KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 除斥期間
  • 損害賠償
  • 内容
  • 場所
  • 大阪地裁
  • 映像
  • 不妊手術
  • 主張
  • 令和
  • 憲法違反

「除斥」の写真・グラフィックス・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • カテゴリ
並び順
  • 古い順
17
( 1 17 件を表示)
  • 1
17
( 1 17 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 古い順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2008年01月31日
    写真と原告 「除斥」適用せず賠償命令

    石川千佳子さん(写真の左端)らの写真を置き、記者会見する弟の憲さん(左)と雅敏さん=31日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

    商品コード: 2008013100223

  • 2017年12月09日
    B型肝炎、救済広がるか

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017120900636

  • 2017年12月09日
    B型肝炎、救済広がるか

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017120900639

  • 2017年12月09日
    B型肝炎、救済広がるか

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017120900637

  • 2017年12月09日
    B型肝炎、救済広がるか

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017120900638

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月11日
    肝炎給付金格差に判決

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017121100085

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月11日
    肝炎給付金格差に判決

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017121100087

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月11日
    肝炎給付金格差に判決

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017121100088

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年12月11日
    肝炎給付金格差に判決

    「除斥期間」のイメージ

    商品コード: 2017121100089

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:07.96
    2018年01月31日
    死後20年、賠償請求権消滅 在外被爆者の遺族敗訴

    広島と長崎で被爆後に帰国した韓国籍の男女31人が長く被爆者援護法の適用外とされたのは違法として、遺族約150人が国に損害賠償を求めた集団訴訟の判決で、大阪地裁は31日、いずれも本人の死後20年以上が経過し、民法の「除斥期間」で請求権が消滅したと判断、原告側の全面敗訴を言い渡した。 除斥期間が争点化した在外被爆者訴訟は大阪のほか広島、長崎の3地裁で複数争われており、今回が初の司法判断。従来、死後の期間にかかわらず和解に応じてきた国が除斥期間の経過を理由として一部の遺族に対する賠償拒否へ転じた方針を追認した形となった。 原告側の永嶋靖久弁護団長は判決後の記者会見で「国が今になって責任を免れるのは著しく不当だ」と憤る一方、「除斥期間のハードルは非常に高い。控訴の有無は慎重に検討する」と述べた。 〈映像内容〉裁判所外観、大阪市内で開かれた永嶋弁護団長と支援者、「韓国の原爆被害者を救援する市民の会」の市場淳子会長らの記者会見。撮影日:2018(平成30)年1月31日、撮影場所:大阪地裁

    商品コード: 2018020100274

  • 2018年01月31日
    死後20年、賠償請求権消滅

    除斥期間を巡る双方の主張

    商品コード: 2018013100587

  • 2018年01月31日
    死後20年、賠償請求権消滅

    除斥期間を巡る双方の主張

    商品コード: 2018013100586

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年02月03日
    地裁に向かう原告側弁護団 救済に「除斥期間」壁

    1月30日、旧優生保護法を巡り国に損害賠償を求める提訴で、仙台地裁に向かう原告側弁護団

    商品コード: 2018020300479

  • 2018年02月03日
    救済に「除斥期間」壁

    旧優生保護法を巡る経過

    商品コード: 2018020300482

  • 2018年02月03日
    救済に「除斥期間」壁

    旧優生保護法を巡る経過

    商品コード: 2018020300481

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:01.32
    2020年11月30日
    旧優生保護法、2例目違憲 国賠請求は除斥期間で棄却

    旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、聴覚障害のある大阪府の80代男性、70代妻と知的障害のある近畿在住の女性(77)の計3人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(林潤(はやし・じゅん)裁判長)は30日、旧法を違憲と判断した。違憲性を認めたのは仙台地裁判決に続き2例目となる。3人の賠償請求は、手術から提訴まで20年の「除斥期間」が経過し消滅したとして、いずれも棄却した。全国9地裁・支部で起こされた同種訴訟で3件目の判決。手術強制を巡っては昨年4月、被害者に一時金320万円を一律支給する救済法が施行された。<映像内容>大阪地裁の外観、原告らの入り(顔出し不可のため正面からは写っていません)、「不当判決」の旗出し、原告の夫婦と弁護士らによる記者会見(原告の夫婦の顔は写っていません)、手話通訳の様子など、撮影日:2020(令和2)年11月30日、撮影場所:大阪市北区

    商品コード: 2020120200944

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:39.15
    2021年01月15日
    旧優生保護法、3例目違憲 札幌地裁、初の実名原告

    旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたのは憲法違反だとして、札幌市の小島喜久夫さん(79)が国に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁(広瀬孝裁判長)は15日、旧法を違憲と判断した。違憲性を認めた判決は仙台地裁、大阪地裁に続き3例目。賠償請求は、手術から提訴までに20年の「除斥期間」が過ぎて権利が消滅したとして棄却した。 全国9地裁・支部で起こされた一連の訴訟で4件目の判決。小島さんは実名を公表した最初の原告だった。 <映像内容>原告・小島喜久夫さんらの入廷行動、判決言い渡し直後の旗出し、判決後の記者会見の様子など、撮影日:2021(令和3)年1月15日、撮影場所:北海道札幌市

    商品コード: 2021011801171

  • 1