KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 記者
  • 令和
  • 生き物
  • 平成
  • 河口
  • 風景
  • 位置
  • 渡り鳥
  • 絶滅危惧種
  • 面積

「閩江」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
187
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
187
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2018年03月01日
    福建、閩江流域が4カ月の禁漁期迎える

    中国福建省の省、市、県の3級漁政部門の法執行者は1日、閩江流域で合同の法執行活動を実施した。当日、福建省の漁政部門は閩江流域での禁漁に関する共同法執行活動を南平市で開始した。同省の閩江流域は3月1日午前0時から4カ月にわたる本格的な禁漁期に入った。それにより、規定の禁漁区域では禁漁期間中、レジャーとしての漁業や娯楽性の強い釣りを除き、全ての漁業活動が禁止となる。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030801406

  • 2018年03月01日
    福建、閩江流域が4カ月の禁漁期迎える

    中国福建省の省、市、県の3級漁政部門の法執行者は1日、閩江流域で合同の法執行活動を実施した。当日、福建省の漁政部門は閩江流域での禁漁に関する共同法執行活動を南平市で開始した。同省の閩江流域は3月1日午前0時から4カ月にわたる本格的な禁漁期に入った。それにより、規定の禁漁区域では禁漁期間中、レジャーとしての漁業や娯楽性の強い釣りを除き、全ての漁業活動が禁止となる。(南平=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018030801380

  • 2018年08月09日
    海峡青年節開幕両岸同胞が芸術活動の成果を披露

    9日、閩劇(福建省に伝わる伝統的な地方劇)「甘国宝ー盤答」を披露する閩江師範高等専科学校附属実験小学校の子ども。「第6回海峡青年節(祭)ならびに両岸青年教師の演劇教育フォーラム」が9日、中国福建省福州市で開幕した。開幕式では、海峡両岸(中国の大陸と台湾)から演劇教育の専門家、舞台芸術家および青年教師と学生が一堂に会して地方の特色に富んだ福建省と台湾地区の文化芸術プログラムを披露し、芸術活動の成果をめぐって幅広い交流を行った。(福州=新華社記者/張国俊)=2018(平成30)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018081301692

  • 2018年10月26日
    秋の夕日が市街地を照らす福建省福州市

    26日、福州市を流れる閩江(びんこう)両岸の夕暮れ時の美しい景色。(小型無人機から)中国福建省福州市では26日、秋晴れの夕日が市街地を照らし、立ち並ぶビルや住宅を美しく染める様子が見られた。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925556

  • 2018年10月26日
    秋の夕日が市街地を照らす福建省福州市

    26日、福州市を流れる閩江(びんこう)両岸の夕暮れ時の美しい景色。(小型無人機から)中国福建省福州市では26日、秋晴れの夕日が市街地を照らし、立ち並ぶビルや住宅を美しく染める様子が見られた。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925651

  • 2018年10月26日
    秋の夕日が市街地を照らす福建省福州市

    26日、福州市を流れる閩江(びんこう)両岸の夕暮れ時の美しい景色。(小型無人機から)中国福建省福州市では26日、秋晴れの夕日が市街地を照らし、立ち並ぶビルや住宅を美しく染める様子が見られた。(福州=新華社記者/姜克紅)=2018(平成30)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018102925552

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、記念撮影に応じる沖縄県のエイサーチームのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119001

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、競技結果を発表する司会者。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119353

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝した福建師範大学協和学院のエイサーサークル。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119111

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、福州市の三坊七巷にある光禄吟台で行われた、多くの観客が駆け付けた第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会の様子。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118871

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝した福建師範大学協和学院のエイサーサークル。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118938

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118885

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝し表彰される福建師範大学協和学院のエイサーサークル。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118880

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、第4回福建省エイサーチャンピオンシップ大会で優勝した福建師範大学協和学院のエイサーサークルのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118953

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチームのメンバー。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112118966

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、大会後に記念撮影をする福建省内4大学5エイサーサークルの大会参加者。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119092

