KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 記者
  • 生き物
  • 個体
  • 人工繁殖
  • 成功
  • 保護区
  • 設立
  • スタッフ
  • アモイトラ

「野生化」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
261
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
261
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1976年05月15日
    “野生インコ”が住みつく

    山田さん宅のエサ台に集まってくる野生の「ワカケホンセイインコ」。北緯20度以南のインド、スリランカなどに多く生息するが、ペットとして世界各地で飼われ野生化する現象が進んでいる。全長約40センチ、緑色でオスのノドから首にかけて黒帯がある=1976(昭和51)年5月、広島県安芸郡府中町

    商品コード: 2013101100205

  • 1986年11月23日
    飼い犬の野生化が問題に

    無人の町に置き去りにされた飼い犬。野生化が懸念されている=1986(昭和61)年11月23日、東京・伊豆大島元町

    商品コード: 2022012006157

  • 1989年07月11日
    野生馬 霧の中の孤島

    北海道根室半島沖3キロの太平洋上に浮かぶ周囲7キロの無人島・ユルリ島。切り立った絶壁の上で草をはむ野生馬。かつて住んでいたコンブ採りの漁民が残した馬が野生化した=1989(平成元)年6月26~28日撮影

    商品コード: 2008100800166

  • 1994年03月11日
    放置されて繁殖、野生化 活火山の島にクジャク飛ぶ

    (2)旅館の奥さんの手からえさをもらうクジャク、名前は「梨」。これほど人に慣れたクジャクは珍しい=2月、鹿児島県・硫黄島

    商品コード: 1994031100042

  • 1994年03月11日
    放置されて繁殖、野生化 活火山の島にクジャク飛ぶ

    (1)硫黄岳(後方)のふもとで野生化したクジャクの群れ。島に残され増え続け警戒心は強くなった=2月、鹿児島県・硫黄島

    商品コード: 1994031100039

  • 1994年06月23日
    コウノトリ コウノトリ野生化進めよう

    野生化が進められるコウノトリ=兵庫県豊岡市野上のコウノトリ保護増殖センター

    商品コード: 1994062300007

  • 1994年06月25日
    天敵ポッサム 飛べない鳥キウイが激減

    野生化して大繁殖し、キウイなど飛べない鳥たちの天敵となっているポッサム

    商品コード: 1994062500004

  • 1994年09月06日
    コウノトリの親子 野生に戻れコウノトリ

    野生化が進められるコウノトリ=兵庫県豊岡市野上のコウノトリ保護増殖センター(鳥)

    商品コード: 1994090600006

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月27日
    捕獲された野生化牛 トカラ列島で野生化牛捕獲

    大立ち回りの末やっとのことで捕獲された野生化牛=鹿児島県トカラ列島の口之島

    商品コード: 1995052700028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月27日
    捕獲された野生化牛 トカラ列島で野生化牛捕獲

    大立ち回りの末やっとのことで捕獲された野生化牛=鹿児島県トカラ列島の口之島

    商品コード: 1995052700022

  • 1998年06月26日
    ユルリ島の野生馬 根室沖に“野生馬の国”

    )、25日社会401S、29日付夕刊用、解禁厳守  野生化した馬たちが群れをなす北海道根室市のユルリ島

    商品コード: 1998062600123

  • 1999年01月22日
    下北半島の寒立馬 厳寒の中に立ちつくす

    寒さが一層厳しさを増した本州最北端の青森県下北半島。荒涼とした風景の中「寒立馬(かんだちめ)」と呼ばれる半野生化した放牧馬が雪の下の草をはむ。じっと寒さに耐えるその姿は下北の冬のシンボルだ。平成7年には9頭まで激減したが保護対策が進み、現在は26頭まで増えた。春の訪れはまだ遠いが、群れの中の牝馬にはすでに新しい生命の胎動がある=青森県東通村尻屋

    商品コード: 1999012200003

  • 1999年06月26日
    アライグマ 移入生物被害に国際指針

    ペットとして輸入されて野生化が問題となっているアライグマ

    商品コード: 1999062600005

  • 2000年01月13日
    タイワンリス インベーダーの脅威

    )、科学403S、19日付朝刊用、解禁厳守  日本各地で数が増えているタイワンリス。ペットとして持ち込まれたものが野生化した移入種の代表的存在だ=神奈川県鎌倉市

    商品コード: 2000011300094

  • 2001年06月14日
    たくましく生きる馬 厳しい自然とともに生きる

    野生化した馬は零下20度の寒さでもたくましく生きる(共同)

    商品コード: 2001061400052

  • 2001年06月14日
    野生化した馬の群れ 厳しい自然とともに生きる

    ゴングルを終え、集められた約1000頭の野生化した馬の群れ(共同)

