KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三菱重工長崎造船所
  • 昭和
  • 空撮
  • 内地
  • 海上自衛隊
  • 船渠
  • 資料
  • 長崎港
  • 可能性
  • 機械

「長崎造船」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
210
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
210
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    飽の浦のお雇い外国人宿舎

    飽の浦の工部省所管「長崎造船局」の北の丘に明治7年(1874)4月に落成したお雇い外国人の宿舎。この頃のお雇い外国人は、フランス人の建設師長ワンサン・フロラン、イギリス人の機械師長フランク・ロベルト・ストリー、同じくイギリス人の機械師補ジョン・デキソンと水夫頭目ダグラスの計4人であった。「長崎造船局」は、最先端の知識や技術、機械を外国から移植し、明治17年(1884)には岩崎弥太郎率いる三菱に経営が引き継がれ、「長崎造船所」と改称する。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐48‐0]

    商品コード: 2017081601045

  • -
    長崎製鉄所飽の浦工場

    文久元年(1861)に落成した長崎製鉄所を譲り受け、明治17年(1884)に三菱会社長崎造船所飽の浦機械工場になった。工場の建物、50トン起重機等の工場施設を見ることができる。対岸は西坂、大黒町付近。=1879(明治12)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号21‐3‐0]

    商品コード: 2017080201718

  • -
    諏訪神社の青銅馬

    高さ1.8mの青銅馬は、長崎製鉄所(現三菱長崎造船所)の創業記念として、明治3年(1870)に奉納されたものである。昭和3年(1928)10月、長崎公園口(通称諏訪公園口)に移されたが、第2次世界大戦中の金属回収政策により供出された。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号73‐5‐0]

    商品コード: 2017082400571

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    ドンの山から見た大浦居留地と長崎港

    対岸の工部省所管「長崎造船局」の右上の丘に明治7年(1874)4月に完成したお雇い外国人宿舎が見えるので、それ以後の撮影。大浦川左岸の川幅が狭まる地点の建物をはじめ、随所に台風の傷跡が見られる。明治7年(1874)10月頃、海外に持ち出された『カーモディアルバム』に、大浦川左岸の川幅が狭まる地点の建物がすでに撤去されて新しい建物が建築中の写真があるので、同年8月の台風直後の写真であると推定される。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐5‐0]

    商品コード: 2017081501545

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    -
    工部省長崎造船局の台風被害

    明治7年(1874)8月20日の書き込みがある。安政4年(1857)に幕府直営の艦船修理工場としてスタートしたときの、二本の煙突のある鍛冶場とボイラー室の煉瓦造の建物が残り、同じく煉瓦造りで、日本で最初に鉄製のトラスの小屋組を採用した轆轤(ろくろ)盤細工所も破壊を免れた。左上の丘に見える洋館は明治7年(1874)4月に落成したお雇い外国人宿舎である。その右の岬の向こうには丸尾海岸の海軍埋め立て地の建物が見える。=1874(明治7)年頃、長崎、撮影者:上野彦馬?、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号118‐17‐0]

    商品コード: 2017081600934

  • -
    諏訪神社の青銅馬

    高さ1.8mの青銅馬は、長崎製鉄所(現三菱長崎造船所)の創業記念として、明治3年(1870)に奉納されたものである。昭和3年(1928)10月、長崎公園口(通称諏訪公園口)に移されたが、第2次世界大戦中の金属回収政策により供出された。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:A.ファサリ、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号95‐4‐0]

    商品コード: 2017081401544

  • -
    ドンの山から見た大浦居留地と長崎港

    ドンの山の中腹から大浦川沿いを展望する。大浦川の河口に見えるのは明治2(1869)年に居留地の「馬の遊歩道」のため架けられた下り松橋で、その川上の橋は大浦居留地が埋め立てられた文久年間に架けられた弁天橋である。左丘の妙行寺の横に見えるコの字形の建物はベルビューホテル。対岸には工部省所管「長崎造船局」が見える。その右の丘の上に明治7年(1874)4月に落成するお雇い外国人宿舎がないので、それ以前の撮影。=1872(明治5)年、長崎、撮影者:上野彦馬、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号102‐2‐0]

    商品コード: 2017081501531

  • -
    三菱造船所

    キーワード:三菱造船所、三菱重工業長崎造船所、建造中の船、絵葉書=撮影年月日不明、長崎、クレジット:イマジンネット画廊所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。