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119021

  • 2018年11月18日
    福建省で第4回エイサーチャンピオンシップ大会開催

    18日、会場で演技を披露する沖縄県のエイサーチーム。中国福建省の大学サークルが日本の沖縄県や鹿児島県の奄美諸島の伝統芸能「エイサー」を披露する「福建省エイサーチャンピオンシップ大会」が18日、同省福州市の千年の歴史を持つ街「三坊七巷」で開催された。4回目の今年は、福建師範大学、福建師範大学協和学院、福州大学、閩江学院、華僑大学の4大学5サークルが競技に参加し、福建師範大学協和学院が優勝した。同大会は世界エイサー大会の予選大会で、優勝したサークルは沖縄県那覇市で行われる世界エイサー大会に招待される。2018年は中日国交正常化46周年、福建省・沖縄県友好都市提携21周年で、これまで民間芸術交流イベントが絶えず行われてきた。エイサーは特色あるスポーツイベントとして、すでに双方の文化交流の重要な懸け橋になったとともに、ますます多くの学生に受け入れられている。(福州=新華社記者/魏培全)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018112119299

  • 2018年12月27日
    2018福州国際漆芸ビエンナーレ開幕福建省福州市

    27日、来場者に自分の作品を紹介する閩江学院美術学院の鄭鑫(てい・きん)院長(中央)。中国福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区で27日、「2018福州国際漆芸ビエンナーレ」が開幕した。同展覧会には芸術家180人以上の300点近い作品が展示されている。(福州=新華社記者/林善伝)=2018(平成30)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019013112409

  • 2019年01月24日
    絶滅危惧種のヘラシギが閩江河口に現れる福建省福州市

    24日、閩江の河口の砂浜で、戯れたり餌を探したりするヘラシギ。世界でも希少な絶滅危惧種のヘラシギが24日、中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口の砂浜で確認された。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821569

  • 2019年01月24日
    絶滅危惧種のヘラシギが閩江河口に現れる福建省福州市

    24日、閩江の河口の砂浜で、戯れたり餌を探したりするヘラシギ。世界でも希少な絶滅危惧種のヘラシギが24日、中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口の砂浜で確認された。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821563

  • 2019年01月24日
    絶滅危惧種のヘラシギが閩江河口に現れる福建省福州市

    24日、閩江の河口の砂浜で、戯れたり餌を探したりするヘラシギ。世界でも希少な絶滅危惧種のヘラシギが24日、中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口の砂浜で確認された。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820802

  • 2019年01月24日
    絶滅危惧種のヘラシギが閩江河口に現れる福建省福州市

    24日、閩江の河口の砂浜で、戯れたり餌を探したりするヘラシギ。世界でも希少な絶滅危惧種のヘラシギが24日、中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口の砂浜で確認された。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012820886

  • 2019年01月24日
    絶滅危惧種のヘラシギが閩江河口に現れる福建省福州市

    24日、閩江の河口の砂浜で、戯れたり餌を探したりするヘラシギ。世界でも希少な絶滅危惧種のヘラシギが24日、中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口の砂浜で確認された。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821614

  • 2019年01月24日
    絶滅危惧種のヘラシギが閩江河口に現れる福建省福州市

    24日、閩江の河口の砂浜で、戯れたり餌を探したりするヘラシギ。世界でも希少な絶滅危惧種のヘラシギが24日、中国福建省福州市の閩江(びんこう)河口の砂浜で確認された。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019012821273

  • 2019年01月24日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    閩江口湿地で餌を探すヘラシギ。(1月24日撮影)中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年1月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903903

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩江(びんこう)に面した閩安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310114

  • 2019年02月07日
    千年の歴史ある古い村を訪ねて福建省福州市

    7日、閩江(びんこう)に面した閩安村。中国福建省福州市馬尾(ばび)区に位置する閩安(びんあん)村は、省内でも長い歴史と文化を持つ村として知られている。唐代の893年に巡検司衙門(がもん)が設置され、宋代には省内四大名鎮の筆頭格となった。元・明・清代には軍事・海上貿易の要衝としての役割を担っていた。明代の武将、鄭和(ていわ)は南海遠征(鄭和の西洋下り)の際に、船舶の補給や修理のために閩安港に停泊したことがあったという。(福州=新華社記者/魏培全)=2019(平成31)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019021310123

