KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 鎮守の森
  • 鎮守神
  • 昭和
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 画像
  • 研究
  • 記載
  • 説明文

「鎮守」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
81
( 1 81 件を表示)
  • 1
81
( 1 81 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  三井寺と長等神社
    -
    三井寺と長等神社

    三井寺(園城寺)南側に接する長等神社である。飛鳥時代に、天智天皇が建速素戔鳴尊(タケハヤスサノオノミコト)に勧請して長等山岩倉谷に祀ったのが始まりとされ、また貞観2年(860)、比叡山の高僧円珍が、大山昨命(オオヤマクイノミコト)を合祀して園城寺の鎮守としたとされる。=撮影年月日不明、大津、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号31‐44‐0]

    商品コード: 2017080902163

  •  本牧海岸
    -
    本牧海岸

    本牧十二天の海岸。元治元年(1864)、本牧および根岸を廻る外国人遊歩新道が開設され、風光明媚で知られる本牧十二天へは山手の山裾に沿った道が開通した。本牧本郷村の鎮守である十二天社は、本牧神社と改称して現存。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号64‐17‐0]

    商品コード: 2017082300942

  •  諏訪山入口
    -
    諏訪山入口

    諏訪神社参道の鳥居。明治中期。神社は古来この地方の鎮守で、「諏訪山」の名は神社名に由来する。明治6年(1873) 境内が公園に定められ、山麓にはイギリス人が発見したという温泉が開かれる。中央から右手(東)にかけての山が諏訪山。左手の建物は「はり・かみゆい・びんつけ」などの貼り紙から、髪結い兼小間物屋。=撮影年月日不明、神戸、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号56‐17‐0]

    商品コード: 2017081002577

  •  妙義山麓の高顕院石塔寺
    -
    妙義山麓の高顕院石塔寺

    神仏習合の時代、妙義神社の社務所のあるところにあった白雲山高顕院石塔寺。妙技神社を鎮守とした。後方には妙義山の粗い岩肌が見える。参道から子供をふくむ数人の人物がこちらを見ている。=撮影年月日不明、群馬、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号38‐63‐0]

    商品コード: 2017080902525

  •  神社
    -
    神社

    徳川家の庇護を受けた江戸総鎮守の神社。祭神大己戸貴尊(おおあなむちのみこと)に平将門を配祀(はいし)する。元和元年(1616)に駿河台から現在の地(現外神田2丁目)に移った。明治5年(1872)に神田神社と改称。江戸三大祭りである神田祭は隔年の9月15日に行われた(現在は5月)。これは幕末来日のプロシャ(現ドイツ)遠征隊の画家が写生した絵(多分石版画)である。後に写真師が複写したのだろう。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号55‐27‐2]

    商品コード: 2017081002773

  •  向島白髭神社
    -
    向島白髭神社

    隅田七福神のひとつ寿老人を祀る。天暦5年(951)慈恵大師が近江国志賀郡から白髭大明神を勧請したのにはじまる。寺島町の総鎮守。祭神は猿田彦神。社殿は戦災を免れた。元治元年(1864)の造営。=撮影年月日不明、東京、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号24‐1‐0]

    商品コード: 2017080400512

  •  横浜弁天社
    -
    横浜弁天社

    ベアト撮影。「長崎近くのマツガエの寺の入り口」と書かれているが、これは横浜の日本人町の西側にあった弁天社の松並木と鳥居である。この神社は横浜村の鎮守で、洲干弁財天社 とよばれた。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐11‐0]

    商品コード: 2017080201558

  •  本牧十二天の茶屋
    -
    本牧十二天の茶屋

    幕末、山手の南、本牧と根岸には外国人遊歩道が開かれた。本牧十二天は風光明媚であり支道が通じていた。十二天社は本牧本郷村の鎮守である。写真は海岸に突き出した茶屋であり、海水浴場でもあった。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:小川一真、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号10‐8‐0]

