KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 平成
  • 古井戸
  • 屋外
  • 建物
  • 街並み
  • 阪神大震災
  • あずまや
  • ちょう
  • ばとう
  • ひび

「防火壁」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1942年12月31日
    Making wiring assemblies at a junction box on the fire wall for the right engine of a B-25 bomber

    Making wiring assemblies at a junction box on the fire wall for the right engine of a B-25 bomber, North American Aviation, Inc., [Inglewood], Calif. 1942、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019083004450

  • 1998年01月07日
    追悼する被災者たち 被災の象徴をライトアップ

    ライトアップされた「神戸の壁」の前で阪神大震災の犠牲者を追悼する被災者たち=7日午後5時55分、神戸市長田区若松町(「神戸の壁」は高さ数メートルのコンクリート製。太平洋戦争前に市場の防火壁として建てられた。震災でひびが入り、大火で焼けこげたが、倒れずに残った)

    商品コード: 1998010700110

  • 2002年03月20日
    防火壁で作ったベンチ 震災で残った壁をベンチに

    阪神大震災で焼け残った防火壁の一部を利用して作られたベンチ=20日午後、神戸市中央区の「人と防災未来センター」

    商品コード: 2002032000125

  • 2012年10月21日
    防火樹

    キーワード:屋外、看板、秋、日本、風景、防火壁、無人、木立、防火樹、風景メイン写真=2012(平成24)年10月21日、神奈川県厚木市、クレジット:Keiji Kaneda/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020082200409

  • 2016年04月15日
    うだつ

    キーワード:うだつ、屋外、屋根、海野宿、建物、春、飾り、朝、伝統的な、日本、日本家屋、壁、防火壁、無人、歴史、袖うだつ、風景メイン写真=2016(平成28)年4月15日、長野県東御市、クレジット:Koutaro Makioka/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020122902512

  • 2016年11月04日
    400年前の面影残す古村貴州省余慶県

    貴州省遵義市余慶県白泥鎮大竜村の集落「坦泉大寨」に残る古い防火壁。(2016年11月4日撮影)中国貴州省遵義市余慶県白泥鎮大竜村の坦泉(たんせん)村民組(グループ)は、地元の人から「坦泉大寨(集落)」と呼ばれている。同省銅仁市石阡(せきせん)県から移住してきた人々によってできた集落で、400年以上の歴史がある。現在は37世帯が暮らし、そのほとんどが王姓を名乗っている。余慶県文化放送広播電視局(ラジオテレビ局)の張権勇(ちょう・けんゆう)局長によると、集落の建物は全体的な計画の上に配置されているという。1段目はかつての競馬場と養魚池で、現在は農地として利用されている。2段目は公共の広場で、現在は3世帯が住居として使用している石造りの建物があり、3、4段目は民家となっている。坦泉大寨を遠くから見ると、各段の境界がはっきりと分かる。集落に足を踏み入れると、木々が茂り、石畳の道が延びている。光が差し込む石造りの庭や静かに水をたたえた古井戸などがあり、至る所にかつての時代の気配が充満している。(貴陽=新華社配信/穆明飛)=2016(平成28)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020113000698

  • 2019年11月05日
    「中国歴史文化名村」武夷山下梅村

    5日、清朝乾隆年間に建てられた武夷山下梅村の鄒(すう)氏祠堂(しどう)の馬頭墻(ばとうしょう、防火壁)。中国福建省武夷山市下梅村は同市市街地の東南12キロに位置する古村落。長い歴史を持ち、優れた人物や文化の集まる地で、明清時代の古民家70余棟が現存し、900メートルを超える人工の運河が村を貫いて流れている。明・清様式の古民家にはれんが彫刻、石刻、木彫が集中的に施されて一体となり、あずまや、古い町並み、古井戸や船着き場が特有の江南水郷建築群を形成している。2005年9月16日、下梅村は国家文物局と国家建設部から「中国歴史文化名村」の称号を授与された。(武夷山=新華社記者/馬平)=2019(令和元)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019111104081

  • 1