KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 文字
  • 文化財
  • 内容
  • 発明
  • 記者
  • 記録媒体
  • 中華民族
  • 会期
  • 展覧会

「長沙簡牘博物館」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
56
( 1 56 件を表示)
  • 1
56
( 1 56 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北魏時代の「仏教造像碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005713

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005708

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「富弼墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005710

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「張之甫墓誌銘」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005717

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された新石器時代・仰韶文化期の刻符彩陶(約7千~5千年前)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005659

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005706

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北斉時代の「故假黄鉞太師太尉蘭陵忠武王碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005760

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

    商品コード: 2020011005707

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005721

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北斉時代の「造像刊経碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005723

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「武則天撰書『昇仙太子之碑』」の拓本(中央)を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005719

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005729

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を鑑賞する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005642

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された商代甲骨文(約紀元前1600年~前1046年)。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005697

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代画像磚の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005705

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された拓本を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005727

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「陳専墓誌銘(蓋)」の拓本を撮影する来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005733

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された西周時代「毛公鼎」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005667

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代画像磚の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005732

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「富直方墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005715

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された「宮一品太監劉華仁墓誌銘」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005695

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された北宋時代の「范仲淹神道碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005700

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された唐代の「李佑墓誌銘(蓋)」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005724

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で展示された漢代の「『富貴昌』文字碑」の拓本。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005726

  •  甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる
    2020年01月03日
    甲骨から摩崖石刻まで長沙で金石拓本の展覧会始まる

    3日、長沙簡牘博物館で拓本の採拓を実演するスタッフ。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館で3日、器物や石碑などの銘文を写し取った金石拓本を一堂に集めた展覧会「書道圭臬・中原巨碑名志拓片展」が開幕した。文化財の形状や文字を墨で紙に写し取る拓本は、中華民族の文化を後世に伝える重要な手段の一つとなっている。同展には、商(殷)・周代から明・清代にわたる甲骨や青銅器、石碑、墓誌、画像石、摩崖(まがい)石刻などを採拓した作品196点が展示される。会期は2月10日まで。(長沙=新華社配信/陳思汗)=2020(令和2)年1月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020011005759

  •  三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省
    2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館で展示品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120805998

  •  三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省
    2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている簡牘。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120806011

  •  三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省
    2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館で展示品を見つめる来場者。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120805985

  •  三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省
    2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている後漢の簡牘と出土品。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120806081

  •  三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省
    2020年12月06日
    三国時代の名品を展示、長沙簡牘博物館を訪ねて湖南省

    6日、長沙簡牘博物館に展示されている三国時代の標識用の木札。中国湖南省長沙市の長沙簡牘(かんどく)博物館は同市で出土した10万点余りの呉(三国時代)、漢代の紀年をもつ簡牘や青銅、漆木、書画などを所蔵している。週末や休日になると、簡牘の文化的な魅力を楽しむ人たちでにぎわう。中国では紙が発明されるまで、記録手段のひとつとして、木や竹の札に文字を記した「簡牘」が使われていた。納税や戸籍、司法などの状況が記され、その内容は当時の社会、政治、経済、軍事と多分野に及んでいる。(長沙=新華社記者/陳宇簫)=2020(令和2)年12月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020120805968

  •  (4)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市
    2022年01月11日
    (4)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    国家1級文化財の肩水金関漢簡「労辺使者過界中費」。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110008

  •  (5)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市
    2022年01月11日
    (5)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    長沙簡牘博物館で展示された簡牘。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110010

  •  (6)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市
    2022年01月11日
    (6)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    5日、長沙簡牘博物館で展示された簡牘。中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110005

  •  (2)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市
    2022年01月11日
    (2)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    国家1級文化財の懸泉置漢簡「元康四年鶏出入簿」。前漢宣帝の元康4(紀元前62)年、懸泉置を来訪した官吏や使者をもてなすために鶏肉が使われたことや、その出所が記されている。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011109997

