KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 渡り鳥
  • らい
  • 長春
  • 平成
  • 羽根
  • 上昇
  • 令和
  • 気温
  • 生き物

「鎮賚県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年04月03日
    中国の湿地面積、5千3百万ヘクタールで世界第4位に

    吉林省白城市鎮賚県の莫莫格湿地を飛ぶソデグロヅルの群れ。(4月3日撮影)中国貴州省貴陽市でこのほど開催された「生態文明貴陽国際フォーラム2018年年次総会」のテーマ別フォーラム「湿地回復と世界の生態安全」において、現在の中国の湿地面積が8億4百万ムー(約5360万ヘクタール)でアジア第1位、世界第4位となったことが明らかになった。国家林業・草原局の統計によると、中国が保有する国際的に重要な湿地は57カ所、湿地自然保護区は602カ所、国家湿地公園は898カ所で、湿地生態系に生息する植物は4220種、動物は2312種にのぼり、湿地保護率は49・03%に達している。(長春=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200422

  • 2018年04月26日
    中国の湿地面積、5千3百万ヘクタールで世界第4位に

    吉林省白城市鎮賚県の莫莫格湿地を飛ぶソデグロヅルの群れ。(4月26日撮影)中国貴州省貴陽市でこのほど開催された「生態文明貴陽国際フォーラム2018年年次総会」のテーマ別フォーラム「湿地回復と世界の生態安全」において、現在の中国の湿地面積が8億4百万ムー(約5360万ヘクタール)でアジア第1位、世界第4位となったことが明らかになった。国家林業・草原局の統計によると、中国が保有する国際的に重要な湿地は57カ所、湿地自然保護区は602カ所、国家湿地公園は898カ所で、湿地生態系に生息する植物は4220種、動物は2312種にのぼり、湿地保護率は49・03%に達している。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071200413

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区で保護されたアネハヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800689

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800636

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地のソデグロヅルの群れ(小型無人機で撮影)。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800680

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に戯れるソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800633

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、保護された一羽のマナヅルのケージを掃除する莫莫格国家級自然保護区の作業スタッフ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800737

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格国家級自然保護区の人工繁殖区でふ化した11日経ったタンチョウヅルのひな。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800677

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地に飛来し群れをなすソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800637

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅルの群れ。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800732

  • 2018年04月29日
    莫莫格湿地に舞うツル吉林省

    4月29日、莫莫格湿地の上空を飛ぶソデグロヅル。世界では現在、渡り鳥が行き来するルートが9つある。世界の主要な湿地のほぼ全てはこれらのルート上に点在している。世界にわずか3500羽ほどしか生息しないソデグロヅルは、その9割が「東アジア-オーストラリア」ルートを通り南北を行き来する。春から夏への境目には、北へ帰るソデグロヅルが羽根を休めるために中国吉林省白城市鎮賚県の莫莫格(モモグ)湿地に降り立つ。同県は中国野生動物保護協会から「中国ソデグロヅルの郷」の称号を贈られている。莫莫格湿地では、ソデグロヅル以外にもタンチョウヅルやアネハヅル、クロヅル、ナベヅル、マナヅル、カナダヅルなど6種類のツルが飛来し、莫莫格国家級自然保護区管理局が人工繁殖や保護したツルがそれに加わる。同湿地では毎年、渡り鳥が北へ帰るピークを迎えると、水辺に舞う無数のツルが見事な光景をつくり出す。(長春=新華社記者/王昊飛)=2018(平成30)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018051800736

  • 2018年10月17日
    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市

    17日、越冬のため南下する途中、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区の湿地に飛来したソデグロヅルの群れ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216743

  • 2018年10月17日
    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市

    17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛翔する数羽のソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216803

  • 2018年10月17日
    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市

    17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区の湿地上空を飛翔するソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216387

  • 2018年10月17日
    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市

    17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内の湿地上空を飛翔する数羽のソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216938

  • 2018年10月17日
    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市

    17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内を飛翔するソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216966

  • 2018年10月17日
    莫莫格湿地にソデグロヅル飛来吉林省白城市

    17日、吉林省白城市鎮賚県に位置する莫莫格国家級自然保護区内の湿地に降り立ったツル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区の湿地にこのほど、南へ移動する途中の数百羽のソデグロヅルが降り立った。希少な鳥類が安全に渡りを行えるよう、地元政府や林業部門は現場で見守り、餌を与えるなどの取り組みを進めている。(鎮賚=新華社記者/林宏)=2018(平成30)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102216706

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403583

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市にある莫莫格国家級自然保護区の湿地で羽を休める渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403617

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市にある莫莫格国家級自然保護区内の湿地で羽を休める2羽のソリハシセイタカシギ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403619

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403637

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つハクチョウ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403560

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地の上を飛ぶハクチョウ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403582

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地の上を飛ぶハクチョウ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403634

  • 2020年04月09日
    渡り鳥の北帰行が本格化吉林省鎮賚県

    9日、吉林省白城市の莫莫格国家級自然保護区で湿地から飛び立つ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県の莫莫格国家級自然保護区では、気温の上昇に伴い、渡り鳥の北方への帰還が本格化している。保護区内ではソデグロヅル約2千羽、ガンやカモなど数万羽が羽を休めたり、餌をついばんだりして、間もなく始まる渡りに備えている。(長春=新華社記者/張楠)=2020(令和2)年4月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403564

  • 2021年03月30日
    鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の湿地の上を飛ぶ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/顔麟蘊)=配信日:2021(令和3)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040512359

  • 2021年04月02日
    (2)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県で夕焼けの中を飛ぶ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205177

  • 2021年04月02日
    (5)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の林の上を飛ぶ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205079

  • 2021年04月02日
    (6)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の林の上を飛ぶ渡り鳥。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205082

  • 2021年04月02日
    (7)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の湿地でたたずむソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205146

  • 2021年04月02日
    (1)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205077

  • 2021年04月02日
    (8)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の上空を飛ぶ渡り鳥の群れ。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205164

  • 2021年04月02日
    (4)鎮賚県に多くの渡り鳥が飛来吉林省

    3月30日、吉林省白城市鎮賚県の湿地の上を飛ぶソデグロヅル。中国吉林省白城市鎮賚(ちんらい)県では、気温の上昇とともに多くの渡り鳥が飛来し、羽根を休め、餌をついばんでいる。同県は渡り鳥の重要な飛行ルート上に位置し、広い湿地があることから、移動途中の鳥たちにとって格好の中継地点となっている。(白城=新華社記者/顔麟蘊)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021040205075

  • 1