KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 歴史
  • 記者
  • 遺跡
  • 発展
  • 発見
  • 思想
  • 表現
  • 資料
  • ガラス

「銅鏡」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
224
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
224
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Casting the speculum metal mirror for the Great Melbourne telescope.

    Casting the speculum metal mirror for the Great Melbourne telescope. The first casting of the 48-inch (122cm) mirror was made on 3 July 1866, but this was defective and it5 was the third casting made a fortnight later that was finally used. the telescope was assembled in Dublin before being dismantled and shipped to Australia in 1868. Built by Grubbs of Dublin. Engraving after the picture by Howard Grubb. From ‘The Strand Magazine‘ (London, 1896).、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。

    商品コード: 2019022103940

  • 1975年07月09日
    石棺から副葬品ごっそり

    多量の副葬品が出土した長崎県対馬峰村の弥生期墳墓群木坂遺跡の発掘現場。同遺跡の発掘調査で、石棺13基と銅矛、銅剣、銅鏡など多量の副葬品が出土した。祭事的なものと考えられていた銅矛や銅鏡が、“副葬品”であることを裏付けた=1975(昭和50)年7月9日、長崎県対馬峰村木坂神社付近

    商品コード: 2013011500392

  • 1975年07月09日
    石棺から副葬品ごっそり

    出土した銅矛。長崎県対馬峰村の弥生期墳墓群の発掘調査で、石棺13基と銅矛、銅剣、銅鏡など多量の副葬品が出土した。祭事的なものと考えられていた銅矛や銅鏡が、“副葬品”であることを裏付けた=1975(昭和50)年7月9日、長崎県対馬峰村

    商品コード: 2013011500391

  • 1975年07月09日
    弥生期墳墓群木坂古墳 多数の副葬品出土

    長崎県・対馬の弥生期墳墓群の木坂古墳で、石棺13基や銅矛、銅剣、銅鏡など多数の副葬品が出土した。祭事的なものと考えられていた銅矛や銅鏡が死者の「副葬品」であることを裏付けた=1975(昭和50)年7月9日、長崎県対馬峰村の木坂神社付近 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第7巻使用画像(P53)

    商品コード: 2015030300313

  • 1977年03月15日
    漢代の中国製銅鏡 佐賀東部で大規模遺跡発掘

    二塚山遺跡から出土した漢時代の中国製銅鏡。佐賀県東部の工業団地造成地で発掘調査。二塚山遺跡からは弥生中期(紀元前1世紀)から後期(紀元3世紀)のカメ棺161個が発見され、中国の前、後漢期(期限前2世紀〜紀元2世紀)の銅鏡4面など多数の遺物が発見された=1977(昭和52)年3月15日、佐賀県庁

    商品コード: 2014071600267

  • 1978年12月16日
    国府遺跡から出土 豪族象徴するともえ形銅器

    大阪府藤井寺市惣社の国府(こう)遺跡から出土した弥生時代の支配者の宝物「ともえ形銅器」(左が表、右が裏)。直径2センチ、高さ1・5センチ。支配者の存在を象徴する銅鏡などの遺物が近畿の弥生遺跡からは出土していなかった

    商品コード: 2015100500138

  • 1978年12月22日
    塚原古墳から出土 稲荷山古墳の鏡と同じ青銅鏡

    三重県志摩郡大王町の塚原古墳から出土した「画文帯環状乳神獣鏡」。埼玉県行田市の稲荷山古墳から出土した青銅鏡と同じ“兄弟鏡”

    商品コード: 2015100500166

  • 1989年02月09日
    法隆寺で見つかった西夏の銅鏡 西夏の銅鏡見つかる

    法隆寺で見つかった西夏の銅鏡

    商品コード: 2019070201599

  • 1989年09月11日
    遣唐使の白銅鏡など81件

    「第41回正倉院展」に出品される金銀平脱八花鏡(きんぎんへいだつのはっかきょう)

    商品コード: 2020033102350

  • 1989年09月11日
    遣唐使の白銅鏡など81件

    「第41回正倉院展」に出品される金銀花盤(きんぎんのかばん)

