KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 昭和
  • 空撮
  • 本社
  • 眼鏡橋
  • 犠牲者
  • 追悼
  • 可能性
  • 委託
  • 情報
  • 死者

「長崎大水害」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • マッチ度順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • マッチ度順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年07月18日
    坂の街、鉄砲水に襲われる 長崎大水害

    1982(昭和57)年7月23日、九州北西部を集中豪雨が襲い、長崎県長与町で1時間に187ミリという観測史上最高雨量を記録。坂の街・長崎市に鉄砲水やがけ崩れが発生し同県内の死者・行方不明者は299人に達した。中島川に架かる国の重要文化財「眼鏡橋」も壊れた。

    商品コード: 2013071800167

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2009年07月16日
    坂の町、鉄砲水襲う 長崎大水害

    1982(昭和57)年7月23日、九州北西部を集中豪雨が襲い、長崎県長与町で1時間で187ミリという国内観測史上最高の雨量を記録。「坂の町」長崎市に鉄砲水やがけ崩れが発生、同県内の死者・行方不明者が299人に達した。中島川に架かる国の重要文化財、眼鏡橋も壊れた(翌日撮影)。

    商品コード: 2009071600140

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年09月14日
    長崎大水害

    最も大きな被害を受けた佐世保市内で濁流を渡る人たち=1948(昭和23)年9月14日

    商品コード: 2004033000388

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年09月14日
    長崎大水害

    最も大きな被害を受けた佐世保市内の惨状=1948(昭和23)年9月14日

    商品コード: 2004033000389

  • 1979年07月28日
    長崎県 八郎川 長崎大水害

    川原に大水害で流されてきた車が散乱する八郎川=1979(昭和54)年7月28日、長崎市の矢上地区(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300608

  • 1982年07月25日
    長崎県 川平町 長崎大水害

    川平の山崩れによる住宅流出現場=1982(昭和57)年7月25日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300612

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年07月25日
    長崎県 川平町 長崎大水害

    川平町の土砂崩れ現場=1982(昭和57)年7月25日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300803

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年07月25日
    長崎県 土砂崩れ 長崎大水害

    鳴滝の土砂崩れ現場=1982(昭和57)年7月25日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400384

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月23日
    犠牲者を悼む参列者 長崎大水害30年で追悼

    長崎大水害から30年を迎え、犠牲者の冥福を祈る住民ら=23日夕、長崎市

    商品コード: 2012072300683

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1982年07月28日
    長崎県 八郎川はんらん 長崎大水害

    長崎市内の八郎川が氾濫、大きな被害が出た矢上地区=1982(昭和57)年7月28日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300611

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月23日
    黙とうする田上市長 長崎大水害30年で追悼

    長崎大水害から30年を迎え、犠牲者に黙とうをささげる長崎市の田上富久市長=23日、長崎市

    商品コード: 2012072300684

  • 1979年07月28日
    長崎県 長崎市奥山地区 長崎大水害

    ブルドーザーや多数の自衛隊員を投入、捜索を進める長崎市奥山地区の災害現場=1979(昭和54)年7月28日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300609

  • 1982年07月28日
    長崎県 山崩れ現場での救出作業 長崎大水害

    長崎市奥山の山崩れ現場での救出作業=1982(昭和57)年7月28日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300610

  • 1982年07月25日
    長崎県 流失した中島川の石橋群 長崎大水害

    濁流に損壊・流失した中島川の石橋群(手前は眼鏡橋)=1982(昭和57)年7月25日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300900

  • 1982年07月25日
    長崎県 流失した中島川の石橋群 長崎大水害

    濁流に損壊・流失した中島川の石橋群(手前は眼鏡橋)=1982(昭和57)年7月25日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041401040

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月21日
    鳴滝地区の中村さん 記憶受け継ぎ、防災生かす

    長崎大水害で土石流が発生した長崎市鳴滝地区の斜面を指さす中村栄治さん=7日

    商品コード: 2012072100314

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年07月23日
    点灯されたろうそく 3千個のろうそく点灯

