KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 旅客輸送
  • コミュニティー
  • スタッフ
  • ランキング
  • 中国鉄路
  • 感染対策
  • 支部書記
  • 江西省南昌駅

「鉄道職員」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
84
( 1 84 件を表示)
  • 1
84
( 1 84 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月13日
    (4)西部陸海新ルート寧夏班列が初運行

    11日、西部陸海新ルート寧夏班列の列車を見守る鉄道職員。中国西部の省・自治区・直轄市が東南アジア諸国と協力して打ち出した新たな陸海複合貿易ルート「西部陸海新ルート」の専用列車、寧夏班列の最初の列車が11日午前、寧夏回族自治区中衛市から南へ向けて出発した。列車には約600万元(1元=約17円)相当、約2500トンの貨物45組が積み込まれていた。同ルートは重慶市を中心に運営され、広西チワン族自治区や貴州省、甘粛省、青海省、新疆ウイグル自治区などを重要ハブとしている。貨物は鉄道や船舶、自動車などで運ばれ、広西チワン族自治区北部湾を経て世界各地に向かう。中国東部地域からの海上輸送に比べ、所要時間が大幅に短縮される。(中衛=新華社記者/呂沢)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    Pakistani News - February 9, 2021

    February 9, 2021, Pakistan: LAHORE, PAKISTAN, FEB 09: Railway employees are holding protest demonstration for .acceptance of their demands, at Railway Headquarters in Lahore on Tuesday, February 09, 2021. (Credit Image: © PPI via ZUMA Wire)、クレジット:©PPI via ZUMA Wire/共同通信イメージズ ※Pakistan Rights OUT

  • 2021年02月08日
    Winter weather - Saxony

    08 February 2021, Saxony, Leipzig: A railway employee tries to clear a switch. Heavy snowfalls have made Saxony hard on 08.02.2021. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    Winter weather - Saxony

    08 February 2021, Saxony, Leipzig: A railway employee tries to clear a switch. Heavy snowfalls have made Saxony hard on 08.02.2021. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    Winter weather - Saxony

    08 February 2021, Saxony, Leipzig: A railway employee walks along snow-covered trains on the grounds of Leipzig‘s main station. Heavy snowfalls have made Saxony hard on 08.02.2021. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月08日
    Winter weather - Saxony

    08 February 2021, Saxony, Leipzig: A railway employee walks past snow-covered trains on the grounds of Leipzig Central Station. Photo: Jan Woitas/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 00:33.00
    2021年01月19日
    「新華社」鉄道職員がトンネルのつらら除去山西省

    中国山西省の風坪嶺鉄道トンネルは呂梁山東麓に位置し、同省太原市と呂梁市興県を結ぶ太興鉄道が通っている。風坪嶺の豊富な地下水はトンネル内にも染み出ることがあり、冬には一夜にして長さ数十センチのつららができてしまうため、つらら除去が最も重要な業務となっている。太興鉄道太原工務区間の古東橋隧道監視所が管轄する30本余りのトンネルでは、結氷による潜在的な危険箇所が200余りに上っており、毎日厳重な検査と処置を実施している。2000年からこの仕事を始めた王偉(おう・い)さんは、同僚らと共に3800立方メートル余りのつららを除去し、列車の安全運行を確保している。(記者/宋育沢) =配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月26日
    (10)高速鉄道の「バス化」で成都と重慶間の1時間移動が実現

    24日、重慶市の沙坪壩駅で、成都市の成都東駅に向けて間もなく出発する高速列車「復興号」の前を通り過ぎる鉄道職員。高速列車「復興号」のG8607便とG8608便が24日午前9時15分、中国成都市の成都東駅と重慶市の沙坪壩(さへいは)駅をそれぞれ出発した。動車組(動力分散式列車)「CR400AF型復興号」が初めて成都・重慶地域に投入され営業運行を開始したことで、両都市間の高速鉄道を利用した移動時間は62分に短縮され、都市間高速鉄道のバス化(高密度運行)による1時間移動を実現した。中国の「八縦八横」高速鉄道網の重要な構成要素である成渝高速鉄道(成都‐重慶)は、地域二大都市経済圏の都市間鉄道ネットワークの主要路線で、全長は299.8キロメートル。同高速鉄道は現在、毎日往復87・5本の高速列車を運行しており、運営サービス面では商品、チケット購入、乗車、サービスのバス化を実現していくという。(重慶=新華社記者/唐奕)= 配信日: 2020(令和2)年12月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Local Train Service resumes in Kolkata, India - 11 Nov 2020