    商品コード: 2001061400055

  • 2003年09月03日
    えさをついばむクジャク 小浜島でクジャクが野生化

    沖縄県・小浜島で野生化し、牧場でえさをついばむクジャク(右下)=6月

    商品コード: 2003090300004

  • 2004年04月03日
    野生化したイヌ 野生化ペットの食害深刻

    奄美大島の森の中でライトに浮かび上がる野生化したとみられるイヌ=03年12月

    商品コード: 2004040300006

  • 2004年09月16日
    友ケ島の動物たち 自然に抱かれる戦時の記憶

    友ケ島で見られるタイワンジカ(右)やクジャク(左上)、タイワンリス(左下)。戦後観光資源として島外から持ち込まれ、野生化した=和歌山市

    商品コード: 2004091600110

  • 2005年08月10日
    野生化したキウイ 熱帯、亜熱帯の動植物続々

    国立科学博物館付属自然教育園で野生化したキウイを指す同園主任研究官の萩原信介さん。芽が出てから3年目とみられ、まだ実を付けていない=東京都港区

    商品コード: 2005081000181

  • 2007年09月27日
    草を食べる野ヤギ 奄美で野ヤギ対策本格化

    鹿児島県の奄美大島で野生化し、草を食べるヤギ

    商品コード: 2007092700002

  • 2008年05月02日
    ソウシチョウ

    ペットが野生化したソウシチョウ=2008年2月21日、大分県宇佐市

    商品コード: 2008050200154

  • 2008年05月12日
    沖縄・やんばるの森 ノグチゲラが子育て中

    沖縄県北部の「やんばるの森」。国の特別天然記念物で絶滅危惧(きぐ)種に指定されているノグチゲラが子育ての真っ最中だ。梅雨入り前の蒸し暑さの中、林道脇のイタジイの枯れ木からひなのせわしない鳴き声が聞こえる。頭が赤いオス(左)とメスが、「ピィッ、ピィッ」と鳴きながら餌を交互に運んでいた。5分から長い時は30分ぐらいの間隔で、巣穴へ入っていった。巣穴は繁殖のために鋭いくちばしで掘られた穴だ。マングースや野生化した猫に親鳥が地上での採餌中に食べられたり、ハシブトガラスには直接巣穴を襲われる被害が確認されている。今月末にひなが順調に巣立つだろうか。

    商品コード: 2008051200896

  • 2010年10月20日
    ジャイアントパンダの自然回帰への道四川臥龍

    子パンダを背負い、第2段階野生化訓練場の作業室へ向かうパンダ保護研究センターの職員。(2010年10月20日撮影)9月になり、急に涼しさが感じられるようになった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍(が・りゅう)天台山野生化訓練場では、研究員が無線信号を頼りに木の上で休んでいる子パンダを探し出し、異常がないことを確認していた。ジャイアントパンダ野生化訓練プロジェクトの責任者、呉代福(ご・だいふく)氏は「現在山に暮らす子パンダは、センターの野生回帰プロジェクト第2期第7グループの一員で、すでに野生に帰る準備段階に入っており、数カ月後には大自然に帰ることになる」と語っている。中国国家林業・草原局保護司副司長、中国ジャイアントパンダ保護研究センター党委員会書記の張志忠(ちょう・しちゅう)氏は「センターでは2012年から2017年にかけて、野生に帰るための訓練を受けた子連れ母パンダ8頭を栗子坪保護区に放った。そのうち7頭は良好な状態で生存しているのが確認されている」と語った。(成都=新華社配信)=2010(平成22)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014868

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年10月01日
    野生化した牛の群れ 血液で解体前に汚染度把握

    福島第1原発から20キロ圏内の警戒区域で野生化した牛の群れ=6月、福島県浪江町

    商品コード: 2011100100254

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月18日
    大熊町の野生化した牛 置き去りで死んだ動物慰霊

    警戒区域でさまよう野生化した牛=3月、福島県大熊町

    商品コード: 2012041800048

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月18日
    浪江町の野生化した牛 置き去りで死んだ動物慰霊

    警戒区域でさまよう野生化した牛=1月、福島県浪江町

    商品コード: 2012041800050

  • 2012年05月03日
    ジャイアントパンダの自然回帰への道四川臥龍

    パンダを野生に帰す際に立ち会う中国ジャイアントパンダ保護センター常務副主任の張和民(ちょう・わみん)氏(左から2人目)。(2012年5月3日撮影)9月になり、急に涼しさが感じられるようになった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍(が・りゅう)天台山野生化訓練場では、研究員が無線信号を頼りに木の上で休んでいる子パンダを探し出し、異常がないことを確認していた。ジャイアントパンダ野生化訓練プロジェクトの責任者、呉代福(ご・だいふく)氏は「現在山に暮らす子パンダは、センターの野生回帰プロジェクト第2期第7グループの一員で、すでに野生に帰る準備段階に入っており、数カ月後には大自然に帰ることになる」と語っている。中国国家林業・草原局保護司副司長、中国ジャイアントパンダ保護研究センター党委員会書記の張志忠(ちょう・しちゅう)氏は「センターでは2012年から2017年にかけて、野生に帰るための訓練を受けた子連れ母パンダ8頭を栗子坪保護区に放った。そのうち7頭は良好な状態で生存しているのが確認されている」と語った。(成都=新華社配信)=2012(平成24)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092015067

