KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • 会期
  • 歴史
  • セット
  • 後漢
  • 考古学
  • 資料
  • 構造
  • 青銅

「銅車」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
63
( 1 63 件を表示)
  • 1
63
( 1 63 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:48.67
    2018年12月15日
    「新華社」秦の始皇帝の兵馬俑展始まるニュージーランド国立博物館

    2019年の「中国・ニュージーランド観光年」を前に13日、ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で年をまたぐ「秦の始皇帝の兵馬俑:永遠の守衛」展が開幕した。呉璽(ご・じ)駐ニュージーランド中国大使は開幕式のあいさつで、秦の兵馬俑は世界の八大奇跡の一つに数えられ、中国の古代文明を代表するものであることを紹介、この展覧会は中国の古代文明とニュージーランドの観客の時空を超えた対話を実現し、「中国・ニュージーランド観光年」の最高の序章となると述べた。ニュージーランドのケルビン・デービス観光相は、文化交流の兵馬俑展は、ニュージーランドと中国の二国間貿易協力と同様に両国の交流を強化し、相互理解と相互信頼を深める効果的な方法だと表明した。また、この展覧会はより多くのニュージーランド人を引き付け、人々は中国についての理解を深めるだろうと語った。秦始皇帝陵博物院の張岩(ちょう・がん)副院長は、この展覧会は単なる文化財の展示ではなく、十分なスペースによって時間のつながりを示し、見学者に問題を提起して考えさせ、見学する中で答えを探させるという非常に高いレベルを備えたものだと強調した。今回展示される文化財には、中国陜西省文物局がコーディネートし20余りの博物館から選んだ、兵士俑8点と馬俑2点、銅車馬(どうしゃば)の複製品2点、西周から漢代の玉石や青銅器160点余りが含まれている。「秦の始皇帝の兵馬俑:永遠の守衛」展はニュージーランド国立博物館のニューアートホール初の海外テーマ展で、2019年4月22日まで開催される。同国ではこれまで、1986年と2003年に中国の兵馬俑を展示している。<映像内容>秦の始皇帝の兵馬俑展の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018121704863

  •  「新華社」メタノール燃料タクシー60台が運行開始陝西省西安市
    01:30.68
    2018年12月20日
    「新華社」メタノール燃料タクシー60台が運行開始陝西省西安市

    中国陝西省西安市で20日午前、新エネルギーのメタノール燃料を使用するタクシー60台が運行を開始した。これで山西省晋中市、陝西省宝鶏市、甘粛省蘭州市、上海市、貴州省貴陽市などに続き、中国にまた一つメタノール自動車が運行する都市が誕生した。運行開始現場では、発車の号令に従って第1陣となる60台のメタノール燃料タクシーが整然と発車し、正式な運行がスタートした。黄瑠璃色(やや赤みがかった黄色)の車体には鐘楼、城壁、大雁塔(だいがんとう)、銅車馬(どうしゃば)など、西安を特徴付ける要素の図案がプリントされ、西安特有の歴史・文化的意味を表している。取材によると、これらのメタノール燃料タクシーが使用するM100(メタノール100%)燃料はクリーン燃料で、従来のガソリンに比べて環境保護性や経済性に優れ、二酸化炭素の排出量も少ないという。メタノール自動車の普及は、冬季のタクシーへの燃料供給不足問題の緩和だけでなく、西安市の大気汚染軽減にとっても重要な意義がある。運行開始に先立ち、西安市は15カ所のメタノール燃料供給スタンドを建設した。うち7カ所は試験営業の条件が整っており、第1陣で投入されたメタノール燃料タクシーへの燃料補給を保障できる。西安市では今後1年以内に1千台のメタノール燃料タクシーが運行するよう推進し、45カ所のメタノール燃料供給スタンドを建設する計画。(記者/李華)<映像内容>メタノール燃料タクシー運行開始の様子、撮影日:2018(平成30)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018122520523

  •  「新華社」2千年前の「超高級車」復元された秦始皇帝陵の青銅の馬車
    01:45.92
    2019年03月19日
    「新華社」2千年前の「超高級車」復元された秦始皇帝陵の青銅の馬車