    November 11, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee wearing a facemask, sanitizes local train compartments at a carshed as local trains resume services in West Bengal after being closed for nearly 8 months due to Coronavirus Pandemic. (Credit Image: © Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Local Train Service resumes in Kolkata, India - 11 Nov 2020

    November 11, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee wearing a facemask, sanitizes local train compartments at a carshed as local trains resume services in West Bengal after being closed for nearly 8 months due to Coronavirus Pandemic. (Credit Image: © Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Local Train Service resumes in Kolkata, India - 11 Nov 2020

    November 11, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee wearing a facemask, sanitizes local train compartments at a carshed as local trains resume services in West Bengal after being closed for nearly 8 months due to Coronavirus Pandemic. (Credit Image: © Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Local Train Service resumes in Kolkata, India - 11 Nov 2020

    November 11, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee wearing a facemask, sanitizes local train compartments at a carshed as local trains resume services in West Bengal after being closed for nearly 8 months due to Coronavirus Pandemic. (Credit Image: © Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    Local Train Service resumes in Kolkata, India - 11 Nov 2020

    November 11, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee wearing a facemask, sanitizes local train compartments at a carshed as local trains resume services in West Bengal after being closed for nearly 8 months due to Coronavirus Pandemic. (Credit Image: © Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月11日
    COVID-19: RECOVERY: West Bengal Train Service Runs Again

    November 11, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee wearing a face mask, spray sanitizes train compartments of a train carriage at a station as local trains prepare to resume services in West Bengal. Train services were closed for nearly 8 months due to the Covid19 Coronavirus Pandemic. (Credit Image: © Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Sumit Sanyal/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    Castor transport arrived in Biblis

    04 November 2020, Hessen, Biblis: A railway employee walks along the tracks past one of the six Castor containers that arrived at Biblis station by special train. The transport of the highly radioactive waste was secured by a massive police force. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    Castor transport arrived in Biblis

    04 November 2020, Hessen, Biblis: A railway employee walks along the tracks past one of the six Castor containers that arrived at Biblis station by special train. The transport of the highly radioactive waste was secured by a massive police force. Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    India: Government wants to resume suburban train

    November 1, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee walking inside on a Railway‘s car shade on the outskirts in Kolkata. The West Bengal government wants Railways to resume suburban trains. This came after a large crowd of commuters at Howrah station tried to storm into a train meant for railways staff on Saturday evening. RPF lathi-charged to disperse them, injuring a few. The West Bengal government on Saturday wrote to the Eastern Railways to resume suburban trains with Covid-19 protocols in place. (Credit Image: © Sudipta Das/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sudipta Das/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    India: Government wants to resume suburban train

    November 1, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A railway employee working inside on a Railway‘s car shade on the outskirts in Kolkata. The West Bengal government wants Railways to resume suburban trains. This came after a large crowd of commuters at Howrah station tried to storm into a train meant for railways staff on Saturday evening. RPF lathi-charged to disperse them, injuring a few. The West Bengal government on Saturday wrote to the Eastern Railways to resume suburban trains with Covid-19 protocols in place. (Credit Image: © Sudipta Das/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sudipta Das/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    India: Government wants to resume suburban train

    November 1, 2020, Kolkata, West Bengal, India: A Railway employee walking inside on a Railway‘s car shade on the outskirts in Kolkata. The West Bengal government wants Railways to resume suburban trains. This came after a large crowd of commuters at Howrah station tried to storm into a train meant for railways staff on Saturday evening. RPF lathi-charged to disperse them, injuring a few. The West Bengal government on Saturday wrote to the Eastern Railways to resume suburban trains with Covid-19 protocols in place. (Credit Image: © Sudipta Das/Pacific Press via ZUMA Wire)、クレジット:©Sudipta Das/Pacific Press via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月16日
    中国とベトナムを結ぶ定期貨物列車、前年比83%増

    16日、貨物を点検する鉄道職員。中国とベトナムを結ぶ定期貨物列車「中越班列」24510号が16日、広西チワン族自治区にある中国鉄路南寧局集団の憑祥口岸(通関地)物流センターに無事到着した。これにより今年の「中越班列」の運行本数は112本に達し、前年同期比83・6%増となった。(南寧=新華社配信)=2020(令和2)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    Checks on the obligation to wear masks on the track

