KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国江蘇省
  • 中国湖北省
  • 湖北省武漢
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 中鉄大橋
  • 高速道路
  • 江蘇省南京市
  • 道路併用
  • 鉄道道路

「長江大橋」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
206
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
206
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 01:09.84
    2020年12月14日
    「新華社」中国初の鉄道道路併用つり橋が開通江蘇省鎮江市

    中国江蘇省鎮江市で11日、中国初の鉄道道路併用つり橋、五峰山長江大橋が開通した。全長6・4キロ、メインスパン(主径間)は1092メートルで、橋の上層には8車線の高速道路が、下層には高速鉄道が通る。設計速度は高速道路が時速100キロ、高速鉄道は時速250キロとなっている。橋は江蘇省の連雲港市と鎮江市を結ぶ高速鉄道の重要な一部分。高速鉄道も同日開通し、連雲港市から上海市までの移動時間は従来の11時間から3時間に短縮された。(記者/呉新生)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    ケーソン工事にスマートしゅんせつロボット導入常泰長江大橋

    19日、常泰長江大橋6号主塔橋脚のケーソン工事で作業員の指示の下、入水する戦車型スマートしゅんせつロボット。中国江蘇省の常州市と長江対岸の泰興市を結ぶ斜張橋「常泰長江大橋」の6号主塔橋脚施工現場でこのほど、中国が開発したスマートロボットが川底から土砂を取り除くしゅんせつ工事を開始した。橋脚建設ではケーソンと呼ばれる大型の構造物を川底に沈めるため土砂をしゅんせつする必要がある。このロボットは従来型のしゅんせつ機では対応できなかった箇所からも土砂を取り除くことが可能で、今後の橋梁工事で広く導入され施工効率が大幅に向上することが期待される。(常州=新華社配信/胡旭)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    ケーソン工事にスマートしゅんせつロボット導入常泰長江大橋

    19日、常泰長江大橋6号主塔橋脚のケーソン工事で作業員の指示の下、入水する戦車型スマートしゅんせつロボット。中国江蘇省の常州市と長江対岸の泰興市を結ぶ斜張橋「常泰長江大橋」の6号主塔橋脚施工現場でこのほど、中国が開発したスマートロボットが川底から土砂を取り除くしゅんせつ工事を開始した。橋脚建設ではケーソンと呼ばれる大型の構造物を川底に沈めるため土砂をしゅんせつする必要がある。このロボットは従来型のしゅんせつ機では対応できなかった箇所からも土砂を取り除くことが可能で、今後の橋梁工事で広く導入され施工効率が大幅に向上することが期待される。(常州=新華社配信/胡旭)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    ケーソン工事にスマートしゅんせつロボット導入常泰長江大橋

    19日、常泰長江大橋6号主塔橋脚のケーソン工事で作業員の指示の下、入水する戦車型スマートしゅんせつロボット。中国江蘇省の常州市と長江対岸の泰興市を結ぶ斜張橋「常泰長江大橋」の6号主塔橋脚施工現場でこのほど、中国が開発したスマートロボットが川底から土砂を取り除くしゅんせつ工事を開始した。橋脚建設ではケーソンと呼ばれる大型の構造物を川底に沈めるため土砂をしゅんせつする必要がある。このロボットは従来型のしゅんせつ機では対応できなかった箇所からも土砂を取り除くことが可能で、今後の橋梁工事で広く導入され施工効率が大幅に向上することが期待される。(常州=新華社配信/胡旭)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    重慶中心部、長江と嘉陵江が増水ピークに各所で上限水位超え

    19日、長江が増水ピークを迎えた重慶市東水門長江大橋付近。(小型無人機から)中国重慶市中心部を流れる長江と嘉陵江(かりょうこう)は19日、上流で続いた大雨の影響により、今年最大の増水に見舞われた。長江上流の本流と複数の支流の増水ピークが重なったことで、両河川の重慶流域の水位は上限水位を大幅に超過。長江の水位は1981年以来の最高位に達することが見込まれる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    五峰山長江大橋で静的載荷試験実施江蘇省