    商品コード: 2017080201241

  •  横浜弁天社
    -
    横浜弁天社

    ベアト撮影。「横浜近くの神道の寺の入り口、64年8月7日」と記されている。これは横浜の弁天社である。この神社は横浜村の鎮守として洲干弁財天社と呼ばれた。=1864年、横浜、撮影者:F.ベアト、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号17‐19‐0]

    商品コード: 2017080201531

  •  本牧十二天の茶屋
    -
    本牧十二天の茶屋

    元治元年(1864)、山手と本牧と根岸を巡る外人遊歩新道が造られた。十二天社は本牧本郷村の鎮守である。風光明媚な本牧十二天には支道が通じており、沿道には茶屋が設けられていた。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:鈴木真一、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号41‐16‐0]

    商品コード: 2017080902591

  •  神社
    -
    神社

    小動岬(こするぎみさき)にある小動神社か。腰越村の鎮守で旧名を八王子宮と云い、佐々木盛綱が勧請し、建速素戔鳴命(たけはやすさのおのみこと)をまつったという。=撮影年月日不明、鎌倉、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号12‐8‐0]

    商品コード: 2017080201339

  •  本牧神社
    -
    本牧神社

    英語で「本牧の景色、横浜の近く」とあるが、これは、本牧海岸にあった本牧神社(十二天社)の社殿を山側から撮影したものである。この神社は本牧本郷村の鎮守で明治初期の神仏分離で本牧神社となった。社殿の横には絵馬がみえる。外国人遊歩新道を撮影したものである。=撮影年月日不明、横浜、撮影者:日下部金兵衛、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号3‐12‐0]

    商品コード: 2017080200761

  •  大神宮へ参拝する人たち
    1904年12月31日
    大神宮へ参拝する人たち

    アンダーウッド&アンダーウッド(Underwood & Underwood)社が販売したステレオ写真。明治3年(1870)横浜の鎮守として、伊勢神宮を模して天照皇大神宮が建立されたところから伊勢山の呼称が生まれた。写真には人力車で参拝に向かう人や、徒歩で帰る人が写っている。1904年の著作権表示がある。=1904(明治37)年、横浜、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号97‐92‐0]

    商品コード: 2017081501483

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1929年11月04日
    日本電報通信社資料

    進級会議に参加するため参内する財部彪海相(前列左から3人目)と海軍の各鎮守府艦隊司令官=1929(昭和4)年11月4日、海軍省(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1929110400003

  •  日本電報通信社資料
    1929年11月04日
    日本電報通信社資料

    財部彪海相(手前)に率いられ参内する進級会議出席の各鎮守府、艦隊司令官たち=1929(昭和4)年11月4日、海軍省(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011100500159

  •  日本電報通信社資料
    1930年12月01日
    日本電報通信社資料

    親補式に参内する山梨勝之進・新佐世保鎮守府指令長官(右)と中村良三・新第2艦隊司令長官=1930(昭和5)年12月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013030800183

  •  日本電報通信社資料
    1931年04月01日
    日本電報通信社資料

    海軍大将の親任式に参内する横須賀鎮守府司令長官の大角岑生氏。右は見送る令嬢=1931(昭和6)年4月1日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2013073100329

  •  日本電報通信社資料
    1932年07月16日
    日本電報通信社資料

    三笠会館の開館式で、屋上マストに並ぶ(左から)安保清種元海相、谷口尚真軍令部長、加藤寛治大将、岡田啓介海相、山本英輔横須賀鎮守府長官=1932(昭和7)年7月16日、横須賀市稲岡町(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932071600001

  •  日本電報通信社資料
    1932年07月16日
    日本電報通信社資料

    横須賀軍港に完成した三笠会館の開館披露祝賀式で屋上マスト上に並ぶ(左から)安保清種、谷口尚真、加藤寛治の各軍事参議官、岡田啓介海相、山本英輔・横須賀鎮守府長官=1932(昭和7)年7月16日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015070600535

  •  日本電報通信社資料
    1932年07月16日
    日本電報通信社資料

    三笠会館の開館披露祝賀式で記念写真に納まる海軍将星たち。前列右より谷口尚真軍令部長、加藤寛治大将、(1人おいて)三笠保存会会長の岡田啓介海相、(1人おいて)斯波忠三郎保存会副会長、安保清種元海相、山本英輔横須賀鎮守府長官=1932(昭和7)年7月16日、横須賀市(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2015070600540