    18 August 2020, Saxony-Anhalt, Halle (Saale): Lutz Fuge and Silke Fenten from the Deutsche Bahn prevention team are reflected in a train window. The two railway employees check the wearing of mouth-nose covers by passengers on the train. The majority of passengers travel with mouth-nose protection. Passengers without a mask are asked by the railway team to wear the cover, unless a certificate is available. Photo: Hendrik Schmidt/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    Railway station ruin

    10 August 2020, Brandenburg, Wustermark/Ot Priort: The ruins of the railway station stand on the edge of the village next to the railway line of the western outer ring. The two-storey building was erected in 1906. On the upper floor there were two apartments for railway employees. The lower floor was reserved for the service with a waiting room, ticket office, lounge and work room for the station attendants. The house was burnt out in the night of 23 September 2006 after arson. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月10日
    Railway station ruin

    10 August 2020, Brandenburg, Wustermark/Ot Priort: The ruins of the railway station stand on the edge of the village next to the railway line of the western outer ring. The two-storey building was erected in 1906. On the upper floor there were two apartments for railway employees. The lower floor was reserved for the service with a waiting room, ticket office, lounge and work room for the station attendants. The house was burnt out in the night of 23 September 2006 after arson. Photo: Soeren Stache/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee cleans a local train in the maintenance plant. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee cleans a local train in the maintenance plant. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee disinfects a regional train (RB 33) on the platform during a turnaround cleaning. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: NRW Transport Minister Hendrik Wüst (CDU) talks to a railway employee (r) during the turnaround of a regional railway (RB 33). The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee disinfects a regional train (RB 33) on the platform during a turnaround cleaning. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee cleans a local train in the maintenance plant. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee disinfects a regional train (RB 33) on the platform during a turnaround cleaning. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee cleans a local train in the maintenance plant. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    Presentation of cleaning and hygiene measures

    08 June 2020, North Rhine-Westphalia, Essen: A railway employee cleans a local train in the maintenance plant. The railway shows cleaning and hygiene measures on its local trains during a press event. Photo: Roland Weihrauch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    Bahn shows hygiene measures

    03 June 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: Railway employees clean the railing at the main station with disinfectant. As buses and trains become fuller again with the corona loosening, the operators are stepping up their hygiene measures. Photo: Marcel Kusch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    Bahn shows hygiene measures

    03 June 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: Hendrik Wüst (l,CDU), transport minister of North Rhine-Westphalia, inspects the cleaning measures of a railway employee in a regional express. Because buses and trains are getting fuller again with the corona loosening, the operators are stepping up their hygiene measures. Photo: Marcel Kusch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    Bahn shows hygiene measures

    03 June 2020, North Rhine-Westphalia, Duesseldorf: A railway employee cleans a timetable board at the main station with disinfectant. As buses and trains become fuller again with the corona loosening, the operators are stepping up their hygiene measures. Photo: Marcel Kusch/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    Stations and trains in Corona times

    02 June 2020, Rhineland-Palatinate, Mainz: A railway employee disinfects handrails on a stair railing in Mainz main station. (to dpa “Wiping and spraying in piecework - stations and trains in Corona times“) Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    Stations and trains in Corona times

    02 June 2020, Rhineland-Palatinate, Mainz: A railway employee disinfects handrails on a stair railing in Mainz main station. (to dpa “Wiping and spraying in piecework - stations and trains in Corona times“) Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    Stations and trains in Corona times

    02 June 2020, Rhineland-Palatinate, Mainz: A railway employee cleans a platform at Mainz central station. (to dpa “Wiping and spraying in piecework - stations and trains in Corona times“) Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年06月02日
    Stations and trains in Corona times

    02 June 2020, Rhineland-Palatinate, Mainz: A railway employee disinfects the buttons in an elevator at Mainz central station. (to dpa “Wiping and spraying in piecework - stations and trains in Corona times“) Photo: Boris Roessler/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年05月31日
    India-COVID19 Lockdown