    中国陝西省西安市にある秦始皇帝陵博物院に陳列されている2組の青銅の馬と御者、馬車からなる「銅車馬」。かつて副葬品として秦の始皇帝と共に埋葬されていたもので、見事に復元され、再びその姿を現した。2組とも3500を超える部品で構成されており、馬車の車輪は実際に回転する。銅車馬の鋳造技術とその制作技術は、2200年以上前の当時、最先端のものだった。2台の馬車は「安車」と「立車」という。「安車」は座って乗る馬車で、道中横になるなど休息するために使われた。「立車」は立って乗るもので、車上に弩(ど、大弓)や盾が備え付けられ、視察や狩猟などに使われていた。主体は青銅で鋳造され、車体には彩色画が施され、大量の金銀飾りが付いている。2千年以上も地下に埋められていた銅車馬が完全な状態で保存されてきたのは、馬坑が盗掘を免れてきたためだ。また銅車馬の位置がまったく変わらず、構造もそのまま保たれていたことが、修復作業に有利に働いた。破損した3000以上のかけらをつなぎ合わせて元の形にするため、考古学、文化財修復、冶金(やきん)、溶接、材料工学の各分野の専門家が集まるチームが丸々8年の時間を費やし、1988年に2台の「超高級車」が元の姿を取り戻した。副葬品である銅車馬は、実際の半分の大きさしかないが、2200年以上前の職人による素晴らしい技法により華麗で堂々たる風格を伝え、悠久の時を超えて見る人を驚嘆させている。(記者/梁愛平)<映像内容>秦の始皇帝と共に埋葬されていた2千年前の「銅車馬」、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019032000309

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の2号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200818

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の2号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200820

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の2号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200787

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の2号銅車馬の馬(複製品)。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200815

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200802

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200793

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200807

  •  秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市
    2019年12月05日
    秦始皇帝陵の銅車馬陝西省西安市

    5日に撮影した秦始皇帝陵の1号銅車馬。中国陝西省西安市の秦始皇帝陵博物院が所蔵する秦始皇帝陵1号銅車馬と2号銅車馬は、二つの車輪と1本の轅(ながえ)を持つ古代の馬車で、実物の約半分の大きさで作られている。銅車馬は青銅製で鋳造や象嵌(ぞうがん)、溶接、鉤(かぎ)や蝶番による連結など、多くの技法が使われている。中国でこれまで出土した中で最も大きく、構造が最も複雑で、馬と馬車が最も完全な状態で残っている古代の馬車で、「青銅の冠」と称されている。銅車馬は全体に彩色が施され、雲紋や幾何学紋、夔竜紋(きりゅうもん)などが、赤や緑、紫、青などの豊かな色で鮮やかに描かれており、秦の皇室の豊かさと華麗さを生き生きと伝えている。(西安=新華社記者/李一博)=2019(令和元)年12月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019121200801

  •  中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展
    2020年05月17日
    中国古代の歴史伝える文化財が一堂に南京博物院で特別展

    17日、南京博物院特展館に展示された漢代の「銅車馬(どうしゃば)」。中国江蘇省の南京博物院特展館で18日から、同博物院が企画した特別展「融・合:春秋から秦・漢時代へ-中国伝統文化の多様性と包摂性」が開かれている。中国伝統文化の確立の歴史をテーマにした同展は、河北博物院、河南博物院、陝西歴史博物館などの9機関から文化財250点(組)を展示している。会期は8月17日まで。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020052601905

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した銅車馬部品と銅製の蓋弓帽。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704453

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶器。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704475

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶俑。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704633

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した銅製の帯鈎(たいこう、帯金具)、瑠璃製の耳飾り、銅製のかんざし、銀製の指輪。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704488

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製鼎。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704551

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製の厠のミニチュア。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704676

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土したブタとイヌをかたどった陶器。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704618

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製の垂腹甕(かめ)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704751

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した銭紋磚(銭貨の模様が彫られたレンガ)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704916

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した銅製の泡釘(丸頭飾りくぎ)、立鳥形鈕(とりがたちゅう)、熊足、獣面銜環輔首(がんかんほしゅ、冠状の引き手)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704561

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製のかまど。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704571

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製の杓子(しゃくし)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704695

  •  漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省
    2020年11月22日
    漢代の大連地区を知る「営城子漢墓群出土文物展」遼寧省

