KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 決定
  • 自公
  • 閣議
  • 令和
  • 流れ
  • 自民党
  • 転換
  • イタリア
  • ロシア軍
  • 侵攻

「防衛装備移転三原則」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
27
( 1 27 件を表示)
  • 1
27
( 1 27 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  新三原則のポイント
    2014年04月01日
    新三原則のポイント

    防衛装備移転三原則のポイント

    商品コード: 2014040100016

  •  新三原則のポイント
    2014年04月01日
    新三原則のポイント

    防衛装備移転三原則のポイント

    商品コード: 2014040100017

  •  新三原則のポイント
    2014年04月01日
    新三原則のポイント

    防衛装備移転三原則のポイント

    商品コード: 2014040100018

  •  新三原則のポイント
    2014年04月01日
    新三原則のポイント

    防衛装備移転三原則のポイント

    商品コード: 2014040100019

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    防衛装備移転三原則を決定

    輸出審査の流れ

    商品コード: 2014040100024

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    防衛装備移転三原則を決定

    輸出審査の流れ

    商品コード: 2014040100025

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    防衛装備移転三原則を決定

    輸出審査の流れ

    商品コード: 2014040100026

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    防衛装備移転三原則を決定

    輸出審査の流れ

    商品コード: 2014040100027

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    小野寺防衛相 防衛装備移転三原則を決定

    閣議に向かう小野寺防衛相=1日午前、首相官邸

    商品コード: 2014040100047

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    閣議に臨む小野寺防衛相 防衛装備移転三原則を決定

    閣議に臨む小野寺防衛相(左から2人目)ら=1日午前、首相官邸

    商品コード: 2014040100048

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    閣議に臨む安倍首相ら 防衛装備移転三原則を決定

    閣議に臨む(左から)谷垣法相、安倍首相、麻生副総理=1日午前、首相官邸(谷垣禎一、安倍晋三、麻生太郎)

    商品コード: 2014040100049

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年04月01日
    閣議に臨む安倍首相 防衛装備移転三原則を決定

    閣議に臨む安倍首相(右)=1日午前、首相官邸(安倍晋三)

    商品コード: 2014040100050

  •  武器輸出積極策へ転換
    2014年08月17日
    武器輸出積極策へ転換

    防衛装備移転をめぐる動き

    商品コード: 2014081700298

  •  武器輸出積極策へ転換
    2014年08月17日
    武器輸出積極策へ転換

    防衛装備移転をめぐる動き

    商品コード: 2014081700299

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.89
    2022年03月08日
    ウクライナ支援で異例改定 装備移転三原則の指針 官房長官会見

    政府は8日、ロシア軍の侵攻を受けるウクライナに防弾チョッキなどの自衛隊装備品を提供するため、輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の運用指針を改定した。松野博一官房長官が記者会見で明らかにした。 <映像内容> 松野官房長官の記者会見の様子、撮影日:2022(令和4)年3月8日、撮影場所:東京都千代田区

    商品コード: 2022030906002

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.18
    2022年03月08日
    ウクライナ支援で供与 防弾チョッキ自衛隊機輸送

    政府は8日、ロシア軍の侵攻を受けるウクライナに防衛装備品である防弾チョッキを提供するため、輸出ルールを定めた「防衛装備移転三原則」の運用指針を改定した。8日夜、航空自衛隊小牧基地(愛知県小牧市)で自衛隊の輸送機1機が防弾チョッキなどの物資を積み、出発した。 <映像内容>愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地での輸送機1機への積み込みの様子など、撮影日:2022(令和4)年3月8日、撮影場所:愛知県小牧市

    商品コード: 2022030905997

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年11月17日
    殺傷力持つ武器輸出検討

    政府が検討する防衛装備移転三原則や運用指針の見直し

    商品コード: 2022111713182

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年11月17日
    殺傷力持つ武器輸出検討

    政府が検討する防衛装備移転三原則や運用指針の見直し

    商品コード: 2022111713189

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年11月17日
    殺傷力持つ武器輸出検討

    政府が検討する防衛装備移転三原則や運用指針の見直し

    商品コード: 2022111713188

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2022年11月17日
    殺傷力持つ武器輸出検討

    政府が検討する防衛装備移転三原則や運用指針の見直し

    商品コード: 2022111713187

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.49
    2023年03月16日
    「新華社」日本の市民団体、自国の武器取引強化に抗議