  •  日本電報通信社資料
    1932年10月10日
    日本電報通信社資料

    横須賀鎮守府司令長官兼海軍将官会議議員に補せられ、親補式に参内する野村吉三郎中将=1932(昭和7)年10月10日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1932101000001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1933年07月24日
    法廷に向かう被告らの車列 五・一五事件海軍側第1回公判

    被告人10名は護送車二台に分乗し、浦賀郊外の大津海軍刑務所から海軍横須賀鎮守府軍法会議に運ばれた。前から2台目と3台目が被告を乗せ、鎮守府に入る護送車。前後には横須賀憲兵分隊と武装警察隊を乗せた自動車とトラックが続き、沿道には交通規制がしかれるなど、警戒は厳重を極めた=1933(昭和8)年7月24日、神奈川県横須賀市・海軍横須賀鎮守府(5・15事件)

    商品コード: 2013072900241

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1933年07月24日
    海軍側公判始まる 五・一五事件海軍側第1回公判

    海軍軍法会議に並ぶ、左から山本孝治検察官、藤尾勝夫判士、高頼治法務官、高須四郎判士長、大和田昇判士、木阪義胤判士、大野小郎補充判士。軍事裁判では裁判官を判士、裁判長を判士長と呼んだ=1933(昭和8)年7月24日、神奈川県横須賀市・海軍横須賀鎮守府(5・15事件)

    商品コード: 2013072900244

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1933年07月24日
    海軍側公判の一般傍聴者受付 五・一五事件海軍側第1回公判

    海軍側裁判の第1回公判が、7月24日、横須賀鎮守府軍法会議において開廷。わずかな枚数の一般傍聴券をねらって、前夜から傍聴希望者が列をなしたが、公判は午後には公開禁止となった=1933(昭和8)年7月24日、神奈川県横須賀市(5・15事件)

    商品コード: 2013072900267

  • 第1688号 「同盟写真特報」
    1942年02月24日
    第1688号 「同盟写真特報」

    シンガポール陥落、シンガポール―東京間同盟機空輸、知久・武田・小川・小路同盟特派員撮影(1)セレター鎮守府屋上我陸戦隊の万歳、海軍省検閲済第571号(2)白旗を掲げて我軍門に降りる英軍(3)ラッフルズ広場を堂々行進する我が勇士(4)侵略の牙城崩る、中央寂しく立つは開発者ラッフルズ像(5)刹那、我が軍に降伏の英軍―陸軍省検閲済―、昭和17年2月24日(火曜日)第1688号

    商品コード: 2009011900137

  • 第1913号 「同盟写真特報」
    1942年10月15日
    第1913号 「同盟写真特報」

    今ぞ仰ぐ尽忠四勇士の英霊、半旗悲しき祖国へ喪の凱旋(1)英霊今ぞなつかしの祖国へ!(2)四勇士の英霊横浜港に上陸(3)英霊在わす鎌倉丸を迎える市民(4)船中慰霊祭家族の焼香(5)河相公使の話を聴く遺族達 ―横須賀鎮守府検閲済― 昭和17年10月15日(木曜日)第1913号

    商品コード: 2009012200272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1943年02月28日
    海軍大佐 高木惣吉(たかぎ・そうきち)

    海軍軍人。最終階級は海軍少将。舞鶴鎮守府参謀長、海軍省教育局長、東久邇宮内閣内閣副書記官長などを歴任=1943(昭和18)年2月複写

    商品コード: 2015071500498

  •  太平洋横断のヨット油壺基地へ
    1952年05月18日
    太平洋横断のヨット油壺基地へ

    前列左よりジョージ・フォスター艇長(NBC)、鎮守君(慶応OB)、小杉淳君(慶応ヨット部)、スティーブン州君(後列・横須賀米軍基地員)=出稿1952(昭和27)年5月18日、横須賀米軍基地(27年内地1361)

