KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 宇宙開発
  • ドラゴン
  • 宇宙ステーション
  • 民間宇宙船
  • ロケット
  • 貧困脱却
  • 協同組合
  • ターゲット
  • ビニールハウス
  • 太行山脈

「開発企業」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
105
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
105
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年02月13日
    (2)貧困を脱却し、新年の喜びをかみしめる甘粛省元古堆村

    5日、甘粛省定西市渭源県元古堆村で開かれた2020年度の分配大会。大会では同村の栽培専業合作社と観光開発企業が村民に配当金を分配した。中国甘粛省定西市渭源(いげん)県元古堆村はかつて、交通の不便と脆弱なインフラのため、貧困発生率が57%に達していた。貧困脱却堅塁攻略の開始後は、交通条件の改善や産業合作社(協同組合)の設立に取り組み、苗木育成や中国医学薬材、太陽光発電、農村観光などの産業発展に注力し、貧困世帯の就業と増収を後押ししてきた。同村は2018年末に村全体の貧困脱却を実現した。(渭源=新華社記者/馬希平)= 配信日: 2021(平成33)年02月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.73
    2021年01月31日
    「新華社」運搬ロケット「朱雀2号」、フェアリングの分離試験成功

    中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天空間科技(ランドスペース)がこのほど、独自に開発した運搬ロケット「朱雀2号」の衛星格納部(フェアリング)の分離放てき試験に成功したことが28日、同社への取材で分かった。今回の成功で初打ち上げに向けた確かな基盤を築いたとしている。朱雀2号のフェアリングは、直径3・35メートル、全長8・24メートルで、二枚貝が開くように割れて回転、放てきされるクラムシェル(貝殻)開頭方式を採用している。試験では、フェアリング分離用火工品の作業性能や作業手順、分離動作の全プロセスを検証。分離プロセスの各パラメーターが設計要件を満たしたことから、分離設計の合理性とインターフェースの妥当性が証明された。朱雀2号は、全長49・5メートル、胴体の直径は3・35メートルで、離陸重量は216トン。中国が開発中の液体酸素とメタンを推進剤とするロケット製品の中で最大の輸送能力を持つ。(記者/朱涵、李濤) =配信日: 2021(平成33)年01月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.73
    2021年01月01日
    「新華社」中国石油西南油気田、シェールガス年間生産量が国内1位に

    中国石油天然ガス集団(CNPC)傘下の中国石油西南油気田(油ガス田)は12月29日午前8時、年間のシェールガス生産量が100億19万立方メートルに達し、中国国内のシェールガス開発企業で首位に立った。同社のシェールガス生産量は、2020年に前年比で86億8500万立方メートル増加した。四川盆地南部で確認されたシェールガスの埋蔵量は1兆立方メートルを超えている。 =配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    Smart phone illustrations in Poland - 17 Nov 2020

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、企業、会社、バイオエヌテック、バイオNテック、ロゴマーク、バイオテクノロジー企業、ドイツ、株価、株式、上昇、ボード-November 17, 2020, Poland: In this photo illustration a multiple exposure image shows a BIONTECH logo displayed on a smartphone with stock market percentages in the background. (Credit Image: © Omar Marques/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Marques/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    Smart phone illustrations in Poland - 17 Nov 2020

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、企業、会社、モデルナ、ロゴマーク、バイオテクノロジー企業、製薬会社、製薬企業、アメリカ、株価、株式、上昇、ボード-November 17, 2020, Poland: In this photo illustration a multiple exposure image shows a Moderna logo displayed on a smartphone with stock market percentages in the background. (Credit Image: © Omar Marques/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Marques/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    Smart phone illustrations in Poland - 17 Nov 2020

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、企業、会社、ファイザー、ロゴマーク、製薬会社、製薬企業、アメリカ、株価、株式、上昇、ボード-November 17, 2020, Poland: In this photo illustration a multiple exposure image shows a Pfizer logo displayed on a smartphone with stock market percentages in the background. (Credit Image: © Omar Marques/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Omar Marques/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月12日
    キシダ化学のロゴマーク