    商品コード: 2020062204473

  • -
    諏訪神社の青銅馬

    [整理番号1‐20‐0](目録番号「20」)と同じ写真。高さ1.8mの青銅馬は、長崎製鉄所(現三菱長崎造船所)の創業記念として、明治3年(1870)に奉納されたものである。昭和3年(1928)10月、長崎公園口(通称諏訪公園口)に移されたが、第2次世界大戦中の金属回収政策により供出された。=撮影年月日不明、長崎、撮影者:不明、クレジット:長崎大学附属図書館所蔵/共同通信イメージズ ※この説明文は、画像の委託時につけられた情報です。研究の進展により記載の情報が変わる可能性があります。 [整理番号75‐10‐0]

    商品コード: 2017082400623

  • 1931年04月06日
    日本電報通信社資料

    三菱造船長崎造船所で進水した一等巡洋艦「鳥海」=1931(昭和6)年4月5日、長崎市(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 1931040600006

  • 1946年08月06日
    長崎

    三菱長崎造船所=1946(昭和21)年8月、長崎(21年内地1890)

    商品コード: 2014061600521

  • 1946年08月06日
    長崎

    三菱長崎造船所=1946(昭和21)年8月、長崎(21年内地1886関連)

    商品コード: 2014061600514

  • 1946年08月06日
    長崎

    三菱長崎造船所=1946(昭和21)年8月、長崎(21年内地1888)

    商品コード: 2014061600517

  • 1946年08月06日
    長崎

    三菱長崎造船所=1946(昭和21)年8月、長崎(21年内地1888関連)

    商品コード: 2014061600518

  • 1948年08月25日
    貨客船「るり号」

    戦後日本での最優秀貨客船として三菱長崎造船で建造された「るり号」=1948(昭和23)年8月25日

    商品コード: 2004033000364

  • 1949年03月31日
    長崎市(10)

    三菱長崎造船所=整理1949(昭和24)年3月、長崎市(24年内地番号なし)

    商品コード: 2016051800337

  • 1950年01月01日
    国際復帰目ざす造船界

    三菱重工長崎造船所(長崎市)=1950(昭和25)年1月1日掲載用 12月20日出稿 新年原稿(25年内地172)

    商品コード: 2013070800320

  • 1950年08月23日
    ドニア・アリシア号

    西日本重工長崎造船所がフィリピン向け輸出第1船として建造した「ドニア・アリシア号」=1950(昭和25)年8月撮影日不明(25年内地番号なし)

    商品コード: 2013121900781

  • 1951年05月23日
    東龍丸進水

    進水する東都海運の貨物船東龍丸=1951(昭和26)年5月23日、西日本工業長崎造船所(26年内地1599)

    商品コード: 2013080700134

  • 1951年07月06日
    高良丸

    大同海運の貨物船高良丸の進水式=1951(昭和26)年7月6日、西日本重工業長崎造船所第1船台(旧26年内地6044)

    商品コード: 2018082302438

  • 1951年09月19日
    ころんびあ丸進水式

    進水するころんびあ丸=1951(昭和26)年9月19日、西日本重工長崎造船所(26年内地2570)

    商品コード: 2013101700280

  • 1953年03月22日
    長崎県 長崎港、三菱重工長崎造船所

    長崎港と三菱重工業長崎造船所(左)。右は長崎市中心街=1953(昭和28)年3月22日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400867

  • 1955年08月07日
    油槽船ビードル号進水

    進水する油槽船ビードル号(三菱重工長崎造船所)=1955(昭和30)年8月7日 (30年内地1352)

    商品コード: 2012081400097

  • 1955年08月09日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所=1955(昭和30)年8月9日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041700657

  • 1955年08月09日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所=1955(昭和30)年8月9日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300755

  • 1955年10月09日
    空前の造船ブーム 日本の戦後復興原動力

    朝鮮戦争による特需などが引き金になった世界海運市場の活況は空前の造船ブームを生み出し、日本の戦後復興の大きな原動力となった=1955(昭和30)年10月9日、三菱造船長崎造船所

    商品コード: 1955100950001

  • 1957年08月09日
    三菱長崎造船所

    三菱長崎造船所全景=1957(昭和32)年8月9日

    商品コード: 2007011800322

  • 1957年11月15日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    長崎三菱造船所=1957(昭和32)年11月15日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300747

  • 1960年07月15日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    空から見た1960(昭和35)年7月当時の三菱長崎造船所、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300683

  • 1961年04月01日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    空から見た1961(昭和36)年4月当時の長崎三菱造船所、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300685