    商品コード: 2020033102351

  • 1993年09月16日
    出土した銅鏡と勾玉 4世紀末から首長存在か

    松江市の釜代1号古墳から出土した銅鏡と勾玉=松江市役所(考古学)

    商品コード: 1993091600023

  • 1993年11月27日
    出土した鏡片 弥生後期の鏡片が出土

    鹿児島県国分市の舞鶴城遺跡から出土した銅鏡の破片=27日午前、鹿児島県埋蔵文化財センター(考古学)

    商品コード: 1993112700019

  • 1993年12月28日
    「幾何雲文象眼銅鏡」 中国・戦国代の銅鏡と判明

    中国・戦国時代後期の「幾何雲文象眼銅鏡」と確認された鏡(関西の古美術商が入手した銅鏡)

    商品コード: 1993122800061

  • 1994年02月17日
    「斜縁二神二獣鏡」 外側に獣文帯の青銅鏡発見

    千葉県木更津市の高部古墳から出土した「斜縁二神二獣鏡」=17日、千葉県木更津市の君津郡市文化財センター(考古学)

    商品コード: 1994021700030

  • 1994年03月07日
    出土した獣帯鏡の破片 獣帯鏡や環頭大刀など副葬

    中山大塚古墳の竪穴式石室内で見つかった青銅鏡「獣帯鏡」の破片=7日午後、奈良県天理市(考古学)

    商品コード: 1994030700075

  • 1994年03月17日
    車輪石と銅鏡 古墳時代の銅鏡など発見

    藤江別所遺跡から見つかった石製腕輪の車輪石1個(下)と銅鏡6枚=17日午後、兵庫県・明石市役所(考古学)邪馬台国関連

    商品コード: 1994031700060

  • 1994年03月31日
    銅鏡の鋳型 飯倉D遺跡から鋳型が出土

    飯倉D遺跡から出土した銅鏡の鋳型=3月31日午後、福岡市役所(考古学)

    商品コード: 1994033100060

  • 1994年04月20日
    出品される青銅鏡 23日から「倭人の世界」展

    奈良県立橿原考古学研究所付属博物館の春季特別展に出展される重文の異体字銘帯鏡=20日午後、奈良県橿原市の同博物館

    商品コード: 1994042000076

  • 1994年11月28日
    公開された銅鏡 中国鏡は美術業者から購入

    公開された、中国で3番目に古いものと同時代に作られたとみられる銅鏡=28日午前11時30分、岡山市丸の内の林原美術館(考古学)

    商品コード: 1994112800036

  • 1994年11月28日
    公開された銅鏡 中国鏡は美術業者から購入

    公開された、中国で3番目に古いものと同時代に作られたとみられる銅鏡=28日午前11時30分、岡山市丸の内の林原美術館(考古学)

    商品コード: 1994112800037

  • 1995年07月14日
    正しく掲載された写真 銅鏡の写真天地逆さま

    天地が正しく掲載された銅鏡の写真(平成元年改定検定済の大阪書籍「中学社会 歴史的分野」から)(カラーネガ)

    商品コード: 1995071400026

  • 1995年07月14日
    「中学社会」教科書 銅鏡の写真天地逆さま

    天地が逆に掲載された銅鏡の写真(平成4年文部省検定済の大阪書籍「中学社会 歴史的分野」から)(カラーネガ)

    商品コード: 1995071400022

  • 1995年11月29日
    出土した「八稜鏡」 地鎮祭で使用の銅鏡出土

    金沢市の大友西遺跡から出土した「瑞花双鳳八稜鏡」(ずいかそうほうはちりょうきょう)

    商品コード: 1995112900093

  • 1996年05月16日
    出土した装身具 銅鏡や石製装身具が出土

    「島の山古墳」前方部の木棺内で見つかった銅鏡三面や合子(ごうす)と呼ばれる碧玉(へきぎょく)製の円筒形容器(上中央と下中央)、管状の石製品(左下)。木棺内には朱が残り、被葬者は呪術(じゅじゅつ)にかかわった女性とみられる=16日午前、奈良県川西町唐院

