察を続け、野外での生存能力が備わり次第、自然に返すことになると語った。(記者/孫敏)<映像内容>保護された幼いオオコノハズクの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    重点保護動物のヨーロッパチュウヒを初めて観測雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したカラムクドリ(右端)。(7月7日撮影)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園はこのほど、同公園で撮影されたヨーロッパチュウヒとカラムクドリの写真を公開した。これらの鳥が同地区で観測されたのは初めて。中でもヨーロッパチュウヒは、国家2級重点保護野生動物に指定されている。(昆明=新華社配信/黄木嬌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月07日
    重点保護動物のヨーロッパチュウヒを初めて観測雲南省保山市

    雲南省保山市の青華海国家湿地公園で撮影したカラムクドリ。(7月7日撮影)中国雲南省保山市の青華海国家湿地公園はこのほど、同公園で撮影されたヨーロッパチュウヒとカラムクドリの写真を公開した。これらの鳥が同地区で観測されたのは初めて。中でもヨーロッパチュウヒは、国家2級重点保護野生動物に指定されている。(昆明=新華社配信/黄木嬌)=2020(令和2)年7月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、ケージの中で放鳥を待つチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、ケージの外に出るチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、吉林省東北虎園でチョウゲンボウを放鳥する職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、トラフズクを放鳥する吉林省野生動物救護繁育センターの職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、トラフズクを放鳥する吉林省野生動物救護繁育センターの職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、放鳥されたチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、ケージの中で放鳥を待つトラフズク。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、吉林省東北虎園でチョウゲンボウを放鳥する職員。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    希少な野生猛禽類40羽を放鳥吉林省

    1日、吉林省東北虎園で放鳥されたチョウゲンボウ。中国吉林省長春市の吉林省東北虎園で1日、猛禽類を野生復帰させる活動が行われ、同省野生動物救護繁育センターが保護していた希少な野鳥40羽が放された。40羽のうち28羽はチョウゲンボウ、8羽はトラフズク、3羽はコキンメフクロウ、1羽はヨーロッパノスリで、いずれも国家2級重点保護野生動物に指定されている。(長春=新華社記者/林宏)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    雲南省でクロカンムリテナガザルの赤ちゃん誕生

    2日、雲南省無量山国家級自然保護区の木の上で休むクロカンムリテナガザルの母子。中国雲南省普洱市の無量山国家級自然保護区景東管理保護局がこのほど、長期にわたり追跡調査している1級重点保護野生動物、クロカンムリテナガザル(学名Nomascusnasutus)が赤ちゃん1匹を産んだことを確認した。観察スタッフが生息地での撮影に成功し、母親に抱かれた赤ちゃんが乳を飲んだり、甘えたりする愛らしい姿をカメラに収めた。同局職員によると、群れを構成する個体は赤ちゃん誕生で7匹から8匹に増えたという。普洱市景東イ族自治県森林公安局と景東管理保護局はここ数年、野生動物保護の広報活動とパトロールを継続的に強化しており、クロカンムリテナガザルの個体群数は増加傾向が続いている。(景東=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    雲南省でクロカンムリテナガザルの赤ちゃん誕生

    2日、雲南省無量山国家級自然保護区の木の上で休むクロカンムリテナガザルの母子。中国雲南省普洱市の無量山国家級自然保護区景東管理保護局がこのほど、長期にわたり追跡調査している1級重点保護野生動物、クロカンムリテナガザル(学名Nomascusnasutus)が赤ちゃん1匹を産んだことを確認した。観察スタッフが生息地での撮影に成功し、母親に抱かれた赤ちゃんが乳を飲んだり、甘えたりする愛らしい姿をカメラに収めた。同局職員によると、群れを構成する個体は赤ちゃん誕生で7匹から8匹に増えたという。普洱市景東イ族自治県森林公安局と景東管理保護局はここ数年、野生動物保護の広報活動とパトロールを継続的に強化しており、クロカンムリテナガザルの個体群数は増加傾向が続いている。(景東=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    雲南省でクロカンムリテナガザルの赤ちゃん誕生