    商品コード: 2012103100396

  •  南海がコーチ陣入れ替え
    1967年05月10日
    南海がコーチ陣入れ替え

    記者会見する(左から)袖木進・ピッチング、森下整鎮・守備の新コーチと中谷信夫・二軍監督=1967(昭和42)年5月10日、大阪市浪速区の大阪球場会議室

    商品コード: 2013042600220

  •  旧海軍原爆報告書見つかる
    1968年07月15日
    旧海軍原爆報告書見つかる

    広島の惨状を記した旧海軍鎮守府の報告書

    商品コード: 2011040700292

  • スケッチ企画6211A−24A 桧枝岐歌舞伎
    1972年08月19日
    スケッチ企画6211A−24A 桧枝岐歌舞伎

    奉納歌舞伎として披露され、270年以上の歴史を持つ桧枝岐歌舞伎(ひのえまたかぶき)=1972(昭和47)年8月19日、福島県檜枝岐村の鎮守神社境内

    商品コード: 2018041200497

  • スケッチ企画6211B−11A 桧枝岐歌舞伎
    1972年08月19日
    スケッチ企画6211B−11A 桧枝岐歌舞伎

    奉納歌舞伎として披露される、270年以上の歴史を持つ桧枝岐歌舞伎(ひのえまたかぶき)=1972(昭和47)年8月19日、福島県檜枝岐村の鎮守神社境内

    商品コード: 2018041200498

  • “軍港”佐世保の朝 「むつ」修理港要請に揺れる佐世保
    1976年02月07日
    “軍港”佐世保の朝 「むつ」修理港要請に揺れる佐世保

    きょうも海上自衛隊護衛艦からラッパが鳴り響く。明治19(1886)年、帝国海軍鎮守府開設以来、米海軍、海上自衛隊と主役は交代しながらも軍港80年の歴史を持つ佐世保は、一貫して国策を受け入れ基地経済を軸に発展してきた=1976(昭和51)年2月、佐世保市千尽町の海上自衛隊警備隊(写真特集<「むつ」修理港要請に揺れる佐世保>5枚組の2)

    商品コード: 2013061300218

  •  島田繁太郎(嶋田繁太郎)
    1979年08月01日
    島田繁太郎(嶋田繁太郎)

    海軍大将、海軍相、軍司令部総長、横須賀鎮守府司令長官=1979(昭和54)年8月複写、良

    商品コード: 2004100400120

  •  ながさき今昔268 「郷村記」に記述されている「北村鎮守 住吉大明神」の一章
    1984年01月01日
    ながさき今昔268 「郷村記」に記述されている「北村鎮守 住吉大明神」の一章

    ながさき今昔268 「郷村記」に記述されている「北村鎮守 住吉大明神」の一章、クレジット:長崎新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023061106385

  • 日吉神社 鎮守の森に王族級の墓?
    1989年04月02日
    日吉神社 鎮守の森に王族級の墓?

    吉野ケ里遺跡の墳丘墓西側にある日吉神社=佐賀県三田川町

    商品コード: 2018061500788

  •  万葉の世界、鎮守の森
    1993年06月11日
    万葉の世界、鎮守の森

    豊かな緑に包まれた三輪山。ふもとをたどる細道は日本最古の道といわれる「山の辺の道」=1993(平成5)年5月、奈良県桜井市

    商品コード: 2024041808330

  •  万葉の世界、鎮守の森
    1993年06月11日
    万葉の世界、鎮守の森

    野の花で飾られた海石榴市(つばいち)観音の花祭り=1993(平成5)年5月、奈良県桜井市

    商品コード: 2024041808342

  • 幽玄の世界に酔う観客 伝統芸能で村おこし
    1995年11月02日
    幽玄の世界に酔う観客 伝統芸能で村おこし

    )、企画91、11月11日付朝刊以降使用  1鎮守の森の野舞台で、かがり火をたき、観客は年に1度の薪文楽を楽しんだ=熊本県清和村の大川阿蘇神社 2呼吸を合わせて人形遣いを練習する保存会の人たち。黒子を脱げば畑の農作業が待っている=熊本県清和村の清和文楽館(カラーネガ)

