KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • 阿弥陀如来
  • 令和
  • 勢至菩薩
  • 西方
  • 観音菩薩
  • 全国重点文物保護単位
  • 国宝
  • 指定
  • 記者
  • 重要文化財

「阿弥陀三尊」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
45
( 1 45 件を表示)
  • 1
45
( 1 45 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 阿弥陀三尊来迎図 鎌倉後期の“高麗仏画”
    1989年06月21日
    阿弥陀三尊来迎図 鎌倉後期の“高麗仏画”

    奈良市の浄土宗・西迎寺に保存されていた鎌倉時代後期のものとみられる阿弥陀三尊来迎図=奈良市役所

    商品コード: 2019122500480

  • 調査された阿弥陀三尊像 三尊像内に平安時代の鏡
    2006年05月31日
    調査された阿弥陀三尊像 三尊像内に平安時代の鏡

    山梨県立博物館がエックス線調査した阿弥陀三尊像の勢至菩薩像(左)と観音菩薩像(右)。中央は阿弥陀如来像=31日午後、山梨県笛吹市の同博物館

    商品コード: 2006053100305

  •  石の阿弥陀三尊像
    2016年08月08日
    石の阿弥陀三尊像

    キーワード:屋外、化野念仏寺、夏、観光地、観光名所、境内、建物、午後、寺、石、石像、日本、念仏寺、風景、無人、阿弥陀三尊像、化野、モノメイン写真=2016(平成28)年8月8日、京都府京都市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090200452

  • 興福寺・阿弥陀三尊像 興福寺五重塔
    2016年08月28日
    興福寺・阿弥陀三尊像 興福寺五重塔

    世界遺産・興福寺五重塔の初層内陣に安置された阿弥陀三尊像=2016年8月25日、奈良市

    商品コード: 2016082800131

  •  復元された奈良・薬師寺の食堂が完成、50メートル大壁画
    04:26.33
    2017年05月09日
    復元された奈良・薬師寺の食堂が完成、50メートル大壁画

    奈良市の薬師寺で「食堂」の再建が終わり、画家の田渕俊夫さんが描いた全長50メートルにわたる大壁画が9日、報道陣に公開された。<映像内容>田渕さんが描いた「阿弥陀三尊浄土図」と「仏教伝来の道と薬師寺」の壁画、村上太胤管主の説明、田渕さんの話、食堂外観など。

    商品コード: 2017090201474

  •  薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    薬師寺の食堂が完成

    商品コード: 2017050900980-2

  •  薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    薬師寺の食堂が完成

    商品コード: 2017050900980-5

  •  薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    薬師寺の食堂が完成

    商品コード: 2017050900980-6

  •  薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    薬師寺の食堂が完成

    商品コード: 2017050900980-3

  •  薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    薬師寺の食堂が完成

    商品コード: 2017050900980-4

  • 阿弥陀三尊浄土図 薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    阿弥陀三尊浄土図 薬師寺の食堂が完成

    公開された薬師寺の食堂内に掲げられた「阿弥陀三尊浄土図」=9日午後、奈良市

    商品コード: 2017050900980

  •  薬師寺の食堂が完成
    2017年05月09日
    薬師寺の食堂が完成

    商品コード: 2017050900980-1

  • 筆で入魂する村上管主 薬師寺「食堂」で落慶法要
    2017年05月26日
    筆で入魂する村上管主 薬師寺「食堂」で落慶法要

    「食堂」の本尊「阿弥陀三尊浄土図」に筆で入魂する村上太胤管主=26日午前、奈良市の薬師寺

    商品コード: 2017052600235

  • 食堂内の本尊に入魂 薬師寺「食堂」で落慶法要
    2017年05月26日
    食堂内の本尊に入魂 薬師寺「食堂」で落慶法要

    「食堂」の本尊「阿弥陀三尊浄土図」に筆で入魂する村上太胤管主(中央)=26日午前、奈良市の薬師寺

    商品コード: 2017052600236

  •  阿弥陀三尊像
    2017年11月28日
    阿弥陀三尊像

    キーワード:阿弥陀如来、屋外、化野念仏寺、観光名所、建物、午後、紅葉、嵯峨鳥居本、寺、秋、石仏、苔庭、日本、念仏寺、無人、落ち葉、阿弥陀三尊像、テーマメイン写真=2017(平成29)年11月28日、京都府京都市、クレジット:SUSUMU AOYAMA/a.collectionRF/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021030216609