    キーワード:キシダ化学、KISHIDA、生命科学用試薬、創薬研究用試薬・サービス、有機合成用試薬、試薬研究・開発、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年11月12日、神奈川県川崎市のペプチドリーム本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月19日
    国際石油開発帝石のロゴマーク

    キーワード:国際石油開発帝石、INPEX CORPORATION、石油開発企業、石油、天然ガス、国際石油開発、帝国石油、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年10月19日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月19日
    国際石油開発帝石のロゴマーク

    キーワード:国際石油開発帝石、INPEX CORPORATION、石油開発企業、石油、天然ガス、国際石油開発、帝国石油、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年10月19日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月19日
    国際石油開発帝石のロゴマーク

    キーワード:国際石油開発帝石、INPEX CORPORATION、石油開発企業、石油、天然ガス、国際石油開発、帝国石油、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク=2020(令和2)年10月19日、東京都港区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.52
    2020年08月15日
    「新華社」世界ジオパークの村、貧困脱却を実現福建省

    中国福建省寧徳市周寧県礼門郷陳峭(ちんしょう)村は、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパークに認定されたエリアに位置し、美しい日の出や雲海、星空を見ることができる。村内には切り立った岩や洞窟、渓谷が点在し、真夏の平均気温が24度であることから、気候が近い雲南省の景勝地になぞらえ「福建東部のシーサンパンナ」と称される。同村は山が険しく、交通の便も悪いため、村民が出稼ぎ労働者となって離村し、空洞化が進んでいたが、村外で事業に成功した村民らが2010年に同郷会を創設し、資金を募って観光開発企業「陳峭旅遊開発」を設立、故郷の町づくりに着手し始めた。今のところ、荒れていた村落が国家3A級観光地へと姿を変えた。19年9月には観光発展を契機として同県が投資、建設した観光道路は同村に通じるようになり、沿線の複数の村落も活気づいた。陳峭村が19年に受け入れた観光客は延べ10万人を超え、村民の1人当たりの年収も1万4800元(1元=約15円)に達した。貧困世帯として登録されていた12世帯も17年末に全て貧困脱却を実現した。(記者/郭圻、陳旺)<映像内容>福建省の世界ジオパークの村の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A SpaceX Falcon 9 rocket is being prepared for launch from Complex 39A at the Kennedy Space Center on Wednesday, August 6, 2020. The launch is scheduled for an early morning window on Aug 7 at 1:12 AM. On board Falcon are two earth observing satellites for BlackSky Global in addition to 57 Starlink satellites. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A SpaceX Falcon 9 rocket is being prepared for launch from Complex 39A at the Kennedy Space Center on Wednesday, August 6, 2020. The launch is scheduled for an early morning window on Aug 7 at 1:12 AM. On board Falcon are two earth observing satellites for BlackSky Global in addition to 57 Starlink satellites. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A timelapse image of a SpaceX Falcon 9 rocket as it launches at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A SpaceX Falcon 9 rocket is being prepared for launch from Complex 39A at the Kennedy Space Center on Wednesday, August 6, 2020. The launch is scheduled for an early morning window on Aug 7 at 1:12 AM. On board Falcon are two earth observing satellites for BlackSky Global in addition to 57 Starlink satellites. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A SpaceX Falcon 9 rocket is being prepared for launch from Complex 39A at the Kennedy Space Center on Wednesday, August 6, 2020. The launch is scheduled for an early morning window on Aug 7 at 1:12 AM. On board Falcon are two earth observing satellites for BlackSky Global in addition to 57 Starlink satellites. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A SpaceX Falcon 9 rocket is being prepared for launch from Complex 39A at the Kennedy Space Center on Wednesday, August 6, 2020. The launch is scheduled for an early morning window on Aug 7 at 1:12 AM. On board Falcon are two earth observing satellites for BlackSky Global in addition to 57 Starlink satellites. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    SpaceX launches its Falcon 9 rocket at 1:12 AM from Complex 39A at the Kennedy Space Center, Florida on Thursday, August 7, 2020. On board Falcon is a mixed payload of two earth observing satellites for BlackSky Global as well as the next batch of 57 Starlink satellites for SpaceX. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月07日
    SpaceX Launches Starlink and BlackSky Global from the Kennedy Space Center SPACEX LAUNCHES STARLINK

