KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

  • 令和
  • 記者
  • 三江
  • 草原
  • 個体群
  • 風景
  • 植生
  • 生き物
  • 修復
  • 瀾滄江

「野生動物の個体」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
111
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
111
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年01月07日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったターキン。(2018年1月7日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621533

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年03月11日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったキンシコウ。(2018年3月11日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年3月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621507

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年04月10日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったターキン。(2018年4月10日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621580

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年04月20日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったジャイアントパンダ。(2018年4月20日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621530

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月05日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったキンケイ。(2018年5月5日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621534

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月06日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったイノシシ。(2018年5月6日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020621574

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月22日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったアジアゴールデンキャット。(2018年5月22日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2019020621573

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年05月29日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったターキン。(2018年5月29日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621521

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月14日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったツキノワグマ。(2018年8月14日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621516

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月18日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったイノシシ。(2018年8月18日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621528

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月18日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったマエガミジカ。(2018年8月18日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621540

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年08月19日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったキンシコウ。(2018年8月19日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621536

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年09月17日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったマエガミジカ。(2018年9月17日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621513

  •  野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区
    2018年10月31日
    野生動物の個体群が着実に増加甘粛省白水江国家級自然保護区

    保護区内の赤外線カメラに写ったジャイアントパンダ。(2018年10月31日撮影)中国甘粛省白水江国家級自然保護区でこのほど、2018年分の赤外線カメラ映像を整理していた際に、野生のジャイアントパンダ、ターキン、キンシコウなど複数種類の野生動物が頻繁に現れる映像が確認された。同保護区では昨年、赤外線カメラ700台を設置し、さまざまな野生動物の動画8350本以上、写真1万5800枚以上を撮影した。また、モニター映像の分析により、野生のパンダなど絶滅危惧種の活動状況や個体群の分布をほぼ把握し、野生動物の個体群が17年と比べ、着実に増加していることが分かった。(隴南=新華社配信)=2018(平成30)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621519

  •  「新華社」ツキノワグマの撮影に初めて成功福建省武夷山
    01:20.88
    2019年11月11日
    「新華社」ツキノワグマの撮影に初めて成功福建省武夷山

    中国福建省の武夷山国家公園科学研究観測センターはこのほど、公園の中心エリアに設置した赤外線カメラでツキノワグマの映像を捉えることに初めて成功した。同公園では昨年12月から30台余りの自動撮影赤外線カメラを段階的に設置。異なる生態環境下の野生動物の個体群や数、分布状況を主に観測している。(記者/林凱)<映像内容>赤外線カメラで撮影されたツキノワグマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019111802280

  •  「新華社」東北虎・東北ヒョウ国家公園で東北ヒョウの繁殖をリアルタイム観測
    00:20.16
    2019年12月11日
    「新華社」東北虎・東北ヒョウ国家公園で東北ヒョウの繁殖をリアルタイム観測

    中国の国家林業・草原局東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ観測・研究センターによると、東北虎・東北ヒョウ国家公園の衛星・無人機・地上を組み合わせた「天地空一体化」観測システムに11日、琿春(こんしゅん)分局管轄区から多くのリアルタイム観測映像が送信された。映像は2頭の東北ヒョウが同時に活動する場面を捉えており、専門家によるとこの1組の東北ヒョウは野外でつがいとなり繁殖中だという。同センターの副主任で北京師範大学副教授の馮利民(ふう・りみん)氏は、これらの観測映像は、2頭の東北ヒョウがつがいとなり繁殖期にあることを示していると説明。片方は長く定住している雄のヒョウで、少なくとも7歳になる。もう一方の雌はここ数年定住するようになった個体で、観測システムはこれらの東北ヒョウの繁殖状況を継続的にモニタリングし観察しているという。東北ヒョウは国家1級重点保護野生動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでも「絶滅寸前」(CR、絶滅危惧IA類)に分類されている、世界で最も絶滅の危機に瀕した大型ネコ科動物。近年、東北虎・東北ヒョウ国家公園の建設推進や、中国とロシアが共同で実施する保護活動により、東北ヒョウの個体群は急増している。両国の最新データによると、世界の東北ヒョウの個体数は約100頭に達している。自然保護地における管理を統一し生態保護につなげるという「国家公園体制」のモデル地点が増えるにつれ、東北虎・東北ヒョウ国家公園内の野生動物の個体群は急増している。東北虎・東北ヒョウなど多くの希少な絶滅危惧種も増加傾向にあり、生態システムと生物多様性の保護・回復が目覚ましい勢いで進んでいる。(記者/張建)<映像内容>2頭の東北ヒョウの様子、撮影日:2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121600707