  • 01:54.30
    2019年02月21日
    「新華社」花海公園に広がる一面の春景色福建省福州市

    中国福建省福州市を流れる閩江(びんこう)のほとりにある花海公園では、美しさを競い合うように咲く花々が多くの観光客を引き寄せている。園内では5千平方メートルの広さにヒナゲシが美しく咲き誇っている。薄い花びらは綾絹のようで、しなやかな花冠は赤い雲のようでもあり、また絹のリボンようにも見える。風がなくとも揺れ、風が吹けばふわふわと飛んでいくかのようで、古詩にある「影弱還如舞、花嬌欲有言(影が薄まってもまだ舞っているかの如く、花の美しさは言葉を発するかのよう)」のようだ。公園の中央部では、羽を広げようとしている孔雀の花飾りが観光客の注目を集めている。「孔雀」は全身が色とりどりの生花で作られており、赤と紫の2色のストライプに彩られた華麗な尾羽が地面の花畑につながる様子は、美しいローブを身にまとっているようにも見える。(記者/郭圻)<映像内容>中国・花海公園の花畑の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019022108459

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館に展示されている曇石山遺跡の墓。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400070

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、かつての曇石山で暮らす人々の生活の様子を再現した絵。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や袋状竪穴、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400159

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館に展示されている曇石山遺跡から出土した土器。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400054

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館で曇石山遺跡の発掘現場を見学する来場者。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400156

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館で曇石山遺跡の発掘現場を見学する来場者。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400068

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館内の曇石山遺跡発掘現場で窯を見学する来場者。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400152

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館に展示されている曇石山遺跡から出土した土器。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400155

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館に展示されている曇石山遺跡で出土した窯。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や袋状竪穴、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400157

  • 2019年03月08日
    悠久の歴史を誇る曇石山文化と遺跡福建省

    8日、福建省曇石山遺跡博物館に展示されている曇石山遺跡から出土した土器。中国福建省閩侯(びんこう)県甘蔗(かんしゃ)鎮曇石(どんせき)村にある曇石山遺址は、閩江(びんこう)下流の北岸で1954年に発見された。今から4千~5千年前のものとされる曇石山文化遺跡の上に、3千年余り前の黄土侖文化層がある。現在までに面積の異なる発掘が9回行われ、墓や灰坑、壕、土器を焼く窯などの遺跡や、土器、石器、貝器、骨器などの文化財が発見された。興味深いのは、遺跡から出土した動物の骨を鑑定した結果、熊、鹿、サイ、インドゾウ、リーフモンキーなどのものであることが分かり、閩江下流域は当時、現在よりも高温多湿で、原生林が広がっていたと推測されていることだ。(福州=新華社記者/宋為偉)=2019(平成31)年3月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019031400158

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402309

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる3羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402312

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402342

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402280

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州の上を飛ぶハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402298

  • 2019年04月24日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    閩江口湿地で撮影した2羽のヒガシチュウゴクアジサシ。(4月24日撮影)中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903840

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州の上を飛ぶハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402303

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402407

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402403

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402273

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休める「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402411

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽ばたく「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402420

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州の上を飛ぶハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402272

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402276

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州を飛ぶ「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402418

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402328

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402404

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽ばたく「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402275

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402304

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402310

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402316

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402299

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で羽を休めるハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402400

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で戯れる2羽の「ヒガシチュウゴクアジサシ」。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402412

  • 2019年04月24日
    ハヤブサが閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州の上を飛ぶハヤブサ。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、これまであまり見られなかった猛禽類のハヤブサが頻繁に飛来している。ハヤブサは国家2級重点保護野生動物、世界最速の鳥とされており、急降下の際に飛行時速が300キロメートル以上に達する。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402278

  • 2019年04月24日
    絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    24日、閩江河口の砂州で撮影した「ヒガシチュウゴクアジサシ」(右の2羽)とオオアジサシ(左端)。ヒガシチュウゴクアジサシは近縁種のオオアジサシと共に行動することが多い。中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(平成31)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051402334