    A SpaceX Falcon 9 rocket is being prepared for launch from Complex 39A at the Kennedy Space Center on Wednesday, August 6, 2020. The launch is scheduled for an early morning window on Aug 7 at 1:12 AM. On board Falcon are two earth observing satellites for BlackSky Global in addition to 57 Starlink satellites. Photo by Joe Marino/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Robert Behnken is helped out of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Douglas Hurley landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Robert Behnken gives a thumbs up after egressing the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Douglas Hurley landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Douglas Hurley is helped out of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Robert Behnken landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Douglas Hurley gives the OK sign prior to being helped out of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Robert Behnken landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Douglas Hurley is helped out of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Robert Behnken landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft, with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, is positioned on the SpaceX GO Navigator recovery ship for crew egress shortly after landing in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Robert Behnken smiles prior to being helped out of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Douglas Hurley landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft, with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, is positioned on the SpaceX GO Navigator recovery ship for crew egress shortly after landing in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Robert Behnken is greeted by NASA astronaut and Crew Recovery Chief Shane Kimbrough after egressing the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship after he and NASA astronaut Douglas Hurley landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月04日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    Support teams arrive at the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft shortly after it landed with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft is lifted onto the SpaceX GO Navigator recovery ship shortly after it landed with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Douglas Hurley waves to onlookers as he boards a plane at Naval Air Station Pensacola to return him and NASA astronaut Robert Behnken home to Houston a few hours after the duo landed in their SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronauts Robert Behnken, left, and Douglas Hurley are seen inside the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship shortly after having landed in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    Support teams and curious recreational boaters arrive at the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft shortly after it landed with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    SpaceX support teams are deployed on fast boats from the SpaceX GO Navigator recovery ship ahead of the landing of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, on August 2, 2020, in the Gulf of Mexico off the cost of Pensacola, Florida. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program is the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley are returning after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut and Crew Recovery Chief Shane Kimbrough, left, and NASA Chief Astronaut Pat Forrester watch as SpaceX support teams are deployed on fast boats from the SpaceX GO Navigator recovery ship ahead of the landing of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, on August 2, 2020, in the Gulf of Mexico off the cost of Pensacola, Florida. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program is the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley are returning after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    SpaceX support teams are deployed on fast boats from the SpaceX GO Navigator recovery ship ahead of the landing of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, on August 2, 2020, in the Gulf of Mexico off the cost of Pensacola, Florida. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program is the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley are returning after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronaut Robert Behnken gives a thumbs up to onlookers as he boards a plane at Naval Air Station Pensacola to return him and NASA astronaut Douglas Hurley home to Houston a few hours after the duo landed in their SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft is seen as it lands with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA astronauts Douglas Hurley, left, and Robert Behnken prepare to depart their helicopter at Naval Air Station Pensacola after the duo landed in their SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    Support teams and curious recreational boaters arrive at the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft shortly after it landed with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft is seen as it lands with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA Chief Astronaut Pat Forrester, left, and NASA astronaut and Crew Recovery Chief Shane Kimbrough, along with other NASA and SpaceX support teams onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship, prepare for the landing of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, on August 2, 2020, in the Gulf of Mexico off the cost of Pensacola, Florida. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program is the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley are returning after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft is seen as it lands with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    NASA and SpaceX support teams onboard the SpaceX GO Navigator recovery ship prepare for the landing of the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard, on August 2, 2020, in the Gulf of Mexico off the cost of Pensacola, Florida. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program is the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley are returning after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    Support teams arrive at the SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft shortly after it landed with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年08月03日
    Landing of SpaceX‘s Demo-2 Mission in Gulf of Mexico SPACEX DEMO-2 LANDING

