KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 国清寺
  • 栖霞寺
  • 玉泉寺
  • 世界複合遺産
  • 泰山
  • 記者
  • 古刹
  • 境内
  • 石碑

「長清区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
170
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
170
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市
    2019年07月09日
    元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市

    9日、墓の内部にある壁画。「大元国至元二十二年」と書かれている。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071202489

  •  元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市
    2019年07月09日
    元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市

    9日、墓のドーム天井にあるハスの花の浮き彫り。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071202529

  •  元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市
    2019年07月09日
    元代のれんが彫刻を施した壁画墓を発見山東省済南市

    9日、墓の内部にある壁画。中国山東省済南市長清区でこのほど、レンガ彫刻が施された元代の壁画墓が見つかった。済南市考古研究所によると、墓は比較的良い状態で保存されており、壁画は精緻で美しく内容も豊富で、かなり格式の高い墓と見られる。同研究所考古科の郭俊峰(かく・しゅんほう)科長によると、この墓の地下にある古代建築物は円形構造で、ドーム天井にはハスの花の形をした浮き彫りが施され、壁には祥雲(吉祥の雲)のような美しい壁画が描かれ、「大元国至元二十二年」(1285年)と書かれている。全体的な形状はモンゴルの包(パオ)によく似ており、南に向かって墓道に通じる扉があるようだ。(済南=新華社配信/郭俊峰)=2019(令和元)年7月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

    商品コード: 2019071202533

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701374

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701331

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701337

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701332

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701286

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701284

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701291

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701234

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701277

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701335

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701326

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701231

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、空から望む霊岩寺とその周辺の風景。(小型無人機から)中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701275

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701322

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701282

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701283

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701285

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701295

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701365

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701360

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿の一角。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701230

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701356

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701341

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701296

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701378

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701364

  •  表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省
    2019年10月31日
    表情豊かな羅漢像に癒されよう 悠久の歴史誇る霊岩寺をゆく 山東省

    10月31日、霊岩寺の千仏殿に並ぶ色鮮やかな羅漢像。中国山東省済南(さいなん)市長清区の万徳鎮にある霊岩寺は、千年以上の歴史を持ち、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産、「泰山」の一部になっている。同寺の千仏殿に安置されている色鮮やかな羅漢像40体は、精巧な作りで生き生きとした姿を見せている。このうち32体は北宋の治平3年(1066年)に造られ、残りの8体は明の万暦年間(1573~1620年)に補われたものだという。塑像の制作には写実性を追求することが重要視され、それぞれの羅漢の個性と特徴を表現し、内面世界を描き出すことに重きが置かれた。清末民初の政治家、歴史学者、文学者、梁啓超(りょう・けいちょう)に「国内屈指の塑像」と称えられた羅漢像40体は、現在も完全な状態で保存されている。(済南=新華社記者/郭緒雷)=2019(令和元)年10月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019110701373

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月17日
    複数の措置で企業の生産再開を促進山東省済南市

    17日、済南佳宝乳業で生産再開状況を調査する済南市長清区工業情報化局の職員(右)。同社は4日の生産再開後、製品構造を積極的に調整し、配送ルートを刷新して、消費者の需要に応えている。中国山東省済南市では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を行うと同時に、企業が生産・操業を再開する上で直面する原材料不足や人手不足などの難題を積極的に解決することで、早期再開を促進している。これまでに市内の工業、建築業、小売り・サービス業を含む一定規模以上(年商2千万元以上)の企業5024社が生産・操業を再開した。稼働率は61・7%、持ち場に戻った人は42万7千人に達している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022504028

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月17日
    複数の措置で企業の生産再開を促進山東省済南市

