KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージリンク

お問い合わせ
03-6252-6224
平日9:30-18:00
  • アラカン
  • 令和
  • 資料
  • りゅう
  • 上部
  • 価値
  • 全国重点文物保護単位
  • 北宋
  • 台座
  • 周囲

「阿羅漢」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
26
( 1 26 件を表示)
  • 1
26
( 1 26 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  •  Handaka sonja, Handaka Sonja one of the sixteen rakan or arhats.
    -
    Handaka sonja, Handaka Sonja one of the sixteen rakan or arhats.

    Handaka sonja, Handaka Sonja one of the sixteen rakan or arhats., [between 1830 and 1868], 1 drawing on paper : ink and light colors ; 27.1 x 38.8 cm., Drawing shows Handaka Sonja, one of the sixteen rakan or arhats disciples of Buddha, sitting next to a flower and holding up a bowl in his left hand. He appears to be collecting rain, which he may use to produce the dragon typically associated with him, specifically, arising from the bowl.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022080509522

  •  The Rakan
    -
    The Rakan

    The Rakan, disciple of Buddha, Handaka Sonja with his dragon.、クレジット:World History Archive/ニューズコム/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019061804135

  •  Luohan (Arhat), Qing dynasty (16441911), 18th century, China, Brass alloy,
    -
    Luohan (Arhat), Qing dynasty (16441911), 18th century, China, Brass alloy,

    Luohan (Arhat), Qing dynasty (16441911), 18th century, China, Brass alloy, 10.5 × 6.5 × 7.8 cm (4 1/8 × 2 1/2 × 3 1/8 in.).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022090414135

  •  Arhats, Nanbokucho period (133692), late 14th century, Japan, Hanging scroll; ink and color on silk,
    -
    Arhats, Nanbokucho period (133692), late 14th century, Japan, Hanging scroll; ink and color on silk,

    ??? (???????), Arhats, Nanbokucho period (133692), late 14th century, Japan, Hanging scroll; ink and color on silk, Image: 45 7/8 x 19 3/8 in. (116.5 x 49.2 cm), Paintings, According to Buddhist scripture, arhats (Japanese: rakan) are protectors of the Dharma who also use assorted magical powers to assist the faithful. They were frequently depicted in groups of eight, sixteen, eighteen, twenty-eight, or five hundred.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022061801371

  •  Procession of Arhats, Ming (13681644) or Qing (16441911) dynasty, China, Album of ten leaves; ink on silk,
    -
    Procession of Arhats, Ming (13681644) or Qing (16441911) dynasty, China, Album of ten leaves; ink on silk,

    Procession of Arhats, Ming (13681644) or Qing (16441911) dynasty, China, Album of ten leaves; ink on silk, (a): 11 7/8 x 20 in. (30.2 x 50.8 cm); (b): 11 x 10 in. (27.9 x 25.4 cm); (c): 11 3/4 x 16 1/4 in. (29.8 x 41.3 cm); (d) 11 7/8 x 14 5/8 in. (30.2 x 37.1 cm); (e) 11 7/8 x 21 3/8 in. (30.2 x 54.3 cm); (f) 11 7/8 x 17 3/4 in. (30.2 x 45.1 cm); (g) 11 7/8 x 14 1/2 in. (30.2 x 36.8 cm); (h) 11 3/4 x 11 1/8 in. (29.8 x 28.3 cm); (i) 11 7/8 x 12 3/4 in. (30.2 x 32.4 cm); (j) 11 7/8 x 14 1/8 in. (30.2 x 35.9 cm), Paintings, Unidentified Artist.、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022061903953

  •  Rakkan (Arhat), 1300s.
    -
    Rakkan (Arhat), 1300s.

    Rakkan (Arhat), 1300s. Japan, Kamakura period (1185-1333) to Nanbokucho period (1336-92). Hanging scroll; ink, color, and cut gold (kirikane) on silk; overall: 95.7 x 40 cm (37 11/16 x 15 3/4 in.).、クレジット:Album/quintlox/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。表紙、広告、プロモーション、商業目的での利用はお問合せください。クレジットは必ず表記してください。

    商品コード: 2022072811108

  •  媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省
    2019年05月15日
    媽祖関連の展示物が豊富莆田市博物館を訪ねて福建省

    15日、莆田市博物館に展示されている中華民国時代の「寿山石羅漢座像」。「羅漢」とは「阿羅漢(あらかん)」の省略形で、最高の悟りを得て仏法を守護する聖人を指す。中国福建省莆田(ほでん)市の綬渓公園の東側にある莆田博物館は、敷地面積23・3ムー(約1万5500平方メートル)、建築面積2万8800平方メートル、展示ホール面積1万3千平方メートル。同館には文化財1万点余りが所蔵され、その内容は陶磁器や青銅器、石器、書画など、さまざまな分野におよぶ。うち3級以上の貴重な文化財は1378点。同館が所蔵する媽祖(まそ、航海と漁業の女神)文化にまつわる文化財200点余りは、莆田市が世界規模の媽祖文化の中心地を建設するための資料となっている。(莆田=新華社記者/魏培全)=2019(令和元)年5月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019052002318

  •  (6)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (6)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の台座と基座。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210069

  •  (4)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (4)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の台座と基座、篆書碑。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210067

  •  (15)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (15)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の篆書碑(部分)。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210092

  •  (8)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (8)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の基座彫刻。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210070

  •  (13)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (13)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の造像石。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210089

  •  (9)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (9)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の蟠竜石柱。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210073

  •  (2)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (2)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    漯河市の彼岸寺経幢。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210065

  •  (3)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (3)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の全景。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210063

  •  (7)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (7)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の台座と基座。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210072