    The SpaceX Crew Dragon Endeavour spacecraft is seen as it lands with NASA astronauts Robert Behnken and Douglas Hurley onboard in the Gulf of Mexico off the coast of Pensacola, Florida, on August 2, 2020. The Demo-2 test flight for NASA‘s Commercial Crew Program was the first to deliver astronauts to the International Space Station and return them safely to Earth onboard a commercially built and operated spacecraft. Behnken and Hurley returned after spending 64 days in space. NASA Photo by Bill Ingalls/UPI Photo via Newscom、クレジット:UPI/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    ロゴジン社長 ロシアと中国が月開発合意

    ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスのロゴジン社長=1日、モスクワ(タス=共同)

    撮影: 1日、モスクワ

  • 01:23.25
    2020年06月21日
    「新華社」シルク・ドゥ・ソレイユ、中国で公演再開浙江省杭州市

    中国浙江省杭州市で6月初旬、カナダのサーカス劇団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の常設公演「Xthelandoffantasy」が正式に再開された。新型コロナウイルス感染症の流行以来、同劇団が世界で初めて再開させた公演となった。同劇団は、劇場パフォーマンスを制作する世界最大の企業として毎年6千回以上の公演を行っており、これまでに延べ1億8200万人が鑑賞している。同劇団は昨年8月、不動産開発企業の杭州新天地集団と共同で常設公演「Xthelandoffantasy」を開始した。同劇団が中国で初めて開設した常設公演で、現在のところアジアで唯一の常設公演でもある。(記者/段菁菁、席玥、李涛)<映像内容>中国でシルク・ドゥ・ソレイユの公演が再開、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    自動運転車のシャシーを製造貴州省貴陽市

    13日、開発したシャシーを基に製造した観光用の自動運転車両。中国貴州省貴陽市に本社を置く貴州翰凱斯智能技術(ピクス・ムービング)は、自動運転技術の研究開発企業で、同技術の開発を競う世界大会の運営を2年連続で担当した実績を持つ。同社のピクス・ムービング事業は、主に自動運転車のシャシーを製造している。発注企業は同社のシャシーを基礎に、物流用の配送車や公園内を走行する観光用車両など、さまざまな車両製造が可能となる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    自動運転車のシャシーを製造貴州省貴陽市

    13日、機械を操作しシャシーの部品を製造するエンジニア。中国貴州省貴陽市に本社を置く貴州翰凱斯智能技術(ピクス・ムービング)は、自動運転技術の研究開発企業で、同技術の開発を競う世界大会の運営を2年連続で担当した実績を持つ。同社のピクス・ムービング事業は、主に自動運転車のシャシーを製造している。発注企業は同社のシャシーを基礎に、物流用の配送車や公園内を走行する観光用車両など、さまざまな車両製造が可能となる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    自動運転車のシャシーを製造貴州省貴陽市

    13日、3Dプリント技術を使用し製造したシャシー。中国貴州省貴陽市に本社を置く貴州翰凱斯智能技術(ピクス・ムービング)は、自動運転技術の研究開発企業で、同技術の開発を競う世界大会の運営を2年連続で担当した実績を持つ。同社のピクス・ムービング事業は、主に自動運転車のシャシーを製造している。発注企業は同社のシャシーを基礎に、物流用の配送車や公園内を走行する観光用車両など、さまざまな車両製造が可能となる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    自動運転車のシャシーを製造貴州省貴陽市

    13日、近日出荷予定の発注書を映し出した画面。中国貴州省貴陽市に本社を置く貴州翰凱斯智能技術(ピクス・ムービング)は、自動運転技術の研究開発企業で、同技術の開発を競う世界大会の運営を2年連続で担当した実績を持つ。同社のピクス・ムービング事業は、主に自動運転車のシャシーを製造している。発注企業は同社のシャシーを基礎に、物流用の配送車や公園内を走行する観光用車両など、さまざまな車両製造が可能となる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月13日
    自動運転車のシャシーを製造貴州省貴陽市

