KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 新型肺炎
  • 記者
  • 北朝鮮
  • 発生
  • 豚コレラ
  • 防護服
  • 平壌
  • 新型コロナウイルス感染症
  • 検査

「防疫」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
1,315
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,315
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • -
    Roman Art. Syria. Palmyra. Decorative detail in the monumental arch. 3rd century. Oasis of Tadmor.

    Roman Art. Syria. Palmyra. Decorative detail in the monumental arch. 3rd century. Oasis of Tadmor.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020051306079

  • -
    Italy. Ostia Antica. Ruins.

    Italy. Ostia Antica. Ruins.、クレジット:Album/Prisma/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2020042500138

  • 1929年12月12日
    日本電報通信社資料

    国際連盟東洋支部長に任命され、近くシンガポールに赴任する警視庁防疫課の大内恒博士=1929(昭和4)年12月12日(日本電報通信社撮影)

    商品コード: 2011113000252

  • 1944年02月19日
    少女の下着もチェック 欧州戦線

    イタリア南部ナポリのスラム街で幼女の下着をチェックする米国のシラミ駆除スタッフ。米軍はロックフェラー財団の支援を得てチフス対策の委員会を設置し、大規模な防疫活動を展開。感染調査のほか、ワクチン投与やシラミ駆除剤の散布に当っている=1944年2月(ACME)

    商品コード: 2019041000474

  • 1945年11月14日
    勝俣稔氏

    厚生省臨時防疫局長の勝俣稔氏=1945(昭和20)年11月14日(20年内地番号なし)

    商品コード: 2014122200818

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1946年12月21日
    上野の浮浪者にDDT散布

    浮浪者にDDTをかける都防疫課員=1946(昭和21)年12月21日、上野

    商品コード: 1946122150002

  • 1947年09月25日
    キャサリン台風(東京都)

    葛飾区・四ツ木付近で活躍する赤十字の防疫班(米軍赤十字撮影)=1947(昭和22)年9月25日出稿(22年内地6333) カスリーン台風

    商品コード: 2014111700188

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1947年09月25日
    キャスリーン台風

    赤十字防疫班。東京・四つ木付近で活躍する赤十字防疫班=昭和22年9月25日(キャスリン台風)

    商品コード: 2003122000489

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1947年09月25日
    キャスリーン台風

    赤十字防疫班。東京・四つ木付近で活躍する赤十字防疫班=昭和22年9月25日(キャスリン台風)

    商品コード: 2003122000488

  • 1947年09月26日
    キャサリン台風(東京都)

    水害地で活躍する都の防疫班(葛飾区・四ツ木)=1947(昭和22)年9月26日 カスリーン台風

    商品コード: 2014111700215

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1948年01月27日
    帝銀事件

    1948年1月26日午後3時半ごろ、東京都豊島区の帝国銀行椎名町支店に「東京都防疫班」の腕章を巻いた男が現われ、赤痢の予防薬だとして毒物を行員ら16人に飲ませ、12人が死亡した。警視庁は8月21日に北海道小樽市で画家平沢貞通容疑者(57)を逮捕した、写真はその日の帝国銀行椎名町支店前=1948(昭和23)年1月27日(1948年国内十大ニュース2)

    商品コード: 2002111400119

  • 1951年11月30日
    朝鮮戦争

    キーワード:種痘予防、平壌、防疫、隊員=1951(昭和26)年11月、撮影場所不明、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ※写真にキズがあります。

    商品コード: 2018072401331

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1958年08月26日
    捨てられた甲子園の土

    夏の全国高校野球選手権に初めて出場した首里高校ナイン。甲子園の土を持ち帰ったが、「植物防疫法違反」として防疫官の手で海中に捨てられた。=1958(昭和33)年8月26日、沖縄県・那覇港、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018052800501

  • 1964年08月26日
    習志野のコレラ防疫活動活発

    早朝から予防接種を受けに集まった大久保付近の住民=1964(昭和39)年8月26日、千葉県習志野市

    商品コード: 2011081700230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1975年08月18日
    ワクチン禍訴訟でデ氏証言