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月11日
    野生化した牛 大半が「帰還困難」に

    警戒区域内で野生化した牛=1日、福島県富岡町

    商品コード: 2012071100460

  • 2012年10月11日
    ジャイアントパンダの自然回帰への道四川臥龍

    野生化への一歩を踏み出したジャイアントパンダ「淘淘(タオタオ)」。(2012年10月11日撮影)9月になり、急に涼しさが感じられるようになった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍(が・りゅう)天台山野生化訓練場では、研究員が無線信号を頼りに木の上で休んでいる子パンダを探し出し、異常がないことを確認していた。ジャイアントパンダ野生化訓練プロジェクトの責任者、呉代福(ご・だいふく)氏は「現在山に暮らす子パンダは、センターの野生回帰プロジェクト第2期第7グループの一員で、すでに野生に帰る準備段階に入っており、数カ月後には大自然に帰ることになる」と語っている。中国国家林業・草原局保護司副司長、中国ジャイアントパンダ保護研究センター党委員会書記の張志忠(ちょう・しちゅう)氏は「センターでは2012年から2017年にかけて、野生に帰るための訓練を受けた子連れ母パンダ8頭を栗子坪保護区に放った。そのうち7頭は良好な状態で生存しているのが確認されている」と語った。(成都=新華社配信)=2012(平成24)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014963

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年10月17日
    山折哲雄氏 ヒトの「野生化」回避を

    山折哲雄氏

    商品コード: 2012101700320

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月30日
    野生化で自然繁殖増加

    福島県三春町、福島第1原発

    商品コード: 2012113000417

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月30日
    野生化で自然繁殖増加

    福島県三春町、福島第1原発

    商品コード: 2012113000419

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月30日
    野生化で自然繁殖増加

    福島県三春町、福島第1原発

    商品コード: 2012113000422

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月30日
    野生化で自然繁殖増加

    福島県三春町、福島第1原発

    商品コード: 2012113000425

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月30日
    「シェルター」の猫 野生化で自然繁殖増加

    警戒区域で捕獲され、「シェルター」に収容されている猫=10月、福島県三春町

    商品コード: 2012113000462

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年11月30日
    渡辺正道さん 野生化で自然繁殖増加

    「シェルター」に収容されている猫の様子を見る渡辺正道さん=10月、福島県三春町

    商品コード: 2012113000463

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月05日
    旧警戒区域の富岡町 草をはむ野生化した牛

    東京電力福島第1原発事故で全町民が避難する警戒区域だった福島県富岡町で、野生化した牛たちが草をはんでいる。同町は3月25日に避難区域再編が行われ、立ち入り可能となった沿岸部にはがれきが積み上げられ津波の傷痕が残る。カメラに気付くと牛たちは草やぶへ消えていった=5日午後

    商品コード: 2013040500544

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年04月11日
    自宅に帰った藤沢さん 大震災から2年1カ月

    東日本大震災から2年1カ月の11日、避難先の東京から福島県富岡町仏浜の自宅に帰った藤沢徳義さん(77)。自宅は福島第1原発事故で警戒区域となっていたが、3月末の避難区域再編で昼間の立ち入りが可能となった。津波被害にあった1階は天井から雨漏りしており、床には野生化した牛が入った痕跡が残っている。「避難さえしなければ修理して住むこともできた」と寂しそうに話した

    商品コード: 2013041100402

  • 2013年10月15日
    ジャイアントパンダの自然回帰への道四川臥龍

    大自然の中にたたずむジャイアントパンダ「華妍(ホワイェン)」。(2013年10月15日撮影)9月になり、急に涼しさが感じられるようになった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍(が・りゅう)天台山野生化訓練場では、研究員が無線信号を頼りに木の上で休んでいる子パンダを探し出し、異常がないことを確認していた。ジャイアントパンダ野生化訓練プロジェクトの責任者、呉代福(ご・だいふく)氏は「現在山に暮らす子パンダは、センターの野生回帰プロジェクト第2期第7グループの一員で、すでに野生に帰る準備段階に入っており、数カ月後には大自然に帰ることになる」と語っている。中国国家林業・草原局保護司副司長、中国ジャイアントパンダ保護研究センター党委員会書記の張志忠(ちょう・しちゅう)氏は「センターでは2012年から2017年にかけて、野生に帰るための訓練を受けた子連れ母パンダ8頭を栗子坪保護区に放った。そのうち7頭は良好な状態で生存しているのが確認されている」と語った。(成都=新華社配信)=2013(平成25)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014935