    営城子漢墓群から出土した陶製の博山炉(中国戦国時代に始り、漢、六朝、唐代まで用いられた香炉)、燭台、盉(か、酒器の一種)。(11月22日撮影)中国遼寧省瀋陽市の新楽遺跡博物館で展覧会「漢風古韵-営城子漢墓群出土文物展」が約半年間にわたって開催されている。営城子漢墓群から出土した陶器や花紋磚(模様が彫られたレンガ)、銅車馬部品、ガラス装飾品など97点(セット)が美しい写真資料とともに展示され、両漢(前漢と後漢)時代の大連地区の政治、経済、文化の発展の特徴や、同時代の大連と周辺地域との緊密な結びつきが明らかにされている。会期は13日まで。(瀋陽=新華社配信/崔凱)=2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120704912

  •  山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる
    2020年12月11日
    山西省で周代の上級貴族の墓群見つかる

    北白鵝墓地から出土した銅車。(資料写真)中国山西省考古研究院は9日、同省運城市垣曲(えんきょく)県の北白鵝(ほくはくが)墓地で周代の上級貴族の墓群を発見したと明らかにした。これまで9基を発掘し、各種遺物500点(組)余りが出土した。うち50点(組)近くは銘文のある青銅器だという。発掘調査は同研究院が4月~12月にかけ、運城市文化財ワークステーションや垣曲県文物・観光局と共同で実施。1200平方メートルを発掘し、墓9基と灰坑17カ所が出土した。(太原=新華社記者/王学濤)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020121403077

  •  (4)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市
    2021年05月14日
    (4)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市

    12日、秦始皇帝陵銅車馬博物館で、移設された2号銅車馬の組み立て状況を点検する文化財保護スタッフ。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館で12日、「青銅の冠」の誉れの高い秦始皇帝陵の2号銅車馬が移設を終えた。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406489

  •  (3)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市
    2021年05月14日
    (3)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市

    12日、移送のため2号銅車馬をトラックに積み込む文化財保護スタッフ。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館で12日、「青銅の冠」の誉れの高い秦始皇帝陵の2号銅車馬が移設を終えた。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406476

  •  (2)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市
    2021年05月14日
    (2)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市

    12日、秦始皇帝陵銅車馬博物館で、移設された2号銅車馬の組み立て状況を点検する文化財保護スタッフ。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館で12日、「青銅の冠」の誉れの高い秦始皇帝陵の2号銅車馬が移設を終えた。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406473

  •  (1)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市
    2021年05月14日
    (1)秦始皇帝陵の銅車馬、新設博物館に「引っ越し」陝西省西安市

    12日、秦始皇帝陵銅車馬博物館に移設された2号銅車馬(部分)。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館で12日、「青銅の冠」の誉れの高い秦始皇帝陵の2号銅車馬が移設を終えた。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051406471

  •  (5)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (5)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、秦始皇帝陵銅車馬博物館の銅車馬(部分)。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102583

  •  (7)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (7)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、秦始皇帝陵銅車馬博物館に展示されている文化財。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102603

  •  (1)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (1)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、秦始皇帝陵銅車馬博物館の銅車馬。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102840

  •  (6)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (6)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、銅車馬の車体に残る彩色画。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102581

  •  (2)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (2)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、秦始皇帝陵銅車馬博物館の銅車馬。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102811

  •  (3)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (3)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、秦始皇帝陵銅車馬博物館の銅車馬。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102806

  •  (4)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市
    2021年09月30日
    (4)秦始皇帝陵の銅車馬、「新居」を一般公開陝西省西安市

    27日、秦始皇帝陵銅車馬博物館の銅車馬(部分)。中国陝西省西安市で新たに建設された秦始皇帝陵銅車馬博物館が28日、一般公開された。1980年に秦始皇帝陵で出土した銅車馬は、巨大で複雑な構造を持ち、彩色の装飾画と文様が精巧に描かれている。出土当時は破損が深刻で、ほとんどの車馬が埋め土で押しつぶされて砕け、さびついていた。文化財修復スタッフが8年がかりで、3千個余りの破片から2組の銅車馬を現在の姿に復元した。(西安=新華社記者/楊一苗)= 配信日: 2021(令和3)年9月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100102582

  •  (3)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    2021年10月02日
    (3)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    9月27日、特別展で展示された彩色銅車馬(複製品)の一部。中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(南昌=新華社配信/王暁霞)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100212498