    原告側証人として法廷に入るロンドン大学教授のジョージ・ディック博士。種痘やインフルエンザなど各種の予防接種がもとで死んだり後遺症が残った子どもたちやその家族が国を相手に損害賠償を求めた「ワクチン禍訴訟」の口頭弁論で、同博士は、天然痘について「防疫体制が完備していれば、強制接種は必要ない」との趣旨の発言=1975(昭和50)年8月18日、東京地裁

    商品コード: 2013030400388

  • 1977年06月20日
    厚相に訴え 有田市の集団コレラ事件

    「われわれの話を聞いてくれ」と手に手にプラカードを掲げ、渡辺美智雄厚相(矢印)を取り囲む有田市商店連合会の人たち。県コレラ防疫対策本部は、コレラ菌が検出された有田川河口を中心とした一帯の消毒作業に全力を挙げ、コレラ菌全滅作戦を行う=1977(昭和52)年6月20日、和歌山県有田市役所前

    商品コード: 2014090900440

  • 1977年06月20日
    排水口をのぞき込む 有田市の集団コレラ事件

    「排水口からもコレラ菌検出」の報に、不安げに排水口をのぞき込む地元の人たち。県コレラ防疫対策本部は、有田川河口を中心とした一帯の消毒作業に全力を挙げ、コレラ菌全滅作戦を行う=1977(昭和52)年6月20日、和歌山県有田市港町

    商品コード: 2014090900442

  • 1977年06月23日
    消毒する自衛隊員 自衛隊員がコレラ大作戦

    路地から路地へ消毒する自衛隊員らと締め切った家の中から作業をのぞき見る子ども。和歌山県コレラ防疫対策本部によると、県内の保菌者は84人に。この日から自衛隊による全市一斉消毒が開始された=1977(昭和52)年6月23日、和歌山県有田市港町

    商品コード: 2014090900464

  • 1977年06月23日
    消毒を見守る住民 自衛隊員がコレラ大作戦

    大通りを除染車で消毒する自衛隊員を見守る住民。和歌山県コレラ防疫対策本部によると、県内の保菌者は84人に。この日から自衛隊による全市一斉消毒が開始された=1977(昭和52)年6月23日、和歌山県有田市港町

    商品コード: 2014090900465

  • 1978年11月07日
    コレラ集団感染事件 池之端文化センターを消毒

    結婚式場「池之端文化センター」(右上)の下水道を消毒する東京都衛生局消毒所の係員。同センターの結婚披露宴出席者を中心に集団コレラが発生、東京都がコレラ防疫対策本部を設置して対応=1978(昭和53)年11月7日、東京・上野の池之端文化センター(53年内地 10233)(*参考=53年内地 10203−19)

    商品コード: 2015081900206

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年07月20日
    患者輸送隔離装置の搬入 成田空港で防疫訓練

    ジャンボ機内にトランジットアイソレーター(患者輸送隔離装置)を運び込む防疫服を着た検疫所員=1989(平成元)年7月20日、成田空港

    商品コード: 2008100800259

  • 1993年09月10日
    検疫作業をする職員ら 長雨で輸入野菜急増

    この夏韓国からキャベツなどの輸入が急増。夏休み返上で検疫にあたる植物防疫所職員ら=下関港国際ターミナル

    商品コード: 1993091000001

  • 1994年04月20日
    検査する植物防疫官 NZ産リンゴが”上陸”

    ニュージーランドから到着したリンゴを検査する植物防疫官=20日午後8時30分、成田空港

    商品コード: 1994042000080

  • 1994年05月06日
    熱帯産果物が悩みの種 航空貨物の伸び2割増にも

    独特のにおいのする熱帯果実ドリアンを検査する植物防疫官=成田空港の植物防疫所

    商品コード: 1994050600001

  • 1994年10月15日
    目に見える活動がしたい

    キブンバ・キャンプで初の防疫作業を行う自衛隊員=13日午後、ザイール・ゴマ(共同)(アフリカ特派員510・カラーネガ)

