KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 令和
  • 記者
  • ヘクター
  • フフホト
  • 販売
  • 品質
  • しょうこん
  • チーム
  • 先行研究
  • 実施

「開魯県」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
54
( 1 54 件を表示)
  • 1
54
( 1 54 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  (8)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (8)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804458

  •  (5)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (5)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で視聴者と交流する包蓮さんと妻の莫日根高娃さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804331

  •  (3)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (3)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804460

  •  (2)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (2)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804159

  •  (6)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (6)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804464

  •  (1)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (1)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、自身の新しい胡琴(左)と古い胡琴(右)を掲げる包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804269

  •  (4)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (4)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、ライブ配信で四弦胡琴の演奏を披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804316

  •  (7)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活
    2021年03月06日
    (7)モンゴル族伝統の「語り歌い」を多くの人に貧困脱却後の新生活

    2月22日、モンゴル族に伝わる語り歌いを披露する包蓮さん。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県吉日嘎郎吐鎮に住む包蓮(パオリエン)さんは視力障害のため仕事ができず、家の農作業は全て妻の莫日根高娃(モリゲンガオワ)さんが切り盛りしていた。包蓮さん一家は2018年に貧困世帯に認定された後、貧困脱却に取り組む地元政府幹部から赤トウガラシの栽培技術を習い、1ムー(約0・067ヘクタール)当たり2千元(1元=約17円)の収入が得られるようになり、生活が安定した。子どもの頃から音楽が好きだった包蓮さんは、モンゴル族の民間芸能「説唱」(語り歌い)を独学で習得。説唱のライブ配信も行うようになり、今では2千人のフォロワーを抱えている。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年3月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030804036

  •  「新華社」ブンカンカの花満開、種は油の原料に内モンゴル自治区
    00:55.47
    2021年05月28日
    「新華社」ブンカンカの花満開、種は油の原料に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区通遼市開魯県はここ数年、経済的な利用を目的とした森林の育成に力を入れ、環境と経済の両立を促進してきた。同県東風鎮の燿輝合作社(協同組合)では、約200ムー(約13ヘクタール)にわたりブンカンカ(文冠果)の花が咲き、一部で実をつけ始めている。ブンカンカは種子から油を搾ることができる。1ムー(約667平方メートル)当たりの平均生産量は100キロ、収益は2千元(1元=約17円)以上に及ぶ。(記者/王雪氷)=配信日:2021(令和3)年5月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021053108300

  •  2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月01日
    2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市の様子。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)=2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704799

  •  2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月01日
    2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市が開き、一斉に入場するバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)=2021(令和3)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060704778

  •  (6)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (6)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、空から見た開魯牛市の取引区画。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409288

  •  (9)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (9)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市の取引区画で牛の値段を尋ねるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409291

  •  (5)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (5)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、空から見た開魯牛市。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409282

  •  (4)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (4)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、空から見た開魯牛市。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/賀書琛)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409290

  •  (1)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (1)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市の物流広場に並ぶ牛を乗せたトラック。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409289

  •  (10)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (10)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市の取引区画で牛の値段を尋ねるバイヤー。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409285

  •  (8)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (8)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市の物流広場でトラックに乗せられた牛。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409287

  •  (11)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (11)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市で牛を追う販売業者。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409292

  •  (3)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県
    2021年06月04日
    (3)2万頭以上がずらり、牛の取引盛況内モンゴル自治区開魯県

    1日、開魯牛市の取引区画で、自分の育てた牛を引っ張る販売業者。中国内モンゴル自治区通遼市開魯(かいろ)県にある牛の取引市場「開魯牛市」は、同県の雨田農畜交易市場に属し、毎月1、4、7、9が付く日に開かれる。2千の取引区画があり、同時に2万頭の牛を収容できる。6月最初の取引日となった1日には、2万1300頭の牛が売りに出され、約半数の取引が成立した。バイヤーは延べ5千人を超えた。(フフホト=新華社記者/貝赫)= 配信日: 2021(令和3)年6月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021060409284

  •  (1)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (1)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    13日、通遼市ナイマン旗の万ムー区画モデル農地で行われたトウモロコシの収穫作業。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606363