  • 2014年02月15日
    秦嶺山脈の奥深くにある「パンダ県」陜西省仏坪県

    何鑫さんと彼が飼育を担当するジャイアントパンダ。(2014年2月15日撮影)中国陜西省漢中市仏坪(ぶつへい)県のジャイアントパンダ野生化訓練基地は、同省の南部を東西に走る秦嶺山脈の奥深くにある。30歳の何鑫(か・きん)さんは、同基地で働いてすでに8年になる。2012年、22歳の時に上海の工場を辞めて故郷の仏坪に戻った。1978年に中国国務院の承認を得て、同県に350平方キロのエリアが設けられ、ジャイアントパンダと森林生態システムの保護を主な目的とする仏坪国家級自然保護区が設置された。野生のジャイアントパンダ100頭余りが生息する同地は現在、「パンダ県」と呼ばれている。(西安=新華社配信/何鑫)=2014(平成26)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706217

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年06月10日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2014年6月10日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で、タケノコを美味しそうに食べる幼いパンダ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2014(平成26)年6月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100711

  • 2014年10月08日
    アライグマ 侵略拡大、駆除追いつかず

    ペット用が逃げ出すなどして野生化した北米原産のアライグマ。気性が荒く、カメラを近づけると鋭い爪で威嚇してきた=佐賀県伊万里市

    商品コード: 2014100800405

  • 2014年10月08日
    セイヨウオオマルハナバチ 侵略拡大、駆除追いつかず

    ハウス栽培野菜の受粉用に輸入され、野生化したセイヨウオオマルハナバチ。生命力が強く、在来種を駆逐する恐れがある=北海道東川町

    商品コード: 2014100800409

  • 2014年10月08日
    ミシシッピアカミミガメ 侵略拡大、駆除追いつかず

    北海道庁の池で甲羅干しする北米原産のミシシッピアカミミガメ。祭りの露店などで売られるミドリガメが野生化したとみられる=札幌市中央区

    商品コード: 2014100800413

  • 2014年10月08日
    マングース 侵略拡大、駆除追いつかず

    オカガニに襲いかかるインド原産のマングース。沖縄ではハブ退治を目的に輸入された個体が野生化し、絶滅危惧種ヤンバルクイナが捕食された例もある=沖縄県沖縄市

    商品コード: 2014100800411

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年01月08日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2015年1月8日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地で、ジャイアントパンダの採血と身体検査を行うスタッフ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2015(平成27)年1月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年04月27日
    波しぶき眺め露天温泉

    野生化したクジャク=鹿児島県三島村・硫黄島

    商品コード: 2015042700219

  • 2016年10月20日
    ジャイアントパンダの自然回帰への道四川臥龍

    栗子坪自然保護区で、ケージから出て野生に帰るジャイアントパンダ「華妍(ホワイェン)」。(2016年10月20日撮影)9月になり、急に涼しさが感じられるようになった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍(が・りゅう)天台山野生化訓練場では、研究員が無線信号を頼りに木の上で休んでいる子パンダを探し出し、異常がないことを確認していた。ジャイアントパンダ野生化訓練プロジェクトの責任者、呉代福(ご・だいふく)氏は「現在山に暮らす子パンダは、センターの野生回帰プロジェクト第2期第7グループの一員で、すでに野生に帰る準備段階に入っており、数カ月後には大自然に帰ることになる」と語っている。中国国家林業・草原局保護司副司長、中国ジャイアントパンダ保護研究センター党委員会書記の張志忠(ちょう・しちゅう)氏は「センターでは2012年から2017年にかけて、野生に帰るための訓練を受けた子連れ母パンダ8頭を栗子坪保護区に放った。そのうち7頭は良好な状態で生存しているのが確認されている」と語った。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2016(平成28)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014930

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年10月20日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2016年10月20日、四川省雅安市の栗子坪自然保護区で、野生(自然)に返される中国ジャイアントパンダ保護研究センターのパンダ「華妍(ホアイェン)」。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2016(平成28)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100740

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年11月02日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2016年11月2日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター都江堰基地で、飼育員の足にまとわりつくパンダ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2016(平成28)年11月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100708

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年12月21日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2016年12月21日、四川省都江堰にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター都江堰基地。(ドローンで撮影)中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2016(平成28)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100729

  • 2017年04月21日
    セイヨウオオマルハナバチ 外来授粉ハチ、全廃目指す

    北海道で野生化したセイヨウオオマルハナバチ

    商品コード: 2017042100436

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月31日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2017年7月31日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター核桃坪野生化訓練基地のパンダの赤ちゃん。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2017(平成29)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100718

  • 2017年09月08日
    カメラ探訪 ソウシチョウ

    チメドリ科。全長14センチ。中国南部、インド北部などに自然分布している。食性は雑食で、国内では「かご抜け鳥」とも呼ばれる。くちばしが赤く、愛らしい姿のソウシチョウ。和名は、雄、雌が離れると鳴き交わすため「相思鳥」と付けられた。日本には元々いなかったが、江戸時代に輸入されて飼われていたそうだ。放鳥したのか、かごから逃げたのか、いつしか野生化した。=2017(平成29)年9月8日、岡山県内、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052200720

  • 2017年09月19日
    議論する関係者 野生化ネコ管理へ計画作り

    「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の環境保全策について議論する関係者=19日午後、鹿児島県奄美市

