KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • ムー
  • イネ
  • コミュニティー
  • ヘクター
  • 収益
  • 品種
  • 拡大
  • 発展

「金山鎮」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
18
( 1 18 件を表示)
  • 1
18
( 1 18 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市
    2021年04月17日
    廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    17日、「小西溝文化観光・康養小鎮」で、遠くに望む、生態系の修復が進む廃採石場。中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社記者/李紫薇)=配信日:2021(令和3)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042208169

  •  (4)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市
    2021年04月20日
    (4)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    17日、「小西溝文化観光・康養小鎮」の一角。中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042100055

  •  (1)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市
    2021年04月20日
    (1)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    ワラでできた育苗ポットに植えられた苗木。(2020年8月撮影)中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042100051

  •  (2)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市
    2021年04月20日
    (2)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    小西溝村で、山肌に植えられた苗木。(2021年4月撮影)中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042100052

  •  (4)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (4)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、収量測定現場で新品種「楚粳54号」の水分量を測るスタッフ。中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310376

  •  (6)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (6)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、金山鎮官窪社区で育った新品種「楚粳54号」。中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310375

  •  (5)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (5)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、新品種「楚粳54号」の生育状況を確認する専門家ら。中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310371

  •  (2)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (2)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、収量測定現場で行われた新品種「楚粳54号」の収穫作業。中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310361

  •  (3)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (3)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、収量測定現場で新品種「楚粳54号」の重量を測り、記録するスタッフ。中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310372

  •  (7)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (7)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、収量測定現場で稲刈りを終えた田んぼの面積を測るスタッフ。中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310373

  •  (1)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市
    2022年09月13日
    (1)新品種「楚粳54号」の収量調査を実施雲南省禄豊市

    8日、収量測定現場で行われた新品種「楚粳54号」の収穫作業。(小型無人機から)中国農業農村部の専門家チームはこのほど、雲南省楚雄イ族自治州禄豊(ろくほう)市金山鎮官窪社区(コミュニティー)でイネの新品種「楚粳54号」の収量調査を行った。測定の結果、同品種の1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は954・9キロだった。「楚粳54号」は同自治州農業科学院高原ジャポニカ米育種チームが選抜育種した。(禄豊=新華社記者/陳欣波)= 配信日: 2022(令和4)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091310344

  •  (8)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (8)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村で収穫したブッシュカン(仏手柑)を整理する農家の人。中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309577

  •  (1)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (1)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村にあるブッシュカン(仏手柑)栽培拠点。(小型無人機から)中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309626

  •  (10)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (10)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村にあるブッシュカン(仏手柑)栽培拠点。(小型無人機から)中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309582

  •  (4)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (4)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村にあるブッシュカン(仏手柑)栽培拠点で、収穫作業に精を出す農家の人。中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309574

  •  (2)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (2)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村で、収穫したブッシュカン(仏手柑)を運ぶ農家の人。中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309575

  •  (5)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (5)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村で、ヒャクブ(百部)の苗を整理する中医薬材料栽培企業、重慶聖草源中薬材種植の職員。中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309576

  •  (9)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区
    2022年11月03日
    (9)中医薬材料の栽培で農村振興を後押し重慶市大足区

    10月27日、大足区金山鎮天河村にあるブッシュカン(仏手柑)栽培拠点で、収穫作業に精を出す農家の人。中国重慶市大足区はここ数年、中医薬材料産業の発展に力を入れており、産業規模と収益が拡大を続けている。現在、中医薬材料の栽培面積は2万6千ムー(約1733ヘクタール)以上に達し、農民の所得向上と農村振興を力強く後押ししている。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2022(令和4)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022110309581

  • 1