  • 01:26.76
    2019年05月06日
    「新華社」閩江のほとりできらめく夜景を堪能福建省福州市

    第2回デジタル中国建設サミットが6日、福建省福州市で開幕した。サミットの開催期間中には閩江(びんこう)沿岸がライトアップされ、専門家や学者、ゲストらは船上から無形文化遺産を眺め、水と光が織りなす両岸の幻想的な夜景を楽しむことができる。福建省最大の河川であり、福州市の母なる河でもある閩江は、一本一本の細い流れが集まって大河となり、うねりながら福州市を流れ、南台島から東へ南へと曲がりくねりながら、海へと注いでいく。(記者/郭圻)<映像内容>閩江沿岸のライトアップされた街並み、撮影日:2019(令和元)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019050901180

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:28.00
    2019年05月15日
    「新華社」福州自貿区が模索する両岸融合発展への新たな道のり

    中国(福建)自由貿易試験区福州片区(エリア)が開設されて4年、大局を見据えつつも細部と実行に重きを置き、「台湾同胞と台湾企業の大陸における第一の故郷」の建設に力を尽くすという努力が、新たな実績を絶えず生み出している。統計によると、同片区で今年3月末時点までに新たに増えた台湾企業は377社。登録資本金は36億6900万元(1元=約16・5円)で、福州市全体のそれぞれ42・65%、41・53%を占めた。片区では、台湾の青年企業家へより良いサービスを提供するため、海峡両岸(中国の大陸と台湾)青年創業インキュベーションセンターを始めとする九つのプラットフォームを設立。千人以上の台湾青年の起業や就職を後押ししてきた。片区はこの4年間で台湾企業家に対し①台湾原産地証明書の検査システムなどを含む15項目の対台湾貿易円滑化措置の実施②台湾に対する旅行や医療、文化クリエイティブ、芸能など17のサービス貿易分野の開放推進と300以上のサービス業プロジェクトの実施促進③両岸IoT(モノのインターネット)アプリケーション・モデルセンターや両岸スマートシティ研究開発センター、中間テスト基地の建設④両岸を行き来する直行便客船の申請手続き簡素化と、閩江(びんこう)下流の福州市馬尾地区の対台湾総合フェリーふ頭建築による馬尾-台湾馬祖間の所要時間の半減化-などの一連の施策を相次ぎ打ち出している。(記者/林凱)<映像内容>福州自貿区の街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019051600517

  • 2019年05月21日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    21日、閩江口湿地で戯れる2羽のヒガシチュウゴクアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903837

  • 2019年05月23日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    23日、閩江口湿地の砂州で餌を探すクロツラヘラサギの群れ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903833

  • 2019年05月23日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    23日、閩江口湿地で戯れる2羽のオオアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903908

  • 2019年05月23日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    23日、閩江口湿地で戯れる2羽のオオアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903822

  • 2019年05月23日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    23日、閩江口湿地で戯れる2羽のオオアジサシ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903793

  • 00:40.66
    2019年05月24日
    「新華社」絶滅危惧種クロツラヘラサギ、福建省閩江に現れる

    中国福建省を流れる閩江の河口付近に位置する浅瀬でこのほど、世界的に絶滅が危ぶまれ、中国で国家2級重点保護野生動物に指定されている鳥類、クロツラヘラサギが頻繁に姿を現していた。クロツラヘラサギの名前は、平べったく長いヘラ状のくちばしに由来する。また姿かたちが優雅で、目の周りからくちばしにかけて黒いことから「黒い顔の天使」、水中に入れたくちばしを左右に振って餌を取ることから「黒い顔のダンサー」とも呼ばれる。生息域が限られ、数が少ないため、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている。(記者/梅永存、陳旺)<映像内容>クロツラヘラサギの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402908

  • 2019年05月24日
    閩江口湿地、鳥たちの宿り場に福建省

    24日、閩江口湿地で餌を探すコオバシギの群れ。中国福建省の閩江口湿地は、2100ヘクタール以上の面積に手つかずの自然が残る同省最大の河口湿地だ。同湿地は地理的優位性や生息・生育している動植物資源の豊富さにより、鳥類の生息と繁殖に適した環境になっている。一時的または長期的に閩江口湿地に滞在している渡り鳥は現在、150種を超えている。(福州=新華社記者/梅永存)=2019(令和元)年5月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052903843