  •  (6)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    2021年10月02日
    (6)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    9月27日、特別展で展示された、秦始皇帝陵から出土した夔文(きもん)瓦当(がとう、筒瓦の先端部分)。中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(南昌=新華社配信/王暁霞)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100213063

  •  (5)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    2021年10月02日
    (5)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    9月27日、特別展で彩色銅車馬(複製品)の部品を見学する来場者。銅車馬1台当たりの部品の総数は3千点、うち金・銀製の部品の総重量は14キロに上る。中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(南昌=新華社記者/袁慧晶)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100302142

  •  「新華社」江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    00:59.52
    2021年10月02日
    「新華社」江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(記者/袁慧晶) =配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100302283

  •  (1)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    2021年10月02日
    (1)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    9月27日、特別展で展示された兵馬俑。中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(南昌=新華社配信/王暁霞)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100212101

  •  (2)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    2021年10月02日
    (2)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    9月27日、特別展で展示された彩色銅車馬(複製品)。中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(南昌=新華社配信/王暁霞)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100302151

  •  (4)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕
    2021年10月02日
    (4)江西省南昌市で兵馬俑の特別展が開幕

    9月27日、特別展で展示された跽坐俑(きざよう)。中国江西省南昌市の南昌漢代海昏侯国遺跡博物館で9月29日、特別展「大秦雄風-秦始皇帝兵馬俑展」が始まった。秦始皇帝陵から出土した兵馬俑や彩色銅車馬(複製品)、秦の貨幣「半両銭」など69点(セット)が展示されている。会期は3カ月。(南昌=新華社配信/王暁霞)= 配信日: 2021(令和3)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021100302212

  •  (9)衢州市で省内最高位の西周墓群を発見姑蔑王陵か浙江省
    2021年11月16日
    (9)衢州市で省内最高位の西周墓群を発見姑蔑王陵か浙江省

    10日、廟山尖土墩墓から出土した青銅車馬器。中国浙江省の中西部では、商(殷)周時代に「姑蔑(こべつ)」と呼ばれる部族が盛んに活動していた。ただ、古史には彼らに関する体系的な記録は残されていない。同省の考古学者らは4年の歳月をかけ、省西部の衢州(くしゅう)市衢江区で、西周時代の高位者の墓群を発見した。格式は省内で発見された同時期の墓の中でも最高位に属しており、専門家は姑蔑国王陵の可能性が極めて高いと指摘する。(杭州=新華社記者/馮源)= 配信日: 2021(令和3)年11月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021111609781

  •  (18)商~漢代の古墓千基余りを発見四川省塩源県
    2022年06月20日
    (18)商~漢代の古墓千基余りを発見四川省塩源県

    老竜頭遺跡から出土した戦国~前漢時代の銅車馬模型。(資料写真)中国四川省涼山イ族自治州塩源県の老竜頭遺跡で、商(殷)後期から前漢初期の古墓1100基余りが見つかり、各種遺物5千点以上が出土した。同県で18日に開かれた「塩源青銅文化と各民族の往来・交流・融合シンポジウム」で明らかにされた。(塩源=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2022(令和4)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062011350

  •  (17)商~漢代の古墓千基余りを発見四川省塩源県
    2022年06月20日
    (17)商~漢代の古墓千基余りを発見四川省塩源県

    18日、老竜頭遺跡から出土した戦国~前漢時代の銅車馬模型と銅人像。中国四川省涼山イ族自治州塩源県の老竜頭遺跡で、商(殷)後期から前漢初期の古墓1100基余りが見つかり、各種遺物5千点以上が出土した。同県で18日に開かれた「塩源青銅文化と各民族の往来・交流・融合シンポジウム」で明らかにされた。(塩源=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2022(令和4)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022062011394

  •  (32)シルクロードの文化財展が閉幕広東省広州市
    2022年06月30日
    (32)シルクロードの文化財展が閉幕広東省広州市

    5日、展覧会で展示された甘粛省博物館所蔵の甘粛省武威市の雷台漢墓から出土した銅車馬出行儀仗俑。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から開催されていた「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が26日、閉幕した。同省初公開のものを多数含む、両地域の貴重な文化財500点余りが来場者を魅了した。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年6月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022063006166