  •  (12)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (12)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の造像石。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210090

  •  (14)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (14)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の篆書碑。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210094

  •  (5)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (5)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の台座と基座。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210068

  •  (1)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (1)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    漯河市の彼岸寺経幢。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210075

  •  (10)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (10)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の造像碑と碑頂。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210076

  •  (11)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市
    2022年08月22日
    (11)宋代仏教芸術を伝える彼岸寺経幢河南省漯河市

    彼岸寺経幢の造像碑と碑頂。(7月31日撮影)中国河南省漯河(らが)市郾城(えんじょう)区にある彼岸寺碑は、もとの名を「彼岸寺経幢(きょうどう)」といい、地元では「竜塔古篆(りゅうとうこてん)」と呼ばれている。彼岸寺の付属建造物として北宋の景徳年間(1004~07年)に建てられた。高さは12・18メートルで、香水海池をかたどった台座、基座、篆書(てんしょ)碑、造像碑、碑頂(碑の上部)などからなり、表面には海浪瑞獣、亭台楼閣、高山流水、仏教故事などの精美な彫刻が残る。造像碑には阿羅漢(あらかん)と釈迦(しゃか)像、基座周囲には透かし彫りの蟠竜(ばんりゅう)石柱が刻まれ、篆書碑刻には彼岸寺の仏堂再建の過程が記されている。宋代の仏教芸術を研究するための重要資料であり、芸術的、歴史的、科学的価値が高く、全国重点文物保護単位(国宝・重要文化財に相当)に指定されている。(郾城=新華社配信/畢建鴿)= 配信日: 2022(令和4)年8月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2022082210088

  •  Arankele Monastery Forest
    2023年06月18日
    Arankele Monastery Forest

    Arankele Monastery Forest Monks go for alms on June 18, 2023, in Kurunegala, Sri Lanka. Arankele Monastery is a forest monastery that dates back to the 6th century. Arankale Forest, which is situated 117 kilometers away from Colombo, is located in the district of Kurunegala. The densely wooded terrain crowded with substantial hardwood trees is interspersed by the openings and clearings created by the on-going process of clearing scattered debris to unearth the ruins and re-erecting the fallen ruins. The significance of the Arankale forest is its tranquility and how the natural formations of caves have been used for the hermit lifestyle of the monks. Furthermore, it was evident in the existence of meditation halls and stone-faced double platform structures. These platforms, aligned on the east-west axis, consist of the entrance porch to the east, bridged by a giant monolith. History books mention that the last Arhat in Sri Lanka, Maliadeva Arhat, lived here...、クレジット:Thilina Kaluthotage/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122510231

  •  Arankele Monastery Forest
    2023年06月18日
    Arankele Monastery Forest

    Arankele Monastery Forest Monks go for alms on June 18, 2023, in Kurunegala, Sri Lanka. Arankele Monastery is a forest monastery that dates back to the 6th century. Arankale Forest, which is situated 117 kilometers away from Colombo, is located in the district of Kurunegala. The densely wooded terrain crowded with substantial hardwood trees is interspersed by the openings and clearings created by the on-going process of clearing scattered debris to unearth the ruins and re-erecting the fallen ruins. The significance of the Arankale forest is its tranquility and how the natural formations of caves have been used for the hermit lifestyle of the monks. Furthermore, it was evident in the existence of meditation halls and stone-faced double platform structures. These platforms, aligned on the east-west axis, consist of the entrance porch to the east, bridged by a giant monolith. History books mention that the last Arhat in Sri Lanka, Maliadeva Arhat, lived here...、クレジット:Thilina Kaluthotage/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122510232

  •  Arankele Monastery Forest
    2023年06月18日
    Arankele Monastery Forest

    Arankele Monastery Forest Monks go for alms on June 18, 2023, in Kurunegala, Sri Lanka. Arankele Monastery is a forest monastery that dates back to the 6th century. Arankale Forest, which is situated 117 kilometers away from Colombo, is located in the district of Kurunegala. The densely wooded terrain crowded with substantial hardwood trees is interspersed by the openings and clearings created by the on-going process of clearing scattered debris to unearth the ruins and re-erecting the fallen ruins. The significance of the Arankale forest is its tranquility and how the natural formations of caves have been used for the hermit lifestyle of the monks. Furthermore, it was evident in the existence of meditation halls and stone-faced double platform structures. These platforms, aligned on the east-west axis, consist of the entrance porch to the east, bridged by a giant monolith. History books mention that the last Arhat in Sri Lanka, Maliadeva Arhat, lived here...、クレジット:Thilina Kaluthotage/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122510243

  •  Arankele Monastery Forest
    2023年06月18日
    Arankele Monastery Forest

    Arankele Monastery Forest Monks go for alms on June 18, 2023, in Kurunegala, Sri Lanka. Arankele Monastery is a forest monastery that dates back to the 6th century. Arankale Forest, which is situated 117 kilometers away from Colombo, is located in the district of Kurunegala. The densely wooded terrain crowded with substantial hardwood trees is interspersed by the openings and clearings created by the on-going process of clearing scattered debris to unearth the ruins and re-erecting the fallen ruins. The significance of the Arankale forest is its tranquility and how the natural formations of caves have been used for the hermit lifestyle of the monks. Furthermore, it was evident in the existence of meditation halls and stone-faced double platform structures. These platforms, aligned on the east-west axis, consist of the entrance porch to the east, bridged by a giant monolith. History books mention that the last Arhat in Sri Lanka, Maliadeva Arhat, lived here...、クレジット:Thilina Kaluthotage/NurPhoto/共同通信イメージズ

    商品コード: 2023122510246

  • 1