  •  (3)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市
    2022年01月11日
    (3)古代の記録媒体「簡牘」の名品を一堂に展示湖南省長沙市

    甘粛省敦煌市の懸泉置遺跡から出土した国家1級文化財の帛書(はくしょ、絹布に書かれた書)の私信「元致子方書」。(資料写真)中国湖南省長沙市の長沙簡牘博物館で7日、同博物館と甘粛簡牘博物館の共催による「流沙墜簡ー甘粛出土簡牘文物精華展」が始まった。甘粛簡牘博物館が所蔵する、居延、肩水、懸泉置、敦煌、地湾の各遺跡から出土した「簡牘(かんどく、木や竹の札に文字を記したもの)」の名品316組(327点)を厳選して展示。国家1級文化財106点も含まれ、漢代の辺境駐屯兵の生活の様子を紹介している。(長沙=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年1月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022011110007

  •  (8)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (8)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘を脱色処理する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709209

  •  (2)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (2)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館で展示されている走馬楼西漢(前漢)簡の伏羲女媧(ふくぎじょか)図。(4月19日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709165

  •  (14)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (14)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘の保存状況を確認する専門家。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709301

  •  (20)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (20)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘をスキャンする職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709306

  •  (12)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (12)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館が開いた社会教育活動で、簡牘の洗浄や保護を体験する子ども。(3月16日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709273

  •  (11)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (11)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館が開いた社会教育活動で、簡牘の洗浄や保護を体験する子どもたち。(3月16日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709228

  •  (1)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (1)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館で展示されている三国時代の賦税簡。(4月19日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709164

  •  (7)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (7)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘を洗浄する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709204

  •  (5)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (5)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘を保護する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709199

  •  (19)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (19)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘を選別する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709302

  •  (16)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (16)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館が開いた社会教育活動で、簡牘の洗浄や保護について学ぶ子どもたち。(3月16日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709303

  •  (18)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (18)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館が開いた社会教育活動で、子どもたちに簡牘について説明する職員(奥中央)。(3月16日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709308

  •  (15)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (15)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館を見学する人たち。(4月19日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709300

  •  (4)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (4)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘の寸法や重量などを記録する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709167

  •  (3)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (3)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘をスキャンする職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709166

  •  (6)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (6)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘を洗浄する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709200

  •  (10)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (10)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館が開いた社会教育活動で、子どもたちに簡牘について説明する職員(左奥)。(3月16日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709213

  •  (17)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (17)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館で、来場者に展示を説明する解説員(左端)。(4月19日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709304

  •  (13)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (13)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館が開いた社会教育活動で、簡牘の洗浄や保護を体験する子どもたち。(3月16日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709272

  •  (21)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (21)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    長沙簡牘博物館を見学する人。(4月19日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709305

  •  (9)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る
    2024年05月07日
    (9)千年の時を超えた「百科全書」、簡牘の秘密を探る

    湖南省文物考古研究院の長沙銅官窯基地で、簡牘を取り出して保護処理する職員。(3月4日撮影)中国で紙の発明以前に文字を記すために使われた竹や木の札「簡牘(かんどく)」は、中華文明の重要な記録媒体で、大まかな統計によると、これまでに発見された数は30万枚を超える。中でも湖南省は簡牘の出土が多く、時系列が整い、内容も豊富なことから歴史研究で重要な価値を持つ。同省の簡牘の発掘、保護、整理研究で中心的役割を担う湖南省文物考古研究院では、職員が洗浄、脱色、乾燥、整形、接合、補修などの修復作業を行うほか、赤外線スキャンやデータ収集により今後の研究に備えている。同省長沙市の長沙簡牘博物館は、文化財を生かし、注目度を高めるため、シリーズ展示や青少年への普及などの活動を行い、簡牘が持つ中国の知恵や精神、価値を人々がより深く理解できるよう努めている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2024(令和6)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024050709210

  • 1