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1963年10月05日
    ミサイル護衛艦が進水

    進水する海上自衛隊最初の対空誘導ミサイル搭載護衛艦「あまつかぜ」=1963(昭和38)年10月5日、三菱重工長崎造船所

    商品コード: 2011080800187

  • 1966年04月30日
    長崎造船所、世界遺産候補 占勝閣

    郷土の名建築として名高い長崎三菱造船所内の占勝閣=1966(昭和41)年4月頃、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ

    商品コード: 2015031000254

  • 1966年10月01日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    空から見た三菱重工長崎造船所30万トンドック=1966(昭和41)年10月、長崎市、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300607

  • 1966年11月01日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所(左)=1966(昭和41)年11月、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041700649

  • 1966年11月01日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所(左)=1966(昭和41)年11月、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300744

  • 1967年11月10日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所=1967(昭和42)年11月10日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400916

  • 1968年03月19日
    世界最大タンカーが進水

    進水を待つ30万トンの世界最大タンカー=1968(昭和43)年3月19日、長崎市の三菱重工長崎造船所

    商品コード: 2011032800152

  • 1968年03月19日
    世界最大タンカーが進水

    船尾に取り付けられた直径7・2メートルのプロペラ=1968(昭和43)年3月19日、長崎市の三菱重工長崎造船所

    商品コード: 2011032800153

  • 1968年03月21日
    世界最大タンカーが進水

    ドックを離れる30万トンの世界最大タンカー=1968(昭和43)年3月21日、長崎市の三菱重工長崎造船所

    商品コード: 2011032800156

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1968年03月27日
    最新鋭護衛艦引き渡し式

    引き渡された海上自衛隊の最新護衛艦「きくづき」=1968(昭和43)年3月27日、長崎市の三菱重工長崎造船所(43年内地 1471)

    商品コード: 2011032800215

  • 1969年03月03日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所(手前)と長崎市街=1969(昭和44)年3月3日(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400868

  • 1969年05月31日
    長崎県 香焼島

    三菱重工業長崎造船所の100万トンドック建設が計画されている深堀・香焼の埋め立て地一帯=1969(昭和44)年5月31日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400343

  • 1969年05月31日
    長崎県 香焼島

    三菱重工業長崎造船所の100万トンドック建設が計画されている深堀・香焼の埋め立て地一帯=1969(昭和44)年5月31日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400344

  • 1969年05月31日
    長崎県 香焼島

    三菱重工業長崎造船所の100万トンドック建設が計画されている深堀・香焼の埋め立て地一帯=1969(昭和44)年5月31日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400923

  • 1970年04月20日
    造船所でドックの解体作業

    戦時標準船を建造していた10万トン・ビルヂングドックの解体作業(三菱重工長崎造船所)=1970(昭和45)年4月20日出稿、(45年内地2096)

    商品コード: 2010112200242

  • 1970年10月24日
    三菱重工長崎造船所で爆発

    爆発で屋根が吹き飛び煙突が折れた爆発現場=1970(昭和45)年10月24日午後、長崎市の三菱重工業長崎造船所で共同ヘリ (45年内地6111)

    商品コード: 2010121500137

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1970年10月25日
    長崎県 三菱長崎造船爆発事故

    造船所の第一機械組立工場の爆発現場=1970(昭和45)年10月25日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400331

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1970年10月25日
    長崎県 三菱長崎造船爆発事故

    造船所の第一機械組立工場の爆発現場=1970(昭和45)年10月25日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300813

  • 1970年11月10日
    長崎県 香焼島

    三菱重工業長崎造船所が100万トンドックを建設中の香焼島=1970(昭和45)年11月10日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400924

  • 1970年11月10日
    長崎県 香焼島

    三菱重工業長崎造船所が100万トンドックを建設中の香焼島=1970(昭和45)年11月10日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400925

  • 1971年09月12日
    長崎県 香焼

    三菱重工業長崎造船所が100万トンドックを建設中の香焼島=1971(昭和46)年9月12日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400926

  • 1972年12月10日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場=1972(昭和47)年12月10日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300812

  • 1972年12月10日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場=1972(昭和47)年12月10日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400910

  • 1972年12月10日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場=1972(昭和47)年12月10日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400911

  • 1972年12月10日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場=1972(昭和47)年12月10日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300991

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400872

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400873

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400874

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400875

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300787

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300970

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300971

  • 1973年05月15日
    長崎県 三菱造船香焼工場 100万トンドック

    三菱重工業長崎造船所香焼工場の100万トンドック=1973(昭和48)年5月15日、長崎県香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300972

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1976年06月11日
    第87松福丸の検証 長崎の漁船内で口論、放火