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年07月01日
    (3)シルクロード文化財展に後漢最大規模の儀仗俑広東省博物館

    5日、広東省博物館で展示された「銅車馬出行儀仗俑」の一部。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から、「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が開催されている。合同展には、1969年に甘粛省武威市の雷台漢墓から出土し、現在は同省博物館が所蔵する後漢時代の「銅車馬出行儀仗俑(ぎじょうよう)」の一部も出展された。同遺物は、銅製の馬38頭、牛1頭、斧車(ふしゃ)1台、軺車(しょうしゃ)4台、輦車(れんしゃ)3台、小車2台、大車3台、牛車1台、矛や戟(げき)を持った兵士俑17体と奴婢俑28体からなり、これまでに発見された後漢儀仗俑の中で最大規模となっている。会期は8月28日まで。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070201877

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年07月01日
    (5)シルクロード文化財展に後漢最大規模の儀仗俑広東省博物館

    5日、広東省博物館で展示された「銅車馬出行儀仗俑」の一部。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から、「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が開催されている。合同展には、1969年に甘粛省武威市の雷台漢墓から出土し、現在は同省博物館が所蔵する後漢時代の「銅車馬出行儀仗俑(ぎじょうよう)」の一部も出展された。同遺物は、銅製の馬38頭、牛1頭、斧車(ふしゃ)1台、軺車(しょうしゃ)4台、輦車(れんしゃ)3台、小車2台、大車3台、牛車1台、矛や戟(げき)を持った兵士俑17体と奴婢俑28体からなり、これまでに発見された後漢儀仗俑の中で最大規模となっている。会期は8月28日まで。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070201901

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年07月01日
    (6)シルクロード文化財展に後漢最大規模の儀仗俑広東省博物館

    5日、広東省博物館で展示された「銅車馬出行儀仗俑」の一部。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から、「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が開催されている。合同展には、1969年に甘粛省武威市の雷台漢墓から出土し、現在は同省博物館が所蔵する後漢時代の「銅車馬出行儀仗俑(ぎじょうよう)」の一部も出展された。同遺物は、銅製の馬38頭、牛1頭、斧車(ふしゃ)1台、軺車(しょうしゃ)4台、輦車(れんしゃ)3台、小車2台、大車3台、牛車1台、矛や戟(げき)を持った兵士俑17体と奴婢俑28体からなり、これまでに発見された後漢儀仗俑の中で最大規模となっている。会期は8月28日まで。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070201886

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年07月01日
    (2)シルクロード文化財展に後漢最大規模の儀仗俑広東省博物館

    5日、広東省博物館で展示された「銅車馬出行儀仗俑」の一部。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から、「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が開催されている。合同展には、1969年に甘粛省武威市の雷台漢墓から出土し、現在は同省博物館が所蔵する後漢時代の「銅車馬出行儀仗俑(ぎじょうよう)」の一部も出展された。同遺物は、銅製の馬38頭、牛1頭、斧車(ふしゃ)1台、軺車(しょうしゃ)4台、輦車(れんしゃ)3台、小車2台、大車3台、牛車1台、矛や戟(げき)を持った兵士俑17体と奴婢俑28体からなり、これまでに発見された後漢儀仗俑の中で最大規模となっている。会期は8月28日まで。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070201875

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年07月01日
    (4)シルクロード文化財展に後漢最大規模の儀仗俑広東省博物館

    5日、広東省博物館で展示された「銅車馬出行儀仗俑」の一部。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から、「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が開催されている。合同展には、1969年に甘粛省武威市の雷台漢墓から出土し、現在は同省博物館が所蔵する後漢時代の「銅車馬出行儀仗俑(ぎじょうよう)」の一部も出展された。同遺物は、銅製の馬38頭、牛1頭、斧車(ふしゃ)1台、軺車(しょうしゃ)4台、輦車(れんしゃ)3台、小車2台、大車3台、牛車1台、矛や戟(げき)を持った兵士俑17体と奴婢俑28体からなり、これまでに発見された後漢儀仗俑の中で最大規模となっている。会期は8月28日まで。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070201884

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年07月01日
    (1)シルクロード文化財展に後漢最大規模の儀仗俑広東省博物館