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:32.23
    2019年12月16日
    「新華社」野生のプシバルスキーガゼル数千頭中国・モンゴル国境を移動

    中国内モンゴル自治区フルンボイル市の阿日哈沙特口岸(通関地)で、内モンゴル出入境辺防検査総站(出入境検査総合ステーション)阿日哈沙特出入境辺防検査站に勤務中の警官が、数千頭に上る野生のプシバルスキーガゼルの大群が国境地帯で活動しているのを発見した。内モンゴル東部と中国・モンゴルの国境地域ではこのところ急激に気温が低下したため、モンゴル側にいたプシバルスキーガゼルが南に移動し、中国側にやって来たという。辺防検査站勤務の警官はこの大群のプシバルスキーガゼルの動向に細心の注意を払い、重点区域のパトロールを強化し、密猟を厳重に警戒することで確実な保護に努めている。同口岸地区ではここ数年、国境地帯に広がる草原の生態環境改善と各部門による野生動物由来製品の密輸取り締まり強化に伴い、野生動物の個体群数が回復・増加傾向にある。プシバルスキーガゼルは中国の国家2級保護野生動物で、内モンゴル自治区や新疆ウイグル自治区などのほか、モンゴル国内にも生息。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは絶滅危惧種に指定されている。(記者/王雪氷)<映像内容>野生のプシバルスキーガゼルの大群、移動の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

    商品コード: 2019121600710

  •  「新華社」祁連山脈に野生動物の姿戻る
    01:04.59
    2020年04月03日
    「新華社」祁連山脈に野生動物の姿戻る

    中国青海省北東部と甘粛省西部にまたがる祁連山脈では、生態環境が整備され、人間の規則に違反し、また非合理な活動がなくなったことで、野生動物の個体数や分布範囲が拡大している。人間の活動範囲が縮小された土地に野生動物が戻り、活発に活動しているため、人間との遭遇も多い。祁連山脈は再び自然界の「妖精」たちの楽園となっている。(記者/王博)<映像内容>野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040901900

  •  「新華社」東北虎・東北ヒョウ国家公園で再び白いノロジカを確認
    00:39.56
    2020年04月14日
    「新華社」東北虎・東北ヒョウ国家公園で再び白いノロジカを確認

    中国国家林業・草原局の東北虎(アムールトラ)・東北ヒョウ観測研究センターは19日、吉林、黒竜江両省の省境にあり、ロシアと朝鮮に接する東北虎・東北ヒョウ国家公園の衛星、無人機、地上を組み合わせた「天地空一体化」観測システムが、希少な野生動物の白いノロジカの活動の様子を撮影したと発表した。同公園で白いノロジカが観測されたのは4月5日に続き2回目。同公園大興溝分局管轄区域で4月14日、観測システムが珍しい動物の映像を撮影した。カメラは黄色と白のシカ科の動物が林の中で活動する様子を記録していた。同センターの馮利民(ふう・りみん)副主任の鑑定により、2頭はノロジカと確認された。黄色は雄、白は雌で、白い方は希少な白いノロジカだという。ノロジカは哺乳綱偶蹄目シカ科ノロジカ属の一種で、国の「三有」保護動物(国が保護する有益で、重要な経済的、科学的研究価値を持つ陸上野生生物)に指定されている。通常は黄色だが、白いノロジカは珍しい白化現象が起きたとされている。馮氏によると、古代において白いノロジカやシカは国の宝や神獣と見なされてきた。ただ、歴史上で白いノロジカに関する記録は非常に少なく、1981年に内モンゴル自治区で1度発見されたのを除くと、文献上では18世紀の清代乾隆年間までさかのぼる。国家公園体制の試行事業が進むにつれ、同公園の野生動物の個体群は急速に増えており、東北虎や東北ヒョウなど多くの希少な絶滅危惧種も増加傾向にある。(記者/張建)<映像内容>野生の白いノロジカ、ヒョウの様子、撮影日:2019(令和元)年12月11日、2020(令和2)年4月5日、14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052300715

  •  「新華社」体毛の色が変わる時期のフランソワルトンの子どもを撮影重慶市
    01:45.40
    2020年04月15日
    「新華社」体毛の色が変わる時期のフランソワルトンの子どもを撮影重慶市