    商品コード: 2017091900684

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年10月13日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2017年10月13日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター雅安碧峰峡基地のパンダの赤ちゃん。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2017(平成29)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100738

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月15日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    2月15日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍神樹坪基地で、エサを食べるパンダ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年2月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100700

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    25日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍神樹坪基地で、木の上でたたずむパンダ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建・改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国・15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学に基づいた野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100707

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年04月25日
    震災後に生まれ変わる「パンダの王国」

    25日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍神樹坪基地で、木の上でたたずむパンダ。中国四川省臥龍は、中国で最も重要なジャイアントパンダの生息地の一つであり、中国ジャイアントパンダ保護研究センターの所在地でもある。十年前の汶川大地震(四川大地震)で、震源地にほど近い四川省臥龍国家級自然保護区は甚大な被害を受け、同保護区内にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター元臥龍基地も大きな被害を受けた。あれから10年、科学に基づいた計画や各方面のたゆまぬ努力を経て、中国ジャイアントパンダ保護研究センターは「新たに生まれ変わった」。現在、同センターの管轄下にある臥龍、都江堰、雅安の基地3カ所の再建または改造作業は終了し、既に使用されている。2017年末時点で、中国ジャイアントパンダ保護研究センターが飼育するジャイアントパンダの個体群数は270頭に上り、世界の飼育総数の約60%を占めている。同時に、13カ国の15カ所の動物園と科学研究における提携関係を結び、最も重要なジャイアントパンダの国内外提携交流プラットフォームを構築した。人工飼育された8頭のジャイアントパンダが科学的な野生化訓練を経て相次いで野生(自然)に返され、そのうちの7頭が自然の中で暮らしている。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年4月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018050100712

  • 2018年07月24日
    保護飼育中の野生パンダが双子を出産四川省臥竜

    24日、中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥竜核桃坪野生化訓練基地で出産の兆しが現れた「草草」。中国ジャイアントパンダ保護研究センターは29日、同センターが保護、飼育している野生のパンダ「草草」が25日に四川省の臥竜核桃坪野生化訓練基地で双子を出産したと発表した。同センターが野生と人工飼育のパンダをペアリングさせるプロジェクトを始めてから、双子が誕生したのは初めて。(成都=新華社配信/李伝有)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100369

  • 2018年07月24日
    四川省都江堰市のパンダ、世界中から名前を公募

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁育研究基地都江堰繁育野生化研究センター「パンダ谷」の正門。中国四川省の中国ジャイアントパンダ保護研究センター都江堰基地で24日午前、昨年誕生した赤ちゃんパンダ4頭の名前の一般公募が始まった。この活動は同センターと都江堰市人民政府が共同で行うもので、世界中から名前を募集する。今回、名前を公募する赤ちゃんパンダ4頭はいずれも雄で、2017年に同センターのパンダ幼稚園の一員となった。4頭とも呼び名はあるがまだ正式な名前がなく、世界中のパンダファンに命名してもらえるのを心待ちにしている。パンダファンたちは「遇見都江堰」(都江堰で会いましょう)というWeChat(微信)の公式アカウントをフォローし、画面の下にある「都江堰大熊猫全球征名」(都江堰パンダ全世界名前公募)をタップすれば、名前が応募できる。主催者は世界中のネットユーザーから寄せられた名前の中から、意味や響きがいい20の名前を選んでネット投票を行い、最終的に得票率上位4つを「4頭の赤ちゃん」の名前として採用する。(成都=何勃撮影)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018072602184

  • 2018年07月25日
    保護飼育中の野生パンダが双子を出産四川省臥竜

    25日、臥竜核桃坪野生化訓練基地で誕生したばかりの雄の赤ちゃんパンダ。中国ジャイアントパンダ保護研究センターは29日、同センターが保護、飼育している野生のパンダ「草草」が25日に四川省の臥竜核桃坪野生化訓練基地で双子を出産したと発表した。同センターが野生と人工飼育のパンダをペアリングさせるプロジェクトを始めてから、双子が誕生したのは初めて。(成都=新華社配信/李伝有)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100370

  • 2018年07月25日
    保護飼育中の野生パンダが双子を出産四川省臥竜

    25日、臥竜核桃坪野生化訓練基地で誕生したばかりの赤ちゃんパンダ。中国ジャイアントパンダ保護研究センターは29日、同センターが保護、飼育している野生のパンダ「草草」が25日に四川省の臥竜核桃坪野生化訓練基地で双子を出産したと発表した。同センターが野生と人工飼育のパンダをペアリングさせるプロジェクトを始めてから、双子が誕生したのは初めて。(成都=新華社配信/李伝有)=2018(平成30)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100419

  • 2018年07月26日
    保護飼育中の野生パンダが双子を出産四川省臥竜

    26日、臥竜核桃坪野生化訓練基地で、誕生したばかりの赤ちゃんパンダにミルクを飲ませる飼育員。中国ジャイアントパンダ保護研究センターは29日、同センターが保護、飼育している野生のパンダ「草草」が25日に四川省の臥竜核桃坪野生化訓練基地で双子を出産したと発表した。同センターが野生と人工飼育のパンダをペアリングさせるプロジェクトを始めてから、双子が誕生したのは初めて。(成都=新華社配信/李伝有)=2018(平成30)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018073100378