    商品コード: 1995110200028

  • かがり火の下の公演 伝統芸能で村おこし
    1995年11月02日
    かがり火の下の公演 伝統芸能で村おこし

    )、企画91、11月11日付朝刊以降使用  鎮守の森の野舞台で、かがり火をたき、観客は年に1度の薪文楽を楽しんだ=熊本県清和村の大川阿蘇神社(カラーネガ)

    商品コード: 1995110200033

  • 幽玄の世界に酔う観客 伝統芸能で村おこし
    1995年11月02日
    幽玄の世界に酔う観客 伝統芸能で村おこし

    )、企画91、11月11日付朝刊以降使用  1鎮守の森の野舞台で、かがり火をたき、観客は年に1度の薪文楽を楽しんだ=熊本県清和村の大川阿蘇神社 2呼吸を合わせて人形遣いを練習する保存会の人たち。黒子を脱げば畑の農作業が待っている=熊本県清和村の清和文楽館(カラーネガ)

    商品コード: 1995110200029

  • 神楽宿へ向かう行列 眠らぬ冬の夜に神話の舞い
    1999年01月26日
    神楽宿へ向かう行列 眠らぬ冬の夜に神話の舞い

    鎮守の森で氏神様を迎え、にぎにぎしく神楽宿の民家へ向かう御神幸行列=宮崎県高千穂町の浅ケ部地区

    商品コード: 1999012600051

  • 上演される桧枝岐歌舞伎 福島・桧枝岐で農民歌舞伎
    2004年05月12日
    上演される桧枝岐歌舞伎 福島・桧枝岐で農民歌舞伎

    新緑の中、鎮守神社に設けられた国重要文化財の舞台で上演される「桧枝岐歌舞伎」を楽しむ人たち=12日夕、福島県桧枝岐村

    商品コード: 2004051200244

  • 馬術の鎮守美奈選手 一緒に悩みを解決したい
    2004年09月23日
    馬術の鎮守美奈選手 一緒に悩みを解決したい

    馬術の個人自由演技に出場した鎮守美奈選手=マルコプロ馬術センター(共同)

