KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • かけら
  • けんぺい
  • しゅう
  • とごう
  • 一種
  • 人気
  • 伝承
  • 伝統文化
  • 位置
  • 努力

「銀兎」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1
( 1 1 件を表示)
  • 1
1
( 1 1 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年10月29日
    天目茶碗「建盞」よみがえった千年の古磁器文化

    10月29日、宋代の金兎毫(とごう)建盞(左)と銀兎毫建盞のかけらを見せる建盞制作者の周建平(しゅう・けんぺい)さん。中国福建省南平市建陽区に位置する建窯(けんよう)は、宋代(960年~1279年)における八大名窯の一つ。建窯で作られた黒釉のかかった天目茶碗の一種、建盞(けんさん)は、古代の海上シルクロードを経由し海外で人気を集めていた。だが、建盞の焼成技術は一時期伝承されず失われてしまった。現地政府と陶磁器研究者の共同の努力により数十年前に復活させた建盞の焼成技術はここ数年、急速な発展を遂げた。建陽区で作られる建盞は現在、日本、韓国、米国などで販売され、年間16億5千万元(1元=約16円)の売り上げを誇っている。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018110209942

  • 1