KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • しんこう
  • 発展
  • 屋根
  • たん
  • 入母屋
  • 大理石
  • 建築様式
  • 摩尼

「閩南」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
38
( 1 38 件を表示)
  • 1
38
( 1 38 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、南音のメロディーに新たな曲を付けた「大廈の門」の一幕。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108246

  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、アモイ市南楽団の公益公演を楽しむ観衆。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108299

  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、南音のメロディーに新たな曲を付けた「大廈の門」の一幕。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108120

  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、「北国風光」の一幕。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108414

  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、「遥望情君」を歌う南音の歌い手・王安娜(おう・あんな)さん(右から2人目)。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108258

  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、「百花図」の一幕。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108074

  •  無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市
    2018年09月09日
    無形文化遺産「南音」の調べ、装い新たに人々を楽しませるアモイ市

    9日、「百花図」の一幕。中国福建省のアモイ市南楽団が9日、同市の中山南音閣劇場で「新時代新風采」(新時代の新たな姿)と「百姓大舞台」(民衆の大舞台)の二つの休日公益公演を行った。同楽団はここ数年、同省南部の「閩南文化」資源を発掘し、伝統的曲目を整理するとともに、同地の伝統的音楽「南音」(なんおん)の優れた作品を意欲的に創作して一連の新作を発表、市民と文化の発展がもたらした成果を分かち合ってきた。南音は「弦管」「泉州南音」とも呼ばれ、同省泉州市で起こり、泉州閩南語で歌う、中国に現存する最古の伝統古典音楽であり、「中国音楽史上の生きた化石」の異名を持つ。(アモイ=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018091108394

  •  「新華社」生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県
    00:31.56
    2019年02月06日
    「新華社」生薬農家が作り出す「純金」九製熟地黄福建省永春県

    熟地黄(じゅくじおう、アカヤジオウの根である地黄を蒸したもの)は中国の伝統的な漢方材料で、福建省泉州市永春(えいしゅん)県で長年にわたって作られてきた。北宋(960~1127年)の初期、熟地黄はすでに当地で「三宝」のひとつとみなされていた。熟地黄の製作には、空気、水源、太陽の3つの要素が極めて重要だ。同県岵山(こざん)鎮茂霞(もか)村のクリエイティブスポット「熟地黄文創園」は周囲を木々に囲まれ、広い敷地内には泉が湧き、熟地黄の製造には最適な環境だという。熟地黄は、ここでは独特の工程を経て作られる。生地黄(しょうじおう)に当地の紅麹(べにこうじ)酒を加えて弱火で煮詰め、24時間後に生地黄が完全に煮詰まってから1回目の天日干し作業に入る。それから1週間後に煮詰めて干す2回目の作業を行い、これを9回繰り返す。こうして作られた「九製熟地黄」(9回の作業を経て作られた熟地黄)は外側も中身も黒々として柔らかく、しっとりしており、質の高い漢方材料になる。付加価値のある九製熟地黄は、閩南地方(福建省南部)や東南アジアで広く販売されており、古ければ古いほど値段が高いと言われている。(記者/宋為偉)<映像内容>「九製熟地黄」製作の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020621589

  •  「新華社」台湾·雲林布袋劇、伝統人形劇の新たなチャレンジ
    03:08.63
    2019年02月08日
    「新華社」台湾·雲林布袋劇、伝統人形劇の新たなチャレンジ