    5日、広東省博物館で展示された「銅車馬出行儀仗俑」の一部。中国広東省広州市の広東省博物館で3月24日から、「シルクロードの輝き広東・甘粛文物精選合同展」が開催されている。合同展には、1969年に甘粛省武威市の雷台漢墓から出土し、現在は同省博物館が所蔵する後漢時代の「銅車馬出行儀仗俑(ぎじょうよう)」の一部も出展された。同遺物は、銅製の馬38頭、牛1頭、斧車(ふしゃ)1台、軺車(しょうしゃ)4台、輦車(れんしゃ)3台、小車2台、大車3台、牛車1台、矛や戟(げき)を持った兵士俑17体と奴婢俑28体からなり、これまでに発見された後漢儀仗俑の中で最大規模となっている。会期は8月28日まで。(広州=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022070201899

  •  (10)上海で陝西省の文化財を集めた特別展兵馬俑など150点余り展示
    2022年07月18日
    (10)上海で陝西省の文化財を集めた特別展兵馬俑など150点余り展示

    15日、特別展で展示された銅車馬の複製品。中国上海市の奉賢博物館で15日、陝西省の秦始皇帝陵などから出土した文化財の特別展「与天無極-周秦漢唐文物精華展」が始まった。同省の複数の文化機関や博物館が所蔵する貴重な文化財150点余りを展示し、中でも秦始皇帝陵博物院が所蔵する兵馬俑などが注目を集めている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071904439

  •  (8)上海で陝西省の文化財を集めた特別展兵馬俑など150点余り展示
    2022年07月18日
    (8)上海で陝西省の文化財を集めた特別展兵馬俑など150点余り展示

    15日、特別展で展示された銅車馬の複製品。中国上海市の奉賢博物館で15日、陝西省の秦始皇帝陵などから出土した文化財の特別展「与天無極-周秦漢唐文物精華展」が始まった。同省の複数の文化機関や博物館が所蔵する貴重な文化財150点余りを展示し、中でも秦始皇帝陵博物院が所蔵する兵馬俑などが注目を集めている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2022(令和4)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022071904491

  •  (9)「中国秦漢文明の遺産」展、スペインで開催
    2023年03月31日
    (9)「中国秦漢文明の遺産」展、スペインで開催

    28日、視覚障害者向けの銅車馬の模型に触れる来場者。スペインのアリカンテ県立考古学博物館で28日、「中国秦漢文明の遺産」展が開幕した。陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館(陝西省文物交流センター)が運営、秦始皇帝陵博物院が協力した同展は、中国・スペイン文化観光年の一環として実施される。(マドリード=新華社記者/孟鼎博)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033107308

  •  (11)「中国秦漢文明の遺産」展、スペインで開催
    2023年03月31日
    (11)「中国秦漢文明の遺産」展、スペインで開催

    28日、銅車馬の複製品を見る来場者。スペインのアリカンテ県立考古学博物館で28日、「中国秦漢文明の遺産」展が開幕した。陝西省文物局が主催し、陝西歴史博物館(陝西省文物交流センター)が運営、秦始皇帝陵博物院が協力した同展は、中国・スペイン文化観光年の一環として実施される。(マドリード=新華社記者/孟鼎博)= 配信日: 2023(令和5)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023033107310

  •  (11)陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見
    2023年06月08日
    (11)陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見

    寨溝遺跡から出土した銅車踵(どうしゃしょう、車のながえ末端踵部の部品)。(資料写真)中国陝西省考古研究院は5月30日、省北部の楡林市清澗(せいかん)県で約3200年前の商(殷)代の大型集落跡を発見したと発表した。集落跡は寨溝遺跡と名付けられた。遺跡がある解家溝鎮寨溝村は同省北部の黄土高原の中心部に位置する。同研究院が2022年に発掘調査を開始し、これまでに大面積の版築(はんちく、土を幾層にも突き固める工法)建造物や大型墓葬、小型墓地、灰坑、陶範(陶製鋳型)など異なる機能を持つ遺構を発見した。遺跡面積は約300万平方メートルに上った。(西安=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060806289

  •  (8)陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見
    2023年06月08日
    (8)陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見

