KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 歴史
  • 記者
  • 発見
  • 平成
  • 発掘調査
  • 遺構
  • 令和
  • 配信
  • 日本
  • 遺物

「長安城」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
47
( 1 47 件を表示)
  • 1
47
( 1 47 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1998年04月22日
    発掘された大型建築物の跡 漢の長安城に大型建築物

    長安城遺跡の日中合同調査で発掘された大型建築物の跡=新華社撮影(共同)

    商品コード: 1998042200155

  • 2010年08月09日
    唐代の排水溝遺跡が示す当時の環境衛生管理

    大唐西市博物館の展示ホール。(資料写真)中国陝西省西安市の大唐西市博物館には唐代の排水溝遺跡が展示され、当時の公衆衛生設備を再現している。唐代の長安城は最盛期には約百万の人口を抱えていたが、当時の生活廃水はどうやって排出されていたのか。1950年代以降、唐代の長安城で最大の国際貿易市場だった西市の遺跡に対し、3回の発掘調査が行われ、考古学者によって通りの路面や溝渠(こうきょ、用水路)の一部が姿を現した。同博物館の李微微(り・びび)解説員は、唐王朝はそれまでの王朝の感染予防・治療法を総括し、上は政府による統一的な予防・抑制から、下は民衆による科学的な防護まで、比較的完全なシステムを形成したと説明。西市遺跡の発掘調査で見つかった排水溝遺跡が、唐代の環境衛生管理システムを裏付けているとの考えを示した。(西安=新華社配信)=2010(平成22)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801425

  • 2010年11月04日
    唐代の排水溝遺跡が示す当時の環境衛生管理

    大唐西市博物館に展示されている西市の石橋や道路のわだち、用水路の遺跡。(資料写真)中国陝西省西安市の大唐西市博物館には唐代の排水溝遺跡が展示され、当時の公衆衛生設備を再現している。唐代の長安城は最盛期には約百万の人口を抱えていたが、当時の生活廃水はどうやって排出されていたのか。1950年代以降、唐代の長安城で最大の国際貿易市場だった西市の遺跡に対し、3回の発掘調査が行われ、考古学者によって通りの路面や溝渠(こうきょ、用水路)の一部が姿を現した。同博物館の李微微(り・びび)解説員は、唐王朝はそれまでの王朝の感染予防・治療法を総括し、上は政府による統一的な予防・抑制から、下は民衆による科学的な防護まで、比較的完全なシステムを形成したと説明。西市遺跡の発掘調査で見つかった排水溝遺跡が、唐代の環境衛生管理システムを裏付けているとの考えを示した。(西安=新華社配信)=2010(平成22)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801426

  • 2014年06月25日
    千分の1の運命

    空海が唐に入ったころの長安城

    商品コード: 2014062501179

  • 2014年06月25日
    千分の1の運命

    空海が唐に入ったころの長安城

    商品コード: 2014062501182

  • 2018年03月07日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    中国製の車両部品、食品原料、家具・電気製品、日用品などをいっぱいに積み込み、西安新筑(しんちく)駅からドイツのハンブルクに向けて出発するX8001中欧班列。(3月7日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年3月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309826

  • 2018年05月11日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    ウズベキスタンの緑豆1066トンを載せた「中亜班列」(中国〜中央アジアを結ぶ国際定期貨物列車)の帰り便がタシュケントから西安新筑(しんちく)駅に到着した。(5月11日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309886

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した文化財をチェックする西安唐城考古調査隊の責任者、李春林氏(左)とメンバーの王子奇氏。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100293

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した文化財を記録する作業員。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100328

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡で見つかった住居跡を紹介する西安唐城考古調査隊の責任者、李春林氏。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100287

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土したハスの花が彫刻された骨製のくしの破片。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100337

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡で見つかった井戸跡。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100309

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した漢白玉石(白い大理石)で作られたクマ(左)とその原料。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100323

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した陶器製の羊。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100340

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土した壷の底の破片。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100281