    2日、雲南省無量山国家級自然保護区の木の上で休むクロカンムリテナガザルの母子。中国雲南省普洱市の無量山国家級自然保護区景東管理保護局がこのほど、長期にわたり追跡調査している1級重点保護野生動物、クロカンムリテナガザル(学名Nomascusnasutus)が赤ちゃん1匹を産んだことを確認した。観察スタッフが生息地での撮影に成功し、母親に抱かれた赤ちゃんが乳を飲んだり、甘えたりする愛らしい姿をカメラに収めた。同局職員によると、群れを構成する個体は赤ちゃん誕生で7匹から8匹に増えたという。普洱市景東イ族自治県森林公安局と景東管理保護局はここ数年、野生動物保護の広報活動とパトロールを継続的に強化しており、クロカンムリテナガザルの個体群数は増加傾向が続いている。(景東=新華社配信)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:27.73
    2020年06月01日
    「新華社」北京市、野生動物保護管理条例を施行通年禁猟実施へ

    中国北京市は1日、野生動物保護管理条例を施行した。同市園林緑化局によると、条例は野生動物の保護活動を同市が定めるエコ文明建設目標の査定体系に組み入れたほか、市内全域で禁猟を通年化し、違法行為への処罰を強化する。条例は、同市がこれまで野生動物保護のよりどころとしてきた行政規則(北京市「中華人民共和国野生動物保護法」実施弁法)が規定する3~5月と9~11月の禁猟期間を廃止し、通年禁猟を明確に打ち出した。野生動物を捕獲・殺害した者に対しては、捕獲物を没収するほか罰金を科す。対象が国家重点保護野生動物となれば罰金額は捕獲物の価値の5~20倍となる。狩猟行為が認められただけで、捕獲物がなくとも5千~2万元(1元=約15円)の罰金が科される。野生動物取引の厳格な管理や人工繁殖・飼育を厳しく制限する規定も盛り込まれた。市民が関心を寄せる動物の放生については、無許可の放生を禁止した。違反者は2千~1万元の罰金が科される。生態学的、科学的、社会的に重要な価値のある陸生野生動物を保護の対象に組み入れたほか、生息地保護を強化し、管理機関や責任部門の生息地保護責任を初めて明確化した。同市の野生動物主管部門は今後、関係部門と共同で同市初となる野生動物・生息地保護計画を立案し、計画に基づき全市の野生動物重要生息地リストを作成する。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>野生動物保護管理条例を施行した北京市の風景、撮影日:2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.90
    2020年06月01日
    「新華社」断崖絶壁を走るバーラル内モンゴル自治区烏海市

    中国内モンゴル自治区烏海市の甘徳爾山でバーラルの一群が生息している。バーラルは国家2級重点保護野生動物に指定されており、主に標高2千~6千メートルの高い岩山で活動している。断崖絶壁をまるで平地のように走る姿から「岩壁に暮らす妖精」と呼ばれている。ここ数年、甘徳爾山に生息するバーラルは増え続け、現在は年間50頭以上が観測できる。(記者/賈立君)<映像内容>野生のバーラルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.90
    2020年05月29日
    「新華社」国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(記者/林碧鋒)<映像内容>野生のクロオオリスの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区でパートナーに餌を渡そうとするハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で羽を休めるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で撮影したハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で戯れる2羽のハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で木の枝に止まるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区で羽を休めるハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区を飛び回るハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    ハリオハチクイ、アモイで巣作り

    19日、アモイの栗喉蜂虎自然保護区でパートナーに餌を渡そうとするハリオハチクイ。中国福建省アモイ市五縁湾栗喉蜂虎(ハリオハチクイ)自然保護区は、多くのハリオハチクイの生息、繁殖の場となっている。ハリオハチクイは、「中国で最も美しい鳥」と呼ばれる一種の渡り鳥で、主に東南アジアで生息しており、毎年の4~5月ごろ、アモイに飛来。中国の国家重点保護野生動物リストに入っている。その喉が栗色であることから、「栗喉蜂虎」と名付けられている。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.11
    2020年05月17日
    「新華社」四面山自然保護区にコビトジャコウジカが出没重慶市江津区

    中国重慶市江津区の保護スタッフがこのほど、同地の四面山自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えた国家1級重点保護野生動物のコビトジャコウジカの映像を発見した。カメラには夜間と日中いずれの映像も記録されており、画像は非常に鮮明だったという。コビトジャコウジカは個体数が少なく、国家1級保護動物に指定されており、現在「国際自然保護連合(IUCN)レッドリスト」に登録されている。(記者/黎華玲)<映像内容>赤外線カメラが捉えた野生のコビトジャコウジカ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月16日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    広東省の島にアカゲザルの楽園2千匹以上が生息

