KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 中国
  • 令和
  • 城区
  • 記者
  • 中心
  • 形状
  • 復元
  • 様子
  • 正式名称
  • 沿革

「阿城区」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
15
( 1 15 件を表示)
  • 1
15
( 1 15 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 2021年01月16日
    (1)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800270

  • 2021年01月16日
    (8)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800023

  • 2021年01月16日
    (7)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁遺構(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800084

  • 2021年01月16日
    (3)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で確認された馬面の輪郭(白線部分)。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800078

  • 2021年01月16日
    (2)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800070

  • 2021年01月16日
    (5)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった護城河の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800081

  • 2021年01月16日
    (4)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で見つかった城壁建設時の地突き痕。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800068

  • 2021年01月16日
    (6)金中都城壁遺跡、外城城壁体系を発見北京市

    13日、北京市豊台区の金中都西城壁高楼村遺跡で出土した城壁(左)と順城街(右側凹部分)の遺構。中国の北京市文物研究所が中心となり実施した金中都城壁遺跡の発掘調査でこのほど、重要な成果が得られた。金中都は正式名称を中都大興府といい、金王朝(1115年~1234年)が1153年に上京(現在の黒竜江省ハルビン市阿城区)から燕京(現在の北京)に遷都して築いた都城。今回の調査では、護城河(堀)や城壁、馬面(城壁の張り出し部分)、順城街道路などの外城の城壁体系が初めて見つかり、遺跡の形状と構造、建築方式が明らかになった。金中都の構造配置と都市の様子を復元するための重要な考古学資料であり、都市制度と沿革を解明する証拠となる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)= 配信日: 2021(令和3)年1月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021011800072

  • 2022年05月22日
    (1)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館で銅坐竜をモチーフにした中性ペンを見せるスタッフ。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211858

  • 2022年05月22日
    (6)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館で、銅坐竜をモチーフにした瑠璃製飾り物を撮影するスタッフ。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211899

  • 2022年05月22日
    (3)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館で展示されている銅坐竜をモチーフにした飾り物。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211873

  • 2022年05月22日
    (7)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館で展示されている銅坐竜の魚皮画。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211911

  • 2022年05月22日
    (2)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館で展示されている銅坐竜をモチーフにした栞(しおり)。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211931

  • 2022年05月22日
    (4)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館で展示されている銅坐竜をモチーフにした瑠璃製飾り物。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社記者/張濤)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211898

  • 2022年05月22日
    (5)金代の「銅坐竜」が博物館グッズに黒竜江省

    16日、黒竜江省博物館が所蔵する金代の銅坐竜。中国の黒竜江省博物館が所蔵する「銅坐竜」は金代中期前半の器物で、同省ハルビン市阿城区の金上京会寧府遺跡から出土した。国家一級文物(文化財)に指定され、同館の重要収蔵品となっている。黄銅で鋳造され、竜と麒麟(きりん)、獅子、犬のイメージと特徴を一つにしている。高さは19・6センチメートルで、重さは2100グラムある。同博物館はここ数年、銅坐竜をモチーフにし、収蔵性と実用性を兼ね備えた博物館グッズを開発しており、来場者の好評を博している。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2022(令和4)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022052211897

  • 1