  • 2018年05月15日
    隋唐時代の長安城の東市遺跡、新たな文化財など多数発見

    15日、隋唐時代の長安城の東市遺跡から出土したがれきの破片を紹介する西安唐城考古調査隊の責任者、李春林氏。中国社会科学院考古研究所の西安唐城考古学調査隊はこのほど、陝西省西安市に位置する隋唐時代の長安城の東市遺跡を発掘作業の途中経過を発表し、これまでに173カ所の各種遺跡から約1500点の文化財が出土したと明らかにした。東市遺跡で発掘された道路溝渠跡は、東市の位置を正確に特定し、全体的な形状と構造や平面図を知るための確実な証拠を提供する。また、発掘された作業場遺跡やさまざまな文化財は東市の手工業や商業、生活を研究する上で重要な学術的価値がある。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052100295

  • 2018年05月15日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    西安市の隋唐長安城東遺跡で出土した遺物を調査する中国社会科学院考古研究所西安唐城考古チームの責任者、李春林(り・しゅんりん)氏(左)とチームメンバーの王子奇(おう・しき)氏。(5月15日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309890

  • 2018年05月15日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    西安市の隋唐長安城東市遺跡で出土した底部に墨で「■(■が欠字)家酒店」と書かれた壺の底部破片を見せる考古学者。(5月15日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309870

  • 2018年06月13日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    中欧班列に「乗せられた」輸入車ボルボ(VOLVO)が、西安国際港務区にある西安鉄道コンテナセンター駅に到着した。(6月13日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091309934

  • 2018年06月13日
    「友人グループ」が絶えず拡大中欧班列による貨物貿易に注目

    中欧班列に「乗せられ」西安に到着した輸入車ボルボ(VOLVO)が、西安国際港務区にある西安鉄道コンテナセンター駅から運び出されている。(6月13日撮影)もしも千年前に遡ることができるなら、おびただしい数の馬車やたくさんの珍しい宝物が道を行き交う活気に満ちた様子を目にすることができただろう。あの頃の長安は繁栄を極め、まさに世界の中心だった。中国唐代(618年~907年)の最盛期を裏付ける車輪の跡が、陝西省西安市の大唐西市博物館に保存されている。「当時、貿易商は開遠門、金光門から『古長安城』に入り、中央アジアのコショウやウマゴヤシなどの産物を長安城内の庶民に売り、中国のシルクや茶葉などをペルシャ、ローマなどに売っていた」。大唐西市博物館の解説員、景仰(けい・こう)さんはこう述べている。また、大唐東市(唐代の古都長安に置かれていた市場の一つ)に関する考古学的研究によれば、すでに発見された各遺跡は173カ所、出土した各遺物は約1500件となっている。当時国際市場が置かれていた長安城の西市や東市(国内市場)には商賈(商人)が雲のように集まり、これが後に中国の人々が日常会話で使う言葉である「買東西(物を買う)」のもととなった。かつて多くの商人が集まった古代シルクロードは、「一帯一路」構想の下で、復興しつつある。現在の状況と異なるのは、ラクダの鈴が鳴り響く果てしなく続く長い道が、「中欧班列」(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)に代表される「鋼鉄のラクダ隊」に取って代わられたことだろう。(西安=新華社記者/李一博)=2018(平成30)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091310040

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館に収蔵されている日本人遣唐使、井真成の墓誌。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700544

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館で日本人遣唐使、井真成の墓誌を眺める見学者。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700599

  • 2018年07月11日
    謎の人物「井真成」に迫る

    11日、西北大学博物館に収蔵されている日本人遣唐使、井真成の墓誌のふた。これは現在国内で発見された唯一の日本人遣唐使の墓誌であり、日本の国名を最も早くから記録したと学界で広く認められている文化財である。井真成は唐の開元年間に遣唐使の一員として長安を訪れ、そして開元二十二年(西暦734年)、36歳の時に思いがけず亡くなった。唐の皇帝、玄宗は彼に尚衣奉御の官職を与え、長安の万年県にある滻水のほとりに埋葬した。この墓誌が発見されてから、多くの中国や日本の学者たちが「井真成」の境遇について調査や考証を行ってきた。しかし現在、考古学者や歴史学者は「井真成」に関わる他の文献や文化財の発見には至っておらず、1200年以上前に長安城で長い眠りについた遣唐使はより神秘的な存在となっている。(西安=新華社記者/楊一苗)=2018(平成30)年7月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018071700600

  • 2019年02月01日
    陝西省の漢長安城遺跡で新発見、廃位された皇后の宮殿跡か

    北宮1号遺跡から出土した回文方形レンガ。(2019年2月1日撮影)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡で新たな発見があった。北宮1号遺跡で前漢時代の建築遺跡が見つかり、考古学者らは廃位された皇后を住まわせた宮殿跡と推測している。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709420