  • 01:01.12
    2019年05月24日
    「新華社」閩江の砂州に数千羽のハマシギ福建省

    中国福建省を流れる閩江(びんこう)河口の砂州では、生態環境の改善と保護の強化に伴い、生息する生物の種類が増えている。夏に入り、砂州で餌を探すハマシギは数千羽に達した。ハマシギの群れが一斉に飛ぶ様子は壮観だ。(記者/梅永存、陳旺)<映像内容>ハマシギの群れの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052404132

  • 00:54.55
    2019年05月24日
    「新華社」絶滅危惧種の鳥が閩江の砂州に飛来福建省

    中国福建省を流れる閩江(びんこう)の河口にある砂州にこのところ、世界的に絶滅が危惧されるカモメ科の「ヒガシチュウゴクアジサシ」(学名:Thalasseusbernsteini)が頻繁に飛来している。(記者/梅永存、陳旺)<映像内容>ヒガシチュウゴクアジサシの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052402922

  • 02:50.44
    2019年09月03日
    「新華社」観光客とサルが夏のひと時を共に楽しむ福建省

    中国福建省武夷山市北部の大安村付近、武夷山自然保護区の西部に位置する大安源森林生態観光風景区は、福建省の「母なる河」閩江(びんこう)の水源地で、山と水が織り成す清らかな景色、調和のとれた生態、豊富な生物の種、爽やかな気候に恵まれている。ここに生息するさまざまな野生のアカゲザルは、森の中で遊んだり、水辺に近づいて避暑に訪れた観光客と触れ合い、人と自然が調和して共存する美しい風景を生み出している。(記者/宋為偉)<映像内容>大安源森林生態観光風景区の風景、観光客とサルの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019090500818

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で望遠鏡を使ってバードウオッチングをする子ども。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322572

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、イベントに参加し、閩江河口湿地公園の遊歩道で鳥類を観察する鳥類愛好家。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322660

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、カルガモやコガモと共に閩江河口湿地で羽を休めるアオアシシギ(右)。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322641

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、望遠鏡で鳥類を観察、記録する鳥類愛好家や環境保護関係者。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322607

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で木の枝に止まったジョウビタキ。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322627

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で望遠鏡を使ってバードウオッチングをする子ども。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322620

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で木の枝に止まったカワセミ。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322624

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地の花の茎に止まったメジロ。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322632

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で木の枝に止まったタカサゴモズ。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322574

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で木の枝に止まったマミハウチワドリ。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322611

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地で餌をついばむクロツラヘラサギ。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322613

  • 2020年01月19日
    閩江河口湿地でバードウオッチング福建省

    19日、閩江河口湿地博物館で鳥類に関する問題に回答する子ども。中国福建省野生動植物保護協会バードウオッチング分会が企画した一連の自然体験イベントが19日、同省福州市の閩江河口湿地で開催され、鳥好きの子どもたちや環境保護関係者らが湿地に入り、鳥の観察や自然探索をした。閩江河口湿地は同省で最も生物多様性に富んだ湿地の一つで、毎年多くの水鳥が渡りの途中に羽を休める中継地となっており、一部の種類の鳥は同湿地で越冬と繁殖を行っている。(長楽=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020012322662

  • 2020年03月15日
    春を告げる鳥たち福建省福州市

    15日、福州閩江口湿地で木の枝に止まったタカサゴモズ。中国福建省福州市では気温の上昇に伴い、動植物が活動を開始し、生命力に満ちた光景を見せている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923986

  • 2020年03月15日
    春を告げる鳥たち福建省福州市

    15日、福州閩江口湿地で木の枝に止まったジョウビタキ。中国福建省福州市では気温の上昇に伴い、動植物が活動を開始し、生命力に満ちた光景を見せている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031923977

  • 2020年03月15日
    春を告げる鳥たち福建省福州市

    15日、福州閩江口湿地で木の枝に止まったメジロ。中国福建省福州市では気温の上昇に伴い、動植物が活動を開始し、生命力に満ちた光景を見せている。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020031924041

