KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • そば
  • ばとう
  • カエル
  • 中国
  • 人々
  • 太鼓
  • 平成
  • 時代
  • 田畑
  • 田舎

「金宝鎮」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で「蠐蟆灯」を掲げて田畑の間を歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107422

  • 03:01.27
    2019年02月18日
    「新華社」「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼(ドラ)や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。地元では正月の流行病を「蠐蟆病」と呼び、「蠐蟆病」を川に流す儀式が、今日の「蠐蟆節」として伝わっている。「蠐蟆節」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(記者/薛晨)<映像内容>中国の神秘的な祭り「蠐蟆節」の様子、撮影日:2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022108454

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で「蠐蟆灯」を掲げて歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107379

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107388

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で「蠐蟆灯」を掲げて歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107390

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107453

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107418

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、幸福を願う「蠐蟆灯」の巡回行事が終わった後、疫病を追い出す意味を込め「蠐蟆灯」を燃やす人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107452

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮の和祥社区(コミュニティー)で、妻と共に「蠐蟆灯」を作る65歳の李樹会(り・じゅかい)さん(右)。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107297

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107428

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107424

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107426

  • 2019年02月18日
    「蠐蟆灯」の明かりに幸せ祈る四川省南充市

    18日、四川省南充市嘉陵区金宝鎮で、明かりをともした「蠐蟆灯」を手に歩く人々。旧暦1月14日に当たる18日夜、数万の人々が四川省や重慶市から南充市嘉陵(かりょう)区金宝鎮に集まった。人々は疫病を象徴する「蠐蟆灯」(せいばとう、蠐蟆は四川方言でカエルの意)に明かりをともし、銅鑼や太鼓を鳴らし歌いながら数キロ離れた田畑や川のそばまで行き、蠐蟆灯を燃やして幸福や健康を祈った。星のように瞬く光が田舎の道を進むさまは壮観だ。「蠐蟆灯」は清の時代に始まり、時を経て四川省北東地域の神秘的な祭りとなった。(南充=新華社記者/江宏景)=2019(平成31)年2月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022107414

  • 1