  •  (14)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (14)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市ホルチン区の万ムー区画モデル農地で、脱穀したトウモロコシをトラックに積み込むコンバイン。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606356

  •  (10)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (10)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市ホルチン区の万ムー区画モデル農地で行われたトウモロコシの収穫作業。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606378

  •  (4)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (4)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    13日、通遼市ナイマン旗の万ムー区画モデル農地で、トウモロコシの成熟度を確認する中国農業科学院の李少昆研究員。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606381

  •  (5)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (5)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    13日、通遼市ナイマン旗の万ムー区画モデル農地で、トウモロコシの採種をするスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606406

  •  (12)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (12)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市開魯県の千ムー区画モデル農地で、トウモロコシの採種をするスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606408

  •  (8)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (8)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市ホルチン区の万ムー区画モデル農地で、収量調査の範囲を測量するスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606357

  •  (11)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (11)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    13日、通遼市ナイマン旗の万ムー区画モデル農地で行われたトウモロコシの収穫作業。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606414

  •  (6)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (6)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    13日、通遼市ナイマン旗の万ムー区画モデル農地で、収穫したトウモロコシの含水率を計測するスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606369

  •  (7)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (7)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市ホルチン区の万ムー区画モデル農地で行われたトウモロコシの収穫作業。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606415

  •  (9)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (9)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市開魯県の千ムー区画モデル農地で、収量調査のデータを計算するスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606343

  •  (3)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (3)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    13日、通遼市ナイマン旗の万ムー区画モデル農地で行われたトウモロコシの収穫作業。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606399

  •  (2)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (2)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市開魯県の千ムー区画モデル農地で、収穫したトウモロコシを計量するスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606405

  •  (13)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新
    2022年10月16日
    (13)春トウモロコシの単位収量、東北地区で記録更新

    14日、通遼市開魯県の千ムー区画モデル農地で、収穫したトウモロコシの含水率を計測するスタッフ。中国内モンゴル自治区通遼市でこのほど、密植栽培点滴かんがい技術により栽培されたトウモロコシの収量調査が実施された。同技術は中国農業科学院の李少昆(り・しょうこん)研究員のチームが先行研究をまとめて開発した。1ムー(約667平方メートル)当たりの収量は、ナイマン旗の万ムー区画で最高1043・65キロ(種子含水率14%換算)、開魯県の千ムー区画で1227・58キロとなり、千ムー、万ムーいずれも東北部の春トウモロコシ地区で過去最高を記録した。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022101606401

  •  (3)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (3)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシをを収穫する村民。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605470

  •  (10)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (10)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する人。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605492

  •  (1)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (1)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605463

  •  (15)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (15)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605512

  •  (4)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (4)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村の畑で収穫を待つ赤トウガラシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605475

  •  (13)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (13)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605514

  •  (5)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (5)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村の農家の庭に積み上げられた赤トウガラシとトウモロコシ。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605476

  •  (2)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (2)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605534

  •  (14)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (14)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605513

  •  (7)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (7)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605490

  •  (12)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (12)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを天日干しする村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605496

  •  (11)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (11)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを収穫する人。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605494

  •  (6)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (6)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、天日干しを終えた赤トウガラシを集めるブルドーザー。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605474

  •  (9)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (9)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮の赤トウガラシ販売企業の敷地で、四川省に出荷するトウガラシを満載して出発を待つトラック。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605489

  •  (8)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (8)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、赤トウガラシを仕分ける人たち。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605493

  •  (16)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市
    2022年10月26日
    (16)赤トウガラシの収穫が最盛期内モンゴル自治区通遼市

    25日、開魯県東風鎮東方紅村で、収穫した赤トウガラシをトラクターで運ぶ村民。中国内モンゴル自治区通遼市開魯県では、赤トウガラシの収穫と販売が最盛期を迎えている。同県産の赤トウガラシは皮が赤く肉厚で、品質が良いことで知られ、国内外の市場での売れ行きも好調だという。ここ数年の栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で安定している。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022102605510

