KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • しんじょう
  • 令和
  • 工程
  • 技術
  • 研磨
  • 設計
  • 配信
  • 鉄瓶
  • 鋳型
  • 作業場

「鉄貨」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
14
( 1 14 件を表示)
  • 1
14
( 1 14 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1955年05月11日
    紫雲丸衝突事件

    高松市の北西約4キロの濃霧の瀬戸内海で乗客781人を乗せた国鉄宇高連絡船「紫雲丸」と国鉄貨車航送船「第3宇高丸」(写真中央)が衝突した。紫雲丸は沈没し修学旅行の生徒ら168人が死亡した、写真は第3宇高丸と手前の白いのは紫雲丸の救命ボート=1955(昭和30)年5月11日

    商品コード: 2002122600075

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1955年12月06日
    紫雲丸沈没で死者168名(5月11日) 1955年十大ニュース(国内)4

    宇高連絡船の紫雲丸と国鉄貨車航送船第3宇高丸(左上)が衝突した現場。写真下方の海面で横長にうっすら白く見えるのが海底に横たわる紫雲丸の船体。中央右の白い2隻は紫雲丸の救命ボート=1955(昭和30)年5月11日、香川県高松市沖(資料38159)(1955年10大ニュース)

    商品コード: 2002082000128

  • 1964年03月27日
    国鉄貨物線で追突、4人死傷

    横浜市鶴見区大黒町の追突現場=1964(昭和39)年3月27日

    商品コード: 2011072000184

  • 2001年12月04日
    広島の新球場建設予定地 進まない広島の新球場建設

    広島球団の新球場建設予定地の旧国鉄貨物ヤード跡=2000年12月、広島市南区

    商品コード: 2001120400094

  • 2020年07月08日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    8日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、蝋型の修正作業をする従業員。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803446

  • 2020年07月09日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    9日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、弟子の司鵬(し・ほう)さんに鉄壺の磨き方を教える郭忠平(かく・ちゅうへい)さん(右)。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803442

  • 2020年07月09日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    9日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、鉄壺に着色する郭忠平(かく・ちゅうへい)さん。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803343

  • 2020年07月09日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    9日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、蝋型の仕上がりを確認する郭忠平(かく・ちゅうへい)さん。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803373

  • 2020年07月09日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    9日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、鉄壺を研ぎ磨く郭忠平(かく・ちゅうへい)さん。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803410

  • 2020年07月09日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    9日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、「型だし」をする従業員。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803289

  • 2020年07月10日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    10日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、弟子の司鵬(し・ほう)さんに「注湯」作業を指導する郭忠平(かく・ちゅうへい)さん(右)。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803364

  • 2020年07月10日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    10日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、研磨後の仕上がりを確認する郭忠平(かく・ちゅうへい)さん。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803445

  • 2020年07月10日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    10日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発で、完成品を見せる郭忠平(かく・ちゅうへい)さん。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803447

  • 2020年07月10日
    職人たちが頑なに守り続ける「晋城鉄壺」の伝統技法山西省

    10日、鉄製品の設計・制作を手掛ける沢州県晋韻堂老鉄貨開発の作業場で、弟子の司鵬(し・ほう)さんを指導する郭忠平(かく・ちゅうへい)さん(左)。中国山西省晋城(しんじょう)市沢州県には明代から清代にかけて、製鉄職人や鋳造職人が大勢住んでおり、「晋城鉄壺(鉄瓶)」の制作もこの頃から始まった。晋城鉄壺の制作過程は鋳型作り、注湯、型だし、研磨など数十の工程に分かれている。制作には時間も手間もかかるが、職人たちは今でも昔ながらの技法を頑なに守り続けている。(晋城=新華社配信/柴婷)=2020(令和2)年7月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072803435

  • 1