    May 31, 2020, Prayagraj, Uttar Pradesh, India: Prayagraj: Railway employee during a mock drill following interstate train services will resume from June 01, during the ongoing COVID-19 lockdown, in Prayagraj, Sunday, May 31, 2020. (Credit Image: © Prabhat Kumar Verma/ZUMA Wire)、クレジット:©Prabhat Kumar Verma/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:28.87
    2020年05月23日
    「新華社」新開発の車両洗浄装置10分で車両をピカピカに新疆

    中国新疆ウイグル自治区の鉄道職員が自主開発した車両洗浄装置がこのほど、ウルムチ車両基地の車庫に投入され、1日の運行を終えた列車の洗浄を自動で行っている。この装置の導入により、これまで20人余りが1時間以上をかけて行っていた作業が、わずか10分で終わるようになったという。(記者/符暁波、郭燕)<映像内容>新開発の車両洗浄装置の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月19日
    新開発の車両洗浄装置10分で車両をピカピカに新疆

    19日、車両洗浄装置による高速鉄道「復興号」の洗浄作業の様子。中国新疆ウイグル自治区の鉄道職員が自主開発した「全自動車両洗浄装置」がこのほど、ウルムチ車両基地の車庫に投入され、1日の運行を終えた列車の洗浄を自動で行っている。この装置の導入により、これまで20人余りが1時間以上をかけて行っていた作業が、わずか10分で終わるようになったという。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月19日
    新開発の車両洗浄装置10分で車両をピカピカに新疆

    19日、車両洗浄装置による高速鉄道「復興号」の洗浄作業の様子。中国新疆ウイグル自治区の鉄道職員が自主開発した「全自動車両洗浄装置」がこのほど、ウルムチ車両基地の車庫に投入され、1日の運行を終えた列車の洗浄を自動で行っている。この装置の導入により、これまで20人余りが1時間以上をかけて行っていた作業が、わずか10分で終わるようになったという。(ウルムチ=新華社配信)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    ロシアから入国する鉄道職員に核酸検査を実施黒竜江省綏芬河市

    16日、ロシアの鉄道職員から検体を採取する綏芬河税関の職員。中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)鉄道口岸(通関地)では現在、中国とロシアの鉄道職員だけが旅客検査ゲートから出入りしている。綏芬河税関ではこのところ、これらの鉄道職員に対する検疫・監督管理措置を強化し、新型コロナウイルスの核酸検査を実施している。同税関は12~16日、入国した鉄道職員計67人に検疫・監督管理を実施。入国したのは全てロシアの職員で、中国の職員はいなかった。(ハルビン=新華社配信/高運波)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月16日
    ロシアから入国する鉄道職員に核酸検査を実施黒竜江省綏芬河市

    16日、ロシアの鉄道職員を検体採取室に案内する綏芬河税関の職員。中国黒竜江省の綏芬河(すいふんが)鉄道口岸(通関地)では現在、中国とロシアの鉄道職員だけが旅客検査ゲートから出入りしている。綏芬河税関ではこのところ、これらの鉄道職員に対する検疫・監督管理措置を強化し、新型コロナウイルスの核酸検査を実施している。同税関は12〜16日、入国した鉄道職員計67人に検疫・監督管理を実施。入国したのは全てロシアの職員で、中国の職員はいなかった。(ハルビン=新華社配信/高運波)=2020(令和2)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月08日
    Train accident Munich North

    08 April 2020, Bavaria, Allach: Railway employees stand in front of two colliding locomotives. The collision of a train with a locomotive at the Munich North marshalling yard ended without incident on Wednesday. The two locomotive drivers were not seriously injured, and there were no passengers on board, a spokesperson for the Federal Police told the German Press Agency. A train without passengers had jumped off the track due to a cause not yet clarified and had collided with another locomotive in the process. After the accident in the afternoon, there had been no major operational consequences for the railway. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月08日
    Train accident Munich North

    08 April 2020, Bavaria, Allach: Railway employees stand in front of two colliding locomotives. The collision of a train with a locomotive at the Munich North marshalling yard ended without incident on Wednesday. The two locomotive drivers were not seriously injured, and there were no passengers on board, a spokesperson for the Federal Police told the German Press Agency. A train without passengers had jumped off the track due to a cause not yet clarified and had collided with another locomotive in the process. After the accident in the afternoon, there had been no major operational consequences for the railway. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年04月08日
    Train accident Munich North