    中国重慶市南川区に位置する重慶金仏山国家級自然保護区で今春、体毛の色が変わる時期のフランソワルトンの子どもが初めてカメラに捉えられた。また、個体数増加の過程で現れる自然繁殖や行動の学習、採餌、休息などの場面が完全に記録された。自然保護区北東部の平均標高は約1300メートル。フランソワルトンは4月に入ると至る所で若葉を食べ始め、1年中で最も活動的になる。中国の国家1級重点保護野生動物に指定されているフランソワルトンの個体数は現在、世界で3千匹に満たない。同自然保護区は世界最北端の生息地とされている。同自然保護区管理局の鍾偉(しょう・い)副局長は、フランソワルトンの行動の活発化は、生態系が継続的に好転し、野生動物の個体数増加が続いていることを裏付けているとの認識を示した。最近の調査によると、同自然保護区内に生息するフランソワルトンは151匹で、1990年代の70匹、2004年の140匹から明らかに増加している。(記者/于暁蘇)<映像内容>野生のフランソワルトンの様子、子どもの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003569

  •  「新華社」チベットノロバなど希少な野生動物、祁連山脈に出現
    01:22.02
    2020年04月23日
    「新華社」チベットノロバなど希少な野生動物、祁連山脈に出現

    中国の祁連(きれん)山脈北側の麓に位置する甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県でこのほど、国家1級保護動物に指定されているチベットノロバの群れが餌を求めて走ったり移動したりする様子が確認された。地元ではここ数年、祁連山脈の生態保護と復元に力を入れており、森林や草木の植生被覆率は上昇を続け、生態環境が改善している。同山脈に生息する野生動物が効果的に保護され、チベットノロバやチベットガゼル、イヌワシなどの希少な野生動物の個体群数が増加を続けている。(記者/王博、張智敏)<映像内容>チベットノロバの群れ、野生動物の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803213

  •  アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市
    2020年05月11日
    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市

    11日、岩肌に影を落としながら飛ぶチョウゲンボウ。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104471

  •  アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市
    2020年05月11日
    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市

    11日、アルバス山を移動するバーラル。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104443

  •  アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市
    2020年05月14日
    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市

    14日、アルバス山を移動するバーラル。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104487

  •  アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市
    2020年05月14日
    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市

    14日、山の中を飛ぶチョウゲンボウ。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104417

  •  アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市
    2020年05月14日
    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市

    14日、崖の上の巣で羽を休めるチョウゲンボウ。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/連振)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104444

  •  アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市
    2020年05月14日
    アルバス山に暮らす「妖精」たち内モンゴル自治区オルドス市

    14日、断崖絶壁を走るバーラル。中国内モンゴル自治区オルドス市オトク旗棋盤井鎮付近のアルバス(阿爾巴斯)山には、バーラルやチョウゲンボウ、イワシャコなどの野生動物が暮らしている。ここ数年人々の保護意識が高まるにつれ、地元に生息する野生動物の個体数はある程度回復しており、山の断崖絶壁でこれら「山の妖精」の姿が確認できるようになった。(オルドス=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104466

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.34
    2020年06月18日
    「新華社」バインブルク湿地でハクチョウのひなが相次ぎ誕生新疆ウイグル自治区

    夏を迎えた中国新疆ウイグル自治区のバインブルク(巴音布魯克)湿地では、気温の上昇とともにハクチョウのひなが次々に生まれ、親鳥と共に湖を泳ぎ回っている。湿地野生動物保護ステーション職員の暫定推計によると、同湿地で今年生まれるハクチョウのひなは3千羽を超える見通し。巴音布魯克は中国最大のハクチョウ繁殖地で、野生オオハクチョウの繁殖の南限でもある。円滑な繁殖を保障するため、巴音布魯克国家級自然保護区管理局ハクチョウ保護チームのパトロール隊が数日おきに保護区を巡回し、ハクチョウたちを見守っている。同湿地では毎年3~4月に野生のハクチョウ1万羽以上が飛来して繁殖し、10~11月の旅立ちまで半年以上を過ごす。保護区では生態環境の改善に伴い、ハクチョウなど野生動物の個体数が年々増加しており、活動領域も拡大傾向にある。(記者/宿伝義)<映像内容>ハクチョウの親子の様子、バインブルク湿地の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061905302

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月28日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月28日、青海省玉樹チベット族自治州称多(しょうた、ティドゥ)県の嘉塘草原でゴミ拾いをする生態管理・保護スタッフ。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605003