    寨溝遺跡から出土した銅車軓(どうしゃはん、車の前部にわたす横木)。(資料写真)中国陝西省考古研究院は5月30日、省北部の楡林市清澗(せいかん)県で約3200年前の商(殷)代の大型集落跡を発見したと発表した。集落跡は寨溝遺跡と名付けられた。遺跡がある解家溝鎮寨溝村は同省北部の黄土高原の中心部に位置する。同研究院が2022年に発掘調査を開始し、これまでに大面積の版築(はんちく、土を幾層にも突き固める工法)建造物や大型墓葬、小型墓地、灰坑、陶範(陶製鋳型)など異なる機能を持つ遺構を発見した。遺跡面積は約300万平方メートルに上った。(西安=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060806217

  •  「新華社」陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見
    01:21.83
    2023年06月08日
    「新華社」陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見

    中国陝西省考古研究院は5月30日、省北部の楡林市清澗(せいかん)県で約3200年前の商(殷)代の大型集落跡を発見したと発表した。集落跡は寨溝遺跡と名付けられた。遺跡がある解家溝鎮寨溝村は同省北部の黄土高原の中心部に位置する。同研究院が2022年に発掘調査を開始し、これまでに大面積の版築(はんちく、土を幾層にも突き固める工法)建造物や大型墓葬、小型墓地、灰坑、陶範(陶製鋳型)など異なる機能を持つ遺構を発見した。遺跡面積は約300万平方メートルに上った。同研究院の孫戦偉(そん・せんい)副研究員によると、遺構は11の丘陵に点在しており、大規模で多くの遺構を持つ、各要素のそろった集落遺跡だという。発見された9カ所の高位貴族墓地の3カ所では計7基の大型「甲」字形墓が確認された。墓から出土した大量の青銅車馬器や玉器、骨器、漆器、亀甲は、商王朝後期の都城跡とされる殷墟(いんきょ)の上層階級の物質文化と共通性がみられ、黄土丘陵地域と商王朝との間で密接な経済・文化交流があったことや、商王朝が周辺地域に大きな影響力を及ぼしていたことを反映している。孫氏は遺跡について、晋陝(山西・陝西両省)高原でこれまでに発見された商代の遺跡の中で最も規模が大きく、遺構も豊富で、中原(黄河中下流の平原地帯)の商文明と同時期に存在していた地方政体の中では珍しいと指摘。商代末期の陝西省北部に高度に発達した青銅文明が存在し、中原の殷墟文化と緊密なつながりを持っていたことを示していると説明した。今回の発見については、商代考古学の重要発見であり、陝西省北部に存在した商代の方国(地方政権)の政治的・地理的構造を探求し、殷墟時期(商王朝後期)の中原と辺境の相互交流を理解する上で重要な意義を持つと語った。(記者/楊一苗) =配信日: 2023(令和5)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060805930

  •  (4)陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見
    2023年06月08日
    (4)陝西省北部で3200年前の商代大型集落跡を発見

    寨溝遺跡から出土した銅車轙(どうしゃぎ、くびきにとりつける輪)。(資料写真)中国陝西省考古研究院は5月30日、省北部の楡林市清澗(せいかん)県で約3200年前の商(殷)代の大型集落跡を発見したと発表した。集落跡は寨溝遺跡と名付けられた。遺跡がある解家溝鎮寨溝村は同省北部の黄土高原の中心部に位置する。同研究院が2022年に発掘調査を開始し、これまでに大面積の版築(はんちく、土を幾層にも突き固める工法)建造物や大型墓葬、小型墓地、灰坑、陶範(陶製鋳型)など異なる機能を持つ遺構を発見した。遺跡面積は約300万平方メートルに上った。(西安=新華社配信)= 配信日: 2023(令和5)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023060805940

  •  (1)景泰藍芸術博物館で伝統工芸の世界に触れる北京市
    2024年06月20日
    (1)景泰藍芸術博物館で伝統工芸の世界に触れる北京市

    18日、景泰藍作品「秦陵銅車馬」。中国北京市東城区には同市の伝統工芸品で世界的にも知名度の高い景泰藍(けいたいらん、七宝焼)を展示する「景泰藍芸術博物館」がある。来館者は作品の芸術性と背景にある歴史や文化、技術への理解を深めることができる。景泰藍は明代の景泰年間(1450~57年)に盛んに作られ、青い釉薬が多く使われたことから名付けられた。(北京=新華社記者/許芸潁)= 配信日: 2024(令和6)年6月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024062008052

  • 1