    08 April 2020, Bavaria, Allach: Railway employees stand in front of two colliding locomotives. The collision of a train with a locomotive at the Munich North marshalling yard ended without incident on Wednesday. The two locomotive drivers were not seriously injured, and there were no passengers on board, a spokesperson for the Federal Police told the German Press Agency. A train without passengers had jumped off the track due to a cause not yet clarified and had collided with another locomotive in the process. After the accident in the afternoon, there had been no major operational consequences for the railway. Photo: Peter Kneffel/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、江西省南昌市西湖区で同僚と共に住民に薬を届け、訪問診察をする同市第六医院公共衛生科の医師、胡小玲(こ・しょうれい)さん(右)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、同僚と共に村の感染予防・抑制状況を見て回る江西省南昌市南昌県南新郷九聯村党支部の第1書記の応文偉(おう・ぶんい)氏(右)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    Coronavirus - Idar-Oberstein

    26 February 2020, Rhineland-Palatinate, Idar-Oberstein: Police officers and railway employees are standing at the station in front of a regional train to Saarbrücken. The federal police in Idar-Oberstein had stopped the train with about 70 passengers on suspicion of coronavirus. There had been an indication that a traveller might have been infected with the virus, a spokeswoman of the Rhineland-Palatinate Ministry of Health said. Photo: Foto Hosser/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、江西省南昌市西湖区の住民にアルコールなどの日用消毒品を届ける同市第六医院公共衛生科の医師、胡小玲さん(中)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、スマートフォンでそれぞれの歩数を見せる車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長(左上)、ボランティアの占鋒(せん・ほう)さん(右上)、訪問医師の胡小玲(こ・しょうれい)さん(左下)、村の党支部の第1書記の応文偉(おう・ぶんい)氏。(組み合わせ写真)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月26日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月26日、同僚と共に江西省南昌市西湖区の集合住宅の住民に薬を届ける同市第六医院公共衛生科の医師、胡小玲(こ・しょうれい)さん(左)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月25日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月25日、江西省南昌市の南昌西駅で親子を助ける駅総合サービスセンターのスタッフ、占鋒(せん・ほう)さん(右)。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月20日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    2月20日、村民のためにアヒルの卵と野菜の買い手に連絡する江西省南昌市南昌県南新郷九聯村党支部の第1書記の応文偉(おう・ぶんい)氏。中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月09日
    Storm low “Sabine“ - main station Stuttgart

    09 February 2020, Baden-Wuerttemberg, Stuttgart: A railway employee has passenger rights forms in her hand at the main station. Photo: Marijan Murat/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年02月08日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    8日、車琦さんの両親の家で、スマートフォンのビデオ通話を利用して車琦さん、李金紅さん夫妻と元宵節のだんらんを楽しむ両親と2人の子どもたち。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月08日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    8日、スマートフォンのビデオ通話を通じて家族と会話しながらもち米を団子にしたデザート「湯円(タンユェン)」を食べる車琦さん、李金紅さん夫妻。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅で駅構内に掲示された運休情報を更新する旅客輸送当直駅長の車琦さん。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅の改札口で乗車券を確認する旅客輸送担当の李金紅さん。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅で勤務前にマスクや手袋などを着用する旅客輸送担当の李金紅さん。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅で、決まった時間に体温測定を受ける車琦さん。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅の入り口で乗客の検温状況を確認する旅客輸送当直駅長の車琦さん。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    南昌駅で旅客に列車を待つよう誘導する同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長(左)。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    南昌駅を巡回検査する同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎に立ち向かう「伝説の勇者たち」江西省

    江西省南昌駅で旅客にマスクを着用するよう呼び掛ける同駅の車琦(しゃ・き)旅客輸送当直駅長。(2月7日撮影)中国では新型コロナウイルスによる肺炎の発生以降、多くの人が外出を控え、自宅で感染対策をしている。そんな中、最近の歩数計ランキングで上位に入っている人たちは、ボランティアや訪問医師、村の党支部書記、社区(コミュニティー)スタッフ、鉄道職員などかもしれない。1日3万歩以上歩く人もいれば、1日に何度も階段を昇り降りする人もいる。持ち場を守り、忙しく奔走し、基本的な社会秩序を維持しながら、人々の健康と安全を守っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅の改札口でトランシーバーを使って乗客の利用状況を報告する旅客輸送担当の李金紅さん。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月07日
    新型肺炎と闘う鉄道職員夫婦、ビデオ通話で家族だんらん