    千葉県幕張メッセで15日に始まった防衛装備品の見本市「DSEIジャパン2023」では、市民団体300人余りが会場前で集会を開き、日本の武器取引強化に抗議の声を上げた。見本市は2019年に続く2回目の開催で、今回は前回より約5割多い65カ国・250社の防衛関連企業が出展した。日本の市民グループ「STOP大軍拡アクション」の杉原浩司代表は、27年以降に日本の防衛費が国内総生産(GDP)の2%を占めて世界第3位の規模となり、反撃能力も持つようになれば「憲法はあってないような状態になる」と指摘。日本が積極的に武器見本市に関わり、推進することは「紛争の助長で、防衛装備移転三原則に違反しており、そもそも憲法第9条に反している」と述べた。日本が英国、イタリアと共同開発する次期戦闘機のブースでは、パイロットの機体操作をVR(仮想現実)で体験できるコーナーも設けられていた。千葉市議会の中村公江議員は見学後の取材に対し「英国やイタリアと一緒に次期戦闘機を作るという話は非常に危険だ」と語った。(記者/李光正、郭丹) =配信日: 2023(令和5)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023031614027

  • 小野寺安全保障調査会長 自公、装備輸出で協議開始
    2023年04月25日
    小野寺安全保障調査会長 自公、装備輸出で協議開始

    「防衛装備移転三原則」を巡る運用指針の見直しに向けた実務者協議の初会合であいさつする自民党の小野寺五典安全保障調査会長=25日午後、国会

    商品コード: 2023042509787

  • 実務者協議初会合 自公、装備輸出で協議開始
    2023年04月25日
    実務者協議初会合 自公、装備輸出で協議開始

    「防衛装備移転三原則」を巡る運用指針の見直しに向けた実務者協議の初会合であいさつする自民党の小野寺五典安全保障調査会長(左から2人目)=25日午後、国会

    商品コード: 2023042509815

  • 実務者協議初会合 自公、装備輸出で協議開始
    2023年04月25日
    実務者協議初会合 自公、装備輸出で協議開始

    自民、公明両党が開いた「防衛装備移転三原則」を巡る運用指針の見直しに向けた実務者協議の初会合=25日午後、国会

    商品コード: 2023042509821

  •  自公、装備輸出で協議開始
    2023年04月25日
    自公、装備輸出で協議開始

    商品コード: 2023042509821-2

  •  自公、装備輸出で協議開始
    2023年04月25日
    自公、装備輸出で協議開始

    商品コード: 2023042509821-1

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:48.36
    2024年03月28日
    「新華社」日本の民衆、殺傷能力ある戦闘機の輸出解禁決定に抗議

    日本政府は26日、英国、イタリアと共同開発する次期戦闘機の第三国への輸出解禁を閣議決定し、国家安全保障会議(NSC)で「防衛装備移転三原則」の運用指針を改定した。日本の防衛政策が再び大きく転換し、武器の第三国への直接輸出の扉が正式に開かれたことを示している。首相官邸前に同日、反対する民衆が雨の中集まり、抗議活動を行った。殺傷能力のある戦闘機の第三国への輸出解禁を決めた政府に抗議し、「武器輸出に反対」「戦争国家化に断固反対」「民意に耳を傾けよ」「死の商人国家に堕落するな」などと大声で訴えた。活動に参加した社会民主党の福島瑞穂党首は、日本には憲法9条があり海外に武器を売らない国だったが少しずつなし崩しにされ、次期戦闘機の輸出という重要事項を、国会審議を通さず与党間の話し合いだけで決めたと指摘。戦闘が行われている国には輸出しないとしているが、米国に売られれば、米国からイスラエルに供与されることになり、結果的には変わらないと述べた。「武器取引反対ネットワーク(NAJAT)」の杉原浩司代表は、次期戦闘機の初めての輸出を「こそこそ議論」で決めているとし「こんな民主主義の国があるのか」と非難した。連立政権を組む自民党と公明党は15日に会合を開き、次期戦闘機の第三国への輸出解禁を認めることで一致した。輸出解禁の対象は次期戦闘機に限定。輸出先は日本と防衛装備品・技術移転協定を結んだ国のみで、戦闘が行われている国には輸出しないとしている。輸出可能な国は今のところ15カ国で、共同開発する英国、イタリアのほか、米国やドイツ、インド、フィリピンなどが対象になる。(記者/郭丹、楊智翔) =配信日: 2024(令和6)年3月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2024032813503

  • 1