  • 2019年02月01日
    陝西省の漢長安城遺跡で新発見、廃位された皇后の宮殿跡か

    北宮1号遺跡から出土した雲紋瓦当。(2019年2月1日撮影)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡で新たな発見があった。北宮1号遺跡で前漢時代の建築遺跡が見つかり、考古学者らは廃位された皇后を住まわせた宮殿跡と推測している。(西安=新華社配信)=2019(平成31)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709464

  • 2019年06月28日
    陝西省の漢長安城遺跡で新発見、廃位された皇后の宮殿跡か

    北宮1号遺跡から出土した王莽(おう・もう)時代の貨幣「大泉五十」。(2019年6月28日撮影)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡で新たな発見があった。北宮1号遺跡で前漢時代の建築遺跡が見つかり、考古学者らは廃位された皇后を住まわせた宮殿跡と推測している。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年6月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709482

  • 2019年07月12日
    陝西省の漢長安城遺跡で新発見、廃位された皇后の宮殿跡か

    北宮1号遺跡の付属建築物の発掘現場。(2019年7月12日撮影)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡で新たな発見があった。北宮1号遺跡で前漢時代の建築遺跡が見つかり、考古学者らは廃位された皇后を住まわせた宮殿跡と推測している。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年7月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709465

  • 2019年08月05日
    陝西省の漢長安城遺跡で新発見、廃位された皇后の宮殿跡か

    北宮1号遺跡から出土した五角形の水道管。(2019年8月5日撮影)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡で新たな発見があった。北宮1号遺跡で前漢時代の建築遺跡が見つかり、考古学者らは廃位された皇后を住まわせた宮殿跡と推測している。(西安=新華社配信)=2019(令和元)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042709352

  • 2019年08月07日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    臨漳県の鄴城博物館で鄴城の復元模型を見学する児童ら。(8月7日撮影)中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年8月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200471

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200406

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200391

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型の一部。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200490

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200492

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている曹魏鄴北城の平面プラン。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200389

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200437

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城「銅雀三台」の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200386

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200423

  • 2019年11月11日
    「曹操の都」鄴城遺跡に見る東アジア都城様式の原型

    11日、臨漳県の鄴城博物館に展示されている鄴城の復元模型。中国には南京や西安、洛陽など、歴代王朝の都城として輝かしい歴史を持つ都市がある。しかし「三国ゆかりの地、六朝時代の古都」と呼ばれる河北省邯鄲(かんたん)市臨漳(りんしょう)県の鄴城(ぎょうじょう)遺跡は、後世の都市に埋没しなかった数少ない都城遺跡として、当時の遺構がそのまま残されており、多くの専門家にとって発掘調査や展示のしやすい遺跡となっている。鄴城の内城は「日」の字形をしており、間に築かれた城壁が同城を北城と南城に分けている。北城は曹操が築城したもので、中軸線による左右対称の配置や単一の宮城、明確な区画構成など多くの画期的な設計理念が取り入られている。中軸対称形式は、東魏と北斉の鄴南城、隋・唐時代の長安城や洛陽城、元・明・清時代の北京城でも踏襲された。隋・唐時代の長安城の建築プランは7世紀以降に朝鮮半島や日本へも伝わり、これらの国の都城建設に直接的な影響を及ぼした。(石家荘=新華社記者/王暁)=2019(令和元)年11月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019120200476