    商品コード: 2004092300114

  • 桧枝岐歌舞伎 伝承の演技に見入る
    2005年05月12日
    桧枝岐歌舞伎 伝承の演技に見入る

    鎮守神社に設けられた国重要文化財の舞台で上演される「桧枝岐歌舞伎」=12日夕、福島県桧枝岐村

    商品コード: 2005051200236

  • 桧枝岐歌舞伎 伝承の演技に見入る
    2005年05月12日
    桧枝岐歌舞伎 伝承の演技に見入る

    鎮守神社に設けられた国重要文化財の舞台で繰り広げられた「桧枝岐歌舞伎」を楽しむ人たち=12日夕、福島県桧枝岐村

    商品コード: 2005051200241

  • 歌を披露の藤井フミヤさん 遷宮ソングは「鎮守の里」
    2006年05月23日
    歌を披露の藤井フミヤさん 遷宮ソングは「鎮守の里」

    「式年遷宮」のイメージソング「鎮守の里」を披露する藤井フミヤさん(右)=23日午後、東京都内のホテル

    商品コード: 2006052300209

  • 甘酒とくずもち 江戸の総鎮守、平次も健在
    2008年02月08日
    甘酒とくずもち 江戸の総鎮守、平次も健在

    神田明神参道の甘酒と「くずもち」

    商品コード: 2008020800126

  • 神田明神の境内 江戸の総鎮守、平次も健在
    2008年02月08日
    神田明神の境内 江戸の総鎮守、平次も健在

    銭形平次の目線で見た神田明神。投げ銭をする平次の顔出し看板からのぞいた=東京都千代田区

    商品コード: 2008020800130

  • JR御茶ノ水駅と聖橋 江戸の総鎮守、平次も健在
    2008年02月08日
    JR御茶ノ水駅と聖橋 江戸の総鎮守、平次も健在

    JR御茶ノ水駅(右)と、神田川にかかる聖橋=東京都千代田区

    商品コード: 2008020800127

  •  江戸の総鎮守、平次も健在
    2008年02月08日
    江戸の総鎮守、平次も健在

    神田・御茶ノ水

    商品コード: 2008051400057

  •  江戸の総鎮守、平次も健在
    2008年02月08日
    江戸の総鎮守、平次も健在

    神田・御茶ノ水

    商品コード: 2008051400058

  •  造営100年の鎮守の森
    2014年06月19日
    造営100年の鎮守の森

    明治神宮

    商品コード: 2014061901195

  •  造営100年の鎮守の森
    2014年06月19日
    造営100年の鎮守の森

    明治神宮

    商品コード: 2014061901197

  •  造営100年の鎮守の森
    2014年06月19日
    造営100年の鎮守の森

    明治神宮

    商品コード: 2014061901199

  •  造営100年の鎮守の森
    2014年06月19日
    造営100年の鎮守の森

    明治神宮

    商品コード: 2014061901201

  •  田植えの田園風景と満天の星
    2015年05月21日
    田植えの田園風景と満天の星

    キーワード:屋外、山県郡、山里、産業、田舎、春、水鏡、星、星空、静か、鎮守の森、田んぼ、田園風景、田植え、日本、農業、苗、風景、北広島町、満天、無人、夜、夜空、夜景、里山、風景メイン写真、西八幡原、八幡大歳神社=2015(平成27)年5月21日、広島県農村、クレジット:JAPACK/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030309725

  • 植樹する親子 小さな苗木に未来を託す
    2015年09月03日
    植樹する親子 小さな苗木に未来を託す

    八幡神社に「鎮守の森」を再生するため、植樹をする親子=6月、宮城県多賀城市

    商品コード: 2015090300419

  •  鳥海山からの湧水で満たされる丸池様
    2016年08月13日
    鳥海山からの湧水で満たされる丸池様

    キーワード:エメラルドグリーン、屋外、原生林、幻想的、自然、神秘的、池、昼、町指定天然記念物、鳥海山、鎮守の森、日本、晩夏、風景、無人、湧き水、林、透明、丸池様、アイレベル、社叢、御神体、満たす、風景メイン写真=2016(平成28)年8月13日、山形県遊佐町、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090706701

  •  鳥海山からの湧水で満たされる丸池様
    2016年08月13日
    鳥海山からの湧水で満たされる丸池様

    キーワード:エメラルドグリーン、屋外、原生林、幻想的、自然、神秘的、池、昼、町指定天然記念物、鳥海山、鎮守の森、日本、晩夏、風景、無人、湧き水、林、透明、丸池様、アイレベル、社叢、御神体、満たす、風景メイン写真=2016(平成28)年8月13日、山形県遊佐町、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090706717

  •  鳥海山からの湧水で満たされる丸池様
    2016年08月13日
    鳥海山からの湧水で満たされる丸池様

    キーワード:エメラルドグリーン、屋外、原生林、幻想的、自然、神秘的、池、昼、町指定天然記念物、鳥海山、鎮守の森、日本、晩夏、風景、無人、湧き水、林、透明、丸池様、アイレベル、社叢、御神体、満たす、風景メイン写真=2016(平成28)年8月13日、山形県遊佐町、クレジット:BUD international/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090706705

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月17日
    公開された地下壕 戦時下の「地下司令部」

    報道公開された日本海軍呉鎮守府地下壕の作戦室=17日午後、広島県呉市の海上自衛隊呉地方総監部

    商品コード: 2017071700250

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月17日
    地下壕に続く通路 戦時下の「地下司令部」

    報道公開された日本海軍呉鎮守府の地下壕に続く通路=17日午後、広島県呉市の海上自衛隊呉地方総監部

    商品コード: 2017071700251

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年07月24日
    見つめ直す旧海軍の町

    入船山記念館のガイド詰め所。地元ガイドが「呉鎮守府庁舎の古いれんがが使われています」と説明=広島県呉市

    商品コード: 2017072400876

  •  入船山記念館 旧呉鎮守府司令長官官舎
    2018年08月01日
    入船山記念館 旧呉鎮守府司令長官官舎

    キーワード:屋外、夏、記念館、建物、午後、公園、青空、日本、風景、無人、木々、木立、入船山公園、入船山記念館、長官、風景メイン写真、鎮守府、旧呉鎮守府司令長官官舎=2018(平成30)年8月1日、広島県呉市、クレジット:west/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010501201

