KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 医師
  • 声色
  • 患者
  • 数値
  • 様子
  • 発熱
  • 酸素飽和度
  • 院内
  • 電話
  • かかりつけ医

「鈴木央」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
3
( 1 3 件を表示)
  • 1
3
( 1 3 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年08月08日
    健康観察を続ける医師 東京五輪が閉幕

    休日の院内で新型コロナウイルスに感染した自宅療養者の健康観察を電話で行う鈴木内科医院(東京都大田区)の鈴木央院長(60)。同区内では6日時点で約1800人の感染者のうち、1500人ほどが自宅療養を続けていて、地域のかかりつけ医も健康観察の役割を担っている。発熱の有無や血中酸素飽和度の数値、電話越しの声色などから患者の様子を探り、励ましの声を掛ける。自宅療養中に容体が急変することに不安を抱く患者も多く、鈴木院長は「苦しくなったらいつでも連絡して」と患者に語り掛けていた=8日午前

    商品コード: 2021080807428

  • 2021年08月08日
    健康観察を続ける医師 東京五輪が閉幕

    休日の院内で新型コロナウイルスに感染した自宅療養者の健康観察を電話で行う、鈴木内科医院(東京都大田区)の鈴木央院長(60)。同区内では6日時点で約1800人の感染者のうち、1500人ほどが自宅療養を続けていて、地域のかかりつけ医も健康観察の役割を担っている。発熱の有無や血中酸素飽和度の数値、電話越しの声色などから患者の様子を探り、励ましの声を掛ける。自宅療養中に容体が急変することに不安を抱く患者も多く、鈴木院長は「苦しくなったらいつでも連絡して」と患者に語り掛けていた=8日午前

    商品コード: 2021080807429

  • 2021年08月25日
    健康観察続ける医師 「医療崩壊」へ危機感

    休日の院内で自宅療養者の健康観察を電話で行う、鈴木内科医院の鈴木央院長(60)。発熱の様子や血中酸素飽和度の数値、電話越しの声色などから患者の様子を探る=8日、東京都大田区

    商品コード: 2021082510950

  • 1