    13日、貴州翰凱斯智能技術の工場外観。中国貴州省貴陽市に本社を置く貴州翰凱斯智能技術(ピクス・ムービング)は、自動運転技術の研究開発企業で、同技術の開発を競う世界大会の運営を2年連続で担当した実績を持つ。同社のピクス・ムービング事業は、主に自動運転車のシャシーを製造している。発注企業は同社のシャシーを基礎に、物流用の配送車や公園内を走行する観光用車両など、さまざまな車両製造が可能となる。(貴陽=新華社記者/向定傑)=2020(令和2)年6月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで働くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで品質検査を行うスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリア。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアを歩くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアで品質検査を行うスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアを歩くスタッフ。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、藍箭航天スマート製造拠点のロケットエンジン組み立てアリアに並ぶロケットの模型。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月26日
    中国民間ロケット会社「藍箭航天」の製造拠点浙江省湖州市

    26日、ロケットエンジンの燃焼試験について説明する藍箭航天の杜方平(と・ほうへい)総経理。中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天(ランドスペース)は主に運搬ロケットの総合的設計・製造に携わっている。北京市と陝西省西安市に研究開発センターがあり、浙江省湖州市経済開発区に藍箭航天スマート製造拠点を構えている。同拠点の第1期は2018年末に完成し使用を開始した。(湖州=新華社記者/張玉薇)=2020(令和2)年5月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:35.31
    2020年05月14日
    「新華社」運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムとエンジンの整合性試験成功

    中国の民間ロケット開発企業、藍箭航天空間科技(ランドスペース)は14日、運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムと推力80トン級のエンジン「天鵲」との整合性試験に成功したと明らかにした。同社によると、朱雀2号は液体酸素とメタンを推進剤とする低温液体燃料ロケットとなっている。今回の試験の成功は、ロケット飛行時のエンジンの状態が基本的に確認されたことと、朱雀2号がエンジンを単独で検証する段階から整合性を検証する段階に入ったことを意味する。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>運搬ロケット「朱雀2号」の制御システムとエンジン「天鵲」との整合性試験に成功、撮影日:2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    蔦屋書店、成都進出へ新型コロナ流行期間のクラウド契約

    成都TOD総合開発プロジェクトの完成予想図。中国四川省成都市の不動産開発企業、成都軌道城市発展集団は8日、蔦屋書店と「クラウド契約」に調印した。双方の協議は新型コロナウイルスの突然の発生で困難をきたしたが、テレビ会議を通じて協議を続け、十分な意思疎通を確保した。今回の協力協定に基づき、蔦屋書店は成都TOD総合開発プロジェクトの計画、企画に参画する。プロジェクト設計のカスタマイズ計画に沿って「蔦屋書店」と「TSUTAYABOOKSTORE」ブランドの店舗および旗艦店を出店する。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    蔦屋書店、成都進出へ新型コロナ流行期間のクラウド契約

    成都TOD総合開発プロジェクトの完成予想図。中国四川省成都市の不動産開発企業、成都軌道城市発展集団は8日、蔦屋書店と「クラウド契約」に調印した。双方の協議は新型コロナウイルスの突然の発生で困難をきたしたが、テレビ会議を通じて協議を続け、十分な意思疎通を確保した。今回の協力協定に基づき、蔦屋書店は成都TOD総合開発プロジェクトの計画、企画に参画する。プロジェクト設計のカスタマイズ計画に沿って「蔦屋書店」と「TSUTAYABOOKSTORE」ブランドの店舗および旗艦店を出店する。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    蔦屋書店、成都進出へ新型コロナ流行期間のクラウド契約

    成都TOD総合開発プロジェクトの完成予想図。中国四川省成都市の不動産開発企業、成都軌道城市発展集団は8日、蔦屋書店と「クラウド契約」に調印した。双方の協議は新型コロナウイルスの突然の発生で困難をきたしたが、テレビ会議を通じて協議を続け、十分な意思疎通を確保した。今回の協力協定に基づき、蔦屋書店は成都TOD総合開発プロジェクトの計画、企画に参画する。プロジェクト設計のカスタマイズ計画に沿って「蔦屋書店」と「TSUTAYABOOKSTORE」ブランドの店舗および旗艦店を出店する。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    蔦屋書店、成都進出へ新型コロナ流行期間のクラウド契約

