KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 金翅鳥
  • 中国東北部
  • 令和
  • 公園
  • 動物
  • 日本
  • 漂鳥
  • 生き物
  • 留鳥
  • 花畑

「金翅」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
9
( 1 9 件を表示)
  • 1
9
( 1 9 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの茎に止まるカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103535

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの種をついばむカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103534

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの種をついばむカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103557

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの種をついばむカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103531

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの種をついばむカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103485

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの茎に止まるカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103520

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの茎に止まるカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103541

  • 2019年06月16日
    花と戯れるカワラヒワ遼寧省瀋陽市

    16日、ジャコウアザミの茎に止まるカワラヒワ。中国遼寧省瀋陽市の北陵公園で16日、カワラヒワ数羽が時折ジャコウアザミの花畑に飛来し、茎に止まって種をついばむ姿が見られた。カワラヒワは中国東北部や日本、朝鮮国内で留鳥や漂鳥として生息しており、中国では金翅(きんし)、緑雀(りょくじゃく)とも呼ばれている。(瀋陽=新華社配信/趙敬衛)=2019(令和元)年6月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103547

  • 00:54.23
    2020年05月20日
    「新華社」黄金の輝きを放つ伝説の水防神「金翅鳥」雲南省大理市

    中国の雲南省博物館に収蔵されている「大理国銀鎏金鑲珠金翅鳥(だいりこくぎんりゅうきんじょうじゅこんじちょう)」は1978年、同省大理ペー族自治州大理市の崇聖寺で発見された。金翅鳥は「迦楼羅(かるら、ガルーダ)」とも呼ばれる想像上の鳥で、仏法を守護する八神「天竜八部衆」の一つとされる。伝説では竜を食べ、水害を鎮めたとされ、同省で10~13世紀に栄えた大理国では、水防神としてあがめられた。タカのような首、冠状の羽、火炎のような尾を持ち、五つの水晶の玉が飾られた金翅鳥像は、空を飛んでいるかのように羽を広げている。(記者/龐峰偉)<映像内容>金翅鳥像の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052104407

  • 1