    布袋劇(ほていげき)は、中国伝統の操り人形劇の一種で、17世紀の福建省泉州に起こり閩南(みんなん、福建省南部)地方や潮汕(ちょうさん、広東省東部)地方に広く伝わった。その後台湾地区に伝わって土地の特色を豊かに備えた芸術的様相と演技方式を派生させた。1950〜60年代、布袋劇は台湾での全盛期を迎え、600〜700の劇団が存在していた。1955年生まれの黄強華(こう・きょうか)氏は、台湾・雲林県の布袋劇一家の4代目伝承者であり、霹靂(Pili)国際多媒体(股份)有限公司の董事長でもある。同社ではこれまで30年余りの間に、2600時間を超える霹靂シリーズ布袋劇番組を制作しており、布袋劇界ではずば抜けた存在となっている。父親の手から布袋劇という仕事を受け継いだ黄強華氏は、変革を求め始めた。砂煙、爆破トリック、映画的編集効果を大幅に取り入れ、中華の伝統文化を下絵とし、儒教を基本色とした、きらびやかな仙侠江湖(仙人のような侠客たちを描いたファンタジー)を描き出した。近年、霹靂国際多媒体有限公司は、オリジナル脚本で制作した布袋劇を基礎として、経営のアンテナを映画、出版物、ゲームソフト、生活用品、玩具、テーマパークなどの分野に広げている。また、愛奇芸(iQIYI)や優酷(Youku)など大陸部のインターネット関連企業と頻繁に協力活動を行っており、広東省広州市、北京市、湖北省武漢市などで開催された漫画・アニメ・ゲーム(ACG)フェスティバルや浙江省の西塘古鎮で開催された西塘漢服(漢族の伝統的服飾)文化ウイークなどのオフラインイベントにも参加し、霹靂シリーズ布袋劇のファンを多数獲得している。(記者/林凱)<映像内容>台湾の人形劇・雲林布袋劇の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019020825159

  •  「微改造」で歴史都市に新たな活気福建省泉州市
    2019年02月28日
    「微改造」で歴史都市に新たな活気福建省泉州市

    2月28日、改修された泉州市鯉城区金魚巷で、福建省南部閩南(びんなん)地方の伝統建築を撮影する2人の市民。中国福建省泉州市鯉城区にある古い街並みの残る細い通り金魚巷(きんぎょこう)が改造され、住民の生活に昔ながらの趣が再現された。有機的に溶け込んだコーヒー文化、地元に伝わる伝統音楽・南音の舞台、文化クリエーティブ空間などが、この300メートルに満たない路地に活気をもたらし、泉州の古い街並み保護での「人と形あるものと郷愁を保存し、人と物と生活に触れ合う」という実践の縮図となっている。泉州は海のシルクロードの拠点として千年にわたり栄えた港湾都市。近年、都市管理者は古い街並みの改造工事で、昔ながらの雰囲気と郷愁をとどめながら、正しい道を守り新しいものを創り出す「微改造」方式を採用することで、歴史ある都市に活気をもたらしている。(泉州=新華社記者/林善伝)=2019(平成31)年2月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019030605573

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、開幕式で人形ロボット(中央の赤い服を着た人形)をまじえた無形文化遺産の掌中木偶(しょうちゅうでく、人形)劇を披露する晋江市掌中木偶劇団のメンバー。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400445

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、開幕式で無形文化遺産の掌中木偶(しょうちゅうでく、人形)劇を披露する晋江市掌中木偶劇団のメンバー。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400383

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日に撮影した晋江市の五店市伝統街地区に残る特色ある建物。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400349

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、開幕式で無形文化遺産の掌中木偶(しょうちゅうでく、人形)を掲げて見せる文化観光節のスタッフ。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400357

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、晋江市の五店市伝統街地区を散策する観光客。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400333

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、晋江市新塘街道梧林社区(コミュニティ)の古民家にある「焼塔仔(しょうとうし)」行事を行う時に使う「塔」の内部の様子。「焼塔仔」は当地の農村で中国の伝統的な祝日、中秋節(旧暦8月15日)に行われる「塔」を燃やす民俗行事。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400353

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、開幕式で無形文化遺産の掌中木偶(しょうちゅうでく、人形)劇を披露する晋江市掌中木偶劇団のメンバーたち。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400315

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、晋江市の五店市伝統街地区を散策する観光客。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400447