    13日、五峰山長江大橋。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の鉄道道路併用のつり橋、五峰山長江大橋でこのほど、静的載荷試験が行われ、鉄道と道路の各床版への同時載荷を実施した。同橋は連雲港市と鎮江市を結ぶ連鎮高速鉄道の、揚州・鎮江区間に長江を跨ぐ形で建設される。全長6409メートル、メインスパン1092メートルで、上層は設計時速100キロの高速道路8車線(片側4車線)、下層は設計時速250キロの高速鉄道4線となる。(南京=新華社配信/崔永興)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月13日
    五峰山長江大橋で静的載荷試験実施江蘇省

    13日、五峰山長江大橋。(小型無人機から)中国江蘇省で建設中の鉄道道路併用のつり橋、五峰山長江大橋でこのほど、静的載荷試験が行われ、鉄道と道路の各床版への同時載荷を実施した。同橋は連雲港市と鎮江市を結ぶ連鎮高速鉄道の、揚州・鎮江区間に長江を跨ぐ形で建設される。全長6409メートル、メインスパン1092メートルで、上層は設計時速100キロの高速道路8車線(片側4車線)、下層は設計時速250キロの高速鉄道4線となる。(南京=新華社配信/崔永興)=2020(令和2)年8月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    酷暑を恐れず作業に励む「橋の守護者」南京市

    6日、南京長江大橋の工事現場で、ボルトを外す作業員。中国江蘇省南京市では連日、気温のかなり高い日が続いている。中国鉄路上海局集団南京橋作業区にある南京大橋の工事現場では、作業員約80人が高温と猛暑を恐れずに持ち場を守り、列車の安全な運行の確保を目指している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    酷暑を恐れず作業に励む「橋の守護者」南京市

    6日、南京長江大橋の作業現場で、枕木を交換する作業員。中国江蘇省南京市では連日、気温のかなり高い日が続いている。中国鉄路上海局集団南京橋作業区にある南京大橋の工事現場では、作業員約80人が高温と猛暑を恐れずに持ち場を守り、列車の安全な運行の確保を目指している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    酷暑を恐れず作業に励む「橋の守護者」南京市

    6日、南京長江大橋の工事現場で、枕木の寸法を確認する作業員。中国江蘇省南京市では連日、気温のかなり高い日が続いている。中国鉄路上海局集団南京橋作業区にある南京大橋の工事現場では、作業員約80人が高温と猛暑を恐れずに持ち場を守り、列車の安全な運行の確保を目指している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    酷暑を恐れず作業に励む「橋の守護者」南京市

    6日、南京長江大橋の工事現場で、枕木を固定するボルトを取り付ける作業員。中国江蘇省南京市では連日、気温のかなり高い日が続いている。中国鉄路上海局集団南京橋作業区にある南京大橋の工事現場では、作業員約80人が高温と猛暑を恐れずに持ち場を守り、列車の安全な運行の確保を目指している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    酷暑を恐れず作業に励む「橋の守護者」南京市

    6日、南京長江大橋の工事現場で、ナットを締め、枕木を固定する作業員。中国江蘇省南京市では連日、気温のかなり高い日が続いている。中国鉄路上海局集団南京橋作業区にある南京大橋の工事現場では、作業員約80人が高温と猛暑を恐れずに持ち場を守り、列車の安全な運行の確保を目指している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月06日
    酷暑を恐れず作業に励む「橋の守護者」南京市

    6日、南京長江大橋の工事現場で、保安灯を設置する作業員中国江蘇省南京市では連日、気温のかなり高い日が続いている。中国鉄路上海局集団南京橋作業区にある南京大橋の工事現場では、作業員約80人が高温と猛暑を恐れずに持ち場を守り、列車の安全な運行の確保を目指している。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋を渡る南通発の列車。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋の開通式。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋の開通式で写真を撮る中鉄大橋局集団の建設者代表。中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋を渡る南通発の列車。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋の開通式。中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月01日
    蘇州と南通を結ぶ「滬蘇通長江公鉄大橋」が開通江蘇省