  •  楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省
    2020年05月23日
    楽山市で巴蜀の石窟造像芸術を集めた特別展四川省

    四川省広元市皇沢寺の「西方三聖(阿弥陀三尊)」。(資料写真)中国の四川省文物局と重慶市文物局、四川省楽山市人民政府が共催する「雕飾山河‐巴蜀地区の石窟・摩崖(まがい)造像芸術展」が13日、楽山市で開幕した。石窟と摩崖造像(岩壁に掘られた仏像などの彫刻)は中国の重要な文化遺産の一つとされる。中でもかつて「巴蜀」と呼ばれた四川省と重慶市の石窟と摩崖造像を代表とする中国南方地域の石窟と造像は、中国の芸術史で非常に重要な地位を占める。(広元=新華社配信)=2020(令和2)年5月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020061706183

  •  (1)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月14日
    (1)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体型、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500043

  •  (4)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月14日
    (4)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体型、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500027

  •  (6)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月14日
    (6)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体型、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500026

  •  (5)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月14日
    (5)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体型、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500028

  •  (3)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月14日
    (3)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体型、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091413660

  •  (2)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月14日
    (2)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体型、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091413659

  •  (7)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月15日
    (7)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体形、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500047

  •  (9)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月15日
    (9)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺の弥陀殿。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に塗り直しされたが、造型や体形、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500160

  •  (10)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月15日
    (10)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に塗り直しされたが、造型や体形、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500177

  •  (11)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月15日
    (11)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に塗り直しされたが、造型や体形、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500243

  •  (8)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月15日
    (8)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に修復されているが、造型や体形、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500164

  •  (12)崇福寺の金代塑像山西省朔州市
    2022年09月15日
    (12)崇福寺の金代塑像山西省朔州市

    崇福寺弥陀殿内の金代塑像。(9月1日撮影)中国山西省朔州(さくしゅう)市朔城区に、金王朝・煕宗(きそう)の皇統3(1143)年創建の崇福寺がある。主殿の弥陀殿は同寺最大の殿堂で、西方三聖(阿弥陀三尊、すなわち阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)座像を中心に脇侍菩薩像4体、金剛像2体が両側に並ぶ。塑像はすべて金代のもので、作風は古風で質素、精美な造形を持つ。明代に塗り直しされたが、造型や体形、衣装、容貌に大きな変化はなく、金代塑像の傑作といえる。同寺は1988年、第3次全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された。(太原=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091500191

  •  (10)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (10)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912351

  •  (15)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (15)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912371

  •  (16)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (16)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912386

  •  (13)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (13)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912359

  •  (8)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (8)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912318

  •  (3)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (3)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912256

  •  (5)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (5)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912291

  •  (7)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (7)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912317

  •  (6)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (6)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912293

  •  (2)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (2)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912411

  •  (17)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (17)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912395

  •  (12)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (12)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912350

  •  (9)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (9)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912319

  •  (11)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (11)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912349

  •  (14)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (14)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912365

  •  (1)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (1)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912250

  •  (4)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県
    2022年09月19日
    (4)福勝寺の元代彩色塑像山西省新絳県

    7日、福勝寺の元代彩色塑像。中国山西省運城市新絳(しんこう)県の中心市街地から北西17キロの光村に、第5次(2001年)全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定された福勝寺がある。弥陀殿の中央には、創建当時の西方三聖(阿弥陀三尊=阿弥陀如来、観音菩薩、勢至菩薩)が安置されている。彩色塑像は巧みな技術で作られ、穏やか姿、上品な色彩を持つ。「中国美術全集(古代彫刻巻)」にも収録されている。(運城=新華社記者/馬毅敏)= 配信日: 2022(令和4)年9月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022091912264

  • 1