KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昆虫
  • はく
  • 化石
  • 古生物学者
  • 標本
  • 歴史
  • 琥珀
  • 研究対象
  • 英国
  • 解明

「金属光沢」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Glass of Fortuny. Hispano-Moorish pottery with metallic sheen from Malaga, Spain. 14th century. The iron bracket was designed by

    Glass of Fortuny. Hispano-Moorish pottery with metallic sheen from Malaga, Spain. 14th century. The iron bracket was designed by the Spanish painter Mariano Fortuny. The State Hermitage Museum. Saint Petersburg. Russia.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2019101504108

  • -
    Fan Mount: The Ballet, 1879, Watercolor, India ink, silver, and gold on silk, 6 1/8 x 21 1/4 in.

    Fan Mount: The Ballet, 1879, Watercolor, India ink, silver, and gold on silk, 6 1/8 x 21 1/4 in. (15.6 x 54 cm), Drawings, Edgar Degas (French, Paris 18341917 Paris), Painted in monochrome on a black ground, this fan evokes the metallic luster of Japanese lacquers. The stage, to the left, is sprinkled with silver powder and painted with thin washes of tin, and the dancers are outlined in a gold-colored paint that is actually made from brass powder.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020031302850

  • 2017年02月10日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=2017(平成29)年2月10日、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602007

  • 2019年11月11日
    NTTのレーザービーム成形装置

    NTTは、回折光学素子(DOE)を用いた板状の装置で形状を整えたレーザービームを照射し、狭い場所や凹凸面のサビを簡単に除去する技術を開発した。従来品は高出力のレーザービームを左右に振って照射するため装置が大型だったが、同装置の活用により小型・軽量化できる。鉄塔やマンホール内部の通信設備など大型装置の搬入が困難だった場所での活用を目指す。DOEは、シリコンウエハー基板などの表面に微細な凹凸パターンを形成したもので、回折現象を利用することで光を分岐、整形できる。このDOEを用いた板状の装置にレーザービームを当てる。これによりドット(点)状だったビームの形状を線状へ変化させ、サビを均一に落とす。1回の照射で金属光沢を出せる。砂などの研磨剤を吹き付けてサビを取るサンドブラストでは作業技術が必要で作業員に応じて作業結果がまちまちになる。新技術を用いれば小型で軽量化された機器による簡単な操作でサビが落とせるようになり、新入社員や女性でも均質な仕上がりが可能。レーザーの出力を過剰に上げる必要もなくなり、より安全に作業できる。光通信用の部品開発技術を凹凸や狭い場所が多い通信装置の保守に応用しようと研究を続けてきた。通信設備のサビを除去し、鋼面を露出させるケレン加工での採用を見込む。レーザー照射した表面を分析し、塗装との相性の良い照射法も開発する。=2019(令和元)年11月11日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019112900777

  • 2020年01月28日
    東レの正面透過・斜め反射フィルム「ピカサスVT」

    東レは29日、正面からの光は透過し、斜めからの光は反射するポリエステルフィルム「ピカサスVT」を開発したと発表した。拡張現実(AR)や複合現実(MR)用途のヘッド・マウント・ディスプレー(HMD)やヘッドアップディスプレー(HUD)、のぞき見防止フィルムやディスプレー用集光フィルムなどでの展開を見込む。3年後の実用化を目指す。ピカサスはナノ積層技術を用いた金属光沢調フィルム。開発品は層の屈折率や厚さを工夫し、正面からの光は透過、斜めからの光は反射する機能を付与した。ARやMR用のHMDやHUDに使った場合、従来の透明ガラスや透明プラスチックと同様に風景の視認性は維持しつつ、投影情報をはっきり表示できる。=2020(令和2)年1月28日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020020703347

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:13.77
    2020年04月19日
    「新華社」ハルビン氷城税関、クワガタムシを押収

    中国黒竜江省ハルビン税関所属の氷城税関駐郵便局弁事処はこのほど、輸入郵便物の中から生きた昆虫7匹を発見、押収した。郵便物には成虫5匹、幼虫3匹(1匹は死亡)が含まれており、基本的な鑑定でコウチュウ目コガネムシ上科クワガタムシ科ホソアカクワガタ属の昆虫であることが確認された。ハルビン税関の管轄内でこの種の昆虫が押収されたのは初めて。押収された郵便物の申告書には「文房具・ギフト」と記入されており、虚偽の申告で税関の監督を逃れようとする意図が明らかだった。ホソアカクワガタは体が比較的大きく、奇抜な形をしており、金属光沢が強いことから愛好家に親しまれ、ペットとして飼育されている。中国の税関関連法規では、これらの生きた昆虫を郵送して輸入することが禁止されており、現在、法に基づき廃棄処理が進められている。(記者/劉赫垚)<映像内容>押収したクワガタムシ、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042803193

