KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ムー
  • 外来種
  • 害虫
  • 時点
  • 生き物
  • 配信
  • トウモロコシ
  • 令和
  • けんぺい
  • せつ

「開遠市」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2019年04月27日
    雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー

    雲南省開遠市で撮ったツマジロクサヨトウ。(4月27日撮影)中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(平成31)年4月27日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403029

  • 2019年05月07日
    雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー

    雲南省開遠市で起きたツマジロクサヨトウの食害で被害を受けたトウモロコシ。(5月7日撮影)中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月7日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403030

  • 2019年05月11日
    雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー

    雲南省開遠市で起きたツマジロクサヨトウの食害で被害を受けたトウモロコシ。(5月11日撮影)中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月11日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402928

  • 2019年05月20日
    雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー

    20日、雲南省開遠市で栽培されているトウモロコシの葉に潜むツマジロクサヨトウ。中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060403004

  • 2019年05月24日
    雲南省で外来昆虫「ツマジロクサヨトウ」食害被害面積93万ムー

    24日、雲南省開遠市で起きたツマジロクサヨトウの食害で被害を受けたトウモロコシ。中国雲南省農業農村庁は29日、28日時点で省内120の県で外来種のガ「ツマジロクサヨトウ」が見つかり、計93万1500ムー(621平方キロ)の畑が食害にあったと発表した。(昆明=新華社配信/雲南省農業科学院農業環境資源研究所提供)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:雲南省農業科学院農業環境資源研究所/新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019060402972

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:36.74
    2019年07月02日
    「新華社」雲南省に育った世界最大の日本向け菊苗生産基地

    中国雲南省農業農村庁はこのほど、同省がここ数年、日本向け菊苗の最重要供給地の一つになっていることを明らかにした。昆明市にある昆明虹之華園芸有限公司は現在、年間2億株近くの菊苗を生産し、うちの90%を日本に輸出している。ここ10年間に同社が日本に輸出した菊苗の量は、日本の菊苗輸入量全体の40%以上となっており、対日輸出用の菊苗供給業者の中でトップとなっている。同社総経理で庭園専門家の薛建平(せつ・けんぺい)さんは5月中旬、同省紅河ハニ族イ族自治州開遠市にある同社の菊苗生産基地で取材に答え、同社が1996年から日本向けの菊苗輸出事業を試験的に始め、現在では600〜700品種を輸出していると説明した。熱心な園芸事業者の薛さんは1990年代、経験と知識を吸収するため2度訪日した。最初の1年間余りは、愛知県の農家に住み込み花と野菜の栽培技術を専門に学習し、勉強したばかりの日本語で、多くの花の栽培技術を習得した。薛さんは同社に就職後の1996年、菊事業を拡大し発展させるため、再度訪日して生産管理を専門に学んだ。この訪日期間中、ベテラン花卉業界人の高田昌夫さんが熱心に支援、指導してくれたという。薛さんは日本の花卉農家が菊の育苗だけでなく、花の栽培にまで丹精をこめるという、非常に苦労しておりコストも高い状況を目の当たりにして、日本の花農家が花の栽培に専念できるよう、中国で菊の挿し木を栽培することを日本の関係者に提案した。このことが、同社の大規模な日本向け菊苗輸出事業の始まりとなった。「通年生産、通年供給、通年納品」モデルを基本的に形成しており、農業標準化による生産が菊苗栽培の全工程に採用されている。同社はまた、中国国内初の菊の遺伝資源データベースを持ち、2800品種余りの遺伝資源を収集、保存し、年間を通じて菊の新品種を選抜育種しており、新品種50種以上で独自の知的財産権を取得している。(記者/楊静、許暁青、魏夢佳)<映像内容>日本に輸出される中国の菊苗生産の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019070205201

  • 1