    「長崎大水害」の犠牲者を追悼するため、眼鏡橋付近にともされたろうそく=23日夜、長崎市

    商品コード: 2004072300258

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年07月23日
    ろうそくに点灯する子ども 2千個のろうそく点灯

    長崎大水害の犠牲者を追悼し、ろうそくに点灯する地元の子ども=23日夜、長崎市・中島川の眼鏡橋

    商品コード: 2005072300207

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月21日
    体験話す平田さん 記憶受け継ぎ、防災生かす

    長崎大水害で大きな被害が出た、長崎市東長崎地区の中学校で救助体験を話す平田兼明さん=2日

    商品コード: 2012072100313

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年07月21日
    長崎大水害30年シンポ 「自助」「共助」の意識を

    長崎大水害から30年を前に開かれたシンポジウム。左端は長崎市の田上富久市長=21日午後、長崎市

    商品コード: 2012072100474

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年07月21日
    ろうそくをともす小学生 2500個のろうそく点灯

    「長崎大水害」の犠牲者を悼み、ろうそくをともす地元の小学生=21日夜、長崎市・中島川の眼鏡橋

    商品コード: 2002072100123

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2007年07月23日
    火をともす参加者 冥福祈りろうそくに明かり

    「長崎大水害」の犠牲者の冥福を祈り、眼鏡橋の近くでろうそくをともす人たち=23日夜、長崎市

    商品コード: 2007072300256

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年07月21日
    ろうそく並ぶ眼鏡橋 2500個のろうそく点灯

    「長崎大水害」の犠牲者を悼み、ともされたろうそくが並ぶ長崎市・中島川の眼鏡橋=21日夜

    商品コード: 2002072100121

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    中島川と編笠橋

    中島川に架かる編笠橋。元禄12年(1699)岸村夫妻が今博多町と本紙屋町の間にかけたアーチ式石橋である。昭和57年(1982)の長崎大水害で崩落し、現在は以前の橋とは形の異なる急な階段の橋に架け替わっている。左の松の大木の横には諏訪神社が見える。橋のたもとの山門は明和3年(1766)に建立された太平寺(現・浪の平)の山門。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐19‐0]

    商品コード: 2017081502087

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    06:13.90
    2018年07月12日
    空撮 西日本豪雨 広島県の被災地

    西日本豪雨で警察庁は12日、被災地での死者が200人に上ったと発表した。記録的大雨で中国・四国地方を中心に6~7日に土砂災害や河川氾濫が相次ぎ、被害が拡大。共同通信のまとめでは、犠牲者の半数以上が広島、岡山両県に集中した。依然として多数の安否不明者がおり、死者・不明者が299人に上った1982年の長崎大水害以降、最悪の被害となった。〈映像内容〉広島市安芸区、広島県熊野町、広島県坂町、広島県呉市の各被災地の空撮、撮影日:2018(平成30)年7月12日、撮影場所:広島県 安芸区 熊野町 坂町 呉市

    商品コード: 2018071301503

  • -
    中島川と上野彦馬邸

    中島川上流、銭屋川の上野彦馬邸(左側の大木が見える白塀の家)前。石の常夜灯(昭和57年の長崎大水害で流失)の左が中島聖堂である。彦馬の家の河原は流水を調整するためか、井堰が見える。左の人物は人力車用に敷石で舗装された車道に立っている。後方のとがった山は豊前坊、稜線は右の英彦山へと続く。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐26‐0]

    商品コード: 2017081502095

  • -
    浜町通り

    明治中期の濱町通りの四つ角から東濱町(現・浜町通り)を油屋町の方向に見上げている。手前の水路は、現在は暗渠となっているが、昭和57年(1982)の長崎大水害で露出した。右側の建物は、現在は交差点の角地(現・マクドナルド)にあたるが、二階の障子や壁、引戸に明治の趣を見てとれる。前の路上には本河内(ダム)水源地から引かれた水道の共用栓、左には電灯以前のオイルランプが見える。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号109‐25‐0]

    商品コード: 2017081502090

  • 1