  •  (3)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区
    2022年11月23日
    (3)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区通遼市開魯県東風鎮で、収穫作業を終えたトウモロコシと赤トウガラシの畑。(10月25日、小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市は重要な商品穀物の生産地で、穀物の栽培面積と収穫量が自治区内で最も多く「内モンゴルの穀倉」と呼ばれている。同市の最新農業生産データによると、市内の開魯県にある180万ムー(12万ヘクタール)余りのトウモロコシ畑で、1ムー(667平方メートル)当たりの平均収量が約130キロ増え、同県全体のトウモロコシ収量が約23万5千トン増加した。一般農家がトウモロコシの豊作を実現したのは、主に浅層埋設点滴かんがい技術の応用による。同県開魯鎮団結村の農家、張国文(ちょう・こくぶん)さんは「トウモロコシ畑60ムー(4ヘクタール)に浅層埋設点滴かんがい技術を活用し、単位面積当たりの平均収量が以前より100キロ以上多い850キロ余りになった」と語った。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112400952

  •  (1)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区
    2022年11月23日
    (1)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区通遼市開魯県東方紅村。(10月25日、小型無人機から)中国内モンゴル自治区通遼市は重要な商品穀物の生産地で、穀物の栽培面積と収穫量が自治区内で最も多く「内モンゴルの穀倉」と呼ばれている。同市の最新農業生産データによると、市内の開魯県にある180万ムー(12万ヘクタール)余りのトウモロコシ畑で、1ムー(667平方メートル)当たりの平均収量が約130キロ増え、同県全体のトウモロコシ収量が約23万5千トン増加した。一般農家がトウモロコシの豊作を実現したのは、主に浅層埋設点滴かんがい技術の応用による。同県開魯鎮団結村の農家、張国文(ちょう・こくぶん)さんは「トウモロコシ畑60ムー(4ヘクタール)に浅層埋設点滴かんがい技術を活用し、単位面積当たりの平均収量が以前より100キロ以上多い850キロ余りになった」と語った。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112400953

  •  (2)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区
    2022年11月23日
    (2)科学技術の力でトウモロコシを増産内モンゴル自治区

    内モンゴル自治区通遼市開魯県飛機場村で、トウモロコシを天日干しする村民。(11月3日撮影)中国内モンゴル自治区通遼市は重要な商品穀物の生産地で、穀物の栽培面積と収穫量が自治区内で最も多く「内モンゴルの穀倉」と呼ばれている。同市の最新農業生産データによると、市内の開魯県にある180万ムー(12万ヘクタール)余りのトウモロコシ畑で、1ムー(667平方メートル)当たりの平均収量が約130キロ増え、同県全体のトウモロコシ収量が約23万5千トン増加した。一般農家がトウモロコシの豊作を実現したのは、主に浅層埋設点滴かんがい技術の応用による。同県開魯鎮団結村の農家、張国文(ちょう・こくぶん)さんは「トウモロコシ畑60ムー(4ヘクタール)に浅層埋設点滴かんがい技術を活用し、単位面積当たりの平均収量が以前より100キロ以上多い850キロ余りになった」と語った。(通遼=新華社記者/連振)= 配信日: 2022(令和4)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022112400954

  •  「新華社」内モンゴル自治区開魯県特産のトウガラシ、海外でも販路拡大
    00:38.28
    2023年12月04日
    「新華社」内モンゴル自治区開魯県特産のトウガラシ、海外でも販路拡大

    中国内モンゴル自治区通遼市開魯県はここ数年、赤トウガラシ産業の優位性を拡大し、海外の販路を積極的に開拓して韓国、マレーシアなどへの出荷を実現した。今年1~9月の輸出額は前年同期比94・2%増の3117万元(1元=約21円)となった。同県の赤トウガラシ栽培面積は60万ムー(4万ヘクタール)で、生産量は年間150万トンを超える。輸出企業は10社以上あり、主に冷凍品や乾燥品として東南アジアや欧州などへ輸出している。県内に拠点を持つ魯晟(ろせい)実業発展の張宝志(ちょう・ほうし)総経理は、9月以降、韓国への冷凍トウガラシ輸出がすでに1千トンを超えていると説明した。(記者/賀書琛) =配信日: 2023(令和5)年12月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023120409392

  • 1