    17日、済南沃徳汽車零部件で従業員に感染予防について説明する済南市長清区社区(コミュニティ)の職員、劉岩岩(りゅう・がんがん)さん(左)。中国山東省済南市では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を行うと同時に、企業が生産・操業を再開する上で直面する原材料不足や人手不足などの難題を積極的に解決することで、早期再開を促進している。これまでに市内の工業、建築業、小売り・サービス業を含む一定規模以上(年商2千万元以上)の企業5024社が生産・操業を再開した。稼働率は61・7%、持ち場に戻った人は42万7千人に達している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022503944

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月17日
    複数の措置で企業の生産再開を促進山東省済南市

    17日、済南沃徳汽車零部件の従業員に体温計の使用方法を実演してみせる済南市長清区社区の職員、劉岩岩(りゅう・がんがん)さん(左)。中国山東省済南市では、新型コロナウイルスによる肺炎の予防・抑制を行うと同時に、企業が生産・操業を再開する上で直面する原材料不足や人手不足などの難題を積極的に解決することで、早期再開を促進している。これまでに市内の工業、建築業、小売り・サービス業を含む一定規模以上(年商2千万元以上)の企業5024社が生産・操業を再開した。稼働率は61・7%、持ち場に戻った人は42万7千人に達している。(済南=新華社記者/朱崢)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020022504026

  •  山東省で北宋時代の大型石刻画を発見制作年が記された希少な例
    2020年05月27日
    山東省で北宋時代の大型石刻画を発見制作年が記された希少な例

    5月27日、済南市長清区の石秀山で見つかった北宋時代の大型石刻画。中国山東省済南市長清区の文化財保護管理センターはこのほど、同区で制作年が記された大型石刻画を発見したと明らかにした。933年前の北宋時代のものだという。複数の彫刻技法が用いられており、同時代の石刻画芸術や服飾などを研究する上で重要な価値を持つ。(済南=新華社配信/韓特)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102955

  •  山東省で北宋時代の大型石刻画を発見制作年が記された希少な例
    2020年05月27日
    山東省で北宋時代の大型石刻画を発見制作年が記された希少な例

    5月27日、済南市長清区の石秀山で見つかった北宋時代の大型石刻画。中国山東省済南市長清区の文化財保護管理センターはこのほど、同区で制作年が記された大型石刻画を発見したと明らかにした。933年前の北宋時代のものだという。複数の彫刻技法が用いられており、同時代の石刻画芸術や服飾などを研究する上で重要な価値を持つ。(済南=新華社配信/韓特)=2020(令和2)年5月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102930

  •  (2)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (2)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、キッチンで、蒸し上がった花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を見せる辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101107

  •  (7)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (7)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、近所の人たちと一緒に花饃(ホワモー、さまざまな装飾を施した中国風蒸しパン)を作る辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101110

  •  (6)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (6)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、済南市長清区孝里街道の孝興家園社区。(小型無人機から)中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101111

  •  (9)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (9)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、春節期間中に同郷の人々に披露するダンスの練習に励む辺慶紅さん(右)。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101113

  •  (10)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (10)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、黄河灘区からの移転者が住む孝興家園社区(上)と耕地復活プロジェクトが進む黄河灘区の古い村落(下)。(組み合わせ写真)中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101114

  •  (5)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (5)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、部屋の掃除をする辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101109

  •  (1)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (1)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、春節期間中に同郷の人々に披露するダンスの練習に励む辺慶紅さん(左から2人目)。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101106

  •  (3)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (3)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、済南市長清区孝里街道の孝興家園社区。(小型無人機から)中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101108

  •  (8)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (8)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、耕地復活プロジェクトが進む黄河黄河灘区の古い村落。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101115

  •  (4)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省
    2021年02月11日
    (4)移転先で初めて迎えた春節を祝う住民たち山東省

    5日、部屋に春節の飾りを飾る辺慶紅さん。中国山東省済南市長清区孝里街道の孝興家園社区(コミュニティー)に住む辺慶紅(へん・けいこう)さんは今年、黄河灘区(河川敷地)から同社区に移転してから初めての春節(旧正月)を迎えた。同省は2017年、黄河灘区の住民を対象とした移転計画を制定。住民60万人が長年待ち望んでいた安定した生活を送るという夢の実現を後押しした。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021021101112