    1日、滬蘇通長江公鉄大橋。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市と南通市を結ぶ滬蘇通(こそつう)長江公鉄大橋が1日、開通した。鉄道道路併用橋として建設され、高速道路と在来の旅客・貨物併用線、高速鉄道線の三つが同時に長江をまたぐ。大橋を渡る滬蘇通鉄道(上海‐蘇州‐南通)も同日開業した。同橋は滬蘇通鉄道の重要な結節点であり、同路線の建設を左右する最も重要な工程とされた。全長は11・072キロ。建設は中国国有鉄道運営会社の中国国家鉄路集団が主導し、完成までに6年4カ月の年月を要した。同橋の開通により、長江両岸の高速道路網が効果的に接続され、蘇通大橋や江陰長江大橋の交通圧力も緩和される。(張家港=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月30日
    中国在住の日本人監督、武漢密着ドキュメンタリーが話題に

    「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」で紹介された武漢長江大橋。(スクリーンショット)中国南京在住の日本人ドキュメンタリー監督、竹内亮さんによる中国湖北省武漢市の人々に密着した作品「好久不見、武漢(お久しぶりです、武漢)」の配信がこのほど始まり、好評を博している。作品は同市の人々が新型コロナウイルスと闘った日々や闘いを終えた現在の生活状況をリアルに表現した。竹内監督は今月初め、1月下旬から2カ月半にわたり都市封鎖(ロックダウン)されていた武漢を訪れ、現地の10人に話を聞いた。「武漢のありのままの姿を世界に伝えたい。一方で、武漢に行くのが怖い。そんな思いから始まったこの作品を通じて、多くの人に今の武漢を知ってもらいたい」と話す。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:26.14
    2020年05月26日
    「新華社」設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    中国で建設が進む安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。全国初の長江に架かる設計時速350キロの鉄道橋として、最初の鋼箱桁の架設が完了し、今後は上部構造の施工段階に入る。同大橋は2本の主塔からのケーブルが交差する2面吊りの斜張橋で、主径間長は672メートル、4線の鉄道が走行できる設計。うち2線は時速350キロの高速鉄道、2線は時速200キロの貨客併用鉄道となる。施工を担当する中鉄大橋局の責任者によると、同大橋は中国初の設計時速350キロの長江をまたぐ鉄道橋で、高速鉄道列車が減速せずに通過することができるという。これまでの斜張橋では主塔を中心としてケーブルが左右対称に広がっており、ケーブル同士が重なり合うことはなかったが、同大橋では2本の主塔の間のケーブルを72メートルにわたって交差させることで、橋全体の安定性をより一層高めている。中国初の交差ケーブル方式の斜張橋ともなる。(記者/熊琦)<映像内容>鯿魚洲長江大橋の桁の架設の様子、撮影日:2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    26日、鯿魚洲長江大橋の鋼箱桁架設工事現場。中国の安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    26日、鯿魚洲長江大橋の鋼箱桁架設工事現場。中国の安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    26日、鯿魚洲長江大橋の鋼箱桁架設工事現場。中国の安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    26日、鯿魚洲長江大橋の鋼箱桁架設工事現場。中国の安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    26日、鯿魚洲長江大橋の鋼箱桁架設工事現場。中国の安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    設計時速350キロの鉄道橋、鯿魚洲長江大橋で桁の架設始まる

    26日、鯿魚洲長江大橋の鋼箱桁架設工事現場。中国の安徽省安慶市と江西省九江市を結ぶ鉄道の鯿魚洲長江大橋(安九鉄路長江大橋)で26日午前10時ごろ、南岸側の主塔の桁の上に重さ592トンの鋼箱桁が慎重に設置された。(武漢=新華社配信)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:05.60
    2020年04月29日
    「新華社」赤壁長江大橋、主塔の構造工事が完了3交代勤務で工期挽回