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月10日
    ゴビズキンカモメの人工孵化に成功河北省楽亭県

    10日、人工孵化させたゴビズキンカモメに餌を与える楽亭県大清河野生鳥類保護救助ステーションの田志偉ステーション長。中国河北省唐山市楽亭県の大清河野生鳥類保護救助ステーションで人工孵化させた3匹のゴビズキンカモメは生育状況が良好で、現在、成長観測と野生化訓練が続けられており、近く大自然に帰される見通し。同ステーションの責任者、田志偉氏によると、今回人工孵化させたゴビズキンカモメの卵は、陝西省ゴビズキンカモメ保護区からやって来たもので、天津市の鳥類保護ボランティアが水に流された巣から発見し手当をしたという。ゴビズキンカモメは世界で絶滅の危機に瀕している渡り鳥で、中国の一級保護動物となっている。現在、地球上に1万2千羽が生息している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400369

  • 2018年08月10日
    ゴビズキンカモメの人工孵化に成功河北省楽亭県

    10日、人工孵化させたゴビズキンカモメに餌をやる楽亭県大清河野生鳥類保護救助ステーションの田志偉ステーション長。中国河北省唐山市楽亭県の大清河野生鳥類保護救助ステーションで人工孵化させた3匹のゴビズキンカモメは生育状況が良好で、現在、成長観測と野生化訓練が続けられており、近く大自然に帰される見通し。同ステーションの責任者、田志偉氏によると、今回人工孵化させたゴビズキンカモメの卵は、陝西省ゴビズキンカモメ保護区からやって来たもので、天津市の鳥類保護ボランティアが水に流された巣から発見し手当をしたという。ゴビズキンカモメは世界で絶滅の危機に瀕している渡り鳥で、中国の一級保護動物となっている。現在、地球上に1万2千羽が生息している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400410

  • 2018年08月10日
    ゴビズキンカモメの人工孵化に成功河北省楽亭県

    10日、楽亭県大清河野生鳥類保護救助ステーションで、餌を食べる人工孵化させたゴビズキンカモメ。中国河北省唐山市楽亭県の大清河野生鳥類保護救助ステーションで人工孵化させた3匹のゴビズキンカモメは生育状況が良好で、現在、成長観測と野生化訓練が続けられており、近く大自然に帰される見通し。同ステーションの責任者、田志偉氏によると、今回人工孵化させたゴビズキンカモメの卵は、陝西省ゴビズキンカモメ保護区からやって来たもので、天津市の鳥類保護ボランティアが水に流された巣から発見し手当をしたという。ゴビズキンカモメは世界で絶滅の危機に瀕している渡り鳥で、中国の一級保護動物となっている。現在、地球上に1万2千羽が生息している。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2018(平成30)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081400424

  • 2018年08月17日
    生態系保全へ官民ネコ対策

    奄美でのネコ野生化の流れ

    商品コード: 2018081704099

  • 2018年08月17日
    生態系保全へ官民ネコ対策

    奄美でのネコ野生化の流れ

    商品コード: 2018081704100

  • 2018年08月17日
    生態系保全へ官民ネコ対策

    奄美でのネコ野生化の流れ

    商品コード: 2018081704101

  • 2018年08月17日
    生態系保全へ官民ネコ対策

    奄美でのネコ野生化の流れ

    商品コード: 2018081704102

  • 2018年08月29日
    ジャイアントパンダの自然回帰への道四川臥龍

    中国ジャイアントパンダ保護研究センター核桃坪野生化訓練基地で、パンダの着ぐるみ姿で記念写真を撮る職員。(8月29日撮影)同センターは、子パンダが人間と見せかけの隔離をする方法を初めて創り出した。それにより、野生化訓練を受けるパンダが人間や人工飼育環境に頼らないよう努めている。9月になり、急に涼しさが感じられるようになった。中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥龍(が・りゅう)天台山野生化訓練場では、研究員が無線信号を頼りに木の上で休んでいる子パンダを探し出し、異常がないことを確認していた。ジャイアントパンダ野生化訓練プロジェクトの責任者、呉代福(ご・だいふく)氏は「現在山に暮らす子パンダは、センターの野生回帰プロジェクト第2期第7グループの一員で、すでに野生に帰る準備段階に入っており、数カ月後には大自然に帰ることになる」と語っている。中国国家林業・草原局保護司副司長、中国ジャイアントパンダ保護研究センター党委員会書記の張志忠(ちょう・しちゅう)氏は「センターでは2012年から2017年にかけて、野生に帰るための訓練を受けた子連れ母パンダ8頭を栗子坪保護区に放った。そのうち7頭は良好な状態で生存しているのが確認されている」と語った。(成都=新華社記者/薛玉斌)=2018(平成30)年8月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018092014859