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602009

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602032

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602054

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602123

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602193

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602137

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602013

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602006

  • 2020年07月08日
    中英の古生物学者、1億年前の昆虫の色を解明

    今回の研究対象となった1億年前の昆虫の標本。(資料写真)中国科学院南京地質古生物研究所は6日、中国と英国の古生物学者が琥珀(こはく)の化石に入った1億年前の昆虫の色を解明したと発表した。これらの昆虫は強い金属光沢を持ち、緑や青、黄緑などの色を呈しており、太古生物の真の姿を知る上で重要な根拠をもたらした。(南京=新華社配信/中国科学院南京地質古生物研究所提供)=撮影日:撮影日不明、クレジット:中国科学院南京地質古生物研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020080602121

  • 2022年02月03日
    New ‘Leafhopper‘ Insect Discovered In Uganda

    February 3, 2022, Uganda: A British scientist has discovered a new species that belongs to a group of insects so rare that its closest relative was last seen in 1969..Dr Alvin Helden of Anglia Ruskin University (ARU) found the new species of leafhopper, which he has named Phlogis kibalensis, during field work with students in the rainforest of the Kibale National Park in western Uganda, and the discovery has been announced in the journal Zootaxa..The new species, which has a distinctive metallic sheen, pitted body, and, in common with most leafhoppers, uniquely-shaped male reproductive organs ââ¬â in this case partially leaf-shaped ââ¬â belongs to a group, or genus, called Phlogis. .Prior to this new discovery, the last recorded sighting of a leafhopper from this rare genus was in Central African Republic in 1969..Leafhoppers are closely related to cicadas but are much smaller, with the male of the newly discovered Phlogis kibalensis species just 6.5mm long. Leafhoppers feed mainly on plant sap, sucked ...

    商品コード: 2022020404948

  • 2022年02月03日
    New ‘Leafhopper‘ Insect Discovered In Uganda

    February 3, 2022, Uganda: A British scientist has discovered a new species that belongs to a group of insects so rare that its closest relative was last seen in 1969..Dr Alvin Helden of Anglia Ruskin University (ARU) found the new species of leafhopper, which he has named Phlogis kibalensis, during field work with students in the rainforest of the Kibale National Park in western Uganda, and the discovery has been announced in the journal Zootaxa..The new species, which has a distinctive metallic sheen, pitted body, and, in common with most leafhoppers, uniquely-shaped male reproductive organs ââ¬â in this case partially leaf-shaped ââ¬â belongs to a group, or genus, called Phlogis. .Prior to this new discovery, the last recorded sighting of a leafhopper from this rare genus was in Central African Republic in 1969..Leafhoppers are closely related to cicadas but are much smaller, with the male of the newly discovered Phlogis kibalensis species just 6.5mm long. Leafhoppers feed mainly on plant sap, sucked ...

    商品コード: 2022020404941

  • 2022年02月03日
    New ‘Leafhopper‘ Insect Discovered In Uganda

    February 3, 2022, Uganda: A British scientist has discovered a new species that belongs to a group of insects so rare that its closest relative was last seen in 1969..Dr Alvin Helden of Anglia Ruskin University (ARU) found the new species of leafhopper, which he has named Phlogis kibalensis, during field work with students in the rainforest of the Kibale National Park in western Uganda, and the discovery has been announced in the journal Zootaxa..The new species, which has a distinctive metallic sheen, pitted body, and, in common with most leafhoppers, uniquely-shaped male reproductive organs ââ¬â in this case partially leaf-shaped ââ¬â belongs to a group, or genus, called Phlogis. .Prior to this new discovery, the last recorded sighting of a leafhopper from this rare genus was in Central African Republic in 1969..Leafhoppers are closely related to cicadas but are much smaller, with the male of the newly discovered Phlogis kibalensis species just 6.5mm long. Leafhoppers feed mainly on plant sap, sucked ...

    商品コード: 2022020404847

  • 2022年02月03日
    New ‘Leafhopper‘ Insect Discovered In Uganda

    February 3, 2022, Uganda: A British scientist has discovered a new species that belongs to a group of insects so rare that its closest relative was last seen in 1969..Dr Alvin Helden of Anglia Ruskin University (ARU) found the new species of leafhopper, which he has named Phlogis kibalensis, during field work with students in the rainforest of the Kibale National Park in western Uganda, and the discovery has been announced in the journal Zootaxa..The new species, which has a distinctive metallic sheen, pitted body, and, in common with most leafhoppers, uniquely-shaped male reproductive organs ââ¬â in this case partially leaf-shaped ââ¬â belongs to a group, or genus, called Phlogis. .Prior to this new discovery, the last recorded sighting of a leafhopper from this rare genus was in Central African Republic in 1969..Leafhoppers are closely related to cicadas but are much smaller, with the male of the newly discovered Phlogis kibalensis species just 6.5mm long. Leafhoppers feed mainly on plant sap, sucked ...

    商品コード: 2022020404072

  • 1