    中国湖北省赤壁市で中鉄大橋局が建設を進める赤壁長江大橋は、4月29日までに主塔2本の主体構造工事が完了した。合成斜張橋としては世界最大の主径間を持つ同橋の主塔工事は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けたものの、工事再開後は三交代勤務を実施して工期を1カ月短縮。作業中止による工期の遅延を半分まで縮めた。全長5572メートル、主径間長720メートルの同橋は、後漢末期の「三国志」の時代に赤壁の戦いがあったとされる地点の上流約6キロに位置する。片側3車線で最高時速100キロの2塔2面吊り方式端2箱桁RC梁斜張橋で、プロジェクト投資総額は32憶5千万元元(1元=約15円)。主塔の高さは北側217・33メートル、南側223メートルで、使用したコンクリートは4万2262立方メートル。主塔構造の工事が完了したことで、今後は橋梁の架設に入る。(記者/熊琦)<映像内容>赤壁長江大橋の建設、撮影日:2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋で写真を撮る市民。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋で散歩する市民。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の上で乗客を乗せて走る10番線バス。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月25日
    通常に戻りつつある市民生活湖北省武漢市

    25日、武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋を往来する自動車。中国湖北省武漢市ではこのところ、新型コロナウイルスの感染状況が徐々に好転するのに伴い、市民生活が通常に戻りつつある。(武漢=新華社記者/費茂華)=2020(令和2)年3月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月27日
    新型コロナウイルス肺炎の対策進む武漢市

    27日、武漢長江大橋を走行する車。(小型無人機から)中国湖北省武漢市では、新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防と拡大防止対策が引き続き行われている。27日、市内で人々の生活の様子などを撮影した。(武漢=新華社記者/程敏)=2020(令和2)年1月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.32
    2020年01月24日
    「新華社」「春運」迎えた九江長江大橋、点検整備を強化

    中国江西省九江市と湖北省黄梅県を結ぶ九江長江大橋は京九鉄道(北京~香港・九竜)の要衝となっている。中国鉄路南昌局の九江橋工区では春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢)開始以来、重点設備に対する点検・整備を強化。作業員30人余りが120分間の列車運行の合間に、同橋上の損傷したレールを交換している。作業員らが各工程を整然と実施する間にも、道路橋の自動車の流れは絶えず、鉄道橋では列車が鋭い音を立てながら通過しており、忙しさの中に秩序ある春運の情景を形作っている。(記者/劉彬)<映像内容>九江長江大橋で春運の点検・整備の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    8車線48メートル橋面幅が最大の長江大橋、年内竣工へ

    7日、武漢市で建設工事が進む青山長江大橋。中国湖北省武漢市の周先旺(しゅう・せんおう)市長は7日の市政府活動報告で、建設中の武漢青山長江大橋を2020年内に完成させる方針を示した。大橋の全長は7548メートル。主橋部は長江の中州、天興州を跨ぐ。橋面幅は48メートルで、8車線(片側4車線)の高速道路として設計されており、さらに予備車線2本を持つ。長江に架かる橋の中で橋面幅が最も広い。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    8車線48メートル橋面幅が最大の長江大橋、年内竣工へ

    7日、青山長江大橋の建設現場で作業を行う作業員。中国湖北省武漢市の周先旺(しゅう・せんおう)市長は7日の市政府活動報告で、建設中の武漢青山長江大橋を2020年内に完成させる方針を示した。大橋の全長は7548メートル。主橋部は長江の中州、天興州を跨ぐ。橋面幅は48メートルで、8車線(片側4車線)の高速道路として設計されており、さらに予備車線2本を持つ。長江に架かる橋の中で橋面幅が最も広い。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    8車線48メートル橋面幅が最大の長江大橋、年内竣工へ

    7日、武漢市で建設中の青山長江大橋。中国湖北省武漢市の周先旺(しゅう・せんおう)市長は7日の市政府活動報告で、建設中の武漢青山長江大橋を2020年内に完成させる方針を示した。大橋の全長は7548メートル。主橋部は長江の中州、天興州を跨ぐ。橋面幅は48メートルで、8車線(片側4車線)の高速道路として設計されており、さらに予備車線2本を持つ。長江に架かる橋の中で橋面幅が最も広い。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月07日
    8車線48メートル橋面幅が最大の長江大橋、年内竣工へ