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月29日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月29日、青海省玉樹チベット族自治州称多(しょうた、ティドゥ)県で撮影した山脈。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605015

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月29日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月29日、青海省玉樹チベット族自治州称多(しょうた、ティドゥ)県に現れたチベットスナギツネ。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605192

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県花石峡鎮で撮影した三江源の湿地。(小型無人機から)中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605041

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で撮影した星星海地区の一角。(小型無人機から)中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605068

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で羽を休めるインドガン。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605111

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省玉樹チベット族自治州称多(しょうた、ティドゥ)県の嘉塘草原に現れたチベットガゼル。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110604977

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で餌を探すチベットノロバ。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605187

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で撮影した三江源の湿地。(小型無人機から)中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605058

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で餌を探すチベットノロバ。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605095

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で撮影した湖。(小型無人機から)中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605012

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県花石峡鎮で撮影した三江源の風景。中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605017

  •  長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省
    2020年10月30日
    長江、黄河、瀾滄江の源流域、三江源地区を訪ねて青海省

    10月30日、青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた、マトェ)県で撮影したバヤンカラ山脈。(小型無人機から)中国青海省南部にある三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、全国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業を継続的に実施、植生の保護・回復を中心に生態系の自然修復と生態保護事業を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川・湖沼のエコシステムの保護と構築を強化している。同地区の植生の生産力は現在、安定傾向にあり、野生動物の個体数も顕著に増加し、生態系サービスは徐々に向上している。(玉樹=新華社記者/張竜)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020110605167

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:16.63
    2020年11月06日
    「新華社」集油所の「常連客」は子ギツネ新疆ウイグル自治区

    中国タクラマカン砂漠の北端に位置する中国石油化工集団(シノペック)塔河油田のある集油所はこのところ、毎日夜9時過ぎに変わったお客を迎えている。お客の正体は子ギツネで、1カ月前に突然、同油田の第一採油工場西達里亜集油所の庭に現れた。痩せて弱った子ギツネの様子を目にしたステーションの職員は毎日、栄養たっぷりの夕食を用意して子ギツネがエネルギーを補給しにやって来るのを待っていた。子ギツネの「来訪」が続くと職員との間に親しみが生まれ、やがて子ギツネは毎日決まった時間に「食事」に現れるようになった。塔河油田は新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州内にある。ここ数年、地元の生態環境は継続的に改善し、野生動物の個体数と種類も増加を続けている。(記者/宿伝義)<映像内容>集油所に餌を食べにくる子ギツネの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111002618

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.51
    2021年01月15日
    「新華社」モンゴルのプシバルスキーガゼル7頭、餌を求めて中国へ

    国内モンゴル自治区エレンホト(二連浩特)市でこのほど、モンゴルに生息する野生のプシバルスキーガゼルが、寒波の影響を受けて群れで鉄道脇のネットを越え、エレンホト駅国際台車交換庫付近に餌を求めてやってきた。モンゴルの野生のプシバルスキーガゼルがエレンホト市を「訪れる」のは、今年に入りすでに2回目だという。エレンホト市公安局森林公安局の警察官、耿暁華(こう・きょうか)氏は「国境付近の草原はここ数年、環境が改善され、エレンホト市の野生動物の個体群は徐々に増加に転じ、プシバルスキーガゼル、アジアノロバ、アルガリなど希少な野生動物が、再び人々の前に姿を見せるようになっている」と述べた。すらりとした姿のプシバルスキーガゼルは、国家2級重点保護動物に指定され、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにも登録されている。(記者/哈麗娜) =配信日: 2021(令和3)年1月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011509319

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:59.62
    2021年04月07日
    「新華社」バインブルク天鵝湖にハクチョウ1万羽以上が飛来

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州和静県にある国内最大のハクチョウ自然保護区、バインブルク(巴音布魯克)天鵝湖では、気温の上昇に伴い、野生のハクチョウが戻ってきている。同湖では毎年春になると、野生のハクチョウ1万羽以上が飛来。10~11月の渡りの時期まで半年以上を過ごし、繁殖する。保護区では環境改善に伴い、さまざまな野生動物の個体群が年々増加しており、活動範囲も拡大傾向にある。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040704735

  •  (3)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (3)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    20日、三江源のココシリ(可可西里)地区にたたずむチベットカモシカ。中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313906

  •  (4)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (4)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    三江源のココシリ(可可西里)地区で複数のチベットカモシカと向かい合うオオカミ。(2016年6月7日撮影)中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313907