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:15.62
    2018年11月25日
    「新華社」過去に絶滅の野生のモウコノウマ、60頭まで増加甘粛省敦煌市

    中国甘粛省敦煌市の西湖国家級自然保護区では、区域内で野生復帰させたモウコノウマ(蒙古野馬)の数が最初の28頭から60頭まで増えたことが分かった。繁殖は順調に続いているようだ。モウコノウマは現在、地球上で現存する唯一の野生馬で、中国新疆ウイグル自治区ジュンガル盆地の北塔山(ほくとうざん)や甘粛省と内モンゴル自治区の境界にある馬鬃山(ばそうざん)の一帯が原産地とされている。野生種は1960年代に一度絶滅し、1980年代末以降に欧州から里帰りした馬を新疆ウイグル自治区や甘粛省で繁殖させ、再度の野生化を試みている。甘粛省の蘭州から敦煌へ通じる河西回廊(かせいかいろう)の最西端に位置する敦煌西湖自然保護区は、乾燥・砂漠地帯にある典型的な内陸湿地で、砂漠生態系と野生動植物の保護区とされている。保護区内には16万ヘクタールにわたる天然の植生があり、モウコノウマの生息に適している。河西回廊はまた、新疆ウイグル自治区のジュンガル盆地と並ぶモウコノウマの中国での主な生息地とされ、甘粛省絶滅危惧動物保護研究センターや甘粛省安西極度乾燥荒漠国家級自然保護区、甘粛省敦煌西湖国家級自然保護区でその姿を見ることができる。(記者/多蕾、李笑)<映像内容>過去に絶滅の野生のモウコノウマの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112616050

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700593

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700393

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700398

  • 2019年05月22日
    鳥たちの楽園遼寧省遼河口国家級自然保護区

    22日、遼河口国家級自然保護区内にあるタンチョウ野生化基地で歩くタンチョウ。中国遼寧省盤錦(ばんきん)市にある遼河口国家級自然保護区は渤海遼東湾の北部に位置し、総面積は8万ヘクタール、タンチョウやズグロカモメなどの希少な水鳥と湿地生態系の保全を主な目的とする自然保護区となっている。初夏のこの時期、鳥たちと多彩な湿地環境が、美しい風景を生み出している。(盤錦=新華社記者/姚剣鋒)=2019(令和元)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700402

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地で飼育されているトキ。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901239

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地を見学する観光客。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901275

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日に撮影した浙江省湖州市徳清県にある下渚湖トキ繁殖基地の入り口。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901230

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地内で餌をついばむトキ。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901247

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地内を飛ぶトキ。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901346

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地で飼育されているトキ。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901246

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地でトキの標本を見学する観光客。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901244

  • 2019年07月04日
    トキの繁殖地を訪ねて浙江省徳清県

    4日、浙江省湖州市徳清県の下渚湖トキ繁殖基地に展示された資料。中国浙江省湖州市徳清県の下渚湖国家湿地公園には、数百羽のトキがいる。2008年に設立された園内のトキ繁殖基地は、浙江省杭州市の浙江大学(国家瀕危野生動植物種質基因保護センター)の技術指導を受け、陝西省から雄雌各5羽を受け入れて人工繁殖を始めた。同基地のトキは10年ほどで約300羽まで増えた。2014年からは、野生化訓練を受けた一部のトキの放鳥が行われている。トキはしばしば「日本を象徴する鳥」とされるが、日本のトキは野生ではすでに絶滅しており、現在生きているのは全て中国から寄贈されたトキの子孫だ。(湖州=新華社記者/宋為偉)=2019(令和元)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070901249

  • 02:15.70
    2019年07月29日
    「新華社」アムールトラの野生化訓練始まる横道河子繁殖センター

    中国黒竜江省の横道河子(おうどうかし)ネコ科動物飼育繁殖センターでは7月に入ってから、放し飼いエリアの東北虎(アムールトラ)の夏季野生化訓練を行っている。人工繁殖したアムールトラ個体群の体力増強や野生下での生存能力向上を図る。野生化訓練は週に2~3回行われ、スタッフは生きたニワトリやアヒルなどの家禽(かきん)を与えて野生下での生存環境を再現し、捕食・疾走能力を鍛えている。世界最大のアムールトラ人工飼育繁殖基地である同センターは、1986年に設立された。個体数は当時、わずか8頭だったが、現在では千頭以上にまで増え、ハルビン市と牡丹江市に設立された「東北虎林園」で暮らしている。(記者/何山、馬迪)<映像内容>アムールトラの野生化訓練の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072904590