    商品コード: 1994101500062

  • 1994年12月17日
    旧陸軍高官の文書 米軍が戦犯の免責与える

    米軍が戦犯免責を与えた事実を裏付ける尋問録の一部(終戦直後の昭和20年10月、米陸軍太平洋総司令部の科学調査団が、戦前に極秘に細菌兵器開発をしていた旧関東軍防疫給水部(七三一部隊、731部隊)幹部に対する尋問で、細菌兵器などに関する情報を入手するため戦犯の免責を与えていた)

    商品コード: 1994121700046

  • 1994年12月17日
    発電所跡 米軍が戦犯の免責与える

    731部隊本部の発電所跡=中国・黒竜江省ハルビン市郊外(共同)(終戦直後の昭和20年10月、米陸軍太平洋総司令部の科学調査団が、戦前に極秘に細菌兵器開発をしていた旧関東軍防疫給水部(七三一部隊)幹部に対する尋問で、細菌兵器などに関する情報を入手するため戦犯の免責を与えていた)

    商品コード: 1994121700047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年08月12日
    証言する井上睦雄さん ペストノミ培養の実態証言

    波八六○四部隊のペストノミ生産などについて証言する井上睦雄さん=8日、千葉県内の自宅(いのうえ・むつお)(旧日本軍の細菌戦部隊の一つで中国・広州市(旧広東市)に本部のあった「南支那防疫給水部」通称波八六○四部隊)

    商品コード: 1995081200001

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1997年06月06日
    児童を襲った犬 校内で犬暴れ児童19人けが

    小学生19人にけがをさせたシェルティー種の雄犬=6日午前11時、北海道旭川市の防疫事業所

    商品コード: 1997060600026

  • 1997年12月12日
    健康危機管理調整会議 インフルエンザ対策で会議

    香港の新型インフルエンザ対策で開かれた厚生省の健康危機管理調整会議であいさつする下田智久・厚生科学課長(右端)=12日午前、厚生省(香港での新型インフルエンザウイルスに感染したとみられる患者が新たに発生、患者が4人、死者が2人に上ったことを受け、厚生省は12日午前、健康危機管理調整会議を開き、現地調査した国立感染症研究所の専門家から報告を聞き、今後の国内の防疫対策を検討した。)

    商品コード: 1997121200022

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年11月21日
    休憩 なお続く「泥との闘い」

    防疫作業(殺虫剤散布)の合間に、縁石に腰を下ろして休憩する自衛隊員=ホンジュラスの首都テグシガルパ(共同)

    商品コード: 1998112100034

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年12月01日
    タンクを撤収する隊員 自衛隊が撤収を開始

    医療・防疫活動を終え、病院テント設営地からゴム製貯水タンクを撤収する自衛隊員=11月30日、ホンジュラスのテグシガルパ(共同)

    商品コード: 1998120100005

  • 2001年03月15日
    消毒受ける旅行客 口蹄疫の防疫態勢を強化

    マットを踏み口蹄疫の消毒を受ける英国から帰国した旅行客ら=15日午前、成田空港

    商品コード: 2001031500032

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2001年09月11日
    参加者に配布された資料 牛海綿状脳症防疫委員会

    「牛海綿状脳症防疫委員会」の参加者に配布された資料=11日午後、農水省

    商品コード: 2001091100140

  • 2001年09月22日
    会見する堂本知事 防疫体制の不備を批判

    国内初のBSE感染の確認を受け、記者会見する千葉県の堂本暁子知事=22日午前、千葉県庁

    商品コード: 2001092200040

  • 2001年09月24日
    公開された極秘文書 人体実験の277人判明

    中国吉林省公文書館が初めて公開した旧関東軍防疫給水部(731部隊)の極秘文書(共同)

    商品コード: 2001092400034

  • 2002年01月22日
    中国産ネギ 輸出入(中国産ネギ)

    中国産輸入ネギの植物防疫検査(東京国際ふ頭)=2002(平成14)年1月22日、東京都江東区青海、クレジット:日本農業新聞/共同通信イメージズ [02-48-19]