  •  (8)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (8)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    三江源のココシリ(可可西里)地区を駆けるヤク。(2016年12月1日撮影)中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313910

  •  (1)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (1)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    20日、三江源のココシリ(可可西里)地区で、移動中のチベットカモシカを見つめるキツネ。中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313909

  •  (5)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (5)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    三江源のココシリ(可可西里)地区を駆けるヤク。(2016年12月1日撮影)中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313913

  •  (6)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (6)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    三江源のココシリ(可可西里)地区を歩くヤク。(2016年12月1日撮影)中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313908

  •  (9)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (9)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    三江源のココシリ(可可西里)地区にたたずむチベットノロバ。(2016年12月2日撮影)中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313905

  •  (7)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (7)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    三江源のココシリ(可可西里)地区を移動するチベットノロバ。(2019年10月19日、小型無人機から)中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313911

  •  (2)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省
    2021年04月23日
    (2)「野生動物の王国」三江源地区を訪ねて青海省

    20日、三江源のココシリ(可可西里)地区に生息するチベットカモシカ。中国青海省南部の三江源地区は、長江、黄河、瀾滄江(らんそうこう)の源流域で、中国の重要な「生態障壁」でもある。同省はここ数年、三江源地区の生態保護事業に継続的に取り組み、植生の保護・回復を中心に、生態系の自然修復と生態工学的建設を有機的に結びつけ、草原や砂漠、湿地、河川、湖沼の生態系の保護と構築に力を入れている。同地区の植生の生産力は安定傾向にあり、野生動物の個体数も著しく増加した。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042313912

  •  野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月25日
    野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区に生息するチベットノロバ。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/張竜)=2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108367

  •  野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月25日
    野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区の鄂陵(がくりょう)湖。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/李占軼)=2021(令和3)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108354

  •  (4)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (4)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区に生息するチベットノロバの群れ。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/李占軼)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908707

  •  (1)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (1)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区の鄂陵(がくりょう)湖。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/李占軼)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908709

  •  (3)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (3)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区に生息するチベットスナギツネ。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908710

  •  (6)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (6)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区の鄂陵(がくりょう)湖。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/李占軼)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908711

  •  (9)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (9)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区を舞うタカ。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908715

  •  (5)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (5)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区に生息するチベットノロバ。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908708

  •  (2)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (2)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区を走るチベットガゼル。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908706

  •  (10)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省
    2021年05月29日
    (10)野生動物の生命力あふれる黄河源園区青海省

    25日、三江源国家公園黄河源園区を走るチベットノロバ。中国青海省ゴロク・チベット族自治州にある三江源国家公園の黄河源園区はここ数年、生態系が改善されつつある。園内に生息する野生動物の個体数も大きく増え、生態系サービスと生態系機能が次第に向上している。(ゴロク=新華社記者/張竜)= 配信日: 2021(令和3)年5月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021052908714

  •  (6)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (6)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2020年1月28日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903602

  •  (2)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (2)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903587

  •  (8)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (8)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903605

  •  (7)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (7)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2019年11月14日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081905965

  •  (1)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (1)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/王博)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903581

  •  (3)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (3)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2020年1月30日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903583

  •  (10)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (10)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2018年9月26日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903603

  •  (9)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (9)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    11日、粛南ユグル族自治県にある祁連山の麓に広がる風景。初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社記者/王博)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903582

  •  「新華社」祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    00:59.73
    2021年08月18日
    「新華社」祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(記者/范培珅、王博) =配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903574

  •  (5)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (5)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2019年8月14日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903599

  •  (4)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省
    2021年08月18日
    (4)祁連山の生態環境が好転、希少動物も頻繁に出現甘粛省

    甘粛祁連山国家級自然保護区に設置された赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(2019年7月20日撮影)初秋を迎えた中国甘粛省張掖(ちょうえき)市の粛南ユグル族自治県には、山々と草原が織りなす美しい風景が広がっている。同県は甘粛祁連山(きれんざん)国家級自然保護区の重要な構成部分で、保護区の面積の約6割を占める。近年、生態系の修復を経て、祁連山の植生は順調に回復し、同地の生態環境は持続的に好転。これまで見つけることが難しかった希少種が頻繁に姿を現すようになった。2017年から2019年までの調査結果によると、同保護区にある保護ステーション22カ所のうちの15カ所でユキヒョウが発見され、その個体数は350~500頭だった。チベットノロバ、クチジロジカ、ヤマジャコウジカ、バーラルなどの大型野生動物の個体数が大幅に増加し、キジシャコ、アオミミキジなどの希少鳥類の個体数も順調に回復している。保護区では新たにニシアカアシチョウゲンボウやチベットスナギツネなどの国家2級保護野生動物が発見された。(張掖=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021081903588