  •  入船山記念館 旧呉鎮守府司令長官官舎
    2018年08月01日
    入船山記念館 旧呉鎮守府司令長官官舎

    キーワード:屋外、夏、記念館、建物、午後、公園、青空、日本、風景、無人、木々、木立、入船山公園、入船山記念館、長官、風景メイン写真、鎮守府、旧呉鎮守府司令長官官舎=2018(平成30)年8月1日、広島県呉市、クレジット:west/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021010501371

  •  「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに
    01:58.99
    2019年08月14日
    「新華社」湖北省で曽侯夫婦の合葬墓発見「曽随の謎」解く重要なカギに

    中国湖北省随州の棗樹林墓地にある曽の国の君主と夫人の並穴合葬墓2基の発掘調査により、春秋時代(紀元前770年~紀元前5世紀ごろ)中期の曽の国に関する考古学調査の空白が埋められた。また出土した青銅器の銘文によって「曽随の謎」に関する問題を解決するための重要な証拠がもたらされた。中国国家文物局が先ごろ行った棗樹林墓地の考古学発掘調査についての報告で分かった。曽の国とは「春秋左氏伝」などの文献で言うところの「随の国」で「一つの国に二つの名」がある。随の国は西周(紀元前1046年~紀元前771年)初期に周の天子が南方を鎮守するために封建した重要な邦国であり、その故地は現在の湖北省随州市にあり、西周初期から戦国時代(紀元前5世紀~紀元前221年)中期まで存続した。春秋時代の曽の国と周王朝、楚の国、その他諸侯国との関係やその文化的な由来を探るため、湖北省文物考古研究所は2018年10月から随州棗樹林墓地に対する主体的な探査と発掘調査を開始した。これまでに墓地からは土坑墓54基、馬坑3基が見つかっている。同研究所の郭長江(かく・ちょうこう)副研究員は次のように説明した。ここは春秋時代中期~末期の曽国公の墓地で、墓の形式は多くが長方形の竪穴土坑墓だ。墓は東西方向につくられ、配置は比較的厳密である。これまでに青銅器千点余りが出土しており、一部の青銅器には銘文があった。銘文では主に「曽公」「曽」「曽叔」「曽侯」「曽夫人」などの表記が使われていた。そのうち2組の墓は曽の国の君主レベルの夫婦合葬墓で、曽侯「宝」とその夫人「羋加」の墓(168、169号墓)および、曽公「求」とその夫人「漁」の墓(190、191号墓)。曽侯「宝」と夫人の並穴合葬墓は共に盗掘に遭っていたが、青銅の礼楽器が残っていた。特に夫人の墓には鈕鐘19点など重要な文化財が残されていた。曽公「求」と夫人の並穴合葬墓も盗掘されていたが「求」の墓には銅の礼器と完全な編鐘一式、夫人の墓には銅の礼器一式が残されていた。(記者/喩珮)<映像内容>曽の国の君主と夫人の合葬墓2基の発掘調査の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019081407274