    商品コード: 1996051600037

  • 1996年05月16日
    出土した装身具 銅鏡や石製装身具が出土

    「島の山古墳」前方部の木棺内で見つかった銅鏡三面や合子(ごうす)と呼ばれる碧玉(へきぎょく)製の円筒形容器(上中央と下中央)、管状の石製品(左下)。木棺内には朱が残り、被葬者は呪術(じゅじゅつ)にかかわった女性とみられる=16日午前、奈良県川西町唐院

    商品コード: 1996051600033

  • 1996年05月16日
    出土した腕輪 銅鏡や石製装身具が出土

    「島の山古墳」から出土した管玉、丸玉のブレスレット(腕輪)=16日午前、奈良県川西町唐院(カラーネガ)

    商品コード: 1996051600050

  • 1996年05月16日
    島の山古墳の前方部 銅鏡や石製装身具が出土

    銅鏡や碧玉(へきぎょく)製の装身具などが納められていた木棺のあった「島の山古墳」の前方部=16日午前、奈良県川西町唐院

    商品コード: 1996051600045

  • 1996年05月16日
    島の山古墳の前方部 銅鏡や石製装身具が出土

    銅鏡や碧玉(へきぎょく)製の装身具などが納められていた木棺のあった「島の山古墳」の前方部=16日午前、奈良県川西町唐院

    商品コード: 1996051600055

  • 1996年05月16日
    出土した腕輪 銅鏡や石製装身具が出土

    「島の山古墳」から出土した管玉、丸玉のブレスレット(腕輪)=16日午前、奈良県川西町唐院(カラーネガ)

    商品コード: 1996051600062

  • 1996年06月11日
    卜部行弘さん

    特大の銅鏡が出土した奈良・下池山古墳の調査主任卜部行弘さん(うらべ・ゆきひろ)

    商品コード: 1996061100037

  • 1996年07月18日
    出土した銅鏡の鋳型 一つの鋳型に鏡と小銅鐸

    須玖永田遺跡から出土した銅鏡の石製鋳型=18日午後、福岡県春日市役所

    商品コード: 1996071800069

  • 1996年09月18日
    弥生時代末の青銅鏡 中国製の内行花文鏡出土

    小倉城下屋敷跡遺跡から出土した弥生時代末の中国製青銅鏡「内行花文鏡」=18日午前、北九州市役所

    商品コード: 1996091800024

  • 1997年04月12日
    連弧文縁四獣鏡 円墳から例ない文様の銅鏡

    加茂倉田遺跡で見つかった「連弧文縁(れんこもんえん)四獣鏡」=広島県福山市加茂町

    商品コード: 1997041200001

  • 1998年05月13日
    出土した「き竜文鏡」 中国製青銅鏡の破片が出土

    上長野A遺跡から出土した中国製の「き竜文鏡」の破片

    商品コード: 1998051300119

  • 1999年01月27日
    出土した放射状区画珠文鏡 銅鏡は放射状区画珠文鏡

    福島県会津坂下町の森北1号墳から出土した「放射状区画珠文鏡」=27日午後、福島県会津坂下町の中央公民館

    商品コード: 1999012700098

  • 1999年02月16日
    鏡形石製品が出土

    森垣外遺跡で出土した銅鏡を模した古墳時代の鏡形石製品=16日午前、京都府精華町

    商品コード: 1999021600041

  • 1999年03月10日
    出土した方格規矩鏡 銅鏡や大量の玉が出土

    奈良県高取町の向山古墳から出土した方格規矩鏡(ほうかくきくきょう)(下)と四獣形鏡(しじゅうがたきょう)=10日、奈良県高取町

    商品コード: 1999031000084

  • 1999年07月02日
    青銅鏡の一部 集落跡から青銅鏡出土

    山形市中野の馬洗場B遺跡の古墳時代の集落跡から出土した4世紀ごろのものとみられる青銅鏡の一部=2日午前

    商品コード: 1999070200078

  • 2000年02月08日
    古代銅鏡 最大銅鏡は5枚あった

    65(昭和40)年に平原遺跡から出土した国内最大の古代銅鏡。左の縁部分の破片は右本体の一部と考えられていたが、新たな5枚目の同型鏡であることが分かった=福岡県前原市の伊都歴史資料館

