KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 丞相
  • 中原
  • 中心
  • 仏像
  • 侵攻
  • 同地
  • 君主
  • 地域
  • 大都市
  • 官吏

「金虎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月29日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園の一角。(2005年9月29日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2005(平成17)年9月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103537

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年09月08日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にそびえる曹操の像。(資料写真)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2007(平成19)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103524

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月13日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ碑廊。(2011年11月13日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103490

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年11月20日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園。(2011年11月20日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2011(平成23)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103502

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年05月25日
    三国志ゆかりの地、鄴城を訪ねて河北省臨漳県

    河北省邯鄲市臨漳県にある銅雀三台(銅雀台、金虎台、氷井台)遺跡公園にたたずむ石碑。(2013年5月25日撮影)中国古代の都市、鄴城(ぎょうじょう)は、現在の河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県にあり、一部は漳河を隔てた河南省安陽(あんよう)市にもまたがっていた。魏晋南北朝時代に中原(黄河の中下流域の平原地帯)地域で最も栄えた大都市の一つとされる。後漢の建安9年(西暦204年)、同地を侵攻して袁紹(えんしょう)の残存勢力を破り、冀州牧(きしゅうぼく)に任じられた曹操(そう・そう)は、鄴を本拠地として河北を治め、後に丞相(じょうしょう、君主を補佐した最高位の官吏)、魏公、魏王に封じられた。当時、後漢の名目上の都は許(現在の河南省許昌市東部)であったが、実際の政治の中心は鄴城だった。臨漳県は近年、文化・観光産業を積極的に育成し、鄴城博物館や臨漳仏造像博物館(仏像を専門に展示する全国初の博物館)および建安文学館といった文化プロジェクトを構築して、県域文化・観光産業の全体的な実力を向上させてきた。2018年に同県を訪れた観光客は、延べ369万人に達した。(臨漳=新華社配信)=2013(平成25)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062103488

  • 2022年02月03日
    (6)寅年に見る博物館所蔵の「老虎」甘粛省

    春秋時代初期の春秋金虎飾(甘粛省文物考古研究所蔵)。(資料写真)中国の伝統文化の中で、トラは四方を守護する神であり、家の安寧を守る神獣でもあった。トラの姿は古くから石器や玉器、青銅器、金銀器などの器物に描かれ、独特の風格を持つ虎文化が形成されてきた。古代シルクロードの要路であり、中国農耕文化の発祥地の一つでもある甘粛省にもトラにまつわる多くの文化財が残されている。省内各地の研究機関や博物館の所蔵品を通じて、中国の虎文化を見てみよう。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年2月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022020400001

  • 1