KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 村民
  • 記者
  • ちょう
  • ばか
  • 人々
  • 伝承
  • 工芸
  • 方法
  • 民族文化

「関県」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
28
( 1 28 件を表示)
  • 1
28
( 1 28 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年05月25日
    絵画のように美しい棚田山西省壷関県

    25日、山西省壷関県樹掌鎮の乾地農法の棚田。(小型無人機で撮影)中国山西省壷関県樹掌鎮の山あいにある乾地農法の棚田は初夏の時期、新緑によって一段一段がはっきりし、まるで太行山脈をキャンバスに描いた絵画のような美しさを見せる。(壷関=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800231

  • 2018年05月25日
    絵画のように美しい棚田山西省壷関県

    25日、山西省壷関県樹掌鎮の乾地農法の棚田。(小型無人機で撮影)中国山西省壷関県樹掌鎮の山あいにある乾地農法の棚田は初夏の時期、新緑によって一段一段がはっきりし、まるで太行山脈をキャンバスに描いた絵画のような美しさを見せる。(壷関=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800157

  • 2018年05月25日
    絵画のように美しい棚田山西省壷関県

    25日、山西省壷関県樹掌鎮の乾地農法の棚田。(小型無人機で撮影)中国山西省壷関県樹掌鎮の山あいにある乾地農法の棚田は初夏の時期、新緑によって一段一段がはっきりし、まるで太行山脈をキャンバスに描いた絵画のような美しさを見せる。(壷関=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800166

  • 2018年05月25日
    絵画のように美しい棚田山西省壷関県

    25日、山西省壷関県樹掌鎮の乾地農法の棚田。(小型無人機で撮影)中国山西省壷関県樹掌鎮の山あいにある乾地農法の棚田は初夏の時期、新緑によって一段一段がはっきりし、まるで太行山脈をキャンバスに描いた絵画のような美しさを見せる。(壷関=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800229

  • 2018年05月25日
    絵画のように美しい棚田山西省壷関県

    25日、山西省壷関県樹掌鎮の乾地農法の棚田。(小型無人機で撮影)中国山西省壷関県樹掌鎮の山あいにある乾地農法の棚田は初夏の時期、新緑によって一段一段がはっきりし、まるで太行山脈をキャンバスに描いた絵画のような美しさを見せる。(壷関=新華社記者/詹彦)=2018(平成30)年5月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800211

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706664

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706793

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706853

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、素晴らしい歌や踊りでお祭りを祝う雲南省馬関県のチワン族の人々。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706828

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706874

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、素晴らしい歌や踊りでお祭りを祝う雲南省馬関県のチワン族の人々。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706731

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706818

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、花米飯を見せる雲南省馬関県のチワン族の人々。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706728

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県で暮らすチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706864

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、チワン族の人々が作った花米飯を見学する観光客。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706539

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706800

  • 2019年07月06日
    雲南省馬関県のチワン族住民、鮮やかな五色米で祭りを祝う

    6日、雲南省馬関県のチワン族の人々が心を込めて作った花米飯。素晴らしい歌や踊り、鮮やかな色の花米飯(五色米)、食卓がずらりと並ぶ長街宴(ちょうがいえん)。中国雲南省文山チワン族ミャオ族自治州馬関(ばかん)県でこのほど、一年に一度の「錦壮紅飯祭り」が開催された。地元で暮らすチワン族の村民は、赤、黄、青、緑、紫などの色鮮やかな米で、香りも味も良い花米飯を作る。花米飯は見た目が美しいだけでなく、文化の伝承と工芸の展示となり、現地のチワン族の人々はこうした特別な方法で民族文化を継承し、人々に郷愁を感じさせている。(馬関=新華社配信)=2019(令和元)年7月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019071706845

  • 2020年07月17日
    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す

    17日、山西省長治市壷関県南平頭塢村の貧困者支援作業場で、伝統的な靴の中敷きを制作する職人。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700649

  • 2020年07月17日
    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す

    17日、山西省長治市壷関県南平頭塢村の貧困者支援作業場で、作品づくりに取り組む刺しゅう職人たち。中国太行山脈の奥地にある山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700891

  • 2020年07月17日
    山西省の刺しゅう職人、伝統技法で貧困脱却を目指す

    17日、山西省長治市壷関県南平頭塢村の貧困者支援作業場で、作品づくりに取り組む刺しゅう職人。太行山脈の奥地にある中国山西省長治市壷関(こかん)県の南平頭塢村は、刺しゅうの伝統技法「潞繍」を生かした商品を制作することで、村民1人当たり3500元(1元=約15円)以上の増収を実現。農村の遊休労働力を利用した貧困脱却を後押ししている。(壷関=新華社記者/王勁玉)=2020(令和2)年7月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020072700449

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い単室住居の遺構。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806434

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡で見つかった住居跡の中で、最も保存状態の良い複室住居の遺構(F4)と単室住居の遺構(F1)。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806463

  • 2020年11月17日
    黄河河畔で4500年前の石造り村落跡を発見山西省忻州市

    天峰坪遺跡の周辺地形。青い点線で囲まれているのが遺跡。(資料写真)中国山西省考古研究院はこのほど、同省忻州(きんしゅう)市偏関県にある天峰坪遺跡で、約4500年前の小規模な石造り村落の跡を発見したと発表した。黄河東岸における石積み建築技術の変遷を知る手掛かりになるという。遺跡は同県天峰坪鎮天峰坪村の東にあり、西を流れる黄河からは1キロ離れている。面積は約3万平方メートルで、三方を川に囲まれ、外部から隔絶された環境にある。地勢は険しく、防御的要素を色濃く備えている。(太原=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020111806523