    商品コード: 2017112000858

  • 2004年01月13日
    消毒薬が入った噴霧器 山口の鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザの感染地域に続く道路の検問所には消毒用噴霧器が置かれ職員が防疫態勢を取った=13日、山口県阿東町

    商品コード: 2004011300175

  • 2004年01月20日
    穴を埋める作業員 きょうにも防疫措置終了

    鳥インフルエンザで死んだ鶏などを入れた穴を埋める作業員=20日、山口県阿東町(山口県提供)

    商品コード: 2004012000241

  • 2004年01月21日
    会見する清弘農林部長 自治体の防疫対策に課題

    鳥インフルエンザ感染問題で防疫作業終了を発表する山口県の清弘和毅農林部長=21日午後、山口県庁

    商品コード: 2004012100150

  • 2004年01月21日
    穴を埋め戻す重機 養鶏農場の防疫作業終わる

    鳥インフルエンザが発生した問題で、鶏ふんなどを入れた穴を埋め戻すショベルカー=21日、山口県阿東町(山口県提供)

    商品コード: 2004012100155

  • 2004年01月21日
    防疫終了の鶏舎 養鶏農場の防疫作業終了

    鳥インフルエンザが発生した「ウイン―ウイン・ファーム山口農場」の防疫作業が終了した鶏舎=21日、山口県阿東町(山口県提供)

    商品コード: 2004012100166

  • 2004年03月04日
    出発する自衛隊の除染車 京都で鳥インフルエンザ

    防疫作業などのため京都府丹波町に向け出発する陸上自衛隊第三師団の除染車=4日午前、兵庫県伊丹市

    商品コード: 2004030400061

  • 2004年03月04日
    集結した陸上自衛隊員 京都で鳥インフルエンザ

    鳥インフルエンザ問題で、防疫作業などで京都府知事の要請を受け現地に集結した陸上自衛隊第三師団の隊員=4日午前10時5分、京都府丹波町の丹波自然運動公園

    商品コード: 2004030400076

  • 2004年03月13日
    高田権四郎さん 早急な対応は社会的責任

    防疫作業が終わった高田養鶏場に立つ経営者の高田権四郎さん=12日、京都府丹波町

    商品コード: 2004031300015

  • 2004年03月22日
    記者会見する横山町長 防疫作業すべて完了

    浅田農産船井農場の防疫作業完了を受け、記者会見する横山義雄丹波町長=22日午後、京都府の丹波町役場

    商品コード: 2004032200304

  • 2004年03月22日
    記者会見する山田知事 防疫作業すべて完了

    浅田農産船井農場の防疫作業完了を受け、記者会見する山田啓二京都府知事=22日午後、京都府庁

    商品コード: 2004032200299

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年04月13日
    京都府知事と丹波町長 鳥インフルエンザ終息宣言

    京都府丹波町の横山義雄町長(左)を訪ね、防疫措置への協力を感謝する山田啓二知事=13日午前、京都府の丹波町役場

    商品コード: 2004041300071

  • 2005年01月11日
    防疫作業をする自衛隊員 スマトラ救援訓練を公開

    スマトラ沖地震の被災地救援に向け、噴霧機の作動状況を確認する陸自第7師団の隊員=11日午後、北海道千歳市

    商品コード: 2005011100147

  • 2005年01月31日
    薬剤を散布する隊員 スマトラ沖地震

    31日、バンダアチェで防疫のため薬剤を散布する自衛隊員(共同)

    商品コード: 2005013100245

  • 2006年02月03日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮慈江道の養鶏場

    北朝鮮北部の慈江道にある養鶏場。常に防疫と殺菌に注意している=2006年2月3日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010081100316

  • 2006年05月08日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で鳥インフル防疫

    北朝鮮の首都平壌市の農業省中央防疫センターで、鳥インフルエンザ抗体づくりに取り組む検査技師=2006年5月8日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010083100250