  •  亡き人へ手紙送れるポスト
    2019年09月20日
    亡き人へ手紙送れるポスト

    京都府舞鶴市・大聖寺、松尾寺、舞鶴鎮守府跡

    商品コード: 2019092012573

  •  亡き人へ手紙送れるポスト
    2019年09月20日
    亡き人へ手紙送れるポスト

    京都府舞鶴市・大聖寺、松尾寺、舞鶴鎮守府跡

    商品コード: 2019092012576

  •  亡き人へ手紙送れるポスト
    2019年09月20日
    亡き人へ手紙送れるポスト

    京都府舞鶴市・大聖寺、松尾寺、舞鶴鎮守府跡

    商品コード: 2019092012586

  •  亡き人へ手紙送れるポスト
    2019年09月20日
    亡き人へ手紙送れるポスト

    京都府舞鶴市・大聖寺、松尾寺、舞鶴鎮守府跡

    商品コード: 2019092012592

  • 障害1で優勝した鎮守美奈 パラ馬術の東京馬術大会
    2019年10月18日
    障害1で優勝した鎮守美奈 パラ馬術の東京馬術大会

    障害1で優勝した鎮守美奈=御殿場市馬術SC

    商品コード: 2019101805461

  •  瑞應寺(愛媛県 新居浜市) 鎮守金毘羅殿
    2019年10月31日
    瑞應寺(愛媛県 新居浜市) 鎮守金毘羅殿

    キーワード:屋外、建物、寺、寺院、神社、曹洞宗、鳥居、鎮守、日本、無人、建築、金毘羅、神仏習合、風景メイン写真、瑞、瑞應寺、金毘羅殿、神仏分離令=2019(令和元)年10月31日、愛媛県新居浜市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020060909734

  • 広井良典氏 鎮守の森と自然エネルギー
    2019年11月06日
    広井良典氏 鎮守の森と自然エネルギー

    広井良典氏

    商品コード: 2019110604502

  •  「新華社」台北の竜山寺、創建280周年を祝う記念行事を開催
    01:37.08
    2019年12月01日
    「新華社」台北の竜山寺、創建280周年を祝う記念行事を開催

    中国台湾台北市の竜山寺で11月30日~12月1日、創建280周年を祝う記念行事が開催された。集団演舞「宋江陣」や伝統音楽「南管」、竜舞「荷花竜」など、一連の民俗芸能公演が行われ、多くの観光客が足を止めて鑑賞していた。宋江は「水滸伝」に登場する人物で、両岸(中国の大陸と台湾)で広く知られ、宋江に由来するとされる宋江陣は台湾の人々に愛されている。宋江陣は台湾では主に嘉南平原以南の農村に伝わっており、台南、高雄両市で最も多く見られる。清朝の時代、各村では匪賊による略奪に抵抗するため、さまざまな武芸を身に付け自衛していた。その後、武術が宗教や水滸伝の場面と融合し、「宋江陣」の技芸へと変化。鎮守や招福、魔除け、厄除けなどを象徴する意味を持つようになったと伝えられている。(記者/祁星)<映像内容>台湾の竜山寺で創建280周年を祝う記念行事の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120407119

  • 寄木神社 鯨塚や台場跡に海辺の名残
    2020年06月01日
    寄木神社 鯨塚や台場跡に海辺の名残

    南品川猟師町の鎮守だった寄木神社=東京都品川区

    商品コード: 2020060100425

  • 表彰式で喜ぶ鎮守美奈 鎮守や宮路らが制す
    2020年11月28日
    表彰式で喜ぶ鎮守美奈 鎮守や宮路らが制す

    パラ馬術の全日本大会で個人規定の障害1を制し、表彰式で笑顔を見せる鎮守美奈=東京都世田谷区の馬事公苑

    商品コード: 2020112800806

  • 障害1の鎮守美奈 パラ馬術全日本最終日
    2020年11月29日
    障害1の鎮守美奈 パラ馬術全日本最終日

    自由演技 障害1を制した鎮守美奈=馬事公苑

    商品コード: 2020112900270

  • 自由演技の鎮守美奈 パラ馬術全日本最終日
    2020年11月29日
    自由演技の鎮守美奈 パラ馬術全日本最終日

    自由演技 障害1を制した鎮守美奈=馬事公苑

    商品コード: 2020112900273

  • (ちんじゅ・みな) 鎮守美奈
    2021年06月15日
    (ちんじゅ・みな) 鎮守美奈

    パラ馬術選手、2020年11月29日撮影、馬事公苑

    商品コード: 2021061514018

  • 旧呉鎮守府司令長官官舎 雇用生み経済に生かす
    2023年11月07日
    旧呉鎮守府司令長官官舎 雇用生み経済に生かす

    日本遺産の旧呉鎮守府司令長官官舎を訪れる観光客=7月3日、広島県呉市

    商品コード: 2023110708326

  • 1