    7日、青山長江大橋の建設現場で作業を行う作業員。中国湖北省武漢市の周先旺(しゅう・せんおう)市長は7日の市政府活動報告で、建設中の武漢青山長江大橋を2020年内に完成させる方針を示した。大橋の全長は7548メートル。主橋部は長江の中州、天興州を跨ぐ。橋面幅は48メートルで、8車線(片側4車線)の高速道路として設計されており、さらに予備車線2本を持つ。長江に架かる橋の中で橋面幅が最も広い。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:24.04
    2020年01月07日
    「新華社」8車線48メートル橋面幅が最大の長江大橋、年内竣工へ

    中国湖北省武漢市の周先旺(しゅう・せんおう)市長は7日の市政府活動報告で、建設中の武漢青山長江大橋を2020年内に完成させる方針を示した。大橋の全長は7548メートル。主橋部は長江の中州、天興州を跨ぐ。橋面幅は48メートルで、8車線(片側4車線)の高速道路として設計されており、さらに予備車線2本を持つ。長江に架かる橋の中で橋面幅が最も広い。大スパン、重積載荷重、広全幅という特徴を持つ同大橋は、複数の世界記録を打ち立てている。938メートルの主径間長はフローティング形式斜張橋としては現時点で世界最長であり、A字形の主塔の高さも世界最高だという。同大橋は完成すると武漢市で11番目の長江大橋となる。本体工事はほぼ完了しており、高さ271・5メートルの主塔も最上部の工事が完了している。(記者/馮国棟)<映像内容>建設中の武漢青山長江大橋の様子、撮影日:2020(令和2)年1月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:42.56
    2020年01月06日
    「新華社」「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(記者/馮国棟)<映像内容>神話テーマパーク「大禹神話園」の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.87
    2020年01月06日
    「新華社」伍家崗長江大橋、パイロットロープの架設作業が完了湖北省宜昌市

    メインスパンが1160メートルに達する中国湖北省宜昌(ぎしょう)市の伍家崗(ごかこう)長江大橋でこのほど、パイロットロープを対岸まで架設する作業が無事完了した。中交第二航務工程局(中交二航局)の建設作業員たちの正確な作業により、重さ10トン余りのパイロットロープが長江の上に張られ、南北両方のメインタワーが初めて結ばれた。これにより同市で9本目となる長江をまたぐ大橋の上部構造の施工が始まった。伍家崗長江大橋は同市の市街地では初となるメインスパン千メートル級の橋で、2主塔の鋼鉄箱桁式のつり橋となる。全長2813メートル、メインスパン1160メートルで、「長江をひとまたぎ」している。この橋は2017年初めに着工し、今年9月に南北両岸の主塔が完成した。大橋の建設は中交二航局と中建三局集団が共同で担当している。(記者/李勁峰)<映像内容>伍家崗長江大橋のパイロットロープの架設作業が完了、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:13.04
    2019年12月24日
    「新華社」武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。関羽像の高さは約2メートル。よろいを身に着け、右手に馬を洗うブラシを持ち、川に向かって立っている。兵士は腰をかがめて馬にくらを乗せる準備をしている。赤兎馬は前足を高く上げ、躍動感に満ちている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。同地は武漢の「三国文化」を代表する場所であり、周辺の「洗馬長街」付近には晴川閣や鉄門関、魯粛(ろしゅく)墓など多くの歴史・文化遺跡が保存されているほか、近年整備された「大禹神話園」もある。晴川閣の西の亀山では「兵法三十六計」を説明する「計謀殿」の建設も進んでいる。(記者/馮国棟)<映像内容>関羽洗馬処の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された彫刻作品「偷窃息壌」(とうせつそくじょう、中国の古代神話に登場する魔法の土を盗む)。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、高さ5メートルの青銅彫刻(ブロンズ)作品「大禹降生」。大禹の誕生をめぐる不思議なストーリーを表現している。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園で彫刻作品「浩浩洪水」(滔々たる洪水)を見つめる観光客。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された銅彫刻(ブロンズ)作品。大禹が竜の馬車に乗って9つの鼎(かなえ)を検閲したという神話をモチーフにしている。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園の入口にある石碑。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された彫刻作品「臨危受命」(危機に臨んで命を受ける)。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された彫刻作品「偷窃息壌」(とうせつそくじょう、中国の古代神話に登場する魔法の土を盗む)。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された鼎(かなえ)を背負う豚をモチーフにした塑像。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された彫刻作品「搏殺相柳」(相柳を撲殺する。相柳は中国の古代神話に登場する怪物)。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された彫刻作品「搏殺相柳」(相柳を撲殺する。相柳は中国の古代神話に登場する怪物)。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園の中核となる石刻レリーフ。幅88メートル、高さ5・6メートルの同作品は、大禹の幼少時代から「大禹治水」(大禹が黄河の治水に成功したという神話)に至るまでのストーリーを再現している。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園の中核となる石刻レリーフ。幅88メートル、高さ5・6メートルの同作品は、大禹の幼少時代から「大禹治水」(大禹が黄河の治水に成功したという神話)に至るまでのストーリーを再現している。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された鼎(かなえ)を背負う動物の塑像。大禹が天下を9つの州に分け、豚・亀など「九州」を象徴する9種の動物が中国古代の器物の一種、鼎(かなえ)を背負って大禹の検閲を受けたという神話をモチーフにしている。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、大禹神話園に設置された彫刻作品「臨危受命」(危機に臨んで命を受ける)。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月24日
    「大禹治水」のストーリーを再現した神話テーマパークをゆく湖北省