  • 2006年05月22日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鳥インフル防疫

    北朝鮮の平安北道定州市にある農業省家禽研究所で、鳥インフルエンザワクチンの開発、製造に取り組む科学者=2006年5月22日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010090100183

  • 2006年06月07日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の植物防疫所

    北朝鮮の首都平壌市にある農業省中央植物防疫所で、作物の病気や生育状況を調べる調査員=2006年6月7日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010090600125

  • 2006年06月12日
    朝鮮中央通信資料 防疫に努める沙里院養鶏場

    北朝鮮の黄海北道沙里院にある沙里院養鶏場。鶏舎の消毒や予防接種などで、鳥インフルエンザの防疫に努めている=2006年6月12日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010090600175

  • 2007年01月12日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鳥インフル防疫

    北朝鮮の首都、平壌市の農業省傘下の中央防疫センターで、鳥インフルエンザの抗体づくりに日常的に取り組む検査技師=2007年1月12日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010100400055

  • 2007年01月15日
    トラックを消毒する作業員 1万2千羽を焼却

    鳥インフルエンザの防疫のため、鶏を積んだトラックを消毒する作業員=15日午後、宮崎県清武町

    商品コード: 2007011500127

  • 02:10.59
    2007年01月24日
    空撮 宮崎で新たな鳥インフルか 日向市、570羽大量死

    宮崎県は23日、宮崎県日向市東郷町の養鶏場でブロイラー約570羽が大量死し、高病原性鳥インフルエンザが疑われると発表した。延岡家畜保健衛生所が養鶏場で行った簡易検査では、11羽中1羽が陽性、4羽が疑陽性。宮崎県では約60キロ離れた清武町の養鶏場でも高病原性鳥インフルエンザが発生、約1万2000羽の焼却など初期の防疫措置が終わったばかり<映像内容>消毒剤散布で周辺の地面が白く見える日向市東郷町の養鶏場、山間部に位置している様子俯瞰、養鶏場入り口に集まる報道関係車両、空撮、撮影日:2007(平成19)年1月24日、撮影場所:宮崎県日向市東郷町

    商品コード: 2019121003059

  • 2007年02月06日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鶏卵生産

    北朝鮮の慈江道江界市にある養鶏場。殺菌、防疫処理をして鶏卵生産の促進を図っている=2007年2月6日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010100500089

  • 2007年06月18日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で鳥インフル対策

    北朝鮮平安北道定州市にある獣医防疫所で、鳥インフルエンザなどの抗体づくりに取り組む検査技師=2007年6月18日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010102700075

  • 2008年02月04日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鳥インフル防疫

    北朝鮮の首都平壌にある中央獣医防疫所で、ニワトリのチェックをする検査技師=2008年2月4日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010112900139

  • 2008年05月20日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鳥インフル防疫

    北朝鮮の首都平壌市にある平壌獣医防疫所で、鳥インフルエンザの防疫に努める検査員=2008年5月20日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010120700286

  • 2008年06月10日
    朝鮮中央通信資料 沙里院で鳥インフル対策

    北朝鮮の黄海北道沙里院にある黄海北道獣医防疫所で、鳥インフルエンザの検体チェックをする検査技師=2008年6月10日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010120800167

  • 2008年08月19日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鳥インフル防疫

    北朝鮮平安北道定州市の生物医学研究所。世界的に流行している鳥インフルエンザなどの防疫用の薬の研究開発を行っている=2008年8月19日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010122000074

  • 2008年10月21日
    ニワトリ捕獲する参加者 鳥インフル想定し実践訓練

    高病原性鳥インフルエンザの発生を想定した防疫訓練で、ニワトリを捕獲する参加者=21日午後、福岡県飯塚市

    商品コード: 2008102100237

  • 2008年12月09日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で鳥インフル防疫

    北朝鮮の首都平壌の中央動物園で、鳥インフルエンザ防止のためワクチン接種をする検査技師=2008年12月9日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010122700072