    商品コード: 2000020800087

  • 2000年03月09日
    出土した青銅鏡の破片 前漢鏡の破鏡が出土

    徳島市庄・蔵本遺跡で出土した青銅製の鏡の破片=9日午後

    商品コード: 2000030900150

  • 2001年03月12日
    発掘された銅鏡 雷峰塔から国宝級発掘

    「雷峰塔」の地下部分から発掘された銅鏡=中国浙江省杭州市(新華社撮影・共同)

    商品コード: 2001031200118

  • 2001年04月23日
    副葬品とみられる銅鏡 銅鏡2枚が出土

    福岡県春日市の松添遺跡から出土した弥生時代後期の副葬品とみられる銅鏡

    商品コード: 2001042300311

  • 2001年04月27日
    出土した青銅鏡 朝鮮製の青銅鏡が出土

    長崎県田平町の里田原遺跡で出土した朝鮮製の青銅鏡「多鈕細文鏡(たちゅうさいもんきょう)」

    商品コード: 2001042700025

  • 2003年04月29日
    銅鐸型の花壇 弥生の文様彩り豊かに

    芝生の中にサルビアやペチュニアなど約15万本の花で彩り豊かに描かれた弥生時代の文様。吉野ケ里歴史公園につくられた銅鐸(どうたく)や銅鏡をかたどった花壇が訪れた家族連れの目を楽しませている=29日午後、佐賀県神埼郡で共同通信社ヘリから

    商品コード: 2003042900060

  • 2003年07月30日
    出土した青銅鏡 中国製の獣帯鏡を発見

    城田遺跡1号墳から出土した中国で作られた獣の文様を持つ青銅鏡「獣帯鏡」=30日午後、福岡市

    商品コード: 2003073000147

  • 2003年07月30日
    青銅鏡の文様 中国製の獣帯鏡を発見

    城田遺跡1号墳から出土した中国で作られた青銅鏡「獣帯鏡」の文様=30日午後、福岡市

    商品コード: 2003073000148

  • 2005年02月17日
    出土した中国製銅鏡 弥生遺跡から中国鏡が出土

    福岡県前原市の遺跡から出土した中国製銅鏡「方格規矩四神鏡」=17日午後、福岡県前原市の伊都国歴史博物館

    商品コード: 2005021700165

  • 2005年07月12日
    出土した中国製鏡の破片 中国製銅鏡の破片が出土

    滋賀県栗東市の下鈎遺跡から出土した中国で製造された前漢鏡の破片

    商品コード: 2005071200121

  • 2005年07月18日
    井原鑓溝で出土した銅鏡 「幻の王墓」発見に期待

    福岡県前原市の井原鑓溝地区から出土した中国製銅鏡「方格規矩四神鏡」=2月17日、福岡県前原市の伊都国歴史博物館

    商品コード: 2005071800051

  • 2005年11月25日
    出土した勾玉や銅鏡 方墳から玉類6百、鉄刀も

    内田山遺跡から出土した銅鏡(右上)や竪櫛(左上)と勾玉や玉類を出土後つないだもの(下)=25日午後、京都府木津町

    商品コード: 2005112500194

  • 2006年10月06日
    大型内行花文鏡 弥生時代の銅鏡を一堂に

    特別展「大鏡が映した世界」で展示されている、平原遺跡で出土した国内最大の大型内行花文鏡(手前)と下池山古墳出土の大型内行花文鏡=6日午後、福岡県前原市の伊都国歴史博物館

    商品コード: 2006100600205

  • 2007年07月19日
    再利用の青銅鏡破片 割れた鏡で首飾り?