  • 01:56.71
    2019年08月08日
    「新華社」扎竜国家級自然保護区、タンチョウ20羽を野生復帰黒竜江省

    中国黒竜江省にある扎竜(ジャロン)国家級自然保護区はこのほど、今年すでにタンチョウ20羽の野生復帰に成功したことを明らかにした。同自然保護区の面積は2100平方キロ。世界最大面積の野生タンチョウの生息・繁殖地であると同時に、世界最大規模のタンチョウの人工飼育と野生化訓練基地でもあることから、中国の「タンチョウのふるさと」と呼ばれる。同自然保護区ではこれまでに、300羽余りのタンチョウを野生復帰させてきた。タンチョウの野外での分布状況を把握するため、同保護区は全地球測位システム(GPS)での位置測定と足環装着によって追跡・観測を行っている。2012年の標識番号L002を付けたタンチョウは韓国の鉄原(チョルウォン)郡で、2017年の標識番号L077を付けたタンチョウは江蘇省塩城(えんじょう)市で観測されている。現在、野生のタンチョウは世界中に2400羽しかおらず、国際自然保護連盟(IUCN)により絶滅危惧種に指定されている。主に中国やロシア、日本、韓国、朝鮮などに分布している。(記者/何山、馬迪)<映像内容>扎竜国家級自然保護区のタンチョウの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019080800845

  • 2019年08月15日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練を受けるアジアゾウ。(8月15日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121109922

  • 2019年08月15日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、子どものゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」王波(おう・は)さん。(8月15日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121109811

  • 2019年08月16日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、ゾウの「格蘭」(ガラン)に野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」羅忠平(ら・ちゅうへい)さん(左)と鄒紹能(すう・しょうのう)さん。(8月16日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121109934

  • 2019年08月16日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、子どものゾウ「依嫩」(イネン)に野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」岩書(がん・しょ)さん。(8月16日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年8月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121110031

  • 2019年08月20日
    飼育中の野生パンダが雄の双子を出産四川省臥竜

    20日、生まれたばかりの赤ちゃんパンダと母パンダの「草草」。中国四川省臥竜国家級自然保護区にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥竜核桃坪野生化訓練基地は20日未明、飼育している元野生のパンダ「草草(ツァオツァオ)」が雄の双子を出産したと発表した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600375

  • 2019年08月21日
    飼育中の野生パンダが雄の双子を出産四川省臥竜

    21日、生まれたばかりの赤ちゃんパンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥竜核桃坪野生化訓練基地は20日未明、飼育している元野生のパンダ「草草(ツァオツァオ)」が雄の双子を出産したと発表した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600408

  • 2019年08月21日
    飼育中の野生パンダが雄の双子を出産四川省臥竜

    21日、生まれたばかりの赤ちゃんパンダの世話をする飼育員。中国四川省臥竜国家級自然保護区にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥竜核桃坪野生化訓練基地は20日未明、飼育している元野生のパンダ「草草(ツァオツァオ)」が雄の双子を出産したと発表した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600469

  • 2019年08月21日
    飼育中の野生パンダが雄の双子を出産四川省臥竜

    21日、生まれたばかりの赤ちゃんパンダ。中国四川省臥竜国家級自然保護区にある中国ジャイアントパンダ保護研究センター臥竜核桃坪野生化訓練基地は20日未明、飼育している元野生のパンダ「草草(ツァオツァオ)」が雄の双子を出産したと発表した。(成都=新華社配信)=2019(令和元)年8月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019082600380

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」保鴻(ほ・こう)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121109801

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、野生化訓練を受ける2頭のアジアゾウ。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121110224

  • 2019年11月12日
    保護されたゾウの野生復帰に尽くす「ゾウのお父さん」雲南省

    中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センター付近で、アジアゾウに野生化訓練を施す「ゾウのお父さん」羅順才(ら・じゅんさい)さん。(11月12日撮影)2008年11月に完成した中国雲南アジアゾウ種源繁殖・救助センターは、雲南省シーサンパンナの密林で保護を必要とする野生ゾウに「シェルター」を提供している。同センターには「ゾウのお父さん」と呼ばれるアジアゾウ専門のケアスタッフが30人余り所属しており、保護した野生ゾウの世話に当たっている。これまでに野生のアジアゾウ23頭の救助に携わってきた。アジアゾウのケアに従事しているゾウ専門医は「われわれの最終目標は、野生ゾウに世話と治療を施し自然に戻すことだ」と語る。「ゾウのお父さん」の世話により、ほとんどの野生ゾウが元気な姿で自然に戻った。(景洪=新華社記者/李芒茫)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121109797

  • 2019年11月12日
    生物多様性豊かな「動植物の王国」雲南省

    雲南省アジアゾウ繁殖救助センター近くで、野生化訓練を行うアジアゾウ。(2019年11月12日撮影)中国雲南省は、面積が中国全体の4・1%にすぎないが、国内の生物種の約半数が生息、生育していることから、「動植物の王国」や「種の遺伝子バンク」と呼ばれている。同省は中国初の生物多様性保護に関する地方性法的措置を制定、施行し、「中国西南野生生物種資源バンク」を設立。生態系の保全で大きな成果を上げている。現在、同省には各種自然保護区が166カ所あり、省内の典型的な生態系の約90%と、アジアゾウや雲南キンシコウなどの貴重種の85%をそれぞれ保護している。(昆明=新華社記者/楊宗友)=2019(令和元)年11月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020100500739

  • 1
  • 2
  • 3