  • 2009年02月27日
    ウズラ農場で消毒作業 現地の防疫対策を強化

    鳥インフルエンザが確認されたウズラ農場を消毒する県職員=27日午後、愛知県豊橋市南大清水町

    商品コード: 2009022700347

  • 2009年02月27日
    消毒作業する関係者 現地の防疫対策を強化

    鳥インフルエンザが確認されたウズラ農場を消毒する県職員=27日午後、愛知県豊橋市南大清水町

    商品コード: 2009022700348

  • 2009年02月27日
    立ち入り禁止の張り紙 現地の防疫対策を強化

    鳥インフルエンザ発生が確認されたウズラ農場入り口に掲示された「立ち入り禁止」の張り紙=27日午後、愛知県豊橋市南大清水町

    商品コード: 2009022700356

  • 2009年03月02日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の鳥インフル防疫

    北朝鮮の首都平壌にある農業省傘下の中央獣医防疫所で、鳥インフルエンザ防止のため、検体調査をする検査技師=2009年3月2日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2011011100376

  • 2009年05月06日
    朴名寿副委員長 北朝鮮での感染事例なし

    北朝鮮での新型インフルエンザの防疫などについて話す朴名寿国家緊急防疫委員会副委員長=6日、平壌(共同)

    商品コード: 2009050600142

  • 2010年01月22日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮の新型インフルエンザ対策

    新型インフルエンザの流行を食い止めるため豚を検査する北朝鮮の農業省傘下の中央獣医防疫所の係官=2010年1月13日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010012200407

  • 2010年01月22日
    朝鮮中央通信資料 北朝鮮で新型インフル対策

    北朝鮮で新型インフルエンザの流行を防ぐため検査を行う農業省傘下の中央獣医防疫所の係官=2010年1月13日(朝鮮中央通信=共同)

    商品コード: 2010012200408

  • 2010年05月18日
    牛豚等疾病小委員会 追加の防疫措置を議論

    口蹄疫の追加防疫措置について議論する牛豚等疾病小委員会=18日午後、農水省

    商品コード: 2010051800230

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年05月20日
    機動隊員と山田農水副大臣 管区機動隊が防疫支援開始

    口蹄疫の防疫活動支援のため、宮崎県入りした九州管区機動隊員に訓示する山田正彦農水副大臣(左)=20日午前、宮崎県警本部

    商品コード: 2010052000130

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年05月20日
    続けられる防疫作業 口蹄疫対策の協議難航

    国道に設置された消毒ポイントで、24時間体制で続けられる口蹄疫の防疫作業=20日夜、宮崎市

    商品コード: 2010052000525

  • 2010年05月25日
    九州地方知事会議 国の責任で防疫徹底を

    口蹄疫問題対策などで開かれた九州地方知事会議=25日午後、長崎県佐世保市

    商品コード: 2010052500397

  • 2010年05月29日
    許天来局長 ウイルス撲滅ほぼ不可能

    台北市内の行政院農業委員会(農水省)動植物防疫検疫局でインタビューに答える許天来局長(共同)

    商品コード: 2010052900223

  • 2010年06月04日
    会議に出席する東国原知事 口蹄疫終息「夏休み前に」

    宮崎県の防疫対策本部会議に出席した東国原知事=4日午前、宮崎県庁

    商品コード: 2010060400130

  • 2010年06月15日
    通行止め通過する車 隣接3県、緊迫の防疫

    口蹄疫対策で、通行止めにされた県境をまたぐ市道を通行する車=14日、鹿児島県曽於市

    商品コード: 2010061500134

  • 2010年06月15日
    隣接3県、緊迫の防疫

    宮崎県と周辺市

    商品コード: 2010061500151

  • 2010年06月15日
    隣接3県、緊迫の防疫

    宮崎県と周辺市

    商品コード: 2010061500152

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2010年09月06日
    牛の口調べる家畜防疫員 輸出再開へ清浄性検査開始