    十里遺跡で出土した首飾りに再利用したとみられる青銅鏡の破片=大津市の滋賀県埋蔵文化財センター

    商品コード: 2007071900161

  • 2009年02月13日
    東呉の武将、朱然の墓を訪ねて安徽省馬鞍山

    「環状神獣銅鏡」(2級文化財)。(資料写真)中国三国時代の東呉の武将、朱然(しゅ・ぜん)とその家族の墓がある中国安徽省馬鞍山(ばあんさん)市に1987年、朱然家族墓地博物館が建てられた。発掘調査の成果を中心に展示しつつ、漢代から三国時代の文化についても紹介するテーマ型博物館で、漢代の様式を模した複数の建物で構成されている。(馬鞍山=新華社配信/朱然家族墓地博物館提供)=2009(平成21)年2月13日、クレジット:朱然家族墓地博物館/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019062625896

  • 2009年11月18日
    見つかった化粧道具一式 平安末期の墓から化粧道具

    津万遺跡で平安時代末期の墓から見つかった鉄製のはさみと毛抜き(左上)や中国製の銅鏡(同下)など化粧道具一式=18日午後、兵庫県西脇市

    商品コード: 2009111800267

  • 2010年01月07日
    三角縁神獣鏡の一部 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳から出土した銘文の1字「是」が確認された三角縁神獣鏡の一部=奈良県橿原市の橿原考古学研究所

    商品コード: 2010010700187

  • 2010年01月07日
    内行花文鏡の一部 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳から出土した内行花文鏡の一部=奈良県橿原市の橿原考古学研究所

    商品コード: 2010010700194

  • 2010年01月07日
    ガラス製と碧玉製の管玉 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳から出土したガラス製の管玉(右)と碧玉製の管玉=奈良県橿原市の橿原考古学研究所

    商品コード: 2010010700195

  • 2010年01月07日
    桜井茶臼山古墳 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳=奈良県桜井市

    商品コード: 2010010700197

  • 2010年01月07日
    国内最多、銅鏡81枚を副葬

    銅鏡の出土枚数、「正始元年」銘三角縁神獣鏡が過去見つかった古墳

    商品コード: 2010010700203

  • 2010年01月07日
    国内最多、銅鏡81枚を副葬

    銅鏡の出土枚数、「正始元年」銘三角縁神獣鏡が過去見つかった古墳

    商品コード: 2010010700204

  • 2010年01月07日
    国内最多、銅鏡81枚を副葬

    奈良・桜井茶臼山古墳

    商品コード: 2010010700205

  • 2010年01月07日
    国内最多、銅鏡81枚を副葬

    奈良・桜井茶臼山古墳

    商品コード: 2010010700208

  • 2010年01月07日
    国内最多、銅鏡81枚を副葬

    奈良・桜井茶臼山古墳

    商品コード: 2010010700209

  • 2010年01月07日
    国内最多、銅鏡81枚を副葬

    奈良・桜井茶臼山古墳

    商品コード: 2010010700210

  • 2010年01月07日
    「卑弥呼の鏡」の1枚か

    銅鏡に書かれた文字

    商品コード: 2010010700260

  • 2010年01月07日
    「卑弥呼の鏡」の1枚か

    銅鏡に書かれた文字

    商品コード: 2010010700261

  • 2010年01月07日
    三角縁神獣鏡の一部 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳から出土した銘文の1字「是」が確認された三角縁神獣鏡の一部=奈良県橿原市の橿原考古学研究所

    商品コード: 2010010700343

  • 2010年01月07日
    内行花文鏡の一部 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳から出土した内行花文鏡の一部=奈良県橿原市の橿原考古学研究所

    商品コード: 2010010700346

  • 2010年01月07日
    ガラス製と碧玉製の管玉 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳から出土したガラス製の管玉(右)と碧玉製の管玉=奈良県橿原市の橿原考古学研究所

    商品コード: 2010010700347

  • 2010年01月07日
    桜井茶臼山古墳 国内最多、銅鏡81枚を副葬

    桜井茶臼山古墳=奈良県桜井市

    商品コード: 2010010700348

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年04月20日
    完成した銅鏡と上田社長ら 福島の神社に銅鏡を奉納