  •  (9)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省
    2021年05月15日
    (9)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の羅漢像。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508680

  •  (8)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省
    2021年05月15日
    (8)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の迦留陀夷(かるだい、釈迦の弟子の一人)尊者像(宋代)。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社記者/張力元)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508679

  •  (11)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省
    2021年05月15日
    (11)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の羅漢像。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社記者/張力元)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508687

  •  (10)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省
    2021年05月15日
    (10)千年の時を経た羅漢像、39年ぶり修復完了山東省

    7日、修復後の霊岩寺の羅漢像。中国山東省済南市長清区万徳鎮の霊岩寺で進められていた、千仏殿に残る一部の羅漢像の保護・修復事業がこのほど、審査に合格した。同事業では、石刻465点と彩色を施した羅漢像12体が保護修復の対象となった。東晋時代に創建された霊岩寺は、文化遺産(石碑や宮殿などの遺跡部分)と自然遺産からなる世界複合遺産「泰山」の一部で、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)にも指定されている。同省文物保護修復センターの王伝昌(おう・でんしょう)主任によると、同寺には宋代、明代の羅漢像が40体あり、全体的に良好な状態で保存されている。39年ぶりとなる今回の保護・修復作業は2年ほどかけて行われ、文化財のホコリの除去、洗浄、補強などにより、表面に付いた汚れや顔料層の剥落、色落ちなどの問題が解決された。今回の保護修復事業(1期)は、同省文物保護修復センターが山東大学文化遺産研究院、同省可移動文物保護修復曲阜区域センターと共同で実施した。(済南=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021051508689

  •  (14)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (14)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。(小型無人機から)中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808738

  •  (15)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (15)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。(小型無人機から)中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808740

  •  (13)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (13)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。(小型無人機から)中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808742

  •  (10)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (10)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808722

  •  (9)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (9)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808725

  •  (12)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (12)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。(小型無人機から)中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808743

  •  (8)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (8)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。(小型無人機から)中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808724

  •  (11)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省
    2022年06月08日
    (11)実りの夏、黄河沿岸地域で小麦収穫期山東省

    7日、山東省済南市長清区帰徳街道翟荘村の小麦畑で、収穫作業をするコンバイン。中国北部を流れる黄河の山東省区間では、広大な畑で栽培された小麦が収穫期を迎え、農家の人たちが好天を利用して刈り取り作業に励んでいる。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2022(令和4)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022060808736

  •  (27)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (27)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の「息庵禅師道行碑記」。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807190

  •  (32)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (32)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の天王殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807193

  •  (34)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (34)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の卓錫泉。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807230

  •  (15)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (15)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806937

  •  (12)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (12)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806909

  •  (18)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (18)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿で修復中の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806990

  •  (2)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (2)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の大雄宝殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806992

  •  (1)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (1)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の般舟殿跡。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806811

  •  (4)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (4)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の地蔵殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806842

  •  (6)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (6)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の客堂と鐘楼。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806874

  •  (9)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (9)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の摩頂松。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806892

  •  (28)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (28)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の「息庵禅師道行碑記」。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807130

  •  (3)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (3)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の大雄宝殿と鼓楼。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806835

  •  (8)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (8)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺魯班洞の周辺。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806900

  •  (17)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (17)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の千仏殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806962

  •  (21)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (21)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807057

  •  (5)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (5)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の袈裟泉。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806844

  •  (19)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (19)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806991

  •  (10)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (10)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺境内の墓塔(部分)。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806912

  •  (23)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (23)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807086

  •  (20)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (20)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807022

  •  (26)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (26)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の前庭。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807122

  •  (7)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (7)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の山門前。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806899

  •  (31)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (31)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の唐慧崇塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807169

  •  (25)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (25)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807108

  •  (30)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (30)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺境内にある歴代碑刻。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807147

  •  (24)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (24)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の内部。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807107