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日、開幕式で無形文化遺産の掌中木偶(しょうちゅうでく、人形)劇を披露する晋江市掌中木偶劇団のメンバー。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400385

  •  「2019年晋江市文化観光節」開催福建省
    2019年05月19日
    「2019年晋江市文化観光節」開催福建省

    19日に撮影した晋江市の五店市伝統街地区にある建物の屋根の一角。ここは閩南文化を代表するランドマーク的存在になっている。「文化と観光を融合させ、晋江をより素晴らしく」をテーマとした「2019年晋江市文化観光節」が19日、中国福建省晋江(しんこう)市で開幕した。同市は海上シルクロードの重要な発祥の地であり、中原(中国文化発祥の地とされる黄河の中下流域に広がる平原地帯)文化や海洋文化、閩南(びんなん、福建省南部)文化、華僑文化、宗教文化といった多くの文化がここで互いに混じり合っている。また、中国の有名な華僑の故郷でもあり、この地にルーツを持つ華僑・華人が世界60余りの国と地域に分布している。同市は近年、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が晋江の発展を総括した「晋江経験」の指導のもとで、全国の県域経済の発展および中小都市建設のモデルとなっている。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052400317

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺の境内にある石彫りの「摩尼光仏」。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700504

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日に撮影した草庵寺の境内の一角。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700604

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日に撮影した草庵山の麓にある井戸。1979年にこの井戸から、内側に「明教会」と刻まれた黒釉碗と「明」「教」「会」と刻まれた黒釉碗の破片13枚が発掘された。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700456

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「海上シルクロード」視察団が1991年に草庵遺跡を訪問したことを記念し、晋江市文物管理委員会が設置した記念碑。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700505

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、崖に沿って建てられた草庵寺の正門。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700423

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺の境内で撮影した摩崖石刻。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700443

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺が中国の全国重点文物保護単位に指定されたことを示す石碑。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700445

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺の境内にある樹齢千年のイブキの木。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700606

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺の境内で撮影した摩崖石刻。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700614

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700425

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺境内の崖に彫られた「摩尼光仏」。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700437

  •  現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市
    2019年05月20日
    現存する世界唯一のマニ教遺跡、草庵寺を訪ねて福建省晋江市

    20日、草庵寺の石段を上り、参拝に向かう観光客。中国福建省晋江(しんこう)市郊外の華表山の麓にある草庵寺は、宋代に建てられ、元代には石造りの単檐歇山(たんえんけつさん、一層の入母屋造り)式建築に改められた。崖に沿って建てられ、壁は赤レンガと大理石でできており、屋根には燕尾脊(屋根が燕の尾のように跳ね上がっている建築様式)を取り入れた典型的な閩南式建築のこの寺は、現存する世界唯一のマニ教遺跡だ。草庵寺で最も貴重な文化財は、崖に彫られた「摩尼(マニ)光仏」像で、直径1・68メートル、座像の高さ1・52メートルで、世界で唯一の現存する石刻マニ像だ。(晋江=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052700448

  •  「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が閉幕
    2019年07月21日
    「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が閉幕

    21日、中国国家1級美術師の陳立徳(ちん・りつとく)氏の漆画作品「晨・閩南紅磚老厝」。中国福建省福州市で開催されていた「材料と図式-2019福建漆画全国巡回展」福建展が21日、閉幕した。漆画は中華伝統文化の宝であり、福建省は近現代中国の漆芸発祥地の一つだ。福建漆画の画家らはここ数年、先人の技術を継承するとともに、漆画の材料と図式の探求を続けてきた。巡回展には福建漆画芸術の多元性を示し、現代の福建漆画を映し出す作品110点が展示された。2月から寧夏回族自治区銀川市、貴州省貴陽市、四川省成都市を巡ってきた同展は、今月27日から江蘇省常熟市に会場を移して再び幕を開ける。(福州=新華社記者/林善伝)=2019(令和元)年7月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019072503347