    成都TOD総合開発プロジェクトの完成予想図。中国四川省成都市の不動産開発企業、成都軌道城市発展集団は8日、蔦屋書店と「クラウド契約」に調印した。双方の協議は新型コロナウイルスの突然の発生で困難をきたしたが、テレビ会議を通じて協議を続け、十分な意思疎通を確保した。今回の協力協定に基づき、蔦屋書店は成都TOD総合開発プロジェクトの計画、企画に参画する。プロジェクト設計のカスタマイズ計画に沿って「蔦屋書店」と「TSUTAYABOOKSTORE」ブランドの店舗および旗艦店を出店する。(成都=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、収穫したシイタケの選別作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスで収穫したシイタケが入った容器を運ぶ河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月08日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    8日、栽培ハウスでシイタケの収穫作業をする河北省臨城県趙荘郷店上村の農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、イチゴの手入れをする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪鎮のアスパラガス栽培ハウスで農作業に励む「潤遠農作物栽培専業合作社」の職員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県にある「南孟村股份経済合作社」のビニールハウスで、サクランボの花の間引き作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、クルミの袋詰め作業をする河北省臨城県の「貧困支援企業」、河北緑嶺康維食品の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県臨城鎮のパセリ栽培ハウスで農作業をする茁越農業開発の従業員。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月06日
    特色ある農業で山間部の農家の貧困脱却を支援河北省

    6日、河北省臨城県西竪(せいしゅ)鎮にある小菊家庭農場のビニールハウスで、ズッキーニの収穫作業をする農家の人たち。中国の河北省、山西省などにまたがる太行山脈がそびえる河北省臨城(りんじょう)県はここ数年、ターゲットを絞った貧困層支援を進め、地元に適したやり方で、食用キノコやクルミの栽培、ビニールハウス栽培など特色ある農業の発展を推進。「農業開発企業」や合作社(協同組合)、家庭農場などによる生産面での量産化・集約化を実現している。また、大量の農産物を「産地直送」の形式で販売することで、生産者に多くの収益をもたらし、1万余人の貧困からの脱却成功を後押ししてきた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月23日
    貴陽市の自動運転企業、操業再開後最初の受注製品を米国へ納品

    貴州翰凱斯智能技術のシャーシを導入した自動運転車の完成予想図。中国貴州省貴陽市に本社を置く自動運転技術の研究開発企業、貴州翰凱斯智能技術が23日、独自に研究開発した自動運転車のシャーシを米国へ向け出荷し、現在輸送途中にあることを明らかにした。到着後は、まずカーネギーメロン大学でアルゴリズムを高度化し、その後、テキサス州ダラス市のスマートリテール業の顧客に引き渡されるという。同社は2年連続で自動運転車の世界大会に参加している。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月17日
    貴陽市の自動運転企業、操業再開後最初の受注製品を米国へ納品

    17日、自動運転車のシャーシの細部。中国貴州省貴陽市に本社を置く自動運転技術の研究開発企業、貴州翰凱斯智能技術が23日、独自に研究開発した自動運転車のシャーシを米国へ向け出荷し、現在輸送途中にあることを明らかにした。到着後は、まずカーネギーメロン大学でアルゴリズムを高度化し、その後、テキサス州ダラス市のスマートリテール業の顧客に引き渡されるという。同社は2年連続で自動運転車の世界大会に参加している。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月17日
    貴陽市の自動運転企業、操業再開後最初の受注製品を米国へ納品

    17日、梱包された自動運転車のシャーシ。中国貴州省貴陽市に本社を置く自動運転技術の研究開発企業、貴州翰凱斯智能技術が23日、独自に研究開発した自動運転車のシャーシを米国へ向け出荷し、現在輸送途中にあることを明らかにした。到着後は、まずカーネギーメロン大学でアルゴリズムを高度化し、その後、テキサス州ダラス市のスマートリテール業の顧客に引き渡されるという。同社は2年連続で自動運転車の世界大会に参加している。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月17日
    貴陽市の自動運転企業、操業再開後最初の受注製品を米国へ納品