    24日、「武漢長江大橋」のたもとにある大禹神話園を訪れた観光客。中国湖北省武漢市を流れる長江にかかる「武漢長江大橋」のたもとにある大禹(だいう)神話園は、中国最大の上古時代をモチーフにした神話テーマパークで敷地面積2万4千平方メートル。2006年に完成し、オープンした。園内には中国の古代神話「鯀(こん、禹の父)禹(大禹)治水」のストーリーを表現した彫刻作品13組が設置されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとに立つ「関羽洗馬処」石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとにある関羽の武器「青竜偃月刀」の石彫。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとに立つ「関羽洗馬処」石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ赤兎馬と兵士の像。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の近くにある大禹神話園を見学する観光客。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとにある「関羽洗馬口」の由来が書かれた石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、武漢長江大橋のたもとに立つ関羽像。奥は「関羽洗馬処」石碑。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の付近にある晴川閣を見学する観光客。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ関羽と赤兎馬、兵士の銅像。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ兵士の像。腰をかがめ馬にくらを乗せる準備をしている。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の付近にある鉄門関。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑に記された「関羽洗馬処」の文字。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、関羽洗馬口の付近で建設中の「計謀殿」。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月20日
    武漢長江大橋に残る三国時代の史跡「関羽洗馬口」湖北省

    20日、石碑の傍らに立つ高さ約2メートルの関羽像。中国湖北省武漢市の漢陽区と武昌区を結ぶ武漢長江大橋の漢陽側のたもとには、「関羽洗馬処」と記された漢代様式の石碑がある。傍らには関羽と愛馬の赤兎馬、馬を洗う兵士の銅像が置かれている。同区史志弁公室の担当者によると、約1800年前の三国時代、関羽は現在の湖北省を含む荊州(けいしゅう)の守備を任されており、夏口(現在の漢陽区)に駐屯していた。地元には、関羽が当時頻繁に長江の岸辺で赤兎馬を洗ったという言い伝えがあり、その場所が「関羽洗馬口」として残されている。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の下部。職人が苦心して黄鶴楼を建築する過程が詳しく描かれている。壁画には職人のそばで戈(か)と呼ばれる武器を持って監督する兵士が描かれ、黄鶴楼が当初は軍事施設だったことを示している。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」を鑑賞する観光客。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の細部。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」の上部。劉備が船に乗り、危機から脱するのに成功した場面を詳しく描いている。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「孫権築城」の上部。最上部には黄鶴楼創建時の歴史的背景、2段目には孫権がやぐらに地方官吏を呼び出し城壁の設計図をチェックする場面が描かれている。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月08日
    黄鶴楼の壁画が伝える三国志の物語湖北省武漢市