    完成した銅鏡を囲む上田合金の上田富雄社長と「東大阪女性経営研究会」のメンバー=20日午後、大阪府東大阪市

    商品コード: 2012042000488

  • 2012年08月29日
    出土した青銅鏡 大阪で奈良時代の青銅鏡

    大阪府四條畷市の讃良郡条里遺跡で出土した青銅鏡「海獣葡萄鏡」=29日午後

    商品コード: 2012082900490

  • 2012年12月13日
    青銅鏡とフェラーリF1 フェラーリと古代青銅鏡

    チャリティー展示「古代青銅鏡とフェラーリF1 美の競演」を前に、公開されたフェラーリF1マシン(左)と再現された三角縁神獣鏡=13日午後、京都市東山区の京都国立博物館

    商品コード: 2012121300719

  • 2013年10月08日
    青銅鏡の一部と佐野翔梧君 僕の宝物、青銅鏡だった

    発見した青銅鏡の一部を手に、笑顔の佐野翔梧君=8日午後、神戸市役所

    商品コード: 2013100800522

  • 2013年10月08日
    佐野翔梧君と矢田神戸市長 僕の宝物、青銅鏡だった

    発見した青銅鏡の一部を前に、神戸市の矢田立郎市長から感謝状を受け取る佐野翔梧君=8日午後、神戸市役所

    商品コード: 2013100800540

  • 2013年10月08日
    佐野君が発見した青銅鏡 僕の宝物、青銅鏡だった

    佐野翔梧君が発見した青銅鏡の一部=8日、神戸市役所

    商品コード: 2013100800608

  • 2013年10月08日
    青銅鏡の復元図 僕の宝物、青銅鏡だった

    青銅鏡の復元図。佐野翔梧君が発見した破片(右)と1986年に発掘された破片の位置=8日、神戸市役所

    商品コード: 2013100800676

  • 02:30.58
    2014年01月29日
    卑弥呼の鏡は魔鏡 京都博物館が3Dレプリカで実験

    愛知県犬山市の東之宮古墳出土の三角縁神獣鏡から作った精巧なレプリカで、裏面の文様を映し出す「魔鏡」現象が確認され、京都国立博物館が29日、発表した。三角縁鏡では初めて魔鏡現象が確認された。三角縁鏡は倭国の女王卑弥呼が中国・魏から与えられた「銅鏡百枚」の候補。鏡はこれまで文様研究が主体で具体的な使用法は不明だったが、使用法のヒントを与える成果として注目を集めそうだ。〈映像内容〉東之宮古墳出土の三角緑神獣鏡(2点)と複製品(2点)の物撮り、複製品での文様投影実験、村上隆(むらかみ・りゅう)京都国立博物館学芸部長の会見、撮影日:2014(平成26)年1月29日、撮影場所:京都市東山区

    商品コード: 2022030805384

  • 2014年06月08日
    成都で古代墓6千基余りが出土、年代幅は「四川の歴史の半分」

    四川省成都市で見つかった墓葬群から出土した銅鏡。(資料写真)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は14日、同市南部で戦国時代から明王朝時代にかけての墓葬6千基余りが見つかり、数万点の貴重な遺物が出土したと発表した。(成都=新華社配信)=2014(平成26)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051800871