    7日、江西省南昌駅で同僚と共に全てのトランシーバーを消毒する車琦さん、李金紅さん夫妻。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後も、それぞれの担当部署で勤務を続ける人は少なくない。中国鉄路南昌局集団が管理する江西省南昌駅の旅客輸送班で共に働く車琦(しゃ・き)さんと李金紅(り・きんこう)さん夫妻も、すでに15日間自宅に帰っていない。新型肺炎対策が始まってから、2人の子どもを両親に預け、持ち場で手を携えて感染拡大と闘っている。(南昌=新華社記者/彭昭之)=2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月09日
    New Station for Frankfurt S-Bahn

    09 December 2019, Hessen, Frankfurt/Main: A railway employee stands for the photographers in front of an S-Bahn train during the ceremonial commissioning in the new S-Bahn station Gateway Gardens near Frankfurt Airport. The station connects the Frankfurt district of the same name, an industrial estate with large companies and hotels. From 15.12.2019, trains will stop at the new station as planned, with up to 19,000 passengers expected daily. Photo: Frank Rumpenhorst/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年11月28日
    Railway invests 35 million for Berlin-Rostock route

    28 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Waren (Müritz): A railway employee walks along tracks in the area of Waren station (Müritz). After a construction period of one and a half years, the railway has completed the renewal of the area including tracks and platforms. 35 million euros were invested here. With the closure of the bottleneck, the Berlin-Rostock route can now be travelled at 160 kilometers per hour in large parts, instead of the previous 120 kilometers per hour. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年11月28日
    Railway invests 35 million for Berlin-Rostock route

    28 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Waren (Müritz): A railway employee walks along tracks in the area of Waren station (Müritz). After a construction period of one and a half years, the railway has completed the renewal of the area including tracks and platforms. 35 million euros were invested here. With the closure of the bottleneck, the Berlin-Rostock route can now be travelled at 160 kilometers per hour in large parts, instead of the previous 120 kilometers per hour. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2019年11月28日
    35 million Deutsche Bahn investment in goods

    28 November 2019, Mecklenburg-Western Pomerania, Waren (Müritz): A railway employee walks along the renewed platforms in Waren (Müritz). After one and a half years of construction, Deutsche Bahn has now completed the renewal of the area, including the tracks and platforms, and 35 million euros have been invested. With the closure of the bottleneck, the Berlin-Rostock route can now be travelled in large parts at 160 kilometers per hour instead of the previous 120 kilometers per hour. Photo: Bernd Wüstneck/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 02:46.72
    2019年01月31日
    「新華社」鈍行列車の「貧困脱却定期市」陝西省

    春運(春節の帰省・Uターンラッシュ)期間中、記者は中国陝西省の漢中(かんちゅう)と陽平関(ようへいかん)を往復する8361号列車に設けられた「貧困脱却定期市」を訪ねた。列車の中は、あいさつを交わす声やニワトリの鳴き声、質問の声が入り混じり、たくさんの特徴的な農産物が並べられ、温かみのある年越しムードにあふれていた。8361号列車は、同省の秦嶺・大巴山の特別貧困地区を通過する。沿線上の地域は交通が不便で、農産物の販売ルートにも限りがある。西安鉄路局漢中区間は2018年末、列車の一両を「田舎の定期市」に改造し、沿線の貧困者が農産品や加工品を販売できるようにした。漢中地区に住む鉄道職員の通勤列車である8361号は、切符の最高価格も7元に設定されている。現地の人々は切符代を支払いさえすれば、列車の中に無料で売り場を設けられる。「貧困脱却定期市」の運用を始めて2カ月余り、このぬくもりあふれる鈍行列車は秦嶺・大巴山貧困地区の貧困者に多くの希望をもたらしている。(記者/孫正好)<映像内容>列車内の「貧困脱却定期市」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月04日
    「春節」帰省ラッシュの陰で活躍する「緑皮車」