    8日、黄鶴楼の壁画「周瑜設宴」。中国湖北省武漢市にある黄鶴楼は三国時代、呉の黄武2年(西暦223年)の創建で、歴史の中で何度も焼失と再建を繰り返し、明、清の時代だけで7回も破壊された。武漢長江大橋の建造に際して移転され、現在の黄鶴楼は元の地点から約1キロ離れた市内の長江南岸の蛇山に位置する。清代に破壊された建物を再建し、1985年に完成し一般開放された。5層の黄鶴楼は歴史の精華の上に、新たな特色もはっきり示している。最高ランクの国家5A風景区に指定されており、武漢のランドマーク的存在の歴史的建造物となっている。黄鶴楼の2階展示室には、三国志の物語を伝える2枚の壁画がある。1枚は「孫権築城」と題する壁画で、漢代の画像磚(がぞうせん、図案を彫刻したれんが)の手法を用い、呉の孫権が黄鶴楼を築いた場面を再現している。もう1枚は「周瑜設宴」と題され、人質にしようと企む周瑜に黄鶴楼での宴に招かれた劉備が、諸葛亮の機転で劉備が難を逃れる「劉玄徳酔走黄鶴楼」の逸話を中央美術学院の孫景波(そん・けいは)教授が描いた。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2019(令和元)年12月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:42.18
    2019年10月08日
    「新華社」長江初の2層式道路橋が開通

    中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(記者/王斯班、李勁峰)<映像内容>開通した武漢楊泗港長江大橋の風景、撮影日:2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月08日
    長江初の2層式道路橋が開通

    8日、正式に開通した武漢楊泗港長江大橋。(小型無人機から)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影、小型無人機から)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影、小型無人機から)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影、小型無人機から)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月25日
    長江初の2層式道路橋が開通

    正式開通を待つ武漢楊泗港長江大橋。(9月25日撮影、小型無人機から)中国湖北省武漢市で8日、長江に架かる橋としては初の2層式道路橋となる武漢楊泗港(ようしこう)長江大橋が正式に開通した。同橋の長さは4・13キロ、最大支間長は1700メートル。上層部は片側3車線の都市高速道路で、設計速度は時速80キロ。下層部は片側3車線の都市幹線道路で、設計速度は時速60キロとなっている。(武漢=新華社記者/熊琦)=2019(令和元)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月24日
    五峰山長江大橋、最初の鋼桁架設を完了

    24日、五峰山長江大橋の鋼桁架設作業。中国江蘇省で建設中の五峰山長江大橋で24日午後、メインスパン(主径間)最初のブロックの鋼梁架設が無事完了し、中国初となる鉄道道路併用つり橋の建設は大きな進展を得た。(鎮江=新華社配信/中鉄大橋局提供)=2019(令和元)年9月24日、クレジット:中鉄大橋局/新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、長江を途切れることなく往来する船舶の近くに雄大に立つ滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、空に架かった橋のように伸びる滬通長江大橋の主塔。単体ケーブルの吊り上げ重量は1千トン近くあり、乗用車600台以上を十分につり上げることができる。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、朝日に照らされた滬通長江大橋。中国江蘇省で建設中の滬通(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月20日
    世界最長径間の鉄道道路併用斜張橋が接合江蘇省

    20日、空を目指して高く伸びる滬通長江大橋の主塔。中国江蘇省で建設中の(こつう、上海・南通)長江大橋が20日、最終区間の鋼桁の溶接を終え接合した。これにより、世界最長径間を持つ鉄道道路併用斜張橋の本体構造が完成した。同大橋は中国国家鉄路集団が建設を主導し、中鉄大橋勘測設計院が設計、中鉄大橋局が施工した。全長1万1072メートル、主橋部分の長さ2296メートル、主径間長1092メートルに達し、中国最長の径間を持つ斜張橋、また世界で初めて径間が千メートルを超える鉄道道路併用斜張橋となる。これまでに同大橋の工事に使われた鋼鉄は48万トン、コンクリートは230万立方メートルに上る。この施工量は世界の橋建設史上、極めて珍しい。完成後は、風力13級の台風(最大風力37・0~41・4メートル)と10万トン級の船舶の衝突に耐えることができる。(張家港=新華社配信/中鉄大橋局)=2019(令和元)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3