    保護区内の木の上で遊ぶアカゲザル。(5月15日撮影)中国広東省台山市の沖合に位置する上川(じょうせん)島アカゲザル省級自然保護区は、1990年に設立された。三方を海に囲まれ、総面積は2281ヘクタール。草木が生い茂り、生物多様性に富んだアカゲザルの楽園となっている。アカゲザルは中国の国家2級重点保護野生動物に指定され、保護区内には2千匹以上が生息している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    広東省の島にアカゲザルの楽園2千匹以上が生息

    保護区の木の上に座るアカゲザル。(5月15日撮影)中国広東省台山市の沖合に位置する上川(じょうせん)島アカゲザル省級自然保護区は、1990年に設立された。三方を海に囲まれ、総面積は2281ヘクタール。草木が生い茂り、生物多様性に富んだアカゲザルの楽園となっている。アカゲザルは中国の国家2級重点保護野生動物に指定され、保護区内には2千匹以上が生息している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月15日
    広東省の島にアカゲザルの楽園2千匹以上が生息

    保護区内の木の枝にぶら下がるアカゲザル。(5月15日撮影)中国広東省台山市の沖合に位置する上川(じょうせん)島アカゲザル省級自然保護区は、1990年に設立された。三方を海に囲まれ、総面積は2281ヘクタール。草木が生い茂り、生物多様性に富んだアカゲザルの楽園となっている。アカゲザルは中国の国家2級重点保護野生動物に指定され、保護区内には2千匹以上が生息している。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.03
    2020年05月13日
    「新華社」アジアゾウの大群がシーサンパンナの野象谷に出現

    中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州の野象谷景区はこのほど、野生のアジアゾウ41頭の群れが同区で観測されたと発表した。これほど多くのゾウが同時に出現するのは珍しく、壮観な光景が見られたという。同区のアジアゾウ観察保護チームのスタッフが13日に撮影した動画には、ゾウの群れが長い列を成して林の中をゆっくり歩いたり、池で水遊びしたりする様子が映っていた。同区スタッフによると、ゾウの群れは4家族で構成されており、うち6頭は1歳以下の子どもだという。現地では3日以降、野生のゾウが断続的に観測されていたが、41頭が同時出現するのは非常に珍しい。現在は同区スタッフが群れの動向を詳しく観察している。アジアゾウは中国の国家1級重点保護野生動物で、国内では主に雲南省のシーサンパンナ・ダイ族自治州、普洱市、臨滄市に分布する。同省には現在、野生のゾウ約300頭が生息している。(記者/姚兵)<映像内容>野生のゾウの群れの様子、撮影日:2020(令和2)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※前半部分のサイズの小さいです。

  • 2020年05月04日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月4日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月04日
    国家二級重点保護野生動物クロオオリスの撮影に成功雲南省竜陵県

    竜陵県木城郷で撮影したクロオオリス。(5月4日撮影)中国雲南省保山(ほざん)市竜陵(りゅうりょう)県政府新聞弁公室は、撮影愛好者がこのほど、同県木城郷で国家二級重点保護野生動物のクロオオリスが2匹揃って木の上で餌を探す様子を初めて撮影したと明らかにした。動画には、2匹のクロオオリスが葉の茂った木の上をあちこち動き回ったり、木の幹で休んだりする姿が捉えられていた。同郷林業ステーション責任者の房忠平(ぼう・ちゅうへい)氏は、「クロオオリスは国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで近危急種(NT、準絶滅危惧種)に指定されている。通常、単独で活動することを好み、このように2匹が同じ木の上で餌を探すのは非常に珍しい」と説明した。(竜陵=新華社配信/蔡双発)=2020(令和2)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月25日
    写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影四川省成都市

    25日、写真愛好家が湔江河谷の太陽湾風景区で撮影した希少鳥類のベニジュケイ。中国四川省彭州市湔江河谷の太陽湾風景区で25日、写真愛好家が希少鳥類のベニジュケイを撮影した。同鳥は中国の2級重点保護野生動物に指定されている。(成都=新華社配信/張義先)=2020(令和2)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3