  • 2020年04月07日
    鳥たちの楽園、閩江口湿地

    7日、閩江口湿地で戯れるヒガシチュウゴクアジサシ。中国福建省福州市長楽区の閩江河口国家湿地公園は渡り鳥の重要な飛行ルートに位置しており、絶滅が危惧される希少な鳥類の生息地にもなっている。湿地には1084種の動植物が生息・生育し、毎年5万羽を超える水鳥が飛来する。(福州=新華社記者/梅永存)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403118

  • 2020年04月07日
    鳥たちの楽園、閩江口湿地

    7日、閩江口湿地で餌を探すクロツラヘラサギ。中国福建省福州市長楽区の閩江河口国家湿地公園は渡り鳥の重要な飛行ルートに位置しており、絶滅が危惧される希少な鳥類の生息地にもなっている。湿地には1084種の動植物が生息・生育し、毎年5万羽を超える水鳥が飛来する。(福州=新華社記者/梅永存)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403175

  • 2020年04月07日
    鳥たちの楽園、閩江口湿地

    7日、閩江口湿地で餌を探し、羽ばたくマガモ。中国福建省福州市長楽区の閩江河口国家湿地公園は渡り鳥の重要な飛行ルートに位置しており、絶滅が危惧される希少な鳥類の生息地にもなっている。湿地には1084種の動植物が生息・生育し、毎年5万羽を超える水鳥が飛来する。(福州=新華社記者/梅永存)=2020(令和2)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403151

  • 2020年04月08日
    鳥たちの楽園、閩江口湿地

    8日、閩江口湿地で餌を探すクロツラヘラサギ。中国福建省福州市長楽区の閩江河口国家湿地公園は渡り鳥の重要な飛行ルートに位置しており、絶滅が危惧される希少な鳥類の生息地にもなっている。湿地には1084種の動植物が生息・生育し、毎年5万羽を超える水鳥が飛来する。(福州=新華社記者/梅永存)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403196

  • 2020年04月08日
    鳥たちの楽園、閩江口湿地

    8日、閩江口湿地で餌を探すコチドリの群れ。中国福建省福州市長楽区の閩江河口国家湿地公園は渡り鳥の重要な飛行ルートに位置しており、絶滅が危惧される希少な鳥類の生息地にもなっている。湿地には1084種の動植物が生息・生育し、毎年5万羽を超える水鳥が飛来する。(福州=新華社記者/梅永存)=2020(令和2)年4月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020041403150

  • 00:40.32
    2020年04月16日
    「新華社」閩江口湿地で戯れるオオアジサシ福建省

    中国福建省福州市の閩江口湿地ではこのところ、飛来した100羽近いオオアジサシが水面や岸辺で戯れ、餌をついばむ姿が自然の風景の一部となっている。同湿地は福建省最大の自然の河口湿地で、面積は2100ヘクタールを超える。湿地の地理的優位性と豊富な動植物資源が、鳥類の生息と繁殖に適した環境を提供している。(記者/梅永存、郭圻)<映像内容>閩江口湿地のオオアジサシの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003738

  • 2020年06月06日
    福建水口水力発電所、全水門を開放して排水

    6日、水門を開放し、水を排出する福建水口水力発電所。中国福建省の閩江(びんこう)流域では、連日の降雨により水位が上昇している。これを受け、福州市閩清県にある華東地区最大の一般水力発電所、福建水口水力発電所は6日、12の水門を全て開放し、水を排出した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102886

  • 2020年06月06日
    福建水口水力発電所、全水門を開放して排水

    6日、12の水門を全て開放し、水を排出する福建水口水力発電所。中国福建省の閩江(びんこう)流域では、連日の降雨により水位が上昇している。これを受け、福州市閩清県にある華東地区最大の一般水力発電所、福建水口水力発電所は6日、12の水門を全て開放し、水を排出した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102929

  • 2020年06月06日
    福建水口水力発電所、全水門を開放して排水

    6日、水門を開放し、水を排出する福建水口水力発電所。中国福建省の閩江(びんこう)流域では、連日の降雨により水位が上昇している。これを受け、福州市閩清県にある華東地区最大の一般水力発電所、福建水口水力発電所は6日、12の水門を全て開放し、水を排出した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年6月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061102939

  • 1
  • 2