  •  (29)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (29)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の僧塔林。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807136

  •  (14)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (14)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺辟支塔の基壇。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806923

  •  (13)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (13)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔と千仏殿。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806925

  •  (11)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (11)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806901

  •  (16)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (16)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の辟支塔。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100806957

  •  (33)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (33)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺の五花殿跡。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807301

  •  (22)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市
    2022年10月08日
    (22)泰山の古刹、霊岩寺を訪ねて山東省済南市

    霊岩寺千仏殿の羅漢像。(9月4日撮影)中国の五岳(五大名山)の一つに数えられる泰山の西北、山東省済南市長清区に、東晋十六国時代創建の霊岩寺がある。北魏太武帝の太平真君年間(440~451年)に破壊されたが、孝明帝の正光元年(520年)に再建され、唐代に最盛期を迎えた。唐宋時代には国清寺(浙江省台州市)、玉泉寺(湖北省当陽市)、栖霞寺(江蘇省南京市)と並び「天下の四大名刹」と呼ばれた。現在は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界複合遺産「泰山」の重要構成要素の一つになっている。境内には千仏殿や辟支塔、墓塔林など数十カ所の名所がある。千仏殿は唐の貞観年間(627~649年)の創建で、殿内に彩色泥塑の羅漢像40体が安置されている。うち32体は北宋の治平3(1066)年の制作当時のままで、8体は明の万暦年間(1573~1620年)に修復されている。辟支塔は平面八角形九層構造の楼閣式磚塔(せんとう、れんが塔)で、唐の天宝12(753)年に高僧、慧崇(えすう)が建立し、北宋の淳化5(994)年に現在の姿に再建された。墓塔林は霊岩寺歴代高僧の墓地で、北魏、唐、宋、金、元、明、清各時代の石塔167基のほか、墓誌銘と石碑81基が残る。唐代の慧崇塔や、元に渡った日本禅僧、古源邵元(こげんしょうげん)が至正元年(1341年)に同寺第39代住持の息庵のために記した「息庵禅師道行碑記」などが含まれる。霊岩寺は1982年、第2次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022100807030

  •  (2)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (2)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    老義浄寺の観音殿。(9月5日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708803

  •  (4)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (4)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    新義浄寺の義浄大師記念館内部。(9月5日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708805

  •  (11)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (11)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    四禅寺遺跡の経幢。(9月6日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708817

  •  (15)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (15)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像。同像は義浄と弟子の像といわれる。(9月6日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708818

  •  (14)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (14)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    四禅寺遺跡の経幢に刻まれた文字。(9月6日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708821

  •  (3)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (3)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    老義浄寺の山門。(9月5日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708810

  •  (8)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (8)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    新義浄寺の五観堂。(9月5日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708812

  •  (7)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (7)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    新義浄寺の山門天王殿(背面)。(9月4日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708816

  •  (18)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市
    2022年10月27日
    (18)唐僧義浄のゆかりの地を訪ねて山東省済南市

    王家泉村の摩崖造像。(9月6日撮影)中国唐代の僧、義浄(ぎじょう、635~713年)は、海路でインドに渡り経典を持ち帰ったことで知られ、「三大求法高僧」「四大経典翻訳家」の1人とされる。生涯で翻訳した経典は107部428巻に上り、「大唐西域求法高僧伝」2巻、「南海寄帰内法伝」4巻などの著作を残した。山東省済南市長清区は義浄の出身地とされており、幼少期に出家した四禅寺の遺跡、同寺の下院双泉庵、王家泉村の隋唐摩崖(まがい)造像などの史跡が残る。同区の通明山には義浄を記念して建てられた義浄寺がある。上院と下院に分かれており、山の中腹にある下院は老義浄寺とも呼ばれ、双泉庵が元になっている。山頂にある上寺(新義浄寺)は、近年新たに造営された寺で大規模な伽藍を誇る。(済南=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102708825

  • 1
  • 2