    牛の口を開け、口蹄疫が疑われる症状がないか調べる宮崎家畜保健衛生所の家畜防疫員=6日午前、宮崎県国富町

    商品コード: 2010090600108

  • 2010年09月06日
    牛の採血をする家畜防疫員 輸出再開へ清浄性検査

    抗体検査のため牛の採血をする宮崎家畜保健衛生所の家畜防疫員=6日午前、宮崎県国富町

    商品コード: 2010090600156

  • 2010年11月18日
    トラックの消毒 四国で鳥インフル対策

    鳥インフルエンザの発生に備えて行われた防疫演習=18日午後、徳島県つるぎ町

    商品コード: 2010111800675

  • 2010年12月05日
    会議に臨む溝口知事 防疫措置すべて完了

    危機管理対策本部会議に臨む島根県の溝口善兵衛知事(中央)=5日午後、島根県庁

    商品コード: 2010120500077

  • 2010年12月07日
    鶏卵手渡す平井知事 防疫対応で財政支援要請

    農水省の松木謙公政務官に鶏卵を手渡す平井伸治鳥取県知事(右)=7日午前、農水省

    商品コード: 2010120700144

  • 2010年12月22日
    消毒液など準備する関係者 防疫徹底「冷静に対応」

    ナベヅルの鳥インフルエンザ感染が判明した鹿児島県出水市で、養鶏場への立ち入り検査のため防護服や消毒液を準備する関係者=22日午前

    商品コード: 2010122200097

  • 2010年12月22日
    閉館伝える張り紙 防疫徹底「冷静に対応」

    鳥インフルエンザ感染拡大防止のため、市ツル観察センター入り口に張り出される閉館のお知らせ=22日午前、鹿児島県出水市

    商品コード: 2010122200128

  • 2010年12月24日
    時吉秀次さん 世話40年、手探りの防疫

    ツルの保護監視員、時吉秀次さん=23日午前、鹿児島県出水市

    商品コード: 2010122400021

  • 2010年12月24日
    ツル保護監視員の時吉さん 世話40年、手探りの防疫

    ツルの保護監視員、時吉秀次さん=22日、鹿児島県出水市

    商品コード: 2010122400037

  • 2011年01月27日
    防疫強化策のポイント

    防疫強化策のポイント

    商品コード: 2011012700400

  • 2011年01月27日
    防疫強化策のポイント

    防疫強化策のポイント

    商品コード: 2011012700401

  • 2011年01月29日
    養鶏農場での防疫作業 川南町の鳥インフルエンザ

    高病原性鳥インフルエンザに感染した鶏が見つかった宮崎県川南町の養鶏農場での防疫作業=29日(宮崎県提供)

    商品コード: 2011012900258

  • 2011年01月29日
    養鶏農場での防疫作業 川南町の鳥インフルエンザ

    高病原性鳥インフルエンザに感染した鶏が見つかった宮崎県川南町の養鶏農場での防疫作業=29日(同県提供)

    商品コード: 2011012900265

  • 2011年02月12日
    発言する谷本知事 口蹄疫疑いで対策協議

    家畜防疫緊急会議で発言する石川県の谷本正憲知事(右端)=12日午前、石川県庁

    商品コード: 2011021200082

  • 2011年02月26日
    三重県の対策本部 三重で鳥インフルの疑い

    鳥インフルエンザ感染の疑いで、防疫措置などを協議した三重県の対策本部=26日午後7時5分、三重県庁

    商品コード: 2011022600406

  • 2011年04月19日
    口蹄疫の防疫訓練 宮崎県が口蹄疫想定し訓練

    宮崎県が実施した口蹄疫発生を想定した訓練で、発生農場の場所を地図で確認する県職員=19日午前、宮崎県庁

    商品コード: 2011041900064

  • 2011年04月19日
    口蹄疫の防疫訓練 宮崎県が口蹄疫想定し訓練

    宮崎県が実施した口蹄疫発生を想定した訓練で、発生農場の場所を地図で確認する県職員=19日午前、宮崎県庁

    商品コード: 2011041900125

  • 2011年04月19日
    総括する牧元副知事 「感染多発時の対応課題」

    口蹄疫の防疫訓練を終え、意義などについて話す宮崎県の牧元幸司副知事=19日午後、宮崎県庁

    商品コード: 2011041900472

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...