    爆発した第87松福丸機関室入り口(矢印)付近を調べる係官。検査中の機関室内で、下請け作業員の男が親類同士のいざこざから、親類の女子作業員にシンナーをかけ放火、爆発で3人が死亡、4人が負傷した=1976(昭和51)年6月11日午後5時30分ごろ、長崎市浪ノ平町の長崎造船で共同通信社特別ヘリから

    商品コード: 2013111100129

  • 1978年12月24日
    長崎県 三菱造船香焼工場

    三菱長崎造船所香焼工場=1978(昭和53)年12月24日、長崎県西彼杵郡香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300896

  • 1978年12月24日
    長崎県 三菱造船香焼工場

    三菱長崎造船所香焼工場=1978(昭和53)年12月24日、長崎県西彼杵郡香焼町(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041401035

  • 1980年12月22日
    長崎県 三菱造船香焼工場

    香焼町の三菱長崎造船所香焼工場=1980(昭和55)年12月22日、長崎県(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400371

  • 1980年12月22日
    長崎県 三菱造船香焼工場

    香焼町の三菱長崎造船所香焼工場=1980(昭和55)年12月22日、長崎県(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400372

  • 1980年12月22日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    飽ノ浦町の三菱長崎造船所=1980(昭和55)年12月22日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400378

  • 1982年05月20日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    長崎港の三菱長崎造船所=1982(昭和57)年5月20日、長崎市(本社機から)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400354

  • 1986年06月11日
    世界最大の備蓄タンク 洋上備蓄タンクが進水

    長崎県五島・青方湾にある、上五島石油備蓄会社が発注していた世界最大の第一号洋上備蓄タンクがこの日進水した=1986(昭和61)年6月11日、三菱重工長崎造船所・香焼工場で共同通信社ヘリから

    商品コード: 1986061250001

  • 1989年08月01日
    タンカー用プロペラ 世界最大のプロペラ完成

    完成した世界最大のタンカー用プロペラ=1989(平成元)年8月1日、三菱重工長崎造船所

    商品コード: 2008121700067

  • 1989年09月30日
    豪華客船が進水

    タグボートなどに誘導され、船尾からゆっくりドックを出る「クリスタルハーモニー」=1989(平成元)年9月30日午前9時30分、三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2009012900545

  • 1989年09月30日
    「難民」次々に漂着、政策見直し迫られる

    進水式を終え白く輝く豪華客船「クリスタルハーモニー」と、係留された木造の小さな難民船(手前)=1989(平成元)年9月30日午前10時10分、三菱重工業長崎造船所(1989(平成元)年国内十大ニュース9)

    商品コード: 2009012900547

  • 1990年11月08日
    家族と再会した本田さん イラク解放邦人ら帰国

    イラクから帰国し、妻の美智恵さん(右端)、娘の珠里さんと再会した三菱重工業長崎造船所社員の本田辰美さん=1990(平成2)年11月8日午後4時、長崎空港

    商品コード: 2018070501007

  • 1991年03月30日
    長崎県 長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所=1991(平成3)年3月30日、長崎市(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041300926

  • 1991年03月30日
    長崎県 長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所=1991(平成3)年3月30日、長崎市(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041401076

  • 1994年01月25日
    台船上のTSL 実験船前半部が長崎到着

    台船で運ばれて来たテクノスーパーライナー実験船の前半部=25日朝、長崎県・香焼町の三菱重工長崎造船所香焼工場

    商品コード: 1994012500019

  • 1994年02月23日
    TSL実験船 「飛翔」前、後半部を接合

    前半部(右部分)と後半部が接合された超高速貨物船実験船「飛翔」=21日、長崎県・香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場(交通、船舶)

    商品コード: 1994022300068

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年08月30日
    被爆直後の広島、長崎 大量の未発表写真見つかる

    )、社会S  英文の張り紙が付いた潜水艦用救急再圧治療装置の部品。三菱重工長崎造船所太田尾工場では特攻兵器の小型潜航艇「蛟竜」を建造していた

    商品コード: 1995083000055

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月09日
    兵器工場の小型潜水艦 被爆直後の未公開映像入手

    長崎造船所で建造されていた日本海軍の「蛟竜」とみられる小型潜水艦(長崎市が入手した映像から複写)(米進駐軍が1945年9月から11月を中心に撮影した)

    商品コード: 1996020900064

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1996年02月09日
    兵器工場の小型潜水艦 被爆直後の未公開映像入手

    長崎造船所で建造されていた日本海軍の「蛟竜」とみられる小型潜水艦(長崎市が入手した映像から複写)