  •  (1)両岸学者による共著「台湾通史」、北京で発行
    2021年07月20日
    (1)両岸学者による共著「台湾通史」、北京で発行

    17日、発売セレモニーであいさつする陳支平氏。中国北京市の台湾会館で17日、閩南(びんなん)師範大学閩南文化研究院が企画し、同大の陳支平(ちん・しへい)教授が監修した「台湾通史」全6巻の発売セレモニーが開かれた。同書は162万字で、海峡両岸の研究成果を幅広く吸収することを基に、台湾の太古から現代に至る発展を全面的に記した通史的著作となる。昨年11月に福建省人民出版社から出版された。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072003299

  •  (3)両岸学者による共著「台湾通史」、北京で発行
    2021年07月20日
    (3)両岸学者による共著「台湾通史」、北京で発行

    17日、発売セレモニーで展示された「台湾通史」。中国北京市の台湾会館で17日、閩南(びんなん)師範大学閩南文化研究院が企画し、同大の陳支平(ちん・しへい)教授が監修した「台湾通史」全6巻の発売セレモニーが開かれた。同書は162万字で、海峡両岸の研究成果を幅広く吸収することを基に、台湾の太古から現代に至る発展を全面的に記した通史的著作となる。昨年11月に福建省人民出版社から出版された。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072003321

  •  (2)両岸学者による共著「台湾通史」、北京で発行
    2021年07月20日
    (2)両岸学者による共著「台湾通史」、北京で発行

    17日、発売セレモニーで展示された「台湾通史」。中国北京市の台湾会館で17日、閩南(びんなん)師範大学閩南文化研究院が企画し、同大の陳支平(ちん・しへい)教授が監修した「台湾通史」全6巻の発売セレモニーが開かれた。同書は162万字で、海峡両岸の研究成果を幅広く吸収することを基に、台湾の太古から現代に至る発展を全面的に記した通史的著作となる。昨年11月に福建省人民出版社から出版された。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072003300

  •  「新華社」福建省に初の屋根付き橋「廊橋」テーマの博物館が誕生
    01:18.08
    2021年07月25日
    「新華社」福建省に初の屋根付き橋「廊橋」テーマの博物館が誕生

    中国福建省寧徳市寿寧県でこのほど、寿寧廊橋博物館が正式に一般公開された。敷地面積は540平方メートルで、木造アーチ廊橋(屋根付き橋)の歴史や修理技術、建造技術、保護や伝承などの観点から、来場者に同県の廊橋文化を紹介している。木造アーチ廊橋は、「川の上に橋を架け、橋の上に庇(ひさし)を設け、庇が橋を守り、橋と屋根が一体化する」という古くからの独特の様式で建造された橋。橋の上に建物があることから、閩南(びんなん、福建省南部)方言で「家屋」を意味する「厝(せき)」を冠して、「厝橋」とも呼ばれる。中国に現存する木造アーチ廊橋は110本以上、その大半は福建省北東部と浙江省南西部の境界地帯に分布している。寿寧県には完全な状態を保った木造アーチ廊橋が19本あり、うち6本が全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。同県は木造アーチ廊橋の数が多く、保存状態も良いことから「世界的な木造アーチ廊橋の里」として名高い。(記者/郭圻) =配信日: 2021(令和3)年7月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072507046

  •  (7)「泉州」の世界遺産登録を決定ユネスコ世界遺産委
    2021年07月26日
    (7)「泉州」の世界遺産登録を決定ユネスコ世界遺産委

    25日、泉州府文廟(孔子廟)で、歌舞劇を披露する泉州市閩南(びんなん)民間歌舞伝承センターの職員。中国福建省福州市で開かれている国連教育科学文化機関(ユネスコ)の第44回世界遺産委員会会議は25日、「泉州:宋元中国の海洋商業貿易センター」の世界遺産登録を決定した。中国の世界遺産は56カ所となった。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年7月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021072606653

  • 1