    17日、自動運転車のシャーシをトラックに積み込む様子。中国貴州省貴陽市に本社を置く自動運転技術の研究開発企業、貴州翰凱斯智能技術が23日、独自に研究開発した自動運転車のシャーシを米国へ向け出荷し、現在輸送途中にあることを明らかにした。到着後は、まずカーネギーメロン大学でアルゴリズムを高度化し、その後、テキサス州ダラス市のスマートリテール業の顧客に引き渡されるという。同社は2年連続で自動運転車の世界大会に参加している。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月17日
    貴陽市の自動運転企業、操業再開後最初の受注製品を米国へ納品

    17日、自動運転車のシャーシ。中国貴州省貴陽市に本社を置く自動運転技術の研究開発企業、貴州翰凱斯智能技術が23日、独自に研究開発した自動運転車のシャーシを米国へ向け出荷し、現在輸送途中にあることを明らかにした。到着後は、まずカーネギーメロン大学でアルゴリズムを高度化し、その後、テキサス州ダラス市のスマートリテール業の顧客に引き渡されるという。同社は2年連続で自動運転車の世界大会に参加している。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年2月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    深圳の産業パーク、ロボットで感染対策

    10日、星河WORLD産業パークのロビーに立つYOGOROBOTが開発したロボット。中国各地の企業が相次いで作業を再開する中、職場での新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制対策が重要になっている。不動産投資・開発企業の深圳市星河産業投資発展集団は現在、同社が運営する星河WORLD産業パークを「ロボットによる感染対策実行エリア」とし、スマートロボットがビル内の消毒や小包の配達などを行っている。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月10日
    深圳の産業パーク、ロボットで感染対策

    10日、ロボットに搭載されたディスプレー。中国各地の企業が相次いで作業を再開する中、職場での新型コロナウイルスによる肺炎の感染予防・抑制対策が重要になっている。不動産投資・開発企業の深圳市星河産業投資発展集団は現在、同社が運営する星河WORLD産業パークを「ロボットによる感染対策実行エリア」とし、スマートロボットがビル内の消毒や小包の配達などを行っている。(深圳=新華社配信)=2020(令和2)年2月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月09日
    国内大手銀が1~3位独占

    金融機関の石炭火力発電開発企業への融資額

  • 2019年12月09日
    国内大手銀が1~3位独占

    金融機関の石炭火力発電開発企業への融資額

  • 2019年12月09日
    国内大手銀が1~3位独占

    金融機関の石炭火力発電開発企業への融資額

  • 2019年12月09日
    国内大手銀が1~3位独占

    金融機関の石炭火力発電開発企業への融資額

  • 2019年06月25日
    Oversight of the Department of Energy‘s Research and Development Enterprise

    UNITED STATES - JUNE 25: Energy Secretary Rick Perry testifies during a House Science, Space and Technology Committee hearing in Rayburn Building titled “Oversight of the Department of Energy‘s Research and Development Enterprise,“ on Tuesday, June 25, 2019. (Photo By Tom Williams/CQ Roll Call) Photo via Newscom、クレジット:CQ Roll Call/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年06月25日
    Oversight of the Department of Energy‘s Research and Development Enterprise

    UNITED STATES - JUNE 25: Energy Secretary Rick Perry testifies during a House Science, Space and Technology Committee hearing in Rayburn Building titled “Oversight of the Department of Energy‘s Research and Development Enterprise,“ on Tuesday, June 25, 2019. (Photo By Tom Williams/CQ Roll Call) Photo via Newscom、クレジット:CQ Roll Call/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2019年06月25日
    Oversight of the Department of Energy‘s Research and Development Enterprise

    UNITED STATES - JUNE 25: Energy Secretary Rick Perry testifies during a House Science, Space and Technology Committee hearing in Rayburn Building titled “Oversight of the Department of Energy‘s Research and Development Enterprise,“ on Tuesday, June 25, 2019. (Photo By Tom Williams/CQ Roll Call) Photo via Newscom、クレジット:CQ Roll Call/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2