  • 2015年05月27日
    国内最古の青銅鏡鋳型

    福岡県春日市・須玖タカウタ遺跡

    商品コード: 2015052700565

  • 2015年05月27日
    国内最古の青銅鏡鋳型

    福岡県春日市・須玖タカウタ遺跡

    商品コード: 2015052700566

  • 2015年05月27日
    国内最古の青銅鏡鋳型

    福岡県春日市・須玖タカウタ遺跡

    商品コード: 2015052700568

  • 2015年05月27日
    国内最古の青銅鏡鋳型

    福岡県春日市・須玖タカウタ遺跡

    商品コード: 2015052700569

  • 2015年05月27日
    国内最古の青銅鏡鋳型

    見つかった鋳型で製作された青銅鏡のイメージ

    商品コード: 2015052700700

  • 2015年05月27日
    国内最古の青銅鏡鋳型

    見つかった鋳型で製作された青銅鏡のイメージ

    商品コード: 2015052700701

  • 2015年07月18日
    集落跡で銅鏡、異例の出土

    宮城県栗原市・入の沢遺跡

    商品コード: 2015071800040

  • 2015年07月18日
    集落跡で銅鏡、異例の出土

    宮城県栗原市・入の沢遺跡

    商品コード: 2015071800041

  • 2015年07月18日
    集落跡で銅鏡、異例の出土

    宮城県栗原市・入の沢遺跡

    商品コード: 2015071800042

  • 2015年07月18日
    集落跡で銅鏡、異例の出土

    宮城県栗原市・入の沢遺跡

    商品コード: 2015071800043

  • 2015年11月16日
    江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    「孔子衣鏡」の裏側に描かれた孔子の像。(資料写真)中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。(南昌=新華社配信/江西省文物考古研究院提供)=2015(平成27)年11月16日、クレジット:江西省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071005957

  • 2016年09月16日
    初公開される銅鏡 世界遺産へ沖ノ島特別展

    特別展「宗像・沖ノ島 大国宝展」で初公開される銅鏡=16日、福岡県宗像市

    商品コード: 2016091600885

  • 2017年08月01日
    江西省博物館の海昏侯成果展で展示品更新「孔子衣鏡」初公開

    「孔子衣鏡」の裏側のふち部分に描かれた「四神」(しじん、東西南北の四方を守る神)をかたどった図案。上:鳳凰(ほうおう)下:玄武(げんぶ)左:白虎(びゃっこ)右:青竜(せいりゅう)。(資料写真)中国江西省博物館はこのほど、開催中の「驚きの大発見南昌漢代海昏(かいこん)侯国考古学成果展」の展示品の更新を行い、前漢時代(紀元前202年~8年)の長方形の銅鏡「孔子衣鏡」を初公開した。(南昌=新華社配信/江西省文物考古研究院提供)=2017(平成29)年8月1日、クレジット:江西省文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071006060

  • 2018年03月14日
    見つかった青銅鏡 岡山の古墳から国産青銅鏡

    岡山市の津倉古墳から見つかった青銅鏡=14日午後

    商品コード: 2018031400964

  • 2018年09月30日
    宋代の墓から風水の「秘術」見つかる四川省成都市

    彭州青石村遺跡のM2墓から出土した銅鏡。(2018年9月撮影)中国四川省成都市の成都文物考古研究院は2月26日、成都市の管轄下にある県級市である彭州(ほうしゅう)市で宋代の堪輿羅経図(かんよらきょうず、風水に用いられる方位図)を発見したと発表した。成都市文物考古発掘チームが2018年6月に彭州市の青石村遺跡で事前調査と試掘調査を行ったところ、北宋末期から南宋初期の墓3基を発見した。堪輿羅経図はM1墓から出土した1枚の鎮墓券(ちんぼけん、死者の安寧と子孫の繁栄を祈願する石板)の表面に刻まれており、八卦や天干、地支、五行、二十四山、二十八宿、天地人鬼四路など中国の道教に古くから伝わる陰陽風水の「秘術」が描かれている。(彭州=新華社配信/成都文物考古研究院提供)=2018(平成30)年9月30日、クレジット:成都文物考古研究院/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605673

  • 2019年01月11日
    咸陽市で五胡十六国時代の密集墓見つかる陝西省

    陝西省西咸新区雷家村の五胡十六国墓から出土した銅鏡(資料写真)。中国の陝西省考古研究院は2017年から18年にかけ、西咸(せいかん)新区の空港新城雷家村で五胡十六国時代(304~439年)の墓葬の発掘調査を行った。省内の咸陽原(かんようげん、咸陽市北部の高地)で同時代の墓が密集した形で見つかったのは今回が初めて。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012202966