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月16日
    (5)明代の城塞跡に残る地下貯水施設山西省偏関県

    地下貯水槽の入口に残る刻字。「大明万暦造銀定井窖一座」とある。(11月24日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市偏関(へんかん)県にある万里の長城の城塞跡、滑石澗堡(かつせきかんほ)には、明代の地下貯水施設が残っている。貯水槽内部に刻まれた文字から万暦19(1591)年に造られたことが分かる。貯水槽は保存状態がよく、東西の長さは4・5メートル、南北は13メートルで、面積は約59平方メートル。内部は切り出した石が積み重ねられ、頂部はドーム型をしている。2部屋構造となっており、それぞれは幅0・8メートル、高さ1・86メートルのトンネルで連結されている。上方に開けた穴から水を出し入れできるようになっている。偏関県文化・観光局の専門家、胡美倉(こ・びそう)氏によると、同貯水槽は地元で最初に発見された明代の貯水槽で、当時は滑石澗堡に駐留した軍隊の生活用水と家畜のために使われた。明代の水利施設を研究するための実物資料であり、歴史的、文化的、芸術的に高い価値を備えているという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121611712

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月16日
    (2)明代の城塞跡に残る地下貯水施設山西省偏関県

    地下貯水槽の入口。(11月24日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市偏関(へんかん)県にある万里の長城の城塞跡、滑石澗堡(かつせきかんほ)には、明代の地下貯水施設が残っている。貯水槽内部に刻まれた文字から万暦19(1591)年に造られたことが分かる。貯水槽は保存状態がよく、東西の長さは4・5メートル、南北は13メートルで、面積は約59平方メートル。内部は切り出した石が積み重ねられ、頂部はドーム型をしている。2部屋構造となっており、それぞれは幅0・8メートル、高さ1・86メートルのトンネルで連結されている。上方に開けた穴から水を出し入れできるようになっている。偏関県文化・観光局の専門家、胡美倉(こ・びそう)氏によると、同貯水槽は地元で最初に発見された明代の貯水槽で、当時は滑石澗堡に駐留した軍隊の生活用水と家畜のために使われた。明代の水利施設を研究するための実物資料であり、歴史的、文化的、芸術的に高い価値を備えているという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121611689

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月16日
    (4)明代の城塞跡に残る地下貯水施設山西省偏関県

    貯水槽の二つの部屋をつなぐトンネル。(11月24日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市偏関(へんかん)県にある万里の長城の城塞跡、滑石澗堡(かつせきかんほ)には、明代の地下貯水施設が残っている。貯水槽内部に刻まれた文字から万暦19(1591)年に造られたことが分かる。貯水槽は保存状態がよく、東西の長さは4・5メートル、南北は13メートルで、面積は約59平方メートル。内部は切り出した石が積み重ねられ、頂部はドーム型をしている。2部屋構造となっており、それぞれは幅0・8メートル、高さ1・86メートルのトンネルで連結されている。上方に開けた穴から水を出し入れできるようになっている。偏関県文化・観光局の専門家、胡美倉(こ・びそう)氏によると、同貯水槽は地元で最初に発見された明代の貯水槽で、当時は滑石澗堡に駐留した軍隊の生活用水と家畜のために使われた。明代の水利施設を研究するための実物資料であり、歴史的、文化的、芸術的に高い価値を備えているという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121611702

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月16日
    (1)明代の城塞跡に残る地下貯水施設山西省偏関県

    12日、地下貯水槽の入口。中国山西省忻州(きんしゅう)市偏関(へんかん)県にある万里の長城の城塞跡、滑石澗堡(かつせきかんほ)には、明代の地下貯水施設が残っている。貯水槽内部に刻まれた文字から万暦19(1591)年に造られたことが分かる。貯水槽は保存状態がよく、東西の長さは4・5メートル、南北は13メートルで、面積は約59平方メートル。内部は切り出した石が積み重ねられ、頂部はドーム型をしている。2部屋構造となっており、それぞれは幅0・8メートル、高さ1・86メートルのトンネルで連結されている。上方に開けた穴から水を出し入れできるようになっている。偏関県文化・観光局の専門家、胡美倉(こ・びそう)氏によると、同貯水槽は地元で最初に発見された明代の貯水槽で、当時は滑石澗堡に駐留した軍隊の生活用水と家畜のために使われた。明代の水利施設を研究するための実物資料であり、歴史的、文化的、芸術的に高い価値を備えているという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121611697

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年12月16日
    (3)明代の城塞跡に残る地下貯水施設山西省偏関県

    貯水槽の二つの部屋をつなぐトンネル。上方の壁面に造営者と造営日時が刻まれている。(11月24日撮影)中国山西省忻州(きんしゅう)市偏関(へんかん)県にある万里の長城の城塞跡、滑石澗堡(かつせきかんほ)には、明代の地下貯水施設が残っている。貯水槽内部に刻まれた文字から万暦19(1591)年に造られたことが分かる。貯水槽は保存状態がよく、東西の長さは4・5メートル、南北は13メートルで、面積は約59平方メートル。内部は切り出した石が積み重ねられ、頂部はドーム型をしている。2部屋構造となっており、それぞれは幅0・8メートル、高さ1・86メートルのトンネルで連結されている。上方に開けた穴から水を出し入れできるようになっている。偏関県文化・観光局の専門家、胡美倉(こ・びそう)氏によると、同貯水槽は地元で最初に発見された明代の貯水槽で、当時は滑石澗堡に駐留した軍隊の生活用水と家畜のために使われた。明代の水利施設を研究するための実物資料であり、歴史的、文化的、芸術的に高い価値を備えているという。(太原=新華社記者/王学濤)= 配信日: 2021(令和3)年12月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021121611700

  • 1