  •  (3)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (3)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608833

  •  (8)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (8)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608871

  •  (10)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (10)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608876

  •  (2)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (2)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/李占軼)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608878

  •  (1)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (1)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/李占軼)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608832

  •  (4)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (4)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608869

  •  (6)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (6)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608873

  •  (9)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (9)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608874

  •  (5)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (5)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608870

  •  (7)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省
    2022年03月26日
    (7)三江源国家公園に野生のクチジロジカの群れが出現青海省

    24日、三江源国家公園瀾滄江源園区に現れた野生のクチジロジカの群れ。春を迎え、中国青海省南部の青蔵高原の奥地に位置する三江源国家公園瀾滄江源園区では、森の中で餌を探したり、戯れたりする野生のクチジロジカの群れを見ることができる。近年、同公園では生態環境が持続的に好転しており、野生動物の個体数増加や分布域拡大も進んでいる。クチジロジカは青蔵高原固有の希少種で、国家1級保護野生動物に指定されており、標高3500~5千メートルの森林や高山の裸岩地帯・草地・草原に生息している。(西寧=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2022(令和4)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032608872

  •  「新華社」牧畜民がユキヒョウを至近距離で撮影甘粛省
    00:43.86
    2022年03月27日
    「新華社」牧畜民がユキヒョウを至近距離で撮影甘粛省

    中国甘粛省張掖(ちょうえき)市粛南ユグル族自治県でこのほど、牧畜民が国家1級保護動物のユキヒョウを道端で見かけ、スマートフォンのカメラで至近距離から撮影した。映像ではユキヒョウが川沿いを歩いたり、道端の洞窟でうたた寝するなど、とてもリラックスした様子が映っている。生息地の祁連山ではここ数年、生態環境が徐々に改善され、長年見られなかった希少種が頻繁に出現。野生動物の個体数が大幅に増加し、現地ではユキヒョウの姿が何度も撮影されている。(記者/王博、張睿) =配信日: 2022(令和4)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022032801723

  •  (2)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (2)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206306

  •  (7)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (7)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206252

  •  (6)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (6)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206250

  •  (1)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (1)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206254

  •  (4)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (4)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206249

  •  (5)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (5)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206245

  •  (3)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県
    2022年07月22日
    (3)空から見る夏のドゲツァオナ湖青海省瑪多県

    17日、ドゲツァオナ湖の景色。(小型無人機から)中国青海省ゴロク・チベット族自治州瑪多(ばた)県のドゲツァオナ(冬格措納)湖は標高4千メートル余りに位置する。ドゲツァオナはチベット語で「黒い海」と「千の山に囲まれた湖」という意味を持つ。黄河水源の生物多様性が最も集中している地域にある同湖では、生態環境の改善につれ、チベットノロバやバーラルなど野生動物の個体群が大幅に増加、生息地も拡大しており、生物の多様性が効果的に保護されている。(西寧=新華社配信/馬怡睿)= 配信日: 2022(令和4)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022072206248

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708004

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708017

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708019

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708018

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear confronting a domestic dog in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708006

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear confronting domestic dogs in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708015

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Fan Peishen)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708020

  •  CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)
    2022年08月07日
    CHINA-QINGHAI-YUSHU-NATURE-WILD BROWN BEARS (CN)

    (220807) -- YUSHU, Aug. 7, 2022 (Xinhua) -- Photo taken on Aug. 4, 2022 shows a wild brown bear in Xianggu Village of Batang Township, Yushu Tibetan Autonomous Prefecture, northwest China‘s Qinghai Province. The population of wild animals in Yushu Tibetan Autonomous Prefecture has been significantly restored in recent years, thanks to increasingly enforced ecological protection measures, and some of them -- snow leopards, brown bears and Tibetan macaques, to name a few -- are now “daring“ enough to set their paws in human habitats. Xianggu Village, which is about 65 kilometers from Yushu‘s prefectural seat, has been frequented by brown bears looking for food there. Local residents have been advised to avoid willingly hiking and to keep a safe distance from these bears if they are spotted in the area. (Xinhua/Zhang Ziqi)= 配信日: 2022(令和4)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022080708016

  • 1
  • 2