  • 2019年04月25日
    甲塚古墳 有力者の墓か、銅鏡出土

    奈良県斑鳩町の甲塚古墳。開発で削られており正確な規模や形は不明=25日

    商品コード: 2019042501578

  • 2019年05月17日
    中国の大学教授、千年前の漆工技術「金銀平脱」を復元

    5月17日、自ら復元した金銀平脱の作品を手にする劉顕波教授。「金銀平脱」は中国の唐代に流行した漆器工芸で、家具や銅鏡などに象眼細工を施したものを指す。極めて高い技術を用いたことから、宋代には伝承が途絶えていた。湖北省武漢市にある湖北工業大学芸術設計学院の劉顕波(りゅう・けんは)教授は、千年以上途絶えていた技術を復元させ、唐代家具の工芸研究を机上から実物へと導いた。金銀平脱は唐代の代表的な漆器工芸だが、現在ではその一部が国家博物館や陝西博物館などに残されるのみとなっている。このほど開催された2019「深圳・金鳳凰」工芸品イノベーション設計大会(主催:中国工芸美術協会)で、劉顕波教授の漆器作品「唐式銀平脱鸚鵡団花紋黒漆円盒」は大会最高賞の金賞を受賞した。(武漢=新華社配信/陳凌)=2019(令和元)年5月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301793

  • 2019年05月28日
    中国の大学教授、千年前の漆工技術「金銀平脱」を復元

    5月28日、劉顕波教授が復元した金銀平脱の作品。「金銀平脱」は中国の唐代に流行した漆器工芸で、家具や銅鏡などに象眼細工を施したものを指す。極めて高い技術を用いたことから、宋代には伝承が途絶えていた。湖北省武漢市にある湖北工業大学芸術設計学院の劉顕波(りゅう・けんは)教授は、千年以上途絶えていた技術を復元させ、唐代家具の工芸研究を机上から実物へと導いた。金銀平脱は唐代の代表的な漆器工芸だが、現在ではその一部が国家博物館や陝西博物館などに残されるのみとなっている。このほど開催された2019「深圳・金鳳凰」工芸品イノベーション設計大会(主催:中国工芸美術協会)で、劉顕波教授の漆器作品「唐式銀平脱鸚鵡団花紋黒漆円盒」は大会最高賞の金賞を受賞した。(武漢=新華社配信/劉顕波)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301494

  • 2019年05月28日
    中国の大学教授、千年前の漆工技術「金銀平脱」を復元

    5月28日、2019「深圳・金鳳凰」工芸品イノベーション設計大会で金賞を受賞した劉顕波教授の漆器作品「唐式銀平脱鸚鵡団花紋黒漆円盒」に送られた賞状。「金銀平脱」は中国の唐代に流行した漆器工芸で、家具や銅鏡などに象眼細工を施したものを指す。極めて高い技術を用いたことから、宋代には伝承が途絶えていた。湖北省武漢市にある湖北工業大学芸術設計学院の劉顕波(りゅう・けんは)教授は、千年以上途絶えていた技術を復元させ、唐代家具の工芸研究を机上から実物へと導いた。金銀平脱は唐代の代表的な漆器工芸だが、現在ではその一部が国家博物館や陝西博物館などに残されるのみとなっている。このほど開催された2019「深圳・金鳳凰」工芸品イノベーション設計大会(主催:中国工芸美術協会)で、劉顕波教授の漆器作品「唐式銀平脱鸚鵡団花紋黒漆円盒」は大会最高賞の金賞を受賞した。(武漢=新華社配信/陳凌)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301789

  • 2019年05月28日
    中国の大学教授、千年前の漆工技術「金銀平脱」を復元

    5月28日、劉顕波教授が復元した金銀平脱の作品。「金銀平脱」は中国の唐代に流行した漆器工芸で、家具や銅鏡などに象眼細工を施したものを指す。極めて高い技術を用いたことから、宋代には伝承が途絶えていた。湖北省武漢市にある湖北工業大学芸術設計学院の劉顕波(りゅう・けんは)教授は、千年以上途絶えていた技術を復元させ、唐代家具の工芸研究を机上から実物へと導いた。金銀平脱は唐代の代表的な漆器工芸だが、現在ではその一部が国家博物館や陝西博物館などに残されるのみとなっている。このほど開催された2019「深圳・金鳳凰」工芸品イノベーション設計大会(主催:中国工芸美術協会)で、劉顕波教授の漆器作品「唐式銀平脱鸚鵡団花紋黒漆円盒」は大会最高賞の金賞を受賞した。(武漢=新華社配信/劉顕波)=2019(令和元)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060301502

  • 1
  • 2
  • 3