KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 人々
  • 歴史
  • 玉石
  • 釉薬
  • 魅力
  • スカイブルー
  • 宮廷
  • 平成
  • 建築面積

「鈞窯」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
19
( 1 19 件を表示)
  • 1
19
( 1 19 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2015年10月01日
    中原地方の魅力的な古鎮河南省

    神垕鎮の街角で売られている鈞磁。(2015年10月1日撮影)神垕(しんこう)鎮は河南省禹州(うしゅう)市の南西部にあり、この地で焼かれる鈞窯(きんよう)の磁器、鈞磁(きんじ)で名をはせた。唐代から中国北方陶磁器文化の中心地の一つだった歴史を持ち、現在でも清代末期以前の古い町並みが保存されており、伝統建築、地方の特色に富んだ民家や路地、廟宇(びょうう)、鈞窯遺跡などが数多く残されている。中国文明発祥地の中心地域とされる中原地域にある河南省は、歴史が古く文化も多元的で、それぞれに特色を持つ古鎮がいくつも形作られてきた。これらの古鎮には独特の建築スタイル、深く豊かな文化の蓄積、特有の民俗情緒がある。現在では古鎮の観光資源を科学的に開発することが、同省の観光産業を発展させ、新農村の建設を促進するための重要な課題となっている。(鄭州=新華社記者/李安)=2015(平成27)年10月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407042

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉蓮花式磁碗」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000155

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000250

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯青緑釉双系磁瓶」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000226

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000084

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉刻劃竜紋磁梅瓶標本」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000124

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000261

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000251

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の釉薬坑の遺跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000137

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000254

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の窯炉跡。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000140

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000090

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉磁碗」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000162

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示品「汝窯天青釉小口細頸磁瓶標本」。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000187

  • 2019年03月15日
    清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    15日、宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館の内部。汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力が間近で感じられる。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(鄭州=新華社記者/李安)=2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000085

  • 02:34.43
    2019年03月20日
    「新華社」清凉寺で汝窯青磁の「天青色」を堪能河南省宝豊県

    汝窯(じょよう)は官窯、哥窯(かよう)、定窯、鈞窯(きんよう)と並んで世に名高い中国・宋代(960~1279年)「五大名窯」の一つ。「天青色」(スカイブルー)と呼ばれる釉薬(ゆうやく)が汝窯の典型的な特徴であり、その色合いは玉石を思わせる。ではその「天青色」を尋ねて千年前の汝官窯遺跡をのぞいてみよう。中国河南省平頂山市宝豊県にある清涼寺汝官窯遺跡展示館は建築面積5160平方メートルで、主に汝窯遺跡の発掘調査の成果を展示公開しており、汝窯の魅力を間近で感じられる施設。汝官窯は北宋時代後期に宮廷に献上する磁器を焼成していた。その荘重な外形、透明感のある艶やかな釉や清雅な芸術スタイルは、古くから人々に称賛されてきた。河南省文物考古研究院は1987年から、宝豊県の清涼寺汝官窯遺跡で前後14回にわたる発掘調査を行い、献上品の汝窯青磁を焼成していた窯炉と工房跡20カ所余りを発見、汝窯青磁に対する人々の認識を広げた。(記者/尚崑崙、楊金鑫)<映像内容>清涼寺汝官窯遺跡展示館の展示、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032006226

  • 2019年11月06日
    天津博物館で「耀世奇珍」展国宝級文化財が多数展示

    6日、宋代の鈞窯(きんよう)玫瑰紫釉葵式三足洗(まいかいしゆうきしきさんそくせん)。中国天津博物館の常設展「耀世奇珍-館蔵文物精品陳列」は、2012年にスタートして以来、国宝級文化財の豊富さで注目を集めている。同館収蔵品から最も重要な百点近くを展示している。(天津=新華社記者/周潤健)=2019(令和元)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104040

  • 2021年01月05日
    (3)越冬の知恵をいにしえに学ぶ特別展が開幕天津市

    1日、古代中国の人々が冬に使用した三足炉(鈞窯青釉)。中国天津市の天津沈香(じんこう)芸術博物館で1日、特別展「継承・香り高い生活の美いま、むかし-冬至編」が開幕した。「古代の人々は冬をいかに過ごしたのか」をテーマに、かつて冬に使われた香に関するエピソードと沈香の基礎知識を組み合わせ、寒い冬を乗り切るために古代の人々が凝らした創意工夫と知恵について展示している。会期は3カ月、入場無料。同博物館は沈香をテーマとした中国初の文化博物館で、2010年に設立された。(天津=新華社記者/周潤健)= 配信日: 2021(令和3)年1月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010503051

  • 01:35.19
    2021年11月19日
    「新華社」千年の定窯磁器土と火が生む焼成技術

    中国宋代の五大名窯は定窯、汝窯(じょよう)、官窯、哥窯(かよう)、鈞窯(きんよう)とされる。うち、定窯は現在の河北省保定市曲陽県にあり、宋代には定州に属したことからその名が付いた。窯が開かれたのは唐代で、北宋時代に全盛期を迎えたが、元代の戦乱で衰退した。定窯磁器は胎質が堅くきめ細かく、釉薬は透明で、玉石のような滑らかさがある。主に白定(はくてい)と呼ばれる象牙色の白磁が中心となる。その伝統焼成技術は2008年6月、第2次国家級無形文化遺産リストに登録された。(記者/朱旭東) =配信日: 2021(令和3)年11月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111911535

  • 1