    山岳地帯を走り抜ける「緑皮車」。江西省北部の贛皖(江西省と安徽省)山岳地帯で、今ではほとんど見かけることがなくなった緑色の塗装をした従来型普通列車、「緑皮車」が運行されている。江西省の景徳鎮を出発し、同じ江西省の営里駅まで51キロの区間を約1時間で走る。道路交通が不便な山岳地帯で、この「緑皮車」は沿線山岳地帯の鉄道作業員の仕事や生活に必要な物資を運びながら、皖贛鉄道の正常な運行を保障している。今年の春節(旧正月)の期間中、鉄道部門の各職種の職員たちは残業に追われ、「緑皮車」の「乗客」も明らかに増加する。冬の贛皖山岳地帯の寒さは身にしみるが、「緑皮車」は鉄道職員たちを乗せてそれぞれの職場に送迎し、春節の旅路を温めている。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月04日
    「春節」帰省ラッシュの陰で活躍する「緑皮車」

    沿線駅の当番担当者に野菜、肉類、春聯(春節に門や入り口の戸に張るめでたい対聯)を届ける「緑皮車」の乗務員。江西省北部の贛皖(江西省と安徽省)山岳地帯で、今ではほとんど見かけることがなくなった緑色の塗装をした従来型普通列車、「緑皮車」が運行されている。江西省の景徳鎮を出発し、同じ江西省の営里駅まで51キロの区間を約1時間で走る。道路交通が不便な山岳地帯で、この「緑皮車」は沿線山岳地帯の鉄道作業員の仕事や生活に必要な物資を運びながら、皖贛鉄道の正常な運行を保障している。今年の春節(旧正月)の期間中、鉄道部門の各職種の職員たちは残業に追われ、「緑皮車」の「乗客」も明らかに増加する。冬の贛皖山岳地帯の寒さは身にしみるが、「緑皮車」は鉄道職員たちを乗せてそれぞれの職場に送迎し、春節の旅路を温めている。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月04日
    「春節」帰省ラッシュの陰で活躍する「緑皮車」

    上饒車両区間の乗務員が「緑皮車」に「窓花」(窓に貼る縁起のいい切り紙)を貼り、間もなくやってくる春節の喜びの気持ちを添える。江西省北部の贛皖(江西省と安徽省)山岳地帯で、今ではほとんど見かけることがなくなった緑色の塗装をした従来型普通列車、「緑皮車」が運行されている。江西省の景徳鎮を出発し、同じ江西省の営里駅まで51キロの区間を約1時間で走る。道路交通が不便な山岳地帯で、この「緑皮車」は沿線山岳地帯の鉄道作業員の仕事や生活に必要な物資を運びながら、皖贛鉄道の正常な運行を保障している。今年の春節(旧正月)の期間中、鉄道部門の各職種の職員たちは残業に追われ、「緑皮車」の「乗客」も明らかに増加する。冬の贛皖山岳地帯の寒さは身にしみるが、「緑皮車」は鉄道職員たちを乗せてそれぞれの職場に送迎し、春節の旅路を温めている。(南昌=新華社記者/万象)=2018(平成30)年2月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月05日
    笑顔の子ども オーストリアに6500人

    5日、ドイツ南部ミュンヘンの駅に着き、鉄道職員の帽子をかぶって笑顔を見せる難民の子ども(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年06月24日
    仏北部の駅 年金改革で大規模スト

    24日、フランス北部の駅で、通勤客らにストライキを知らせるために待つ鉄道職員(ロイター=共同)

  • 2007年11月15日
    行進する鉄道職員 仏スト、15日も継続

    14日、パリで、ストライキに入り行進するフランスの鉄道職員ら(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年07月23日
    事故現場を歩く鉄道職員ら 特急列車転覆、36人死亡

    23日、トルコ北西部サカリヤ県の脱線事故現場で、転覆した特急の周囲を歩く鉄道職員や救助隊員(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年08月16日
    橋を撤去する鉄道職員ら エルベ川の水位過去最高に

    15日、オーストリアのシュベルトベルクで、洪水によって破壊された橋の撤去に取り掛かる鉄道職員ら(ロイター=共同)

  • -
    United States. Chicago. 19th century. Railroad employees strike. Camp of the Fedeeral troops in the vicinity of the Panhandle Ra

    United States. Chicago. 19th century. Railroad employees strike. Camp of the Fedeeral troops in the vicinity of the Panhandle Railroad Station. Engraving.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

  • -
    The determined smoker confronted by a railway official in the station waiting room.

    The determined smoker confronted by a railway official in the station waiting room. Anti-smoking Cartoon from ‘‘Punch‘‘, London, 1852.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

  • 1