  • 02:38.36
    2019年12月24日
    「新華社」唐太平公主の夫・薛紹の墓を発見陝西省西咸新区

    中国の陝西省考古研究院は、同省西咸新区空港新城で見つかった大型唐代墓葬の発掘調査の結果を発表し、同墓が唐の第3代皇帝高宗と則天武后の娘、太平公主(665?~713年)の最初の夫、薛紹(せつしょう、661~689年)の墓であることを明らかにした。発掘は8月から12月にかけて実施された。太平公主は則天武后の寵愛を受け政治を補佐し、武后の死後は中宗と睿宗の復位、玄宗の擁立に関与するなど朝廷で権勢を振るった。後に玄宗と対立し、宮中で兵変を図るも機先を制され、その後死を賜った。薛紹は681年、太平公主が16歳(推定)の時に駙馬(皇女の夫)となったが、688年に皇族の反乱への関与を疑われ下獄され、翌年獄死した。17年後の706年に中宗皇帝により名誉を回復され、礼を以て改葬された。墓は空港新城底張街道岩村で見つかった。長安城遺跡から23キロ離れており、西北7・3キロには則天武后に仕えた才女・上官婉児(じょうかん・えんじ)の墓がある。同研究院の李明(り・みん)研究員によると、墓の全長は34・68メートルで深さは11・11メートル。封土と傾斜墓道、四つの天井(墓道と地上をつなぐ竪穴)と過道、六つの壁龕(へきがん、壁に掘られたくぼみ)、前後の甬道(ようどう、墓室をつなぐ通路)と墓室からなる。過去に2度盗掘に遭っているが、彩色陶俑を中心に120数点の遺物が出土した。墓室からは墓誌も見つかり、墓の主の家系や官職、死因などが記されていた。李氏は、今回の発見により新旧唐書に記載のない薛紹に関する事跡が明らかになったと指摘。墓誌や墓葬形式の研究を通じ、唐代の則天武后から玄宗初期にいたる政治文化の深層を概括することができると述べた。(記者/梁愛平)<映像内容>大型唐代墓葬の発掘調査、太平公主の夫の墓を発見、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019122401722

  • 2020年03月13日
    唐代の排水溝遺跡が示す当時の環境衛生管理

    大唐西市博物館に展示されている西市の遺跡。(資料写真)中国陝西省西安市の大唐西市博物館には唐代の排水溝遺跡が展示され、当時の公衆衛生設備を再現している。唐代の長安城は最盛期には約百万の人口を抱えていたが、当時の生活廃水はどうやって排出されていたのか。1950年代以降、唐代の長安城で最大の国際貿易市場だった西市の遺跡に対し、3回の発掘調査が行われ、考古学者によって通りの路面や溝渠(こうきょ、用水路)の一部が姿を現した。同博物館の李微微(り・びび)解説員は、唐王朝はそれまでの王朝の感染予防・治療法を総括し、上は政府による統一的な予防・抑制から、下は民衆による科学的な防護まで、比較的完全なシステムを形成したと説明。西市遺跡の発掘調査で見つかった排水溝遺跡が、唐代の環境衛生管理システムを裏付けているとの考えを示した。(西安=新華社配信)=撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031801430

  • 2020年05月12日
    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土

    北宮1号遺跡から出土した蓋付きの陶罐(水がめ)。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402527

  • 2020年05月12日
    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土

    北宮1号遺跡から出土した陶製紡錘車(ぼうすいしゃ、糸を紡ぐ器具)。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402426

  • 2020年05月12日
    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土

    北宮1号遺跡から出土した陶丸。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402484

  • 2020年05月12日
    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土

    北宮1号遺跡から出土した円形の陶片。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402463

  • 2020年05月12日
    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土

    北宮1号遺跡から出土した石臼。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402465

  • 2020年05月12日
    西安市の漢長安城北宮1号遺跡から大量の遺物が出土

    北宮1号遺跡から出土した加工済みの鹿の角。(資料写真)中国陝西省西安市の漢長安城遺跡でこのほど、前漢時代の宮殿建築遺構「北宮1号遺跡」の発掘調査が実施され、大量の建材と生活用品が出土した。(西安=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020051402538

  • 00:43.28
    2021年04月21日
    「新華社」春の古都で伝統文化を楽しむ若者たち西安市

    新しい命が芽生え、若葉がもえる4月は、春の散策に相応しい時期に当たる。中国の13王朝の都が置かれた古都、陝西省西安市には、伝統文化を愛する若者が大勢いる。漢民族の伝統衣装「漢服」に身を包み、春の景色を眺め、茶菓子を味わい、古楽を楽しむ人たちの姿を、市内の各所で見ることができる。西安の明代城壁では、華やかな漢服姿の中国の若者たちが伝統文化を思い思いに楽しんでおり、600年以上前の時代にタイムスリップしたかのような光景が広がっている。唐長安城の三大宮殿の一つ、大明宮(だいめいきゅう)の跡地に建てられた大明宮国家遺跡公園では、漢服姿で春の景色を眺めたり、写真を撮ったりして楽しむ若者たちの姿が多く見られた。(記者/孫正好、蔡馨逸) =配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021042106091

  • 1