    商品コード: 1996020900100

  • 1996年03月14日
    イージス艦みょうこう 海上自衛隊で3番目の配備

    海上自衛隊の舞鶴基地に配属されるイージス護衛艦「みょうこう」=14日午前、長崎市飽の浦町の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 1996031400030

  • 1999年12月14日
    説明受ける李主席 李瑞環主席が三菱重工視察

    三菱重工長崎造船所香焼工場で施設の説明を聞く中国政治協商会議の李瑞環主席(手前左)=14日午後、長崎県西彼杵郡香焼町(代表撮影)

    商品コード: 1999121400104

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年07月30日
    労組作製のパンフレット 兵器生産から平和を問う

    三菱重工業長崎造船所の労組が作製したパンフレット「平和都市長崎における三菱の兵器生産」

    商品コード: 2000073000018

  • 2000年08月08日
    長崎造船所の殉難碑 55年ぶりに名前を発見

    上柳田高男さんの名前が刻まれた「原爆殉難者芳名碑」=6日、長崎市の三菱重工業長崎造船所社員寮

    商品コード: 2000080800136

  • 2000年12月09日
    長崎県 三菱重工長崎造船所

    三菱重工業長崎造船所香焼工場=2000(平成12)年12月9日、長崎市(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    商品コード: 2017041400765

  • 2002年05月25日
    ダイヤモンド・プリンセス 世界最大級の客船が進水

    進水した世界最大級の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」=25日午前、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2002052500017

  • 2002年06月07日
    和解成立で喜ぶ原告ら 長崎造船じん肺訴訟が和解

    長崎造船じん肺訴訟で和解が成立し、長崎地裁前で喜ぶ原告ら=7日午後

    商品コード: 2002060700174

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年10月04日
    現場検証に入る捜査員ら 豪華客船火災で現場検証

    長崎県警の捜査員らが現場検証に入る、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の火災現場=4日午前10時10分、長崎市・長崎港の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2002100400038

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年10月04日
    現場検証に向かう消防局員ら 豪華客船火災で現場検証

    火災に遭った豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の現場検証に向かう長崎市消防局の職員ら=4日午前10時5分、長崎市・長崎港の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2002100400043

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年10月07日
    会見する八坂総務部長 火災前に4件の不審火

    記者会見する三菱重工業長崎造船所の八坂直樹総務部長=7日夜

    商品コード: 2002100700247

  • 2003年02月19日
    新旧プリンセス号 火災客船の復旧急ピッチ

    三菱重工業長崎造船所の香焼工場で復旧作業が進む旧「ダイヤモンド・プリンセス」(上)。下は本工場で建造中の、当初「サファイア・プリンセス」となる予定だった新「ダイヤモンド・プリンセス」=19日、共同通信社ヘリから

    商品コード: 2003021900147

  • 2003年04月12日
    ダイヤモンド・プリンセス 長崎で最大級客船が進水

    関係者が集まり華やかに行われた世界最大級の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の進水式=12日午前、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2003041200040

  • 2003年05月26日
    視察する駐日英国大使 英大使が豪華客船視察

    建造中の豪華客船ダイヤモンド・プリンセス(左)を視察するスティーブン・ゴマソール駐日英国大使(右から2人目)=26日午後、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2003052600124

  • 2003年05月27日
    建造中の豪華客船で 客船火災想定し消火訓練

    建造中の豪華客船ダイヤモンド・プリンセスで行われた消火訓練=27日午前、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2003052700083

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年05月09日
    火災があったフェリー 建造中のフェリーで火災

    機関室で火災があった建造中のフェリー「はまなす」=9日午後5時、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2004050900096

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年05月10日
    フェリーの現場検証 フェリー火災で現場検証

    火災が起きたカーフェリー「はまなす」の現場検証で、甲板を調べる捜査員ら=10日午後、長崎市の三菱重工業長崎造船所

    商品コード: 2004051000174

  • 2004年11月24日
    深部探査船「ちきゅう」 ハイテク駆使し減災へ

    完成間近の地球深部探査船「ちきゅう」=長崎県香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場【編注】香焼町は05年1月4日、長崎市に編入

    商品コード: 2004112400102

  • 2004年11月24日
    深部探査船の「ちきゅう」 ハイテク駆使し減災へ

    完成間近の地球深部探査船「ちきゅう」=長崎県香焼町の三菱重工業長崎造船所香焼工場【編注】香焼町は05年1月4日、長崎市に編入

    商品コード: 2004112400103

  • 1
  • 2
  • 3