KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 令和
  • 日本
  • うけい
  • ようえい
  • 派遣
  • 西安城壁
  • 青竜寺
  • 総督府
  • 石碑
  • ペンキ

「阿倍仲麻呂」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
24
( 1 24 件を表示)
  • 1
24
( 1 24 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 1978年06月10日
    阿倍仲麻呂の碑を建立

    奈良市が建立を予定している「阿倍仲麻呂碑」の模型(*注:奈良市と中国西安市との友好都市提携5周年を記念して建立されるものと思われるが、データ不足で確認できない)

    商品コード: 2015062200385

  • 1979年12月09日
    阿部仲麻呂の記念碑を見学 大平首相が訪中

    中国の子供と一緒に阿部仲麻呂の記念碑を見学する大平正芳首相夫妻=1979(昭和54)年12月9日、西安(共同)

    商品コード: 2015111100142

  • 1979年12月09日
    大平首相が記念碑を見学

    中国の子供と一緒に阿部仲麻呂の記念碑を見学する大平正芳首相夫妻=1979(昭和54)年12月9日、西安(共同)(大平首相訪中)

    商品コード: 2015090900411

  • 2003年12月10日
    唐の陶磁器 阿倍仲麻呂の総督府か

    唐のベトナム支配時代の陶磁器。仲麻呂も愛用か(共同)

    商品コード: 2003121000111

  • 2003年12月10日
    出土した武器類 阿倍仲麻呂の総督府か

    王城遺跡から出土した武器類(共同)

    商品コード: 2003121000110

  • 2003年12月10日
    王城遺跡全景 阿倍仲麻呂の総督府か

    国会議事堂建設用地から出土したベトナム最大規模の王城遺跡(共同)

    商品コード: 2003121000106

  • 2003年12月10日
    像に見入る人々 阿倍仲麻呂の総督府か

    ハノイ市内の文廟に展示された出土品、竜頭の像に見入る人々(共同)

    商品コード: 2003121000112

  • 2003年12月10日
    漢字もくっきり 阿倍仲麻呂の総督府か

    漢字が刻まれた建材。右は「李家第三帝龍瑞太平四年(1057年)造」と、左は「大越国」と読める(共同)

    商品コード: 2003121000109

  • 2012年10月07日
    文字が書かれた石碑 仲麻呂記念碑の汚れ確認

    文字のようなものが書かれた阿倍仲麻呂の石碑=7日、中国西安の公園(共同)

    商品コード: 2012100700313

  • 2012年10月07日
    ペンキで汚された石碑 仲麻呂記念碑の汚れ確認

    ペンキで汚された阿倍仲麻呂の石碑=7日、中国西安の公園(共同)

    商品コード: 2012100700314

  • 2012年10月08日
    汚された阿倍仲麻呂の石碑 仲麻呂記念碑汚れで通報

    ペンキで汚された阿倍仲麻呂の石碑=7日、中国西安の公園(共同)

    商品コード: 2012100800398

  • 2021年01月20日
    (2)三国志ゆかりの地、北固山甘露寺江蘇省鎮江市

    8日、日本の遣唐使、阿倍仲麻呂を記念して建立された阿倍仲麻呂詩碑。中国江蘇省鎮江市の長江沿岸にある北固山は、金山、焦山とともに鎮江三山として知られ、「天下第一江山(天下一の山河)」と呼ばれる。山上の甘露寺は、小説「三国志演義」で劉備(りゅう・び)が孫権(そん・けん)の妹、孫尚香(そん・しょうこう)に婿入りした場所とされている。ただ、実際の創建は劉備が生きた時代から少し下った三国時代の呉の甘露元(256)年で、寺名も元号にちなむという。境内には鉄塔や祭江亭、多景楼など多くの歴史的、文化的名勝がある。鉄塔は唐代の創建で、第7次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。祭江亭は別名を北固亭ともいい、劉備が白帝城で病没したことを知った孫尚香が、夫の後を追って長江に身投げした場所との言い伝えがある。多景楼は洞庭湖畔の岳陽楼、武漢の黄鶴楼とともに「万里長江三大名楼」として名高く、北宋の書家、米芾(べい・ふつ)が揮毫(きごう)した「天下江山第一楼」の扁額が掛けられている。(鎮江=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021012008030

  • 2021年08月31日
    (1)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市の興慶宮公園に立つ阿倍仲麻呂記念碑。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104472

  • 2021年08月31日
    (4)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市にある吉備真備記念碑。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104457

  • 2021年08月31日
    (11)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    肇慶市にある栄叡大師記念碑の裏側。(2021年2月21日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104458

  • 2021年08月31日
    (3)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市の興慶宮公園に立つ阿倍仲麻呂記念碑。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104476

  • 2021年08月31日
    (5)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市にある吉備真備記念碑の裏側。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104436

  • 2021年08月31日
    (6)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市にある吉備真備記念碑園。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104455

  • 2021年08月31日
    (9)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市の青竜寺にある空海記念碑。(2020年7月27日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104462

  • 2021年08月31日
    (7)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市にある吉備真備記念碑園。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104464

  • 2021年08月31日
    (12)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    肇慶市にある栄叡大師記念碑亭。(2019年9月5日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104460

  • 2021年08月31日
    (13)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    正面から見た栄叡大師記念碑。(2019年10月20日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104466

  • 2021年08月31日
    (8)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市にある吉備真備記念碑園。(2020年1月19日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104445

  • 2021年08月31日
    (10)中国各地の遣唐使記念碑を訪ねて

    西安市の青竜寺にある空海記念碑。(2020年7月27日撮影)日本は7世紀から9世紀までの200年余りの間に、遣唐使を幾度にわたって派遣してきた。今日の中国には、遣唐使、遣唐留学僧、遣唐留学生(るがくしょう)の記念碑がいくつも建てられている。陝西省西安市には、青竜寺の空海記念碑、西安城壁の南門付近の吉備真備記念碑、興慶宮公園の阿倍仲麻呂記念碑が、広東省肇慶(ちょうけい)市の鼎湖山には栄叡大師(ようえいたいし)記念碑がある。遣唐使や遣唐留学僧、遣唐留学生らは、隋・唐代以降の中日交流の歴史を見守って来た。(西安=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2021(令和3)年8月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021090104447

  • 1