KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 重点保護
  • ジャイアントパンダ
  • 保護動物
  • 新型肺炎
  • 新型コロナウイルス
  • 中国雲南省
  • 中国広東省
  • 中国青海省
  • スタッフ
  • 絶滅危惧種

「野生動物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6,827
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
6,827
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (2)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、小動物に野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (1)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (3)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆを味わうワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)月を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (4)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、臘八(ろうはち)がゆの食材を準備する子どもたち。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月21日
    (5)伝統の「臘八節」祝う、野生動物園でイベント青海省西寧市

    19日、子どもたちが作った野菜と果物の盛り合わせを食べるワオキツネザル。今月20日は旧暦12月8日で、五穀豊穣を祝い、春節(旧正月)を迎える準備をする中国の伝統的な祝日「臘八節(ろうはちせつ)」に当たる。俗に「臘八」と呼ばれ、「臘八がゆ」と呼ばれるかゆを作って食べる習慣がある。青海チベット高原にある青海省西寧市の西寧野生動物園では19日、動物たちと共に臘八節を祝うイベントが行われた。同省環境教育協会、西寧ジャイアントパンダ館と共同で子どもたちを招待し、コモンリスザルやワオキツネザルなど霊長類動物のために臘八粥を作った。バナナやニンジン、トマトなどを使って小動物たちに野菜と果物の盛り合わせを作る子どもたちの姿も見られた。(西寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンの雪原で休憩するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンを駆け回る野生のヤク。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットカモシカ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンの高原でえさを探すチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットカモシカ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (10)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    15日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)チャンタンに活気もたらす「精霊」たちチベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットノロバ。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)豊かな自然の中で教育活動を実施四川省滎経県

    13日、竜蒼溝国家森林公園のキャンプ場で野生動物の足跡を見分けるこつを教わる胡長保小学校の児童ら。中国四川省雅安市滎経(えいけい)県はここ数年、豊かな自然を生かした地域教育を推進するため、県内の竜蒼溝国家森林公園でさまざまな教育活動を実施している。(滎経=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:01.39
    2021年01月16日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼルとアジアノロバ、中蒙国境を移動

    国内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド中旗にあるガンツモッド(甘其毛都)出入境検査ステーションの警察官はここ数日、パトロール中に野生のプシバルスキーガゼル数百頭とアジアノロバ数頭が中国とモンゴル国境のガンツモッド口岸(通関地)で餌を求めて移動する姿を発見している。同ステーションの警察官はプシバルスキーガゼルの群れが密集している地域のパトロールを強化、野生動物をけがや違法な狩猟から守っている。(記者/李雲平) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:34.45
    2021年01月16日
    「新華社」鄱陽湖が「白鳥の湖」に、コハクチョウ飛来江西省都昌県

    中国江西省九江市都昌県にある鄱陽(はよう)湖の大沔池(だいべんち)水域ではこのところ、コハクチョウが群れを成して戯れる様子が見られ、同湖はまさしく「白鳥の湖」となっている。2012年4月に中国野生動物協会から「中国コハクチョウの郷」との称号を贈られた都昌県は、多年にわたって渡り鳥の保護に力を入れている。渡り鳥の個体群と個体数は増加を続け、現在、同湖で越冬するコハクチョウは1万6千羽余りに上っている。(記者/黄和遜) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.32
    2021年01月15日
    「新華社」砂漠公路に現れたキツネ、食物連鎖に一役新疆ウイグル自治区

    果てしない砂漠が広がり「死の海」とも呼ばれる中国新疆ウイグル自治区のタクラマカン砂漠を横断するタリム砂漠公路は、世界初の流動性砂漠を貫く区分道路となっている。このところ、この砂漠公路でキツネを見かけることが多くなっている。タリム砂漠公路は全長522キロで、道路の両側には生態防護林が延び、野生動物に天然の生息地とシェルターを提供している。森林管理員によると、防護林の苗木は乾燥には強いものの、ネズミや野ウサギなどによる食害が脅威となっており、キツネがいることで食物連鎖のバランスが保たれているのだという。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (9)チャンタンに活気もたらす「精霊」たち チベット自治区

    16日、チャンタンに生息するチベットガゼル。中国チベット自治区の高原地帯、羌塘(チャンタン)ではここ数年、保護措置の強化が奏功し、野生動物の生息数が年々増えている。(ナクチュ=新華社記者/沈虹氷)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、遊具で遊ぶワオキツネザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、餌を食べるワオキツネザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社配信/周盛盛)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (7)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、木登りをするレッサーパンダ。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、日光浴をするコンゴウインコ。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (3)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、歌声を披露するインコたち。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、細い枝に登って遊ぶコモンリスザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (9)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、ワオキツネザル舎を掃除する飼育員。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、タイヤのブランコで遊ぶコモンリスザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (8)寒い冬を快適に過ごす動物たち青海省西寧市

    8日、西寧野生動物園で、餌を食べるワオキツネザル。寒波の影響を受け、中国の各地で気温の低下が続いている。青海省西寧市の西寧野生動物園では、動物たちの休息の場と遊び場を増やし、餌の栄養バランスや生活環境などを整えることで、寒い冬でも動物たちが快適に過ごせるよう取り組んでいる。(西寧=新華社記者/厳賦憬)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    (2)図書館で野生動物をテーマにした写真展吉林省長春市

    8日、吉林省図書館に展示された野生動物の写真を撮影する来場者。中国吉林省長春市にある吉林省図書館で8日、「互いに見守る-王莅翔(おう・りしょう)野生動物生態撮影作品展」が開幕した。同展では野生動物をテーマにした写真作品43点を展示。写真を通して動物保護を呼びかけ、「エコ文明」の建設を後押しする。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    (1)図書館で野生動物をテーマにした写真展吉林省長春市

    8日、吉林省図書館に展示された野生動物の写真を撮影する来場者。中国吉林省長春市にある吉林省図書館で8日、「互いに見守る-王莅翔(おう・りしょう)野生動物生態撮影作品展」が開幕した。同展では野生動物をテーマにした写真作品43点を展示。写真を通して動物保護を呼びかけ、「エコ文明」の建設を後押しする。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    (4)図書館で野生動物をテーマにした写真展吉林省長春市

    8日、吉林省図書館で野生動物の写真を鑑賞する来場者。中国吉林省長春市にある吉林省図書館で8日、「互いに見守る-王莅翔(おう・りしょう)野生動物生態撮影作品展」が開幕した。同展では野生動物をテーマにした写真作品43点を展示。写真を通して動物保護を呼びかけ、「エコ文明」の建設を後押しする。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    (5)図書館で野生動物をテーマにした写真展吉林省長春市

    8日、吉林省図書館で野生動物の写真を鑑賞する来場者。中国吉林省長春市にある吉林省図書館で8日、「互いに見守る-王莅翔(おう・りしょう)野生動物生態撮影作品展」が開幕した。同展では野生動物をテーマにした写真作品43点を展示。写真を通して動物保護を呼びかけ、「エコ文明」の建設を後押しする。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    (6)図書館で野生動物をテーマにした写真展吉林省長春市

    8日、吉林省図書館で野生動物の写真を鑑賞する来場者。中国吉林省長春市にある吉林省図書館で8日、「互いに見守る-王莅翔(おう・りしょう)野生動物生態撮影作品展」が開幕した。同展では野生動物をテーマにした写真作品43点を展示。写真を通して動物保護を呼びかけ、「エコ文明」の建設を後押しする。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月11日
    (3)図書館で野生動物をテーマにした写真展吉林省長春市

    8日、吉林省図書館で野生動物の写真を鑑賞する来場者。中国吉林省長春市にある吉林省図書館で8日、「互いに見守る-王莅翔(おう・りしょう)野生動物生態撮影作品展」が開幕した。同展では野生動物をテーマにした写真作品43点を展示。写真を通して動物保護を呼びかけ、「エコ文明」の建設を後押しする。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(平成33)年01月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (1)重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    負傷したカンムリオオタカを抱える救護スタッフ。(資料写真)中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(重慶=新華社配信/李彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:42.96
    2021年01月08日
    「新華社」重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(記者/周文衝) =配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (2)重慶市で国家2級保護野生動物のカンムリオオタカを保護

    負傷したカンムリオオタカを抱える救護スタッフ。(資料写真)中国重慶市南川区の不動産会社で働く警備員の鄒洪(すう・こう)さんがこのほど、パトロール中にフクロウによく似た茶褐色の羽を持つ大きな鳥を発見した。発見場所のすぐ近くに生態峡谷があることから、鄒さんはこの鳥が峡谷に生息する野生動物である可能性が高いと判断。直ちに野生動物救助ステーションに連絡し、保護を求めた。同市薬物種植研究所・陸生野生動物収容救護ステーションの専門家、張承露(ちょう・しょうろ)氏は、この鳥が鋭い爪とくちばしを持ち、頭頂部に鳳凰形の冠のような模様があることから、国家2級保護野生動物の中型猛禽類、カンムリオオタカだと判定した。この鳥は発見場所で応急処置が取られた後、同ステーションに運ばれ、保護された。(重慶=新華社配信/李彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.75
    2021年01月06日
    「新華社」雪の草原に野生のヤク100頭以上甘粛省酒泉市

    中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県に位置する哈爾騰草原でこのほど、写真愛好家らが雪の上を歩く野生のヤク100頭以上をカメラに収めた。ヤクは中国の国家1級保護動物に指定されている。同草原はチベットノロバやバーラル、ユキヒョウなど、希少な野生動物の主要な生息地の一つ。この地域では2020年3月に続き、今回再び大規模なヤクの群れが確認されたことになる。映像にはヤクのほか、国家2級保護動物のチベットガゼルの姿もあった。(記者/任延昕) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.60
    2021年01月06日
    「新華社」希少野生動物の生息数が回復内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区エレンホト市のモンゴルとの国境付近にこのほど、プシバルスキーガゼルの群れが餌を求めてやって来た。愛らしい表情で懸命に草をはむ姿は人々を笑顔にした。エレンホト地域ではここ数年、国境付近の草原の環境改善と、動物を使った製品に対する出入国検査場の密輸取り締まり強化に伴い、野生動物の生息数が増加。プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなどの希少動物が再び人々の目に触れるようになってきている。(記者/劉懿徳) =配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月02日
    (7)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠の雪景色

    12月27日、雪の上に野生動物が残した足跡。(小型無人機から)中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠でこのほど、久しぶりの雪が降り、美しい雪景色が広がっている。新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヨプルガ(岳普湖)県の達瓦昆(ダワクン)砂漠観光風景区では、真っ白な雪がタクラマカン砂漠の優美な曲線を際立たせている。(カシュガル=新華社記者/高晗)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:45.46
    2020年12月30日
    「新華社」ハゲワシ、寒さ避け民家に飛来内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区エレンホト市ゲレル・オド・ソム(格日勒敖都蘇木)蘇吉ガチャ(村)の牧畜民が26日、自宅に黒い大型の鳥が飛来したと地元の辺境派出所に通報した。警察官が確認したところ、国家2級保護動物に指定されているハゲワシであることが分かった。ハゲワシは一般に草原や砂漠に生息し、人里に現れることは少ない。ゲレル・オド辺境派出所の孫建国(そん・けんこく)警察官によると、ハゲワシにけがはなく、連日の気温の低下により行き場を失い民家に飛来した可能性があるという。ハゲワシは、警察官により同市森林公安局野生動物救助ステーションに移送された。(記者/劉懿徳) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:44.07
    2020年12月30日
    「新華社」北京野鴨湖湿地自然保護区、国家2級保護動物のクロヅルを救助

    中国北京野鴨湖湿地自然保護区野生動物救助ステーションはこのほど、国家2級保護動物のクロヅル1羽を救助した。現在、このクロヅルは快方に向かっており、引き続き体調の回復を待ってから自然へ帰されるという。同ステーションでは2020年、33羽の野生動物が保護され自然へ帰っていった。クロヅルは毎年秋から冬にかけて北京市延慶区を経由して中国の南方で越冬するが、飛行距離が長いため、途中でけがをしたり群れからはぐれることが、まれにあるという。(記者/魏夢佳、馬暁冬) =配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.38
    2020年12月22日
    「新華社」環境保護の取り組みに成果、生物多様性の回復を促進チベット・ガリ地区

    中国チベット自治区ガリ地区ゲルツェ県の林業・草原局によると、12月に入り、地元の野生動物保護員がチャンタン(羌塘)国家自然保護区で、ユキヒョウやオオカミ、野生のヤクといった多くの国家保護動物の姿や、チベットカモシカが移動する様子を複数回確認した。同自治区はここ数年、生態環境の保護を絶えず強化し、各種自然保護区を47カ所設置、生物多様性を持続的に回復させている。(記者/格桑辺覚、洛卓嘉措) =配信日: 2020(令和2)年12月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.65
    2020年12月18日
    「新華社」祁連山の麓をチベットノロバの群れが激走甘粛省

    中国甘粛省酒泉市アクサイ・カザフ族自治県でこのほど、百匹以上のチベットノロバが雪の上を走り、餌を探している動画が撮影された。動画撮影者の一人で、同自治県紅柳湾鎮大壩図村に住む牧畜民によると、このチベットノロバの群れが現れたのは県内の阿勒騰郷にある哈爾騰草原だという。同草原は祁連山の西端に位置し、標高4千メートル以上で、中国の有蹄類野生動物の主要な分布区域の一つになっている。(記者/何問、張智敏) =配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    ほっ

    トルコ東部にある野生動物保護施設で、治療を終えたミミズク。野生に戻る練習をしていきます。(アナトリア通信・ゲッティ=共同)

  • 00:37.48
    2020年12月11日
    「新華社」キリンの赤ちゃん、生後12日で体長183センチ

    中国内モンゴル自治区のオルドス野生動物園で8日、12日前に生まれたばかりのキリンの赤ちゃんが注目を集めた。体長約183センチ、体重約60キロの赤ちゃんは、長い足とすらりとした姿で来場者を魅了している。(記者/恩浩)=配信日:2020(令和2)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.31
    2020年12月10日
    「新華社」珍しいアルガリの群れが出現内モンゴル自治区シリンゴル盟

    中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド右旗のモンゴルとの国境付近にこのほど、数多くのアルガリが出現、最も多い時で50頭余りが確認された。通報を受けた森林公安人民警察がすぐに現場に出動、アルガリが体力を回復し、安全に生息できるよう、現れそうな場所に飼料や塩の固まりを置いた。地元の牧畜民によると、今回のようにアルガリが群れで現れるのは非常に珍しいという。以前、餌になる草地の干ばつや退化、人的要因などにより、アルガリの個体数が減少したことを受け、同旗は2018年、牧畜民からなる生態パトロール隊を結成し、草原生態系の保護や、野生動物の狩猟など違法行為の防止に取り組んでいる。(記者/葉紫嫣)<映像内容>アルガリの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:32.87
    2020年12月10日
    「新華社」赤外線カメラが捉えたツキノワグマの親子福建省竜棲山

    中国福建省三明市にある竜棲山国家級自然保護区は2019年4月から、赤外線カメラによる野生動物の観察を行い、多くの貴重な映像を撮影してきた。19年9月19日には片方の前足を失ったツキノワグマが見つかり、今年8月10日と9月12日に2台のカメラの前に再び現れた。後ろに2頭の子グマも確認され、心配していたスタッフは力強い母グマを見て胸をなでおろしたという。(記者/林凱)<映像内容>野生の前足を失ったツキノワグマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    上海動物園で動物たちにワクチン接種

    8日、吹き矢を使ってベンガルヤマネコにワクチンを接種する上海動物園の獣医師。中国上海動物園はこのほど、動物たちの健康を守るため、園内の全ての肉食動物にワクチン接種を行った。同園では約500種5千匹(頭)余りの希少な野生動物を飼育している。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    上海動物園で動物たちにワクチン接種

    8日、吹き矢にワクチンを入れる上海動物園の獣医師。中国上海動物園はこのほど、動物たちの健康を守るため、園内の全ての肉食動物にワクチン接種を行った。同園では約500種5千匹(頭)余りの希少な野生動物を飼育している。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    上海動物園で動物たちにワクチン接種

    8日、アカギツネにワクチンを接種する上海動物園の獣医師。中国上海動物園はこのほど、動物たちの健康を守るため、園内の全ての肉食動物にワクチン接種を行った。同園では約500種5千匹(頭)余りの希少な野生動物を飼育している。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    上海動物園で動物たちにワクチン接種

    8日、吹き矢を使ってハクビシンにワクチンを接種する上海動物園の獣医師。中国上海動物園はこのほど、動物たちの健康を守るため、園内の全ての肉食動物にワクチン接種を行った。同園では約500種5千匹(頭)余りの希少な野生動物を飼育している。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    上海動物園で動物たちにワクチン接種

    8日、フェネックギツネにワクチンを接種する上海動物園の獣医師。中国上海動物園はこのほど、動物たちの健康を守るため、園内の全ての肉食動物にワクチン接種を行った。同園では約500種5千匹(頭)余りの希少な野生動物を飼育している。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月08日
    上海動物園で動物たちにワクチン接種

    8日、ワクチンを用意する上海動物園の獣医師。中国上海動物園はこのほど、動物たちの健康を守るため、園内の全ての肉食動物にワクチン接種を行った。同園では約500種5千匹(頭)余りの希少な野生動物を飼育している。(上海=新華社記者/張建松)=2020(令和2)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで、コウノトリの健康状態を確認する職員。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで餌をついばむコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる可可西里山岳パトロール隊員。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/藍翔)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる可可西里索南達傑保護ステーションの趙新録(ちょう・しんろく)ステーション長。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、可可西里索南達傑保護ステーションの管理保護区域内をパトロールするスタッフ。(小型無人機から)中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、可可西里山岳パトロール隊員のもとに集まるチベットカモシカの子ども。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、チベットカモシカの子どもをなでる可可西里索南達傑保護ステーションの趙新録(ちょう・しんろく)ステーション長。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/藍翔)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、可可西里索南達傑保護ステーションの管理保護区域。(小型無人機から)中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    保護されたコウノトリが健康を回復黒竜江省

    7日、黒竜江省牡丹江市の野生動物救助保護センターで保護されているコウノトリ。中国黒竜江省の牡丹江野生動物救助保護センターはこのほど、コウノトリ1羽を保護した。十数日間にわたり細やかな手当てと世話を続けた結果、コウノトリは徐々に健康を回復している。同センターは11月20日、同省海林市の森林公安警察から極度に衰弱したコウノトリの搬送を受けた。現在は主に捕食と飛翔の能力を高める訓練を続けている。来年5月に野生のコウノトリが集まる場所で放される予定。コウノトリは中国の国家1級保護動物に指定されている。(牡丹江=新華社配信/張春祥)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月07日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    7日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる前に、ミルクの温度を確かめる可可西里索南達傑保護ステーションの趙新録(ちょう・しんろく)ステーション長(中央)。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王金金)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる可可西里山岳パトロール隊員。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王金金)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、可可西里野生動物救助センターで撮影したチベットカモシカの子ども。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる可可西里山岳パトロール隊員。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/藍翔)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、可可西里山岳パトロール隊員の後を追うチベットカモシカの子ども。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、可可西里索南達傑保護ステーションの野生動物救助センター。(小型無人機から)中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる可可西里山岳パトロール隊員。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王金金)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    「動物の楽園」にある野生動物救助センター青海省

    6日、チベットカモシカの子どもにミルクを飲ませる可可西里山岳パトロール隊員。中国青海チベット高原の奥地に位置する世界自然遺産の可可西里(ココシリ)は、平均標高が4600メートルを超え、さまざまな野生動物が生息することから、「動物の楽園」と呼ばれている。2000年には野生動物の保護を強化するため、可可西里索南達傑(ソナムダジェ)保護ステーションに野生動物救助センターが設置された。センターでは開設以来、チベットカモシカやインドガンなど野生動物300匹(羽)以上を救助し、餌を与え、治療してきた。現在、同センターにはチベットカモシカ13匹、オオノスリ2羽、黒羊1匹、チベットガゼル1匹が保護されており、健康状態が回復し、野生復帰の条件が整い次第、自然に戻される。(ココシリ=新華社記者/王艶)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月05日
    野生動物販売禁止の張り紙 「震源地」調査進まず

    中国・武漢の卸売市場に掲げられた、野生動物の販売禁止を呼び掛ける張り紙=7月(共同)

    撮影: 7月

  • 2020年12月01日
    Playful Welsh Mountain Ponies

    December 1, 2020, United Kingdom: Playful, semi-feral, conservation Welsh Mountain Ponies, roam and graze on the land that surrounds the beautiful beach of Rhossili, Gower. The Welsh mountain ponies are a friendly, hardy breed, that even survived a planned cull by Henry VIII. However, in modern times, the beautiful native Welsh Mountain Pony are classed as a rare breed, with their survival relying solely on the very few breeders who belong to Hill Pony Improvement Societies...Where: United Kingdom.When: 01 Dec 2020.Credit: Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* (Credit Image: © Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press)、クレジット:Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* ★©Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※United Kingdom Rights OUT

  • 2020年12月01日
    Playful Welsh Mountain Ponies

    December 1, 2020, United Kingdom: Playful, semi-feral, conservation Welsh Mountain Ponies, roam and graze on the land that surrounds the beautiful beach of Rhossili, Gower. The Welsh mountain ponies are a friendly, hardy breed, that even survived a planned cull by Henry VIII. However, in modern times, the beautiful native Welsh Mountain Pony are classed as a rare breed, with their survival relying solely on the very few breeders who belong to Hill Pony Improvement Societies...Where: United Kingdom.When: 01 Dec 2020.Credit: Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* (Credit Image: © Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press)、クレジット:Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* ★©Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※United Kingdom Rights OUT

  • 2020年12月01日
    Playful Welsh Mountain Ponies

    December 1, 2020, United Kingdom: Playful, semi-feral, conservation Welsh Mountain Ponies, roam and graze on the land that surrounds the beautiful beach of Rhossili, Gower. The Welsh mountain ponies are a friendly, hardy breed, that even survived a planned cull by Henry VIII. However, in modern times, the beautiful native Welsh Mountain Pony are classed as a rare breed, with their survival relying solely on the very few breeders who belong to Hill Pony Improvement Societies...Where: United Kingdom.When: 01 Dec 2020.Credit: Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* (Credit Image: © Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press)、クレジット:Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* ★©Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※United Kingdom Rights OUT

  • 2020年12月01日
    Playful Welsh Mountain Ponies

    December 1, 2020, United Kingdom: Playful, semi-feral, conservation Welsh Mountain Ponies, roam and graze on the land that surrounds the beautiful beach of Rhossili, Gower. The Welsh mountain ponies are a friendly, hardy breed, that even survived a planned cull by Henry VIII. However, in modern times, the beautiful native Welsh Mountain Pony are classed as a rare breed, with their survival relying solely on the very few breeders who belong to Hill Pony Improvement Societies...Where: United Kingdom.When: 01 Dec 2020.Credit: Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* (Credit Image: © Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press)、クレジット:Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* ★©Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※United Kingdom Rights OUT

  • 2020年12月01日
    Playful Welsh Mountain Ponies

    December 1, 2020, United Kingdom: Playful, semi-feral, conservation Welsh Mountain Ponies, roam and graze on the land that surrounds the beautiful beach of Rhossili, Gower. The Welsh mountain ponies are a friendly, hardy breed, that even survived a planned cull by Henry VIII. However, in modern times, the beautiful native Welsh Mountain Pony are classed as a rare breed, with their survival relying solely on the very few breeders who belong to Hill Pony Improvement Societies...Where: United Kingdom.When: 01 Dec 2020.Credit: Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* (Credit Image: © Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press)、クレジット:Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* ★©Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※United Kingdom Rights OUT

  • 2020年12月01日
    Playful Welsh Mountain Ponies

    December 1, 2020, United Kingdom: Playful, semi-feral, conservation Welsh Mountain Ponies, roam and graze on the land that surrounds the beautiful beach of Rhossili, Gower. The Welsh mountain ponies are a friendly, hardy breed, that even survived a planned cull by Henry VIII. However, in modern times, the beautiful native Welsh Mountain Pony are classed as a rare breed, with their survival relying solely on the very few breeders who belong to Hill Pony Improvement Societies...Where: United Kingdom.When: 01 Dec 2020.Credit: Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* (Credit Image: © Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press)、クレジット:Joann Randles/Cover Images..**Editorial Use Only* ★©Joann Randles/Cover Images via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※United Kingdom Rights OUT

  • 2020年12月01日
    Wild boar traps in the core area of the ASP

    01 December 2020, Brandenburg, Neuzelle/ Ot Treppeln: Egbert Gleich, Research Centre for Wildlife Ecology and Hunting Management, State Forest Brandenburg, explains the mode of action of a Loni type game trap. 20 of these Swedish traps were purchased additionally. With the solid fences around the core area of the African swine fever (ASP) in the districts Oder-Spree and Spree-Neiße 120 traps have already been set up to start with the removal of wild boars. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Wild boar traps in the core area of the ASP

    01 December 2020, Brandenburg, Neuzelle/ Ot Treppeln: A Swedish wildlife trap “Loni“ is located in the core area of African swine fever (ASP). In the core area of African swine fever (ASP) in the districts Oder-Spree and Spree-Neiße 120 traps have already been set up to start collecting wild boar. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Wild boar traps in the core area of the ASP

    01 December 2020, Brandenburg, Neuzelle/ Ot Treppeln: Egbert Gleich from the Research Centre for Wildlife Ecology and Hunting Management at the Brandenburg Forest Service is standing in a game trap monitored by a camera. With the solid fences around the core area of African swine fever (ASP) in the districts Oder-Spree and Spree-Neiße 120 traps have already been set up to start the removal of wild boars. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Wild boar traps in the core area of the ASP

    01 December 2020, Brandenburg, Neuzelle/ Ot Treppeln: Egbert Gleich, Research Centre for Wildlife Ecology and Hunting Economics, State Forest Brandenburg, explains the mode of action of a Loni type game trap. 20 of these Swedish traps were purchased additionally. With the solid fences around the core area of the African swine fever (ASP) in the districts Oder-Spree and Spree-Neiße 120 traps have already been set up to start with the removal of wild boars. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Wild boar traps in the core area of the ASP

    01 December 2020, Brandenburg, Neuzelle/ Ot Treppeln: Egbert Gleich, Research Centre for Wildlife Ecology and Hunting Management, State Forest Brandenburg, explains the mode of action of a Loni type game trap. 20 of these Swedish traps were purchased additionally. With the solid fences around the core area of the African swine fever (ASP) in the districts Oder-Spree and Spree-Neiße 120 traps have already been set up to start with the removal of wild boars. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    Wild boar traps in the core area of the ASP

    01 December 2020, Brandenburg, Neuzelle/ Ot Treppeln: A wildlife trap monitored by a camera system is located in the core area of African swine fever (ASP). In the core area of the ASP in the districts Oder-Spree and Spree-Neiße 120 traps have already been set up to start collecting wild boar. Photo: Bernd Settnik/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、湖北省宜昌市で開かれたカラチョウザメの繁殖・放流イベント。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、長江に放流されたカラチョウザメ。しばらく沿岸を泳いだ後、水の中に潜った。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、放流されたカラチョウザメ。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月28日
    中国、大型カラチョウザメ150匹を長江に放流

    11月28日、放流のために運ばれた体長2メートル以上のカラチョウザメ。中国農業農村部と中国長江三峡集団は11月28日、湖北省宜昌市でカラチョウザメの繁殖・放流イベントを共同で実施し、交配第2世代の大型カラチョウザメ150匹を長江に放流した。カラチョウザメは中国の国家一級重点保護野生動物であり、長江を代表する生物種でもある。20世紀後半に人の活動による影響を受けて自然個体群の規模が急激に縮小し、2017〜19年は3年連続で自然繁殖が確認されてなかった。今回放流されたカラチョウザメは大型で雄が多く、近く性成熟する個体も多く含まれており、野生個体群の補充に役立つ。(宜昌=新華社記者/李思遠)=2020(令和2)年11月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020

    November 26, 2020, Qingdao, Shandong, China: The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

  • 2020年11月26日
    The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020

    November 26, 2020, Qingdao, Shandong, China: The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

  • 2020年11月26日
    The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020

    November 26, 2020, Qingdao, Shandong, China: The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

  • 2020年11月26日
    The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020

    November 26, 2020, Qingdao, Shandong, China: The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

  • 2020年11月26日
    The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020

    November 26, 2020, Qingdao, Shandong, China: The doctors are taking health examination for wild animals in Qingdao,Shandong,China on 26th November, 2020. (Credit Image: © TPG via ZUMA Press